FC2ブログ

トップ  >  タイで働く  >  やろうと思っても出来ない気持ち

やろうと思っても出来ない気持ち

2017年11月29日

今日の記事は人によっては不快な思いをすると思いますので、先にお断りさせて頂きます。

もう1つのブログ 【タイを活きるの、本気で死ぬかと思った】シリーズをこれから書いていくつもりなんですが、ちょっと厄介な病気になってしまって色々と薬を飲んでいます。

その薬の一つに抗不安剤があって、これを飲むと緊張がなくなるんですが、ぼぉっとしたり、眠くなったり、だるくなります。

僕は更に自律神経を正常にするために、心が落ち着く音楽なんかもできるだけ聞いて生活をしていました。

最初の数日は良かったです、しかし3-4日経つとある事に気づきました。

それは明らかに自分の能力が落ちていることです (゚Д゚ )アラヤダ!!

判断力、記憶力、瞬発力、仕事へのやる気などなど

最初治療に専念していた時は気になりませんでした、当初は気が長くなり穏やかな感じで良いなって思っていましたが、社会復帰したらこれはヤバイと思いました。

とにかく、今まで出来ていた事が出来なくなっているんです。 

例えば簡単な計算でも暗算が難しく感じたり、何かを考えようとしても頭がしっかり働かなかったり、
物事が思い出しにくくなっていることに焦りを感じましたガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


これは交感神経を抑えて、副交感神経が優位になっているせいだと思いました。

交感神経、副交感神経について

交感神経・・・活動している時、緊張している時、ストレスを感じている時にはたらく
副交感神経・・・休息している時、リラックスしている時、眠っている時にはたらく


今回考えたのは人ってもともと副交感神経が優位の人っていると思うんですよね、そういう人って性格が穏やかであまり怒らないんだと思います。

悪い点としては、時間にルーズで物事を決められず、記憶力も悪いケースもあるんだと思います。

今までも仕事ができる出来ないは頭の良さ(IQ)だけではないと思っていました。

だって東大卒業していても、全く使えない奴もいますし、高卒でも経営者で成功している人もいますから。

これって、この交感神経、副交感神経ってのが関係しているんじゃないですか?

【タイを活きるで登場する K君】【微笑みの国タイランドでの就職日記のミン君】は二人とも仕事ができません。

二人ともマイペースで、言われた事を忘れやらない、何か決めることができない...

そして、

二人に共通している点は出来ないとパニックを起こして泣き出すんです(´Д⊂ヽ

僕も薬を飲んでいて、記憶力が低下している時に思い出せないとパニックっぽくなって泣きたくなりました...

これは自分の能力を超えたことをしている時に起こります、薬で能力が低下している僕は今まで出来ていた事ができずにイライラしだしました。

彼らは副交感神経が通常から優位に立っているんじゃないか?
実際に自分が体験することによって、思い出したのは彼らのことでした...

薬を飲まなくなって10日くらいすると、僕は元通りになりましたが、もしあのままの状態だったら、〇のうかと思ったかもしれません。 

本当にそれくらい辛かったです..._| ̄|○

ただいつか歳をとっていくとまたバランスが変わって、この時の僕のようになるんのかな?って思ったりもしています。

今回の病気で色々と考えるようになりました...

きっと医学的にはこんな単純ではないと思うのですが、今回言いたかったのは、簡単な事が出来ないことの辛さが分かったということです。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト



不安障害は治ったのか? | トップページへ戻る | 死ぬ思いから、これからの人生を変える。

このページのトップに戻る