微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

果てしなき場所探し

2006.11.03
場所探しをはじめて・・・

やはりべらぼうに高い、パトンでの家賃・・・(゚з゚)

一番ひどかったのが、パトンのメインストリートで店の前に棚を置いて商売をしている人と知り合った。

その人は、店の前に70cm×30cmくらいの棚を店の主に許可を得て出して、その棚に携帯ストラップとか、アクセサリーを売っていた、売価は大体100バーツくらいである、商品数は8点くらいであり全部完売したとして売り上げ800バーツである。 その人に、この棚を出すのにいくらくらい店主に払っているのたずねてみると・・・

これまたびっくり、月に5,000バーツということであるΣ(゚Д゚)

・・・('A`)

あなたは損益を考えているのでしょうか・・・それにしても5,000バーツはひどすぎる。

しかし、パトンでは当たり前のようで、ずっとパトンに住んでいる日本人に話を聞くと、店は数ヵ月単位でどんどん入れ替わっているらしい。

というのも、タイ人にすればプーケットはバンコクと同じで憧れの県プーケットで一旗あげようと、田舎で一生懸命貯めたお金を持ってやってくる、そして計画も立てずに商売を始める、やはり高額な家賃に皆泣かせれ、最初の運転資金が底をついたら破産、そうして田舎に帰るのである。 このように、一部の地主だけが儲かっていくシステムなそうである。 そう、だから地主は決してその店を売らず、貸し続け、何も知らない田舎者は、よいカモということなのだ。

それでも、一部の店は何年も営業している。 これはやはり観光客相手に、やはりべらぼうな値段で売りつけるしかないのであろう。
たとえば、バンコクのチャトチャックマーケットやヤワラーで300バーツくらいで売っている、ブランドのコピーの時計をパトンでは4,000バーツくらいのスタートで交渉である。 確かにこれが売れれば荒利、2,000%以上になる、本物の時計が20万円で売られていることを考えると、観光客には安い買い物なのかもしれないが・・・。

パトンをあきらめるほかないのだろうか・・・('A`)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:741|
シリラックさん>こんにちわ。 観光客はみんな鴨ですね、日本からネギしょってきてますw僕も、一杯しょってきましたよ、当時はw

もときんぐさん>就職活動はうかがですか? 早く、きまれば良いですね。頑張ってください。

フーフー岡村さん>そうですね。 彼女達は、すべて利益になっちゃうわけですね。 すごい・・・。
2006/11/06 07:19|by タオ|タオ URL|編集
No:740|設備投資のいらない商売は・・・
ストリートに立っているおねえちゃんたちは、ショバ代払わなくてもいいから有利ですよね~。(こんな下品なコメント、書き込んでもよかったですか?今後は気を付けます・・・)
2006/11/06 03:47|by フーフー岡村|フーフー岡村 URL編集
No:739|
僕も就職活動中なんですけど、やっぱり無職だと何をしてても、どこか楽しめませんよね。 がんばりましょう!
2006/11/05 23:47|by もときんぐ|もときんぐ URL編集
No:738|かも!
う!自分もねぎ背負ってるような気がする。
自分で食べちゃおーと!!
2006/11/03 22:27|by シリラック|シリラック URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ