微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

バンさん着任、その時ミン君は…

2006.02.07
バンさんが着任して、とりあえず仕事を覚えるため工場に入ってもらった。なんのことはない、工場をうろうろして毎日レポートを書いてもらうのだ。

その頃、ミン君は社長のアシスタントとして、服役していた。('A`)

社長「おらーミン!!まだ出来てないのか!?」( ゚Д゚)
ミン君「忘れていました…」('A`)

社長 絶句、みたいな日々です。

社長「タオ君、ミンはほんとに出来ないんだな…」
タオ「はい、そうですよ。頭は悪くはないんですが、仕事はできませんね」
社長「うーん、君が言っていたことが、自分の下になって良く分るよ」

 しかし、社長はミン君を切ることができない…  
  【ミン君の仕事ぶり】
 
  【ミン君の部署移動】

 社長の部署のタイ人からもミン君は駄目日本人扱い、タイ人が社長にいろいろ報告する。 

社長の苦肉の策の案
ミン君をタイ人スタッフと同じ位置付けにした。
部下を持たず、自分ですべてやらすというのだ

しかしタイ人と同じ仕事だが、給料は10倍以上なのだ。

日本兵( ゚Д゚) チェック!

日本兵「社長、ミン君ほとんど役にたってないですよね」
社長「あーしょうがないな、甘やかされて育ったんだろうな」
日本兵「帰らしたらどうなんですか?士気にもかかわってきますよ」
日本兵「もし、それでもおいとくなら、暇そうにしてるとき使ってもいいですか?」
社長「あーかまわないよ。」( ゚Д゚)

日本兵 ( ゚Д゚) ニヤリ 自分から帰りたいって言わせますよ

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ