微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2013.12.02
前回は【確実にビジネスを育てる方法】って書いた。


この通り実践しているとほんと良い感じに売上げが伸びていった(・∀・)イイ!!

そして7年目くらいだろうか、今までの仕事に対するモチベーションが下がってきているのに気づいた。

そうなんです、余裕になってきちゃったんです...

僕の性格は困難な状況の方がテンションが上がり、楽しめるようです(;´Д`)ハァハァ

もちろん楽勝の生活をするために頑張るんですけど、山を越えるとまたもっと高い山に登りたくなるんでしょうね。

何か新しいことをしよう!

そこで、工場とも本社とも違うところに営業所を設立した。

ここで今までとは違うお客様の獲得を目指したのである。

先ず最初に僕の頭にあったのは新しいマーケットを対象にするというコンセプトだった。 今までは半製品を工場に納品することが多かったが、一部ある完成品を個人店にも販売しようと考えた。

もちろん先の記事であったようにこちらでも在庫リスクはせず、もともと業務用で販売するものを、個人店にも直接販売することにした。


コンセプトが決まったら、営業所の場所を探すこと、日本人やタイ人のスタッフを募集する。

営業所の場所を探すのは自分自身でバンコク中を歩き回った、やはり歩かないと一番適した場所は見つからないと分った。

場所が見つかったら、オフィスのレイアウトを考え必要なものを発注する、看板を作る。 

電話線、ネットを引いたり、販売のシステムの導入などをする。

日本人とタイ人の採用もして研修をはじめる。


新しいオフィスなので、掃除のチェックシートから入金のシステム、スタッフの管理システムなども直ぐに作らなければいけない。


はっきり言って、めっちゃ簡単( ゚Д゚)ナニカ?



これすべてを1人で本体の業務を回しながら2ヵ月くらいで終わらせました。

実際オープニングの仕事だけのために、バンコクまでちょくちょく行くのがもったいないので、3社くらい軸になるお客さんも獲得しておきました。

最初から売上げがあるということは、気分的に楽になると思ったからです。


もし10年前だったらこんなに簡単にできなかったと思います、めっちゃ苦労してこの何十倍の大きさの工場を建設して、この何十倍の売上げを作ってきたからこの規模の立ち上げが、すっごい簡単に感じたのです。

バンコクでオフィスを実際に立ち上げたのは僕1人ですが、僕には苦楽を共にした部下が何人もついているから、もしもの時は助けてもらおうって考えもあり心強かったのがありがたいです。



そして立ち上げから1年後には、この営業所の目標売上げの170%を上げることができました( ゚Д゚)ナニカ?


一応、売上げが目標に達しなければ、撤退することになっていましたから一安心です。



うん? これではこの山は低すぎて、テンションが上がりませんよ~。

次回、将来のビジョン。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2013.12.10
前回の記事【新たなマーケットへの挑戦】では、全然挑戦になっていなかったというオチなんですけど、やはり新しいことをするのは楽しいなと更に感じるようになりました。

この営業所を軌道にのせる一年の間に、もっと高い山を探していたのですが、どうやらその山はタイではなくて違う国にあるのではないかという結論に達しました。

日本からタイに来て、言葉も何もかも分らず働き出した当初、めっちゃ大変でしたが仕事に夢中になっているのはすごく楽しかったのかもしれません。 

少しずつ目標に近づいていることを実感できれば、それはとても幸福なことでした(・∀・)

まだ30代です現状の自分に満足するのではなく、もっと大きなことをしたい。 

そしてその大きな山を乗り越えて、感動をしたいと思い出しました。

そこで考えたのが、僕の会社の海外進出!です。

じゃーどこに進出するのか?

また適当な僕は思いついた。

そりゃ~最後の未開の土地っていったら

アフリカでしょう(・∀・)ソレダ!!

このブログの1話に【海外就職を強く思ったきっかけ】があるように、アフリカにはすごいパワーを感じる。

学生の頃にアフリカに行ったことがあるが、あそこは東南アジアなんかと比べられないくらい未開だった。

だからまだまだ可能性があると思った。

いつかアフリカの人々に自分の作ったものを使ってもらいたい。

じゃーいきなりアフリカに行って工場を建てるのか?

いやいや、その間にはまだまだうちの商品を供給していない国がある。

あと何年働けるかは分らないが、近づけるだけアフリカに行ってみようと思った。

久しぶりに心が熱くなった(`・ω・´)シャキーン

そのための準備をしよう、直ぐに。

だってやりたいことを全部するには人生って短すぎる、タイでここまでくるのに12年もかかちゃったもんね。

あと20年でどこまで届くか?


次回、次の山登りのための準備



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.12.17
前回の記事で【新天地を求めて】とあったが、そのためには準備をしなくてはいけない。

現在タイのビジネスは安定して右肩上がりに増えているが、これは僕がいないとできない数字である。

すべての業務の司令塔が僕であるため、僕がいないと何も始まらない( ゚Д゚)ダメジャン

もし僕がいなくなった場合、新規のビジネスは始まらないだろうし、今あるビジネスも徐々に減ってくるだろう。

減ってくる理由は、お客様への日本人レベルのフォローがなくなり他の工場に生産を移されると思う。

更に僕がいなくなると、本社から直接指示をだされることになり、やらなくてもいい事、やらないほうがよい事までやらさせるようになり、ボロボロになってくることは他のグループ会社を見ていても安易に想像できる。


では何を準備しなければいけないか?


はい、それは僕に代わる人です。

タイ人の工場長は良くやってくれていますし、タイ人スタッフは充実してきていると思います。
ただし、日本語ができないのと日本の文化、品質、サービスなどを知らないこと、何よりも日本人じゃないということも気にされる取引先もあるため、僕の代わりの日本人が必要となってくる。

日常の業務はタイ人がほとんどやっているため、僕の仕事はお客様と商談することと、問題が発生したときの方針を決定することだ。

これをやれる日本人が必要である。

僕はこの業界に携わって20年、タイで12年であるなかなか見つかるはずはない、一年以上探したけれども見つからなかった。

そんな中タイミング良く、元僕の部下が僕と一緒に働いてくれることになった。

彼は真面目で一生懸命の性格、ちょっと経験が足りないところは素直に聞いてくれると思う。

これから数年彼と一緒にやって、彼と僕の元々いたタイ人スタッフ、そして新しく加わるスタッフだけで大丈夫だと思ったら、海外に攻めようと思っている。

数年、それは1年後かもしれないし、3年後かもしれない。 これは彼らのやる気によるところが大きいので、

今はしっかりと教えて気長に待とうと思います。


今年の中盤から過去を振り返った内容を書いてきましたが、2013年現在このような状況です。


また10年後くらいに、大きな山を登った記事が書けるようにまだまだ頑張ろうと思っています。


次回からまた色々と思ったことを書きたいと思います(・∀・)ヨロシク





90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.12.26
いつもブログを読んでくださっている方、ありがとうございます(・∀・)イイ!!

今年も残すところあとわずかですね、良い年だったでしょうか? 
来年は今年以上に良い年にしたいですね。

僕にとって今年は昔の部下が数人戻ってきて、大きな戦力になった年でした。

日本では出戻りの社員って企業には少ないかもしれませんが、タイでは結構あります。

僕も以前は一度退職した部下が再度就職したいと言ってきても、あまり前向きには検討しませんでしたが、

数年前から、1度くらいは良いんじゃないかと思いました。

特に新卒の子なんかは、他の会社を経験して改めてこちらの会社の方が良いと思ってくれるんだから、うれしいですよね。 そんな子がいると、後輩にもこちらの方が良いって説明してくれるかもしれないという期待もあります。


また他の会社での経験もあり、なんだかたくましくなって帰ってくる部下が多いです。


もちろん、何度も出入りする奴は要りませんが...( ゚Д゚)イランワ


今年は特にスーパーバイザー以上の役職の子が数人帰ってきてくれました。

皆僕が直接鍛えた部下なので僕のやり方、考え方も分かってくれているので助かります。 

去るものは追わず、来る者は拒まず

自分を信じることができなくて去って行こうとしている人を引き止めない、 又、自分のことを信じて頼ってくる人は、どんな人でも受け入れる。という 心の広さを言ったことわざのようです。自分のこだわりを捨て、他人の意志を 大切にするという意味があるようで、孟子自身が弟子を取る時に決めたやり方の1つだったようです。 「去る者」を「往く者(ゆくもの)」とする言い方もあるようです。また、 過ぎ去ったことを、くよくよ考えるよりも、今ここに与えられたものを大切にしたほうがよい、 という意味もあるように感じます。

解説おしまい

最近余裕が出てきたのか、少し心が広くなった気がします。


会社は人です、良い人材が着いて来てくれる人になるように、

もっともっと自分を磨いていこうと思います。


こんな感じで今年最後の記事にさせていただきます。


来年も良い年でありますように!




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ