微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

新たな駐在員の赴任

2006.04.08
タニンさんが帰国する頃

社長「日本本社から1人、タイに来てもらおうと思ってるんだ、日本の工場で2年ちょっと生産管理やってる奴だよ。」

前にも触れたが、この会社は日本とタイとでは業種が全く違う。

 例えるならアフリカとアメリカくらいに違う( ゚Д゚)

この社長は、この頃流行った生産管理のバイブル的本【ザ・ゴール】の影響をひどく受けていたので、生産管理はなんでも同じだと信じていた。

しかも

社長「そいつは、日本ではパートのオバちゃんの管理もしているから、タイ人だって扱うことが出来ると思うよ。日本のオバちゃんはある意味タイ人以上にうるさいからな」( ゚Д゚)

 タイ人と日本のオバちゃん…('A`)

すでに人種が違うじゃん(゚∀゚;)

社長「年齢はタオ君の一つ上だけど、タオ君の下で使ってやってくれ」

 この当時、僕は大卒で28歳、働き出して、6年目…
次来る人は、大卒で僕より1つ年上で職歴3年目…。

社長…この空白の4年はなんなんですか?_| ̄|○  

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
スポンサーサイト
コメント
No:436|
マーさん>実際、人材紹介会社からはブラックリストにのっているそうです。 凄い勢いで辞めていきますからね…。 僕はというと…お楽しみに。

T@Kaさん>いやー楽しみにしていただいて、うれしいです。(。´Д⊂)
2006/04/10 12:48|by タオ|タオ URL編集
No:435|管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/04/09 19:09|by -| |編集
No:434|何かいつも…
こう、ピッタリとフィットする良い人材が見つからないですね。
なんか、いつもどこか抜けてたり、どこか怪しかったりwwという人ばかりで
つまりは、良い人材とされる方々は、皆他のマシな職場に収まってしまっている、ということでしょうか。
いずれは、タオさんも…
会社もしくは人1人(日本兵)のために、タイ生活が天国にも地獄にもなってしまうんですから…刑務所さながらではあれ、真面目に働いている人にとってはたまったものじゃありませんね。
2006/04/08 18:13|by マー|マー URL|編集
No:433|
また問題社員登場ですかヽ(´ー`)ノ
楽しみにしてますヽ(´ー`)ノ
2006/04/08 16:22|by T@ka|T@ka URL編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ