微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

早っ!!(゚∀゚;)

2006.02.10
ミン君のメロスぶり、日本兵のミン君のいじめっぷり、単純に日本の品質の考えを持ちながらの、タイ人を使っての生産管理の難しさ、厳しさを実感した、バンさん。

着任から1週間ほどたった朝。

バンさん「タオさん、お話があるんですが…」(´∀`)
 いつになく、ニコニコしているバンさん。
バンさん「辞めたいんですが…」 
(゚∀゚;)・・・・はやーしかもあっさり。

一応、なんでか聞いてみる。

バンさん「日本で面接したときに、社長から君は何もせずに椅子に座ってくれているだけでいいんだって言われたんです」
タオ「はっ???聞いてませんよ、普通に生産管理させろって聞いてますから」
バンさん「ですよね、タオさんはそう聞いていると思いました、社長はここは男ばかりでしかも、気難しいのばかりだから、私が入って雰囲気が変ればいいといわれて、私もそれなら出来るな~って思って来たんです」 
気難しいやつばかりって日本兵だけじゃん( ゚Д゚)
バンさん「生産管理とかも、タイ人に指示するのとか無理だし、この会社の雰囲気に息が苦しいです」
タオ「でっ辞めたいんですね」 
どうせ、長くは続かないと思っていたので僕は引きとめもせず社長に報告。

電話で報告

タオ「社長、バンさん辞めたいんですって」
社長「はぁー!( ゚Д゚) 何ほざいてるんだあの女は!!」
タオ「いや、なんか生産管理するって話しも聞いてなかった見たいですよ、座っているだけでいいって社長がいったって…」
社長「そういったかも知れないけど、ものには言い方というものがあるんだよ!そんな話し鵜呑みにするやつがどこにいるんだよ!」 
 言ったんですね社長('A`)
社長「あいつ、コラート連れてくるにも金がかかってるんだよ!数十万円人材紹介会社に払ってるんだよ! 絶対辞めさすな」( ゚Д゚)
タオ「でも、辞めるのは個人の判断ですし…無理に引き止めてもいずれ辞めるなら教えるほうも時間の無駄です」
社長「とにかく、試用期間の3ヵ月はいるように言え!」ガチャ トゥートゥー

おいおい('A`)

タオ「バンさん、こういうわけなんですが3ヵ月居ます?」
バンさん「分りました、もう少し頑張ります」

やるのかよ~はじめからもう少し頑張ってくださいよ_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:354|
マーさん>ありがとうございます。 バンさんはタイが好き、だからタイにきました エヘヘみたいな方の典型的な見本でしたw 日本違って、この会社では優遇できないし、する余裕もないし…。 
2006/02/11 09:45|by タオ|タオ URL編集
No:353|いやはや・・・
確かに話の弾みで、ただ座ってるだけでいい、とは言っても、それを鵜呑みにしてはるばるコラートに来てしまうバンさんって一体?
せめて工場で、それもタイで働くんだから、ある程度の予想はしておくべきかと思うのですが。
微笑みの国、タイランドでのほほんと夢心地でいようと思ったのでしょうか。
やはりこれまでの経歴が予告してたようなものですね・・・座って紅一点でいるだけで給料もらえるって、あんたぬいぐるみかいな!!
逆にタオさんのように、この会社で本当にゼロから始められて、この時点でタイ人の指揮はもちろん、帰還する日本兵の後をとれるということは、本当に努力と忍耐の賜物だと思います。
まして、この会社ではなおさらでしょう。未経験者のための研修もないでしょうし、社長も日本兵も人を育てることにおいては、いい加減そうですし・・・
2006/02/10 22:12|by マー|マー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ