FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  辞めてもらいたい人ってどんな人

辞めてもらいたい人ってどんな人

2019年11月21日

僕が初めてタイで働いた会社(通称アルカトラズ)のオフィスに貼ってあった言葉

すすんでするのが人の上

真似してするのが人の中

言われてするのが人の下

言われてせぬのが人の屑


これがコピー機の前に貼ってあるので、コピーしている間いつも見ていました。

日本で働いている時は真似して仕事をしていたので、あ~自分は中だったんだなって思っていた記憶があります。

先輩や出来る人の仕事ぶりを真似してやるのって結構できる人少ないのに、なかなか厳しい言葉だと思います。

大体の人が言われてするので、人の下ということですね

そう言えばそうなのかもしれません、現実社会をみると人に使われていて、自分考えなくて良い仕事をしている人の方が圧倒的に多いですもんね。

進んでする事が出来ている人はある程度の年齢になったら社長になっているか、重役につき会社を引っ張っている人材になっていると思います。(・∀・)イイ!!

言われてしない人は屑 くずってなかなか厳しい言葉を使っているな~と思います....

言われてしない人 いますよね~ なんでかな? 絶対怒られるじゃないですか?(ノ∀`)アチャー

こういう人を見ていると、小学校のときに何度も宿題を忘れてきて怒られている人を思い出します。

昨日忘れて怒られたんだから、今日忘れたらもっと怒られるに決まっているですやん!

そしてこういう人ってまたすぐに忘れだすんですよ....

大人になって出会ったやらない人は、僕のグループ会社に入社してきた日本人の技術者です。

技術者と言ってもほとんど技術を持っていなかったので、僕とBOSSが分からなかったらサプライヤーに頼んで一緒に開発したらどう?って何度もアドバイスしていました。

僕は専門ではないですが、開発のことは分かるので、こういう風にやってみたら? って何度も言ってあげていました。


でも彼は言われた事を何度かやったことはありますが、基本的にはやらず自分一人で開発をしていました。(゚⊿゚)イラネ

そして2年後に結果が出ていないので、まぁほぼ解雇のようになって去っていきました....

言われた事さえやっていれば、結果が出ていなくてもまだチャンスはもらえたんですけどね~言ったことをやらない人は屑とは言いませんが、もうどうしようもないです。

医者がさじを投げるってやつです....辞めてもらうしかないですね。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



タイの現地採用の求職者はやっぱり変わっている.... | トップページへ戻る | 工場建設に向けての経験

このページのトップに戻る