微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

人が集まらない('A`)

2006.04.27
作業員の増員をしだしてから1ヵ月、慢性的な人手不足であった。

原因として

・一気に倍以上の人員にすること事態が難しい。
・新人作業員がナイトシフトをやりたがらない。
・将来的に安定して雇用してもらえるわけではない。
・会社の評判があまり良くない。
 今回のように、必要なときは大量に採用するが、必要なくなったら、試用期間(3ヵ月)の作業員はすぐに解雇する会社である。


入ってきた作業員が50名でも次の日には30名は辞めていることもあった。 

毎日のように人事部長にかけ合っていた( ゚Д゚)
そんなある日、社長に部屋に呼ばれた。

まず、出荷が頻繁に遅れることについてたずねられたので、生産計画の無理、生産が遅れる理由を説明。 その1番目に人員不足をあげた。

社長、人事部長を呼び出し、なぜ集まらないのか聞く。

人事部長の答えとしては、募集人数が多すぎることや、今が米の収穫期であること、集めてきてもすぐに辞めることを説明。

社長「なんで、辞めるの?」( ゚Д゚)

人事部長からの説明の中で、会社のルールが厳しい(日本人が厳しい)という説明があった。

社長「タオ君、君が厳しくしすぎてるんじゃないの?」

(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚) えっ、僕ですか?

僕が、あなたや日本兵よりも厳しい?? 確かに今は、立場上厳しくしていますが、それはこの会社のルールでは??? 品質維持のためにはルールが大切では???

生産が遅れるのは人手不足、人手が足りないのは僕のせい…

もう、いいや…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。 
スポンサーサイト
コメント
No:466|そうだったんですか
とすると、ROOKS KORATあたりでお会いしていそうですね。
2006/04/28 12:23|by サム|サム URL|編集
No:463|
mt908さん>気持ちが切れる、そうですねw なんか馬鹿らしくなってのはこの頃ですね。 一生懸命会社のために業務をやっていてもこのような、言葉をかけられましたから…、どんでん返しの期待に添えるよう頑張りますw

Tenkoさん>そうです、このブログは2001年の9月よりの回顧です。 もし、時間があれば最初から読んでください、カテゴリーのタイで働くきっかけが1話目です。それから就職活動、タイで働くの順に読んでいただければ現在に近づきます。 今のブログは2003年の7月あたりのものです。 
2006/04/28 07:25|by タオ|タオ URL|編集
No:461|tenkoさんへ
私も現在進行形と思っていました。服務期間は何年になるんですか?
2006/04/27 12:20|by サム|サム URL|編集
No:460|
タオさん、私てっきり現在進行形の話だと思ってたんですけど、過去のお話なんですね。
今も、この刑務所に入っていらっしゃるのでしょうか?
だとしたら、タオさんすごい忍耐強い方でございます。
私なんて、部署が変わり、やり方が違うだけで、「ムッ!」としてキレてるのに・・・

三日坊主ではございますが、ブログ始めてみました・・・
いつ完結することやら。
2006/04/27 08:25|by Tenko|Tenko URL編集
No:459|切れちゃったんですか?
タオさん、ここで切れちゃったんですか?(気持ちがですよ・・・)
でも、どんでん返しがあるんでしょうね?
ドキドキしてます。
2006/04/27 08:09|by mt908|mt908 URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ