微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

楽しめない!

2006.08.26
カラシン県で大きく時間をロスした後、宿泊予定地のウボンラチャターニ県へ向かった。

かなり大きな町である。
東北でコラート次ぐ、大都市であり国際空港もある。
ミン君がかなり気に入った様子である。

ホテルにチェックインして、町の散策に出かける

暑い(+д+) タイはどこでも暑いのである…

歩いて、この大きな町を散策するのは不可能、トゥクトゥクで出発!

と思いきや…

会社から電話である…

すでにトゥクトゥクに乗り込んでいるため、下車する。

※かなりエンジン音がうるさい三輪タクシーであるため、乗車しながら話すことは難しい。

タオ「もしもし、お疲れ様です」

イワンさんである…

イワンさん「あのーすみません、社長からタオさんに聞けといわれたんですが…」

聞かれた内容はというと、くだらない、実にくだらない。

引継ぎ書をみれば、一目瞭然なのに…それ以前に、僕に確認しなくても日本兵なら知っていることである。

こうして、僕はミン君とトゥクトゥクの運ちゃんを数分間またせることになるのである。

あー楽しいはずが、楽しめてない!('A`)

こんな感じで、僕とミン君の旅行の日程は消化されていくのであった。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ