FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  ナンバー2を要らないなと思うまで

ナンバー2を要らないなと思うまで

2018年11月05日

前回は【ナンバー2の子を失う覚悟】の記事を書きました。

僕と一緒に今の会社を作ったといっても過言ではないくら、いろいろとやってくれました。

でもここでお別れする事になってしまいました、彼女から辞めると言い出しましたが、そうなるだろうなと思っていました。

しかしなぜそう思いながらも組織変更をしたのか?

今年に入って彼女を会社のトップにしました。 僕はその上にいるんですが、すべての部署のトップです。
簡単に言えば彼女が社長で僕が会長のような関係ですね。

最初は彼女も緊張してやっていたんだと思います。

しかし僕が何も言わないでみていると、彼女はだんだん現場に入らないようになりました。
今までは必ず現場をみていたのに、モニターで現場を見て指示をするようになりました。


僕は今でも現場を毎日少しの時間ですがみています。

年も半ばになった時に、色々と現場に問題が発生してきました。 
違いますね、現場では問題が発生するもんなんです、それが解決されていないままになってきたんです。

僕は彼女にその問題を伝えていたんですが、それが全く改善されていないんです。
彼女はその下に指示していたんでしょうが、確認をしていないからそのままだったんです。


細かい事も合わせれば、そういう事が数十回ありました....

僕の意見に反対する事が増えました。 僕が間違っている場合はもちろん彼女の意見を取り入れるのですが、彼女の意見があきらかに間違っていたり、やってみてもいないのに難しいと言うようになりました。

実際、後で自分でやってみると多くの事で良い結果がでました。

客に対しては、好きなお客さまや権力を持っている人への要望を好んで聞くようになりました。
無理な注文を受けたり、やっかいな開発を引き受ける事になり、生産や開発スタッフが大変になりました。
通常の生産をストップさせて、特定の客の商品を急ぎで作って、大手の古くからのお客様の納品が遅れがちになっていました。

何度も注意しましたが、こんな状態が1ヶ月以上続きました....

もう限界です、もし古いお客様から切られたら、安定した発注をもらえなくなります。

そこで出荷担当や生産担当にも勝手に変更するなと僕が直接命令しました。

しかしです、その命令を破らせて変更をした事が分かりました。

この時ですね、もう無理だと思ったのは....

この件の後に、もし僕の命令をきかない人がいたら、解雇にまですると全社員に伝えました。

そこからですね、僕の大きな組織改革と全部下を掌握し始めたのは。

それからもし彼女が辞めると言っても仕方がない、いや辞めてくれないかな?って思い出しました。

それでも長く一緒にいた可愛い部下です、もし昔のように戻れるならいてもらいたいです。


この記事を書いているあと4日後に彼女はもう会社に来きません、僕がもう来なくていいよと言ったのです。
まだ月の半ばですが、もうやる事がないです。


有給は全部使っていたのですが、特別有給として月末分まで給料は払います。

彼女の背中をみて仕事するのもあと4日です、

今は彼女が副業でやっていた事が、本業として成功をする事を祈っています。

その副業も問題ありありなんですが....またいつか書きます。



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト

そして新しい時代が始まった! | トップページへ戻る | 覚悟を決める日がやってきた

このページのトップに戻る