微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

タニンさん、帰国('A`)

2006.04.06
タニンさんの研修最終日

その日も、生産とお客さまの対応で追われていた(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

昼食もタニンさんと食べることもなく、終業時間の17時がやってきた。

ふと、更衣室を見てみるとタニンさんは服を着替えて、椅子に座って僕を待たれている様子。

このあと、3,4時間は帰ることが出来ない僕は、更衣室に向かった。

タオ「お疲れ様でした、ほんんとに何も出来なくて申し訳ございませんでした。」

タニンさん「ありがとうございました。忙しい中、時間を作って下さって感謝しております。」

このような、会話を数分して核心に

タオ「で、いかがでしょうか? 一時日本に帰国後、こちらで働かれる意思はございますか? こんな、会社なので是非にとはお勧めできませんが…きていただければ、うれしいです」

タニンさん「コラートという地域は気に入りました、タオさんにも感謝しております、が、この会社の体制というのは、変りそうにないですね…帰国して、嫁と相談して最終決断しますが、おそらく来ないと思います…すみません」

仕方がないことです…僕だって、1日でも就職前に研修をさせてくれれば、この会社に就職することはなかった。タニンさんは1ヵ月も研修されたのだ、これでこの会社に就職することに決めることとになれば、それこそおかしい人だ…。

それから、何度も頭を下げなられながらタニンさんは帰国された。

次回、タニンさんからの決断の連絡である。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。



スポンサーサイト
コメント
No:430|
あるコラ-トの日系中小会社
日本人は就業一時間前の7時から
就業後一時間後の6時が不文律の拘束時間
その時間は当然残業代無し 土曜日は出勤 なんか30年以上前の
日本の会社より酷くないですか 8万Bだけど行きたくないです
私はタオサンの人格力量年齢からその会社にいるのが不思議です。
責任感の強いのはわかりますが、ご自身の人生行路はそのままで
良いとお考えのようには推察出来かねますが
何だかんだ言っても堀の中が好きなんですかね??
2006/04/07 17:15|by マイ ポップカン ナ-ン レ-オ|マイ ポップカン ナ-ン レ-オ URL|編集
No:429|
サムさん>タニンさんは残念でしたね。 良い、聞き上手のお兄さんになってくれることを期待していたのですが、というより僕の代わりの工場長として…。
2006/04/07 08:26|by タオ|タオ URL編集
No:427|うわー・・・
そうですか、やはり帰国されましたか。タオさんは暫く逃げられなくなりましたね?タニンさんが会社には残れませんでしたが、KORATを気に入ってくれたことは私にはうれしかったです。工場立ち上げの時は私も似たような労働条件でしたよ。10:00に帰れたらラッキーってな感じでしたから。タオさん、体には気をつけてくださいね。
2006/04/06 18:14|by サム|サム URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ