微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

ようやく帰国(>_<)

2006.03.09
ようやく、ようやく日本兵が一時帰国することとなった。
ただ1ヵ月限定ということだが…。

日本兵が帰国することによって工場の戦力が落ちるので、それを少しでも補うために社長直属のミン君が、再び僕の部下として働けるように組織変更が行われた。

ソンクラーン(タイ正月)明けより、日本兵は帰国する。

日本兵も数年勤め上げた、看守生活もピリオドとなるということから多少ではあるが、いつものピリピリしたオーラは押さえられていた。

今回の日本兵の帰国目的

1、本格的に帰国したときの住居を見つけておく
2、実際、日本兵が帰国してタイ側ではどのような問題が生じるのか確認する。
3、日本のお客さんへの挨拶。

いずれにしても、僕らタイ側としてはどんなことが合っても、タイ側だけで問題を解決していかなければならない( ゚Д゚)

日本兵には頼るな~(`・ω・´) それが僕たちの生き残る道である

そして、帰国当日の晩

日本兵はすでに、空港へ到着している頃

日本兵の管轄の仕事で問題発生

日本兵のタイ人スタッフが社長に報告

社長から僕に連絡があった。 

社長「タオ、日本兵のスタッフがこのようにいってるが本当か?!」
タオ「はい、事実です」

社長 激怒そして日本兵に連絡した様子。
しかし、社長の話し方次第でいつもとばっちりは僕にくる…


僕とミン君が居酒屋みちずれで、お祝い会をしている最中…

電話が鳴る 日本兵である…

日本兵「タオさん、今、スタッフと社長から連絡があったんですが、タオさんは一切関係ないんですか?そちらの部署のミスは考えられないんですか?」( ゚Д゚)
 いや、関係ないし、だからあなたのスタッフも社長にそのように報告したんでしょうが…。

僕は事実を説明する。 約3回の電話、1時間以上を要した。

誰に責任があるかどうかは、問題をクリアにしてからでいいでじゃないですか?

責任を取る立場の人間が、責任を擦り合っていたら仕様がないです…。

先が思いやられる_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:396|
マーさん>いつもなががら、鋭いご意見です。まさにその通りです。 我々の報告は、被告人と検察官とのやり取りのようなものです。 ほんの些細な間違いを探されて、揚げ足を取られます。 

トゥッムーさん>ひょっとして、同じ会社ですかw
2006/03/10 10:05|by タオ|タオ URL編集
No:395|この人も
なんかマーさんの言っている事とまったく同じ人が身近にいたりします。
最近ではうまくかわすようにしてますが。
2006/03/09 23:05|by トゥッムー|トゥッムー URL編集
No:394|この人(日本兵)は
ハナっから自分は万事に正しく、相手は万事に間違っていると決めてかかった言い方をしますね。
1時間も通話させるとは、ねちっこい人ですね。
でも、こういう人にメールやらレポートやら文書で状況を説明しようものなら、後で1字1句をとって、ああだこうだと人の揚げ足を取るでしょうから、反って口頭で適当に場をしのいだ方が良いかも・・・
2006/03/09 20:34|by マー|マー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ