微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

組織変更??

2006.05.24
組織変更が行われた。

大きく変わったのが、僕は生産の大体60%程度を管理する。
残りの40%を日本兵が、イワンさんを使って管理する。
これで、生産を見る人間が厚くなったと思われる付け焼き刃の組織変更だ。

しかし、これは臨時的なもので、ポジションの変更はなかった。

提案者はもちろん、社長!('A`)

そして、予算の管理は日本兵が社長に報告することになった。

もともと日本兵は事務仕事が好きなのである。

そして、何人かのタイ人スタッフが日本兵の下につけられたのだった。

ミン君はというと、年末まで(あと5ヵ月)は日本兵の下で品質保証(奴隷)として残ることになった。

生産を完全に分担する、単純に僕の負担は減った…。

しかし、予算の報告書を社長にではなく、日本兵に出すことになったことが苦痛である。

そして、僕が報告書提出

その夜

日本兵から置手紙が机の上においてある。

【内容

このようにした動機はなんですか?

これが駄目だった次の対策はなんですか?


By 日本兵】


直接聞いてくださいよ…('A`)

イワンさんはというと…

全く、何も出来ていなかった…。

結局、僕も何も教えることが出来なかったまま日本兵の下になってしまったので、実際、タイでタイ人を使ってどのようにしたらいいのか分からず、ただあたふたしていた…。

日本兵が、イワンさんにいじめを開始するのは時間の問題であろう…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
コメント
No:509|反攻開始?
ミン君の反攻が始まったみたいですね。これだと、奴隷になるのがミエミエですが、先が見えてるだけに、どういうことになるか、興味があります。
ところで、タオさんは?
2006/05/25 08:36|by mt908|mt908 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ