微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2014.07.01
前回は【バイトを辞めて本気のジャムを作ってきてくれたミン君】でしたが、本気でパン屋をやると言っていたその年に2回目の来タイの連絡をしてきたミン君

今回はいつもとメールの文章の感じがちょっと違った....

なんだか疲れているので、タイに来て癒されたいっていう感じの内容だった。

憎たらしいが、かわいい後輩がこんな感じのメールを出してくるのだから、会わないわけにはいかない、夕飯と言わず、タイに着いたその日のランチから付き合うことにした。

ミン君「お金がなかったら何にもできませんね~、パン屋もやりたいことがあるんですがお金がないです」(´・ω・)

お母さんに数百万円払わせて、自分はバイトしていたくせにお金がないのは自分がタイに何度も来たり、日本の友達と遊びに行ったりしていることが原因だという話は出てきませんでしたが....

タオ「でっ、パン屋はどうなの? 儲かっていないの?」

ミン君「まぁそこそこですが、食っていくのはまだ無理です」

というか、実家に寄生しているいわゆるニートなんだから、食い物の心配は最初からしていないんじゃないの?ってのは言わずに聞いておきました。

タオ「じゃあ、もっと頑張っていっぱい売っていくしかないね、それで今回は休暇を取りにタイに来たんだ」(・∀・)ガンバレ


ミン君「いや、もうしばらくタイに来れないので、その前に最後にタイに来たいなと思って来ました...】

【数ヵ月前に、本気でパン屋をやるので最低1年はタイには来れないと宣言していたミン君】って言っていたミン君のことなので、何を言っているんでしょうか?状態のタオでした...


ここで、ミン君の新たな決心が発表されました!

パンパカパーン♪

ミン君「パン屋辞めて、日本で就職しようと思っています」(゚Д゚)マジ

パン屋を実際にやっていたのは母親で、ミン君は手伝っていただけ、ニート辞めて就職するの間違いじゃないの?って思ったけどそのまま話を聞くことにしました。


ミン君「実はすでに色々と応募しているんです、だからこれが決まればもうしばらくタイに来れません」

今回はとにかくどこでもいいから就職したいということで、ほとんどが今までと違う業界に応募していることを聞いた。

しかも、今まで働いていた会社よりもかなり小さな規模の会社、ミン君は大卒なんだけど高卒で応募している求人にも応募しているとの話だった...

この辺りで、なんだか可哀相になってきて真剣に話を聞くことにした....

次回、ミン君の日本就職活動日記!


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2014.07.08
【日本でどこでもいいから就職することを決めたミン君】

ここでミン君の履歴書を簡単におさらいします(・∀・)つ

・まぁまぁ良い四年生大学を卒業 (現役、ストレート)
ここまでは順調だったんですよね~。

・新卒で就職することはできず、第二新卒としてアルカトラズの駐在員として就職 約1年半で退職
ここでも1週間も経たない時点で辞めるって言ってましたね~、タイで働く駐在員で現地で駐在期間中で退社したのを見たのも聞いたのもミン君が最初で最後でした。

・アルカトラズを退職してから約2年の空白
日本でパチンコ屋のバイトしたり、タイでフラフラしていたりの2年間....

・タイで現地採用としてアルカトラズと近い業界で就職1年弱で退職
ここでも入って1ヵ月で辞めたいって言ってましたね~。

・タイで現地採用としてアルカトラズと近い業界で就職3年で退職
こちらでも入ってすぐに辞めたいって言っていましたね~、こちらが彼の人生で最長の職歴となっています。

・そして日本で4年のニート生活 
30歳を過ぎてからの長期の無職期間....問題ですね...

そして年齢は35歳目前のミン君です。

こんなミン君が日本で業界や職種を選ばず就職活動を始めたということです。

結果はどんなもんでしょうか?


日本の就職戦線はタイでしか職歴がない者や、ニート生活が長い者にはやはり厳しかったそうです。

5社くらい履歴書を送って、1社しか面接にいけなかったそうです。
※5社というのも少ないと思う、1月で20社くらいは送らないと....

この連絡がなかった会社の中には、工場の工員で日雇いの契約社員も含まれているそうです。

正直工場の流れ作業のバイトのような仕事を落ちるとは思わなかったそうです...
学生の頃のバイトって、こちらから休日や時間の希望を言わなかったらよっぽどじゃない限り採用されるので、ここが落ちたのがショックだったようです。

よっぽど人に困っているところしかミン君のような人は採用しないだろうって....

僕がしんみり聞いていたら...


ミン君「でも1社こないだ面接した会社が、保留になっているんですよね、今社長の最終判断を待っているって連絡があったんです」( ・∀・)デモネ

でも良く聞くと、○日までに連絡すると言われてたのに、すでに2週間くらい過ぎているらしい...

ミン君は知らない、日本の就職戦線を....

2次面接、最終面接と進んでも、最後に落とされる方が多いことを....ましてやこういう小さな会社はワンマン社長がすべての権限を持っている、こうやって期限を守らない場合はすでに社長が別のことを考えていて関心がなくなっていることが多い。

それでもミン君のテンションはこの1社の話をしている時だけ高かった....
【自分の都合の良いところだけ信じて、都合の悪いところは見ないミン君】なのは10年前と全然変わらない....

ミン君はこの会社にすでに入社するつもりでいるようだ....

次回に続く....


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2014.07.15
【日本で就職活動を始めたミン君】ですが、受けたところはことごとく不採用になり、唯一連絡待ちのところに希望を持っているミン君を見て、本当にかわいそうだと思った。

日本で就職活動を真剣にやった人なら分かること、それってもう不採用ってことですよ....(゚⊿゚)イラネ

しかしミン君は35歳になるまで日本で就職活動をしたことがないので、日本の就職活動戦線がどれだけ大変なものなのかを知らないのである。

新卒の場合でも中途採用の場合でも、自分のレベルに合った企業(上過ぎず下過ぎず)から採用をもらえる確立は2割あれば良いほうだと僕は思う。

他の会社からはいきなり不採用の連絡だったのが、この会社からはちょっと考えさせてくれと言われただけで、もういけると思うミン君、ただこの後100%近い確立で不採用になるんだと思うと結構可哀相になった....


しかしこの時点でも、他の会社を不採用になったことで、ミン君は自分はもうまともに日本で働けないことに気づいていた。

今まで、俺は出来るんだ、今の待遇が良くないのは社会が悪い、会社が悪い、上司が悪いと何かのせいにしていたミン君

俺はまだ本気を出していない!( ゚д゚)、ペッ と心の中ではずっと思っていたミン君。

本気を出したパン屋も失敗に終わった....

そろそろどこでもいいから就職してやろうかと思って就職活動をしてみたが、全部不採用になったミン君....


ようやく本当に駄目人間だと気づいてきた感じがした....


なんだかんだ言っても、ミン君とはアルカトラズ時代から10年以上の付き合いです。

今までの自分が分かっていないミン君を助けても、助けてもらったと感謝もされてこなかったが、ここにきて少しは大人になったんじゃないかと思い、助けてあげたくなった。

今の僕はミン君を助けられる力を持っている!(・∀・)ヤレル

【ミン君のお母さんとの約束】も頭によぎり、僕はその場で提案してあげた。


タオ「良かったらなんだけど、このまま日本で就職できなかったら僕の会社で雇ってあげる。 給料はミン君が日本で働くよりは多くは出せるし」

ミン君は年収で300万円くらいのところで十分だと言っていたので、うちが8万バーツだせばボーナスも含めて350万円くらにはなる。 また仕事を覚えてくれたら、10万バーツくらいにはすぐになるという説明をしてあげた。


35歳でトータル職歴が5年ちょっと、日本での職歴なし、30歳になってから4年以上のニート生活を送ってきたミン君

収入なし、貯蓄なし


それがタイの上場企業もグループの中にあるかなり大きな会社の正社員になれるんです。

これは絶対に大逆転の大チャンスです!

僕がミン君の立場ならば、その場で頭を下げてお願いするでしょう。


ミン君の答えは



ミン君「ちょっと考えさせてください」(-_-)


ええーーーーーーーーーーーー! ここで何を考えるんだよおまえ!って思いましたが、これがミン君の性格なんですよ。

人の好意を素直に受け入れられない...

そこで考える時間として、来月末(30日間)をあげることにした....


次回、ミン君の決断は?


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。

タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2014.07.22
【僕の誘いを保留にしたミン君】であったが、帰国して今回はすぐにお礼のメールが届いた。

いつもはどれだけ奢ってあげても帰国しても何の連絡もなかったのだが、今回は違うらしい。

そりゃ~そうでしょうよ、簡単に就職が決まるのですから....

そのメールには、タイに来ている間に、連絡待ちだった会社から不採用通知が届いてた事も書かれていた。


これで、もう何もない状態であるにも関わらず、ミン君からはもうしばらく考えさせてくれと書かれていた。

単に来るか来ないかを考えるだけでなく、もう少し就職活動をしようという思いもあったのかもしれない。


それからしばらく連絡がなかった....

僕の周りの人にこの事を話すと、すべての人が「何を考えているだと、これよりも良い話あるわけない、断る理由が分からない」と口を揃えて言っている。

僕自身も第三者の立場で考えても、かなり良い話だと思う。(・∀・)イイ!

最初の1年目の年収が350万円で、数年で450万円くらいになり、将来的にはどっかの子会社の責任者になれる可能性もある。
そうなったら年収も軽く500万円は超えるし、1000万円だって夢じゃないのが今回の採用になった会社なのである。


でもこれがミン君なのである、途中で僕は彼は考える時間としてもらった30日間をフルに使うだろうと予想していた。



そしてその予想は的中した。 29日間連絡はこなかったが、30日目にメールが来た。


あれから、真剣に何度も何度も考えました。 これが最後のチャンスです。
絶対に途中で投げ出さないように自分に自信が持てるまで考えました。

是非、一緒に働かせてください!



これでミン君は今までの駄目駄目人生がリセットされて、タイの大手企業の正社員として再出発することになった。

後20年後に、ミン君がそこで活躍していれば、これまでのことなんて笑い話になる。

俺はまだ本気を出していなかっただけ、運が悪かったというのが現実になるのである。(・∀・)イイ!


その後、ミン君と入社の日取りなどを打ち合わせた。

ここでミン君は更に1ヵ月後の入社を要求してきた.....なんだか日本とお別れをしてくるということである....


まぁそれも良かろう、僕はビザを取るのに必要な書類を郵送ではなく自ら日本に行ってミン君に手渡した。

12年前のアルカトラズでの部下であり、その後タイで働く後輩としてなんだかんだ仲が良かった二人

僕の会社で再び働けるのが、すっごくうれしかった(・∀・)ウレシイゾ


これからのそれゆけミン君は、みなさんの期待を裏切って、ミン君のタイでの復活劇です!


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。


タイなど勤務地が海外の求人も結構あるリクナビ、駐在員案件をゲットするなら日本で求職するのが近道!
↓     ↓      ↓



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2014.07.29
前回【僕の会社にくることを決断したミン君】でした。

なぜか入社する日は更に1ヵ月先にしてくれとあったのですが、その呆れた希望を聞いてあげた....
※僕が誘ってから合計2ヵ月以上になる。

内心はどこまでも、いつまでもダラダラするんだな~と思っていた...(´・ω・)カワイソス

その間に、ミン君の机、椅子、コンピューターなどをそろえて、社宅も準備しておいた。

社宅はグループ会社で働く日本人の方と同じ建物だけど、部屋は別れているタイプで、最初はそこに住んで自分で便利な場所を探して引っ越せば良いと思い、準備しておいた。 
なんせフリーなのでそこを使わなくてもミン君はなんの損もありませんから。


そしていよいよ初出勤の時がきた、僕と一緒に出社したミン君ヽ( ・∀・)ノイクゼー

13年前にアルカトラズにやってきたミン君のイメージが重なった....

なんか空回りしているというか、落ち着きがない....もう35歳なのに....


お土産を買ってきてくれたんだけど、それはグループの別会社に勤める1年間に1回しか会わないような日本人向けのものだった....

おいおいミン君、あなたが今からお世話になる会社には、タイ人であなたより偉い人が数人いるんですよ、.って話をしたら

ミン君「そんなこと分からないですよ~ちゃんと言っておいてくれたらいいのに~」(゚⊿゚)ワカラン

ミン君さぁ、僕は君にそんな話今までに何度もしたし、しかもこのブログも読んでいるんだから分かるでしょうに。

まぁ、そんな感じではじまった初日でしたが、先ずは会社に慣れてもらうための研修をしてもらうことにした。

そして1つ社内メールを書いてもらうことにした、

僕的には簡単なメール内容なんだけど、僕の知っているミン君は本当に何もできない世話の焼ける後輩というアルカトラズのイメージがあるので心配だった。
※そんな奴を雇うってことは、本当に僕のワガママでしかないのは分かっていたが、それくらいは僕が稼いでやるつもりだった。

しかし、その書いてもらったメールが思った以上にまともだったんで、

タオ「おーちゃんとした文章かけてるやん、良かった」(・∀・)イイ!!って言ったら

ミン君「ありがとうございます、僕だって成長していますよ!」って喜んでいたのが記憶に残っている。


まぁ日本の社会人だったら半年もすれば書けないといけないレベルのもんなんですけど、卒業以来タイでしか職歴がないミン君にはそれでもうれしかったんだと思います。

こうやって待ちに待ったミン君が入社したのでした。

次回につづく....相変わらずのミン君節....


【それ行けミン君】
↑   ↑
こちら過去記事からミン君がメインなストーリーを抜粋しております。
当ブログの左下のカテゴリーの一番下にもリンクしています。 過去記事19話です。




90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ