微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

コラートからの一報

2006.11.28
店が開店してから数日・・・

生活にはあまり変化はない。

重要な売り上げというと

人件費、場所代、投資金(ほとんどかかってない)を差し引いて、ずばりいきなり儲けは出ている(・∀・)

それは、タイの生活をするには足りる金額であるが、僕が本気で遊びに行けば1日でなくなる金額である。
この調子でいけば月に1万バーツ~1万5千バーツの儲けになるだろうが、貯蓄をできるほどではない・・・ 

この規模の投資では十分であろう、いやそれ以上はフルーツジュース屋ではチェーン展開でもしない限り難しい・・・ 

実際、はじめから分かっていたのである。 だからテンションもあがらなかったのである。  コラートの獄中生活時の、月の生活費が3万~4万バーツである。 その当時の拘束時間、12時間以上、週休1日でこの出費である。 現在、拘束時間1時間(メール確認及び返信)、週休7日の僕にとって今後この収入では到底やっていけない。

これは生活をするだけで、お金は一向に貯まっていかない法則である(´・ω・)

病気したらどうしよう・・・

将来、日本に帰りたくなったらどうしよう・・・

おじいさんになって介護が必要になったら・・・


やはり、働きたい・・・(´・ω・)

といっても、プーケットでプラス2万バーツを稼いだとしても・・・


こんなことを考えて悶々とした、生活を続けていた ある日


収容所の人事マネージャーから電話があった

人事マネージャー「タオさん元気?! ・・・・・・」と僕が去ってからの会社の有様を報告してくれた後

「そうそう、今月16日にバンコクへ来れますか? 社長がタオさんを退社させてもいいと言っています。 タオさんに退社の意思があれば、退社の手続きを進めたいのですが」

思いもよらぬことだった・・・あと数ヶ月はこの暮らしが続くと思っていたがあと1週間後の16日にはあのコラートアルカトラズ刑務所から完全に縁が切れるのである・・・それと同時に執行猶予中の給料もビザも労働許可書も失うのであった・・・

その晩は、近くのオカマバーで一人で乾杯をしながら、将来を思うのだった・・・

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:771|
フーフー岡村さん>こんにちわ。 この日記が3年前なのでまだまだ、就職日記は続きますよ! 岡村さんのブログのように頑張ります。

トゥッ・ムーさん>こんにちわ。 怒涛の日記!?か分かりませんが、波乱万丈な過去3年だったのは確かですw

シリラックさん>お元気ですか? いくらタイが好きだといっても、生まれた国は1つですから、時々懐かしく思います。 それでもこれからもタイで頑張っていきますよ! 

スラッシュさん>お久しぶりです。 完全出所!!? たとえ出所しても、これからも宜しくお願いします。
2006/12/02 07:08|by タオ|タオ URL編集
No:770|
完全出所直前ですね~
さて、素直に行けば問題が無いのですが…どうなることやら
2006/12/01 05:08|by スラッシュ|スラッシュ URL|編集
No:769|どうなるんでしょう
期待して良いのか悪いのか期待してます。
2006/11/30 19:00|by sirirakku|sirirakku URL|編集
No:768|
人間暇になりすぎるとなんか生活に張りが無くなるもんです。
後半のプーケットの生活はそうだったんじゃないでしょうか?
これからの怒涛の日記を期待しています。
2006/11/29 21:04|by トゥッ・ムー|トゥッ・ムー URL編集
No:767|新展開ですね
完全に「不幸日記」を脱して、新たな「就職日記」に戻れそうですね。
(先日は温かい声援v-81をありがとうございましたv-82
2006/11/29 13:08|by フーフー岡村|フーフー岡村 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ