FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  コロナで切られる人

コロナで切られる人

2020年07月20日

タイ国内ではコロナは終息したと思われますが、外国人の入国がかなり厳しい条件付ですが始まっています。
今後徐々に緩和されているくと、コロナ第2波のリスクの確立は上がっていきます。

業界のよって全く違ったりするのですが、僕の知り合いの中では50%経済になるのではないかと見ています(・A・)

売り上げが50%くらいになるということです

売り上げが50%になってしまって、会社の大きさが同じだったら利益は下がってしまいます、50%売り上げが下がると多くが赤字になるでしょう。 

ではどうして生き抜くのか?

一番最初に考えるのが、生産が減るんだから人を減らすことです。

すでにばっさりやっているところもありますね、僕は従業員の生活を守っているという自負があります、だから会社のために頑張っている人を解雇することは考えていません。 


しかし会社のマイナスになっている人はどうでしょうか?


無断欠勤をする人

やれと言われたことをしない人

さぼろうとする人

嘘を言う人

禁止されていることをする人

何もしていない(いなくてもいい)人


こんな人守らないといけないのでしょうか? 
人格者ならば、出来の悪い社員を切ったりしたら良い社員までいなくなるとか言い出しそうですが、現実はそうではないですよ。

特にコロナ期って、【何もしていない人】が浮き彫りになったと思いました。
※逆に役に立つ人も分かりました。

僕は今回3ヶ月間、ずっと従業員を近くでみてきました。

会社のマイナスになっている人には、直接、もしくは人事から注意をしています。 

それでも改善せずに居づらくなって辞める人が出ると、それは会社にとってシェイプアップされたということです。
※会社から解雇ということはするつもりはありません。

頑張ってくれている従業員には来年度の昇給やボーナスを出来る限り、今年と同じくらいだしたいです、

それには少しシェイプアップが必要かもしれません。

もちろん、みんなが頑張ってくれて新しい取り組みをして乗り越えていくのが理想ですが、

注意をしているのに、次の日にも無断欠勤をするような人がいるのも事実です。

経営者も必死ですよ、使えないやつにお金を払う余裕はないところも多くなります。

僕自身も使えないやつと思われて切られる可能性はあります、だからできる限りのことをして会社を存続させます。

ちなみに自身は3月から報酬の一部カットと今までは経費としての飲食代やゴルフ代は個人で払うことにしています。
これで月に5-6人の人件費代になるのですから....

今日はちょっとシビアな話でした....

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



今後のタイ経済を思う | トップページへ戻る | タイで加入できる医療保険 2

このページのトップに戻る