fc2ブログ
タオ

新卒スタッフとベテランスタッフ

以前【現地採用日本人と優秀なタイ人スタッフ】を書きましたが、今年も新卒のタイ人スタッフを5名採用しております。

記事でも書きましたが、最近は大学レベルA,Bが当たり前、時々S級大学卒の人も入社するようになりました。

S級の人がうちに面接にくるのはですね、先輩がすでに働いていて、彼女たちが活躍して待遇もそれに合わせて上がっており
それを大学の先生や友達、後輩に話しているんだと思います。


あの会社は結果を出せばしっかりと評価して待遇も良くなる、だからS級大学の人たちも初年給は超優良企業よりは少なくても、1年後、2年後を考えて挑戦しに来てくれているんですね、僕の理想なんで嬉しいです。

今年採用の新人も入社テストも面接もしっかりとパスしてきた子たちなんで優秀なはずです。

僕も出来るだけ新人と接する機会を作って、彼女たちの能力を見定めようとしています。

テストで最高得点だった子が実際に作業をすると、一番遅かったりします。
○○が趣味だったんで、仕事で○○ができると嬉しいですって言って入社した子が○○がそんなに上手じゃなかったりします。
S級大学を卒業した子が、泥臭い作業を研修で一生懸命やっていたりします。
毎朝始業1時間前にオフィスにやってきて、予習復習をやっていたりします。


能力がある子達が一生懸命キラキラと頑張っている姿を見ていると嬉しいですね(・∀・)イイ!!

少し前の記事の【理想の会社】で書いたのですが、僕の会社は実力主義、出来る人には良い会社ですが、出来ない人は居にくい会社です。

この子たちは、これから色々と乗り越えていって活躍できる能力を持っているので結果を出して良い待遇を勝ち取って欲しいです。

今働いているスタッフ達は大きくは2タイプに分かれます、どんどん成長していって活躍しているタイプ、自分の能力を知ってそこそこの待遇で納得して業務をしているタイプ、どちらも会社としては大切な戦力です。

全員がエースだと、会社運営はできないんですよね。 多くの仕事はエースが実務でやるものではないのです、全員がエースだと書類のコピーや入力作業もエースがやることになり、会社の人件費が高くなっちゃうからです。

ということで、この2タイプの社員がいなくてはいけません。

稀に年齢とともにパフォーマンスを落としていたり、待遇を上げてみたがそれに見合った結果が出ていなかったりする人たちがいます。 
後者の場合、僕にも責任があるので、それを避けるために先ず仕事レベルを上げて、半年~1年後に給料を上げるという対策を講じています。 もし出来なかったら、前の仕事に戻すだけです。

何かのタイミングでパフォーマンスを落としているスタッフが問題です。

こういう人達は努力して結果を出すか、給料を下げる(現実的には難しい)か、退職するかとなります。

残念ではありますが、そういう環境の会社だと知っているわけですから、頑張らなければいけないです。

次回、そんなパフォーマンスを落としていったスタッフについて書きたいと思います。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



タオ
Posted byタオ