微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

あ~現地採用のレベルが…

2006.03.18
僕らの会社と長く取引している悪名高き人材紹介会社、日本人担当ダワさんは続けて人材の紹介をしてくださっていた('A`)

調度この頃、紹介を受けたのが現地で仕事を探しているヤーマ君

ダワさんから履歴書が送られてきた

年齢25歳 男 大卒 日本での職歴2年 タイ人と結婚 子供1名

希望給料30,000バーツ 勤務地 全国 

ここまでは、まー普通の履歴書である。

来タイ理由
タイへ何回も来ている間に、彼女ができた現在の妻と出会った。
それで、こないだ子供が出来てしまったので結婚したのでタイで暮らすことにした。

('A`) 理由が正直すぎるのはまだしも、間違ったところを線で訂正してそのまま提出する…すごい人だ。

志望動機

こないだ、子供が生まれたので、お金がない養うために働かなくてはいけなくなった。

('A`)  すごい、凄過ぎる…。 こんな志望動機は始めて見た…。

この人を紹介してくる人材紹介会社って…

社長から電話があった

社長「どうだ?ダワさんからの紹介してもらった人物は…」
タオ「無理です、履歴書ごらんになられましたか?」
社長「あー見たよ、でもタイ人と結婚してるから、辞めないんじゃない?会って見たら?」
タオ「そうおっしゃりますが…」
社長「今、人がほしいんじゃないの?とにかく会ってみろよ!」( ゚Д゚)
ダワさんから電話

ダワさん「どうですか?素直で真面目な方です」 

タオ「あーはい、ではいつでもいいのでコラートまで来てもらってください」

次回、ヤーマ君登場(>_<)
毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:407|
マーさん>ヤーマ君は僕の中では伝説方です。 タイでは凄い人がいっぱいいますよね、まだまだ飽きませんw
2006/03/21 07:28|by タオ|タオ URL編集
No:405|あの伏線って・・・
本当に正直過ぎる履歴書ですねww、履歴書で伏線はヤバすぎですよ~。
既に社会人の域を脱しているような・・・いくらなんでも高校生バイトの子でもここまで腹の内を明かさないでしょうww
社長も随分と採用の基準線ラインを下げてますね・・・社長も日本人の採用とはいえ、半ば投げやり気味のような・・
タイには国籍を問わず、伝説的な人が結構多い気がしますね。
恐らく日本に住んでいたら、一生に1度会えるか会えなさそうな伝説的な人・・・その逸話や噂だけで十分酒の肴になりますよねww
驚きが尽きませんね。
2006/03/18 15:18|by マー|マー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ