微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

プーケットへの飛行を再び挑戦!

2005.08.23
場所はバンコクセンターホテルの住み慣れた部屋であった。
まずマンモスに連絡しないといけない。プーケットで時間と場所を決めて待ち合わせをしているので、もし僕が時間通りに着かなければマンモスも今日ホテルを変える予定にしているのでどこに、行ったのか分らなくなる。 とにかく、昨日までマンモスが泊まっていたホテルに電話してみる。

HE Checkde out this Morning ! (;´Д`) やばい…。

もう一度、飛行機に乗るのはいやだし、いろいろ考えた…。
バスで行く! ガイドブックにはバンコクから14時間かかる _| ̄|○
列車で行く! バスよりさらに時間がかかるようだ。_| ̄|○

そんなこんなで昼の3時ぐらいまで考えた結果。 もう一度、飛行機に乗ることを決意。 
対策その1
今回は、エンジェルエアーのチケットを捨てて、TGタイ国際航空のチケットを購入。
対策その2ホテルのフロントからプーケットのホテルに電話してもらいプーケットの天候を聞いてもらった。聞くと、今年一番の洪水になっているらしいが、天気は快晴!

ホテルは結局6時間ぐらいしかいなかったので、半額にしてくれた。
本日3回目のドンムアン空港。 もう、戻ってこないことを祈る。

TG.jpg I love TG!

TGへ搭乗! 席は9割ぐらい埋まっていた。 全然違うぞタイ国際航空。 エアエンジェルでは出てこなかった軽食、新聞、雑誌(英語だけど意識集中させるのには使える)とかもでてきて、今度はあっという間にプーケット上空である。
20050820182019.jpg          20050820182011.jpg
プーケット上空                    プーケット空港
ここまではほんの10時間前にも来たのだ。
着陸態勢にはいって、祈るばかり(;-ω-)
キャシャーン、ドン、ガーーーーーーという飛行に乗っていて一番うれしい着陸時にタイヤが滑走路に着く音がして無事着陸(´ ∀`)y

プーケット国際空港
僕には天国への扉に思えた。 今日の数時間のいやーな重みが一気に吹き飛んだ。 僕はすでにバンコクで入国審査を受けているので、すぐに外にでてタクシーにあらかじめ予約しておいた、昨日までマンモスが泊まっていたホテルに向かう。 山道を上り下りしながら快適にとばす、そして大きな坂道を登りあがったときに一面に、夜景が広がった。

パトンビーチである。 そこは僕が目指していたパラダイスである。
いまだに、僕はこの山道の頂上の景色が大好きである。
そしてパトンロッジホテルにチェックイン!

これからマンモス探しである。 時間は18時を回っていたころとだった。   
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行

ジャンル : 旅行

コメント
No:39|
プーケットの時間は超スローで流れてるよ。最高。 タイ自体がスローな国なのに、その中でさらにスローなのがプーケット! テンプレートみたよ、今のほうが良くなったよ。いい感じ。
2005/08/24 18:12|by タオ|タオ URL編集
No:38|
いいなぁーープーケット・・・のほほーーんてしそう・・・テンプレートさ、なんか暗いでしょ???ゆずの・・・今、ちっと、浮かんできたから、かわいいのに変えるんだ^^
2005/08/23 19:56|by ゆず|ゆず URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ