微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

お腹痛くなっちゃいました('A`)

2006.01.12
その日は突然やってきた( ゚Д゚)
ヘイジさんがやってきてちょうど、二週間がたった月曜日。

毎朝、待ち合わせしているタイシンアパートメントの1階でヘイジさんは私服で僕を待っていた。 

ヘイジさん「タオさん、今日はお腹が痛いので休ませてもらってもいいですか?」
タオ「はい、いいですよ、お大事に」
そのまま、会社へと向かった。

そして、正午前

日本兵「タオさん、今日ヘイジさん、どんな服装していました?」
なんで、こんなこと聞くんだろう?と思いながら
タオ「ピシッとした私服でしたよ、お腹が痛いっていってたのでそのまま病院にでも行ったんじゃないですか?」
日本兵「そうですか…ヘイジさんですが、お腹が痛いので日本に帰りました」

意味が分らない…( ゚Д゚)

タオ「どういうことですか?」
日本兵「だから、お腹が痛いので日本に帰ったみたいです、さっきバンコクのスタッフから連絡がありました」
ショックである、誰にも言わずに日本へ帰ってしまったらしい。
今日が月曜日だから、昨日の日曜日に帰ることも可能だと考えると、一応、今朝僕に最後の挨拶をするために待っていてくれたのか?

ほとんど、会話はしていなかったが、Kさんが帰国したら正式に僕の部下になる予定だった方だったので残念である。 

見事、脱獄に成功である。 

ヘイジさん、あんた正解だよ _| ̄|○

この日までの出所リスト

希望退職者 3名

解雇 1名

脱獄 1名

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
コメント
No:318|
マーさん>明けましておめでとうございます。 今年も宜しくです。 
日本から帰ってきて、しばらくは体がだるくて仕方なかったですw 

そうです、この会社は日本兵によって社員の定着率は著しく下がっていますねw 仕事で一番嫌だったのが、日本兵の顔を見ることでしたw

まさむねさん>ヘイジさんは現地採用です。 なんでタイに来たのかな?とちょっと思いました…。
2006/01/13 18:10|by タオ|タオ URL編集
No:317|
おなかが痛いから日本に帰る・・・
ヘイジさんは現地採用だったんですよね。

むーん
2006/01/13 16:40|by まさむね|まさむね URL編集
No:316|
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
日本で迎えられたお正月は如何でしたか。
再び寒波の日本を離れ“暑い”日常に戻られ、ご体調の管理が大変かと思われます。

ブログを拝見する限り、いつもタオさんの忍耐強さには感服するばかりです。
去られたヘイジさんは必死だったかと思いますが、タオさんの最後の一言 “ヘイジさん、あんた正解だよ ”で、思わずモニタに向かって微笑んでしまいました。(表現恐し?)

それにしても、人1人(日本兵)の存在がこれほどまでに会社の繁栄に影響を及ぼしているとは・・・
どんな難しい仕事でも、場の雰囲気や気の持ちようによっては苦に感じずにクリアできることもありますからね。日本兵の存在恐し!
2006/01/13 09:01|by マー|マー URL|編集
コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ