微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。

良い人材をリクルートする

2017.06.28
前回までは駄目な日本人を辞めさす記事を書きました。
【Gさんを辞めさす】

辞めさせるのも大変ですが、良い人材を採用するのも大変です(;´∀`)

僕がタイで日本人の採用をしだして15年、募集方法は色々あります。

・人材紹介会社からの紹介
こちらは客の立場で楽チンですが、お金はかかるし、希望している経歴の人材を紹介してくれる事は稀です。
試用期間で不採用にするのもお金がかかるため、もうこの方法はやめました。
※1人採用するのに、15-30万バーツの費用がかかります。

・ネットやフリーペーパーに求人広告を出す。
自分でスクリーニングしないといけないため、大変ですが色んな人が見れます。
時には良い人材をGETできる。
 不定期ですが今も求人広告を出しています。
※2ヶ月の掲載で3-4千バーツ



そして最も効果的な方法それは、

ヘッドハンティングです!

知人からの紹介や、自分の知り合いなどで実績がある人を勧誘する。

この方法は採用時には直接的な費用はかかりません、ただし実績がある方たちなので給料は10万ー20万バーツくらいになってしまいます。

結果的には出来るかどうか分からない人を採用して育てるよりは、確実に出来るため長い目でみると会社にとって一番良い方法だと思います。

6-8万バーツの人を5人くらい採用しても、使えるのは1人いるくらいです。
そしてその使える人も3年もすると10万バーツ以上の給料を渡すわけですから、最初から出来る人を雇うというのも良い方法だと思えます。

僕は近い将来グループ会社のうち5社の工場と経営をみる予定です。

今の部下達は、今みている2会社と2工場を任せるつもりですが、新しく経営する会社と工場にも自分が信頼できる人をおきたいです。

そこで、今から人材を探しています。 

先日、元駐在員で良い人を見つけて採用しようとしたら、その人材をおこうとしていた会社の日本人からまだ辞めないと拒否されました...

まだタイミングではなかったようです、この日本人は高齢なので放っておいてもあと数年で辞められるので待つことにします。

数年後に採用する事を約束しています。 

そんな先の事を待ってくれるのか?

それは金次第ですよ、日本でもらっている給料の1.5倍~2倍だせばタイの生活が好きな人ならば問題なく来てくれるでしょう。

また将来は社長になれるチャンスもあるんだから、日本で働くよりも夢があるというもんです。

こんな事をするのが僕の仕事です(・∀・)イイ!!


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ