fc2ブログ
タオ

出来る人はブラック企業でも大丈夫!

先日【ブラックな会社で働いていた】の記事を書きました。

優良ホワイト企業で働いていた人はブラック企業でも活躍できるという記事を今日は書きます。

そもそも、ブラック企業しか受からなかった人ってどんな人ですか?

勉強を頑張らなかった人、仕事は自分の生活の次という考えの人、休日出勤や残業はやりたくない人、バイタリティーが感じられない人などなど、仕事に対してネガティブな人が多いんじゃないでしょうか?

生活していくために、仕方なく仕事をする。 お金があれば仕事なんてやりたくない!って人です。
※もちそん全員がというわけではありませんよ。

こういう人って優良企業では採用されませんよ(;´∀`)

優良企業にいる人って、学生時代から勉強やスポーツで結果出してきた人。
社会人になったら、仕事を一番に考えて、休みでも時間外でも必要であれば働く、必要であれば自ら飲みにいったりゴルフにいく。
仕事について勉強して知識をつけていったり、更に自分を磨くために語学や資格を取っている。
そして常にどうやったら会社から評価されるかということを考えて、提案、実行をできる人だと思います。


優良企業で働いている人が自らしている事って、会社をブラックだと言っている人が強制的にやらされて嫌だな~って思っていることばかりですよね。

僕は日本にいたときはまぁまぁ優良企業で働いていました、そしてタイでは超ブラック企業に入社したのですが、僕は一度も社長から怒られたことがないのです。 

どんどん出世して、1年くらいで工場長兼ゼネラルマネージャーになっていました。 

給料も最初は3万5千バーツでしたが、すぐに駐在員となり日本で働いていた年収くらいはもらっていました。

一方、元々いた駐在員や現地採用のほとんどが、出来ない(やらない)から怒られて、帰任させられたり、解雇されたり、自ら退職していっていました。

出来ないから怒鳴られて、仕事が終わらないから残業、休日出勤させられる。
社長はこんな出来ない奴でも雇ってやっているんだという気持ちから、どんな扱いをしても良いと勘違いしていくんじゃないでしょうか。

※ただ自分は怒られなくても、周りが怒られているのを見ると嫌な気分になりますし、雰囲気が悪くなり居心地は悪いです。

出来る人は、言われる前にやるべきことはやっていきますし、必要があるならば改善もします。
そしてホウレンソウもしっかりできるので、怒られることなどないのです。 


つまりは、ブラック企業が求めている人材は優良企業で働いている人なんですよね。

とこういう事が分かったとしても、優良企業に入社できるような人はブラック企業に転職する事はほとんどないだろうし、ブラック企業にしか入社できない人が転職を繰り返しても同じような会社にしか転職できないという現実があるんだと思います。

だからどうなんだ?

どこの経営者も良い人材が欲しいと思うのは同じだと思うんですよね。

会社というのはそういうものです、だから良い会社で働きたかったら学生時代に勉強して、仕事へのモチベーションを上げて職探しをする事です。

やはり、自分には仕事は合わないな~って人は自分と仕事環境のバランスが取れたところと出会うことだと思います。

どこかで諦めというか己を知って、今いる会社より良いところは自分がいける会社じゃないと分からないと転職しすぎて暗黒企業に落ちてしまします....

先日書いた理想の会社という記事も良かったら読んでください→【理想の会社】


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



タオ
Posted byタオ