微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

プーケットへ 2(`・ω・´)シャキーン

2006.09.11
コラートを出発して、まず向かうはバンコック

いつもは、エアバスで行き来している道をSUZUKIカリビアンでひた走る。 時間にして約4時間である。

ひたすら物思いにふける…二度とこの道を戻りたくない…。
あらゆる、パターンを想定してのイメージトレーニング対社長を繰り返していた。

絶対 戻りません!!( ゚Д゚)

このようにキッパリいえるだろうか…。

テンションは低いままバンコックへ到着

バンコク都を通り過ぎて、バンコク南西の県、サムットサコーンを目指す。 

サムットサコーン、そしてその次の県サムットソンクラーンこのあたりは、見事な塩田地帯で、そこらじゅうに塩田を見つけることができる。この塩田地帯を抜けると、リゾート地で有名なホアヒンである。

まっすぐな道に時折見かける道端の店、生い茂るヤシの木。ようやくコラートから離れた開放感が僕を安心させる。

DSC00716.jpg
 あまりにも、真っ直ぐなので睡魔との格闘である(;´∀`)

DSC00710.jpg
排気ガスを一杯浴びた、魚の日干し。強烈な匂いがする(゚Д゚)
DSC00632.jpg
 生い茂る、ヤシの木

これがシャバというやつなのですね

今夜の宿泊地プラチャップキリカーンはすぐそこである。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:660|
フーフー岡村さん>確かに、タイは遊ぶと働くとではぜんぜん違いますね。 コラートの二年間は刑務所での勤務でしたので、ひたすらパラダイスプーケットを目指しておりました。

mt908さん>鎖にはまだまだ思いっきりつながれていますよ!w プーケットは僕の一番良いときの思い出が一杯あるところなので…
ayutaaさん>すごくお久しぶりです。 現在、仮出所中の日記ですw また、ちょくちょく見に来てください。

2006/09/14 15:39|by タオ|タオ URL|編集
No:659|
タオさん、おひさしぶりです。
いつの間にやら仮出所!おめでとうございます。
しかしながらまだ一波乱があるのではないかと。。。
不謹慎ですが波乱を期待しておりますw
2006/09/14 15:19|by ayutaa|ayutaa URL|編集
No:658|でも・・・・
まだ、鎖に繋がれているんですよね・・・・
でも!プーケットで思いっきり前向きになるんですよね!
そして・・・鎖を断ち切っちゃうんですよね!
少しだけ期待してます・・・・
2006/09/12 18:33|by mt908|mt908 URL|編集
No:657|やっぱ、タイって、
働くところじゃないんですよね~。タイって、遊ぶところなんですよね。
「やっぱ男は仕事だ!」と思って駐在員になったんですけど、実際タイで働いてみて
「やっぱタイは遊ぶところだ!」が結論でした・・・^^;
2006/09/12 15:03|by フーフー岡村|フーフー岡村 URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ