FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  タイで仕事を探している人

タイで仕事を探している人

2020年07月05日

こんなご時勢ですが、就職活動をしている人もいると思います、

今日はタイで働きたいと就職活動をしている人を人材紹介会社に紹介してもらうと、どんなレベルの方なのかというを書きたいと思います。

業界や業種によって違いはあると思いますが、求職者にも参考になるのではないかと思っています。
今回は希望給料で分けてみたいと思います。
※情報は5社くらいの人材紹介会社から、最近3ヶ月くらいで30人くらい紹介してもらった方々です。

希望給料5-6万バーツ

年齢20-40歳(結構尾幅広い)、 学歴は高卒が多い、語学はタイ語、英語ともに日常会話程度
業界違いで転職を数回されているので、このジャンルに強いという武器がない。
タイで働きたい理由 タイの彼女、彼氏がいることが多い。
履歴書をみた瞬間にだめだな~って思う人もいますが、会うと真面目そうでなんとかしてあげたいと思う人もいます。
どれくらいのポテンシャルがあるかは分かりませんが、日本人窓口ならできると思います。

希望給料7~9万バーツ

年齢26-35歳 学歴は大卒でなかなかのレベルを卒業されています。 語学 タイ語はほぼゼロ、英語はビジネスレベルの方が多いです。 転職は1、2回の方が多く、勤務地はタイを限定しているわけではなく、英語を使える国を希望している人が多いです。
かなりポテンシャルは高いと思います、何人でも雇っていいなら全員採用したいと思わせる学歴と経歴をもっておられます、何をやってもらっても若いので出来ると思いますし、採用者側からすると良い条件を提案して来てもらいたいと思います。

希望給料10万バーツ以上

年齢35ー50歳 学歴は大卒が多いですが、駐在員経験があったり、大手企業の国際部に在籍されていて、タイでの仕事をした経験があるため、学歴より職歴に目が行きます。
もちろん海外経験があるので語学はできます、タイ語日常会話、英語ビジネスというくらいでしょうか。
業界、職種ともにスペシャリストが多いため、求人内容がドンピシャじゃないと給料や年齢が高い分採用まではなかなか難しいイメージです。 

番外編として日本で800万円/年くらいもらって、それと同等の給料を希望する人もいます。
タイで同じ給料で採用するのは賭けですね、この給料ならばMD(経営者)としての資質が求められてきます。
この額が欲しいならば、駐在員としてタイに来るしかあまり可能性はないと思います。


こちらに書いたのは人材紹介会社から紹介されているので、比較的希望給料と経歴が合っている人たちです。
あなたの経歴だと大体これくらいですよとアドバイスがもらえます、自分で勝手に決めて俺7-9万バーツの層!ではないです。

多くの会社で必ず求められるのは語学かなと思います、語学ができる人は希望給料が高いです。
せめて英語は日常会話以上はできないと良い就職先はないと思います、ビジネスレベルの方が7-9万バーツというのが現実です。
※タイでの職歴が長い人は英語よりタイ語の方が堪能な方も多いですが、日系だと社内は英語が多いです。

ちなみに20年前に年齢26歳 学歴大卒 経歴3年 タイ語 ゼロ 英語 日常会話で人材紹介会社から3-4万バーツが適当だと言われたのが、この僕ですw (゚∀゚)アヒャ

※この数年後に日本人の最低給料が5万バーツになりました。



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
スポンサーサイト



タイで加入できる医療保険 2 | トップページへ戻る | 第五弾規制緩和!

このページのトップに戻る