FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  能力と努力そして成功

能力と努力そして成功

2018年12月17日

僕は小さな頃から努力するのが嫌いです(`皿´)ウゼー

それでも、受験の3-4ヶ月前には1日5時間くらい勉強して高校、大学とまぁ恥ずかしくないところに行っています。

その後、会社も上場企業に入社できています。

知り合いの中では僕よりも一生懸命勉強して、一生懸命就職活動していたにも関わらず、駄目だった人が結構います。

これの原因一つは能力の差です。

例えば記憶力

覚えれる容量を器、覚えるスピードをスプーンと考えます。

器が小さい人は覚えれる容量が小さいためすぐに溢れてしまします。
スプーンの大きさが5の人はスプーンの大きさが1の人に比べて、5倍のスピードで記憶していくことができます。


スプーンが5の人はスプーンが1の人が1年かけて覚える事を、2ヶ月ちょっとで覚えられるのです。
※僕が小学校時代に行っていた塾の教えです。ここでは入塾テストの結果よりもIQを重視していました。

これが現実なので仕方ありません。

次に努力です。

僕は努力が嫌いですが、必要である事はストィックにやります。
しかしこれを僕は努力だと思っていません、なぜならばやらないともっと悲惨な状況に陥るから、やらない手はないのです。
例えば受験のために1日5時間 3ヶ月の勉強が出来ない、海外で働くのに英語の勉強をしない、タイ人の部下がいるのにタイ語を覚えない、新しい会社に入社してその会社の事を必死に勉強しない人たちは論外です。

必要な時に頑張れない人は怠け者です、能力が高くても成功しないでしょう。
※もちろん天才的な能力があれば別ですが....


そして問題は努力をしている(頑張っている)のに結果が出ない人ってすごく多いと思います(゚Д゚ )アラヤダ

例えば仕事で毎日遅くまで働いている人。
営業や出張を目一杯スケジュールに入れている人。
資格を取るために家に帰ってからも勉強している人。

それでも結果が出ていない人は努力の要領が悪いんです。

どうやったら最小限の努力で大きな結果を出せるかを知らないのです。

まぁこれを知るのも能力なんですが....

僕は常にどうやって楽しようかばかり考えています(・∀・)イイ!!

今は会社の経営をやっていますが、部下をどうやって楽させるか? を考えています。
部下が楽になれば質の良い仕事をやってくれます。
部下が仕事を円滑にやってくれれば、僕が楽になります。

こういう考えです。

僕は残業なんてしないですし、部下にもさせません。
残業をしている部下がいたらそれを改善してあげます、それでも残業する人は能力が低いのでしょう。

僕は仕事とか努力とかが嫌いでした。

だから若い頃に頑張って35歳くらいには会社のトップになりました、誰にも命令されない立場になりました。
こういう立場になれば楽だからです。
もちろん、トップの大変さはありますが歳とって安い給料で人にこき使われるのに比べれば幸せです。

どうすれば楽になるか? それに向かって努力をした結果です。

10年ほどめっちゃ頑張って、その後30年以上楽します。

先日、僕が尊敬している人の話を聞いていたらまさに同じ事を言っていたので、記事にしました。

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

2018年の反省 | トップページへ戻る | 12月10日の朝

このページのトップに戻る