微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2017.01.05
明けましてめでとうございます!(・∀・)イイ!!

今年もどうぞ宜しくお願いします。

もうブログ止めちゃおうかと思うこともありますが、最初勢いでブログを立ち上げて偉そうな事ばかり書いて、結局最期は何の挨拶もなしにブログが止まってしまう人も多く、それもどうかと思いますので止める時はしっかりと事前に予告して皆様に挨拶をして止めます(゚∀゚)アヒャw

さてさて、新年一発目の記事としては重いタイトルの記事です。

はいそうです、2016年に書いた記事だからです。 新年の目標やらは新年一発目に書く記事にします。

ここからが本題です。

先日、某テレビを見ていて、日本の道徳はどっちか?という番組をやっておりました、コメンテーター7人がある議題に対して、私ならどっちが正しいと思うか?、そして街の人はどっちを選ぶ人が多かったか?というのを検証する内容でした。

その中でこんな議題があった

会議がある当日、熱が37.5度あるので休みますとメールで連絡があった。
この社員はその会議の資料を作ることを担当しており、まだ資料は作られていない。


休ませる、 休ませない という選択である。

どうでしょうか? みなさんなら休ませますか?


先ず僕はこんな社員がいる事がありえないと思いましたが、僕が気になったのはこの後のコメンテーターの議論でした。


最初コメンテーターは休ませないとした人が5名 休ませるとした人が2名です。

どっちが優しいと思います?

休ませないとした人が優しいというか、熱血先輩なんです。

こんな事で休んでいたら、こいつのためにならない、だからちょっとしんどいくらいでも出て来い!というのが休ませない派の意見です。
そうこの社員への愛情からの休ませないなんですね。

休ませるとした派の意見は、こんな奴何を言っても無駄、無理やり出社させたらパワハラとか言われる、後になんらかの処分を労働法に従ってする、昇給させない、左遷などして辞めてもらうでした。

こんな議論をしていて、最終的にはコメンテーターは出社させるとしたのが3名で出社させないとしたのが4人となり逆転しました。

そして街の人の判断は 43人が出社させる 257人が出社させないでした。

これらの意見と結果をみて僕はやっぱり自分はおかしかったんだと思いました....

ちょっと長くなるので、次回に続きます。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓





【旅費の一部を楽天カードで購入すると、海外保険がついてきます】
↓    ↓    ↓





_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
2017.01.18
前回【日本の躾とパワハラ】を書きました、まだ読んでおられない方は過去記事読んでからこの記事読んでいただけると分かりやすいです。

出来ない社員を 怒る=躾ける ことがパワハラとされる現代

以前の僕は

可愛い部下には怒って躾けてあげたい、それはこの社員が優秀になって結果昇進して良い待遇になってくれたらよい。

最初は嫌われるだろうけど、いつか分かってくれたらいいという思いでした。


優しく言ってあげればいいじゃないか?と思う人もいるでしょうが、何も分かっていない時に優しく指導すると勘違いする人がほとんどです。

これは自分の経験からきた考えです、僕が新入社員だった時に怒ってしつけてくれた人がいました、その方のおかげで今の僕がいます。 もし、皆が優しく何も躾けてくれなかったら、絶対にタイで成功していなかったと思います。

日本でその方の厳しい指導があったからこそ、26歳の若さで日本人の社会人として、世界で活躍できるレベルになっていました。

前回の記事の質問の件ですが、昔の僕ならば電話して、「何やってるねん!今すぐ来い!」( ゚д゚)ゴラァって怒鳴っていました。

しかしですね、こういう躾をしてついてこれる人とついて来れない人がいるんです、実際に元部下で可愛がっていたミン君は、最終的には裏切って逃走しました。
知らない方は是非読んでください。
↓      ↓

【それいけミン君】

今までにタイ人、日本人に心を入れて指導したら、能力の低い人はそれが分からず辞めていきました。

もう、残念なのと疲労しか残りません...

そして今の僕はどうするかというと、重要な案件があるにも関わらず熱が出て休むという社員は休ませます。

そして、試用期間中ならば不採用、すでに採用されている人ならば、とりあえず最低の評価を与えて出世させないでしょう。

もう二度と大切な事は頼みません。


出来る人にお金を渡してモチベーションを高めてもらい、出来ない人はどうぞどうぞ、退職してください、代わりはなんぼでもいます。

熱血上司から合理的ないわゆる冷たい上司に変わりました(-_-)ラクチン

世の中、いろんな人がいるんです、出来ない人を出来るようにさせるよりも、出来る人と仕事した方が楽で結果が良いんです。

ただ、世の中の人のほとんどが、この合理的な(部下なんてどうでもいい)上司だということが前回の記事の結果で分かりました。

まぁ薄々気づいていましたけどね。

最後にとっても重要な事を書きます。

そもそも出来る人は仕事ができなくて怒られません、僕も自分が仕事が出来なくて怒られた事はありません。

言葉使いや態度やマナーについて注意されたことは何度もありますが、仕事ができなくて怒られた事は一度もありません。

僕の部下も同じで、出来る子に対して仕事が出来なくて怒ったことは一度もありませんね。

そういう事です、

仕事ができないで怒られる人は、どれだけ指導しても出来る人にはなれないのです。

これが分かったので、もう怒るのを止めたのです。




早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2017.01.24
どこの世界でも詐欺という言葉がある。

タイでも詐欺まがいなことをする人がいる。

残念なことに、タイで日本人が詐欺に遭う場合、相手はほとんど日本人もしくは日本語が話せる外国人である(;´Д`)

様々な詐欺があるが、多くの場合儲け話をもってきて、その話にのって詐欺に遭うパターンである。

僕が思うには、ちょっと自業自得な感じもするんだけど欲に目がくらむと判断が鈍る人もいるんだとは理解はします。

では気をつける事!

一番は向こうからいつの間に接近してきて、そういう儲け話をする人

これはほぼ間違いなく、詐欺師ですので無視しましょう(・∀・)カエレ!!

次に僕が気をつけているのは、個人で会社を経営されている人とは商売をしないようにしています。

例えばタイではタイ人4人を雇うことで、日本人が1人働く許可がでます、しかし営業から納品、経理まで日本人が1人でやっている会社は先ず違法経営です。
※実際はタイ人の名義だけ借りて、給料を払っていないということです。

会社がタイ人の名義(友人や奥さん)であったりする人も注意が必要です。 タイ人の名義だと会社を設立するハードルがうんと下がります、もうあっという間にできちゃいます、要は資本がなくても会社が作れちゃうわけです。

こういう手段で会社を作って商売をしている日本人はかなり多いです(゚Д゚ )アラヤダ!!


昔はそういう人とも商談の場を持っていましたが、長年みているとこういう人たちは基本的に責任感がなく、危険です。

会社の金は自分の金ですから、金に対して執着が強く、嘘や違法なことをしてでもその場の金を欲する人が多いです。
よって最初は良くても、途中で商売がうまくいかなかったりすると問題が発生します。
逆に商売も儲からなくなると止めてしまって、その後の責任を持ちません。

また僕のような決裁権をもった企業の人間と、こういった個人で商売をやられている人が取引するのにはリスクがあります。

それは会社の金でこの人から物を購入してキックバックをもらいやすい環境だからです。

例えば、広告やコンサルト費として個人のAさんに月に100万バーツを支払って、うち30万バーツをキックバックしてもらう事も容易いです。

しかもこの広告やコンサルトが実際にその価値に達していなくても、このケースだとあまり問題ではありません。

月間億バーツを動かす決裁権をもっている人間からすると、100万バーツというのはとても小さなもので、僕の会社でも本体から指摘されることはないです。 会社にとっては小さな金でも個人の臨時収入になると大きなお金です。

ですから、僕自身も変な疑いをグループ本体からもたれるならば、誰もが認知している企業と取引するようにしています。
部下に対しても同じです、個人から物を購入する事はよっぽどの理由がない限り許可しません。

実際に、この甘い誘惑に負けて不正をして、解雇された人は僕のグループ会社にも数人いますし、周りでもよく聞く話です。


話が少しそれましたが、タイで変な詐欺に巻き込まれないための方法でした。

ただし、個人で会社を経営されている人でもまともにしっかりとやられている方もおられます。

大きな会社同士でも不正をする事はありますし、確立論でした。



早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓





_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ