FC2ブログ

トップ  >  タイで活きる  >  タイの駐在員の待遇

タイの駐在員の待遇

2019年07月10日

駐在員といってもピンキリです(゚Д゚ )アラヤダ!!

僕はコラート時代は現地採用から駐在員待遇にしてもらいましたが、駐在員としてはかなり低かったと思います。

20年前の現地採用 スタート3万5千バーツ他に何も手当てなしだったので、駐在員待遇は段違いで良かったです!

当時の駐在員の時の給料

26歳でタイの給料が5万バーツ 日本の給料が12万円くらい、ボーナスは日本2回(各2ヶ月)、タイ1回(2ヶ月)
住まいはコラートなんで安く5千バーツくらいですが会社もち、日本への帰国は年1回会社もちです。
海外保険はつけてもらいましたが、年金は自分で払うように言われました。

工場長になった時に日本の給料が3万円くらいあがりましたが、500人の部下を従える駐在員としては低いと思われます、

でも僕はそれで十分でした(゚∀゚)アヒャ


僕のような駐在員はピンキリのキリというのは間違いないです、日本の給料をそのままタイでもらうようなものです。

バンコクの現在の若手のイメージ

日本で額面30万円だったら、それをバーツと円に分けて合計が30万円になる計算で支払われ、そこに住宅手当3万バーツくらいまでが出される程度。
海外保険、年金、渡航費、ボーナスはもちろんあります。

これがキリです(゚з゚)イインデネーノ?

ピンは海外手当て8千円/日 年間 約300万円 家族手当年間100万円/人 住宅は6-8万バーツ 
家族の渡航費、海外保険 車運転手付き


日本の給料が1000万円/年くらいだったら、全部で費用が1世帯で2千万円くらいになると聞きます。

これがピンですね(・∀・)イイ!!

先日 駐在員の友人が自分の駐在員待遇が悪いと言って退職されました。

タイ勤務と分かっていて入社した会社だったと聞いていたので、正直驚きました...

最後に色々と話を聞かせていただいたのですが、もし現地採用の人が聞いたらポカーンってしちゃうかもしれません....
住宅も4万バーツくらい出してもらっていて、給料も日本と変わらないですが出ています、ボーナスも年2回です。
日本への帰国費用や海外保険、年金もしっかりしていますし....

タイに来たばかりの僕なら是非是非入社したい会社です。

また別の駐在員の友人が帰任して、日本で就職活動をしだしました、第一条件は駐在員として海外赴任をすることです。

ということで、僕の知り合いが駐在員を募集していたので紹介してあげたのですが、条件が悪いって断られました....

色々と考え方があるもんだな~と思いました....

最初から良い条件というのも大切ですが、結果次第では将来的にどうなるかが一番大切だと思うタオでした。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

経営者として雇いたくない社員 | トップページへ戻る | タイでコンドミニアムを買う 2019年 その2

このページのトップに戻る