FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  やっと分かったこと 2017

やっと分かったこと 2017

2017年12月28日

もうすぐ2017年も終わりです、この記事が今年最後のものになります(・∀・)

今年の前半は景気が悪くて売り上げが前年度比90%割れが続き、色んな事をしましたが全く効果なく今年は仕方ないなって8月にはもう諦めていました...
それが9月からV字回復! まだ最終集計は出ていませんが、年間で前年度比100%を死守できるんじゃないかという勢いです。

9月からなぜ急激に回復したのか?  

ん? 何もしていません(゚∀゚)アヒャ
 諦めてぶらぶらしていたら、工場長から生産が追いつきません!って報告がきました。

いや~真面目にやっていたら、ちゃんと戻ってくるって事ですかね? えっ違う?

まぁBOSSに格好がついたところで、気分良く年末を過ごせます。

はい、タイトルの話をします。 今年になってやっとわかったこと!

それはですね、部下はかわいいですが全員が出世できません。

タイ人は人数が多いので仕方がないと思っていましたが、日本人は将来的にはみんなに新しい会社を立ち上げさせてやって、良い生活をさせてやろうと思って指導をしてきましたが、そんな事ができる人はまぁいないというか、できる人は指導しなくてもできるんです。

ここまではずっと何年も前から分かっていました。

じゃあ今年になって分かったこと、

こういう出来ない人には特に上を目指させなくて、できる事だけやらせて褒めて、それなりの給料を払っているのがお互いに幸せだということです。

タオ 「お前頑張ったら社長になれるんだよ!」
部下「はい、頑張ります!」

結果があまりよくない

タオ「こんなんじゃだめだ!」
部下「すみません、頑張っているんですけど...」

って関係で将来の20万バーツをちらつかせて10万バーツ毎月払うよりも、

タオ「今のままで会社は満足しているから、これからも頑張ってよ」
っていいながら、6万バーツからスタートさせて毎年2千バーツくらい昇給してあげる方が、会社も経費が助かるし、本人も気分良く働ける。

結果が出てから待遇を与える、期待をこめての待遇はよくない、

結果がでなくても使い道があれば何も言わずにそれ相当の待遇で雇う。

トップは孤独な立場です、部下が夢を語るとどうしても頑張って欲しいと思い肩入れするんですが、来年はそれを冷静に聞き流していける人間になります。

なんか、最後のブログなのにテンション上がらない内容ですみません...

来年も宜しくお願いします(・∀・)ヨロシク!!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



2018年 タイ企業の給料 | トップページへ戻る | 今年は本当に良い年でした。

このページのトップに戻る