fc2ブログ
タオ

目指すトップ像

新卒で日本で働いていた頃はペーペーで何も自分で決められなかった、(;´Д`)

意味のないと分かっている仕事も命令されたらやらなければいけなかった。

タイにきて、コラートで働き出し、結果を出し続けていくと工場長にしてもらった。
この時に大きな権力を持った、多くのことを自分で決められる。
仕事のやり方、生産の仕方、部下の人事....


初めて仕事が面白いと感じたのだった(゚∀゚)
しかし、まだ上には社長と元工場長がいたので、まだ最後で決定をひっくり返されることもあった...歯がゆい...

そして今の会社に転職して、自分で会社を立ち上げた。
最初の数年はBOSSも時々口をだしてきたが、会社が軌道にのり毎年利益をだし続けてくると、すべて僕に任せてくれるようになった。

そして今、自分の会社はもちろんグループ全体でもかなり上の立場になり、本社の部長クラス、グループ会社の社長でも僕に気をつかっているのを感じる。

自分の会社では、僕が決めた事は絶対です( ・∀・)ヤル
忖度はするなと言っていますが、僕が断固これでやるというと、反対する部下はいないだろう。

ワーカークラスだと、僕と話すことは恐れ多く、たまに仕事中に声をかけると緊張しまくっているのが分かる...

逆にパーティーとかになると、一緒に写真を撮って欲しいと多くのワーカーが声をかけてくれる。


僕の目指すトップは、正しい道に導いて尊敬されるが、一方で厳しく恐れられる人です。

バランスが難しい....


先日、こんな事があった。

時間を勘違いして起きて、いつもより1時間も早く会社に来てしまった。

到着したのは6時です。( ゚д゚)ハッ!
※かなりのボケでした...

工場は6時から一部のワーカーが毎朝きて働いているので、この機会にちょっと工場でもみてくるかと工場の見回りに行った。

朝早く、スタッフレベル以上の管理者は誰もこない時間なので、適当にさぼっているワーカーもいるんじゃないか?って思っていたんですが、思った以上にみんなしっかりやっていた。

しかし、僕がこの時間に工場にくることに皆驚きを隠せず、時計を2度見するワーカーもいた。


監視されて嫌がられると思っていたが、嬉しい反応が多かった。

僕を見て、ワイをしてくれるワーカー、直接僕にありがとうと言ってくるワーカーがいたのだ。
ワーカーはポジションが高い人がこんな時間にくるなんて思っていなかったと言う。


僕はこの会社では大きな権力を持っている。

しかし、その権力は間違った方向に使ってはいけない。

会社を成長させて従業員の生活を守るためにあるものです。

会社を経営していくには厳しさも必要、しかし部下についてきてもらうためには部下を思う気持ちがも必要です。


僕が目指すトップに少しなれている気がした日でした(`・ω・´)シャキーン


ツイッターやってますフォローはこちらです
  ↓        ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



タオ
Posted byタオ