微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2018.07.11
こないだ【人材紹介会社ってなんのため?】の記事を書きましたが、紹介してくる人くらいちゃんと選別しろよと思うことが多かったのですが、今日はその中でも飛びぬけていた人の記事です。

技術者としての応募してきた38歳男性、独身のPさん

先ず応募書類からおかしかったです、英文と和文を人材紹介会社からもらったのですが、英文と和文の内容が違うのです。
また学歴は〇〇大学中退からしか書かれていないので、どこの高校をいつ卒業して何年に大学に入学したのかが分かりません。
中退した後も数年空白があり、日本で少し働かれて、その後〇〇国に12年移住していることなどが書かれていました。

僕に提出される履歴書等の書類は、応募者が人材紹介会社に提出した書類を人材紹介会社の書式で作り直すため、人事紹介会社の責任であると思います。


面接前に何度か書類の修正をお願いして、とりあえず面接まできました。

なぜこの人と面接したかというと、〇〇国で12年間僕が求めていた業種の技術職をしていたとあったので興味を持ちました。

そして面接の日(゚∀゚)アヒャ

タイの現地採用あるある、私服での登場のPさんでした。 

かろうじてサンダルではなく靴だったのを評価したいところです(・∀・)イイ!!

そして入室して名刺を渡して挨拶をしたら、座ったまま受け取り少し頭をさげるだけのPさん...

気を取り直して着席して面接開始。

タオ「今日は遠いところ来ていただきありがとうございます、先ずPさんの自己紹介をしてください」

現地採用あるある、第二弾 履歴書は持って来ておらず、メモも出さず手ぶらで自己紹介。

Pさん「P〇〇です」 フルネームで自分の名前を言って次を待つPさん

学歴や今までの職歴を教えて頂いてよいですか?と次を促すタオ

Pさん「えっと~20年くらい〇〇国にいってました、そこで〇〇をしていました」 以上

いやいや...はやっ!(・ー・) オワッタナ

タオ「では大学を中退されてから、4年くらい空白の期間がありますが、何をされていましたか?」

僕は現地採用あるあるを知りつくしているので、人材紹介会社から送られてきた履歴書をプリントアウトして見ながら質問をした。

Pさんはその履歴書の内容が分からないので、1メートルほど前からそれを覗き込みながら答えようとする。

Pさん「その履歴書間違っていますね、中退してすぐに〇〇国に移住しました」|д゚)カンサツ

タオ「えっでも、この履歴書はPさんが人材紹介会社の人と作ったんですよね?」

Pさん「ちょっと見せてもらっていいですか?」って僕の履歴書を取ってしまった....

この時点でもうないんだけど、面白いので続けてみた。

Pさん「なんか書き換えられていますね、僕が出したものではないです」と悪びれずいうPさん。

では人材紹介会社に確認しましょうと電話をするが、担当の人材紹介の現地採用の出来の悪い子はいつも電話をでない人でこの時も電話に出なかった。

仕方がないので、この履歴書を参考にしてもらって面接を続けることにした...

履歴書には12年間、〇〇国で〇〇をしていたと書いてあったので、ではどんな会社で勤めていましたか?の質問の答え

Pさん「12年ではなくて20年くらいいました、色んなところで働いていました」( ゚Д゚)ナニカ?  

負けずに タオ「では何社くらい働かれて、最長のところは何年でどんなところでしたか?」

Pさん「うーん たくさん働いたので覚えていません」

頑張ってタオ 「最長で何年くらいいましたか?」 

Pさん「1年くらいかな...」

凄いぞPさん では最低で20社は転職?いやきっとそれってバイトレベルの仕事だろう...

このあたりで嫌になってきちゃったんだけど、礼儀として一応の対応はしないといけないと思って、同席していた日本人に会社説明をさせて、僕は履歴書が書き換えられている事を人材紹介会社に確認すると言ってちょっと席を外した....

ここからもまだまだ続くので、また次回の記事にします。


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ