微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2013.11.04
工場立ち上げから3、4年目になると工場の生産も順調になってきて、新規のお客さんもいい感じに問い合わせをいただき、それがすぐにビジネスに繋がっていった。

この時期には、なんとかこのままいけばトータル黒字の会社にすることができると思えるようになった。
また工場長から社長に就任して完全に会社を運営するにあたっての決定権をいただいた(・∀・)イイ!!

今までも仕事は楽しかったが、自分で何もかも決めれるようになって更に仕事が楽しくて楽しく仕方がない。

仕事中毒になっていたのはこの時期ですね。 

新しく出会ったお客様と商談して、意気投合して商品を作ってそれを販売する。

自分で考えた商品を開発して商品化して、それをマーケットで販売してみる。

既存のお客様が困っていたら、僕の工場で手伝える範囲で助けてあげる。

仲の良かったサプライヤーから原料や機械を買ってさらにビジネスを大きくする。

逆に気に入らない人(信用できない)には、例え利益があってもビジネスはその場で断ってやる。



会社内では、自分の頑張ってくれた部下のポジションや給料をあげてあげる。

工場やオフィスのレイアウトを必要に応じて変更させれる。


いや~たのし過ぎるでしょ(・∀・)イイ!!

そしてこうなったら一番楽しみなのは、毎月の売上げと利益の計算。

こうやって好き放題させてもらうためには、しっかりとがっつりと利益がないといけない。

毎月売上げは右肩上がりだし、前年度比の売上げ利益は150%を軽く超えていた。
5年目なんかは前年度比200%に達して、グループ内で表彰していただいた。

2年目に200%いくなんて簡単ですが、ある程度増えた売上げを2倍にするのは我ながらすごいと思いました。

その後も去年まで150%を超えており、2012年だけ賃金アップ、原料アップで135%にとどまりました。

今年は上半期は140%弱でしたが、後半は5月からの値上げと新規の商品の投入で9、10月は170%という数字です。

こないだ、友達から生活の中で幸せと感じる瞬間はなに?って聞かれて


迷わず

新規の商品の発注書が来た時!って答えました。

友達が言うには、生活の中で幸せの瞬間が仕事の中にあるっていうのはとても稀だと聞かされました。

普通は

子供の顔を見たときとか、

奥さんに感謝の言葉をもらったときとか、

休日の前日の夜とからしいです。


※日本にいた時は金曜日の夜が一番幸せで、日曜日の18時30分が一番死にたくなる時間帯でしたが...


だって、僕が一番楽しい曜日は月曜日の朝なんですもん(;´Д`)ハァハァ


週末に市場調査や考え事にふけったりして、来週は何してやろうかってずっとたくらんでいますから...


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2013.11.11
【前回書いたようにビジネスは順調だった】、適当に考えていた売上げの約2倍のスピードで商売が増えていっていた。


当初7年の期間での減価償却で考えていたのですが、5年で初期投資分は返していた。
※【めっちゃ適当に考えた計算編】

生産キャパの問題もあるので、すぐに第二工場の建設に入った。

元々工場の箱だけは第一工場と同時に作っていたのであとは内装だけである。

第一工場の半分以下の規模であるが、そこは特殊な商品が作れる工場にした。

この工場が完成すれば、その当時は日本人が管理する工場ではタイ初となる商品が生産できる工場となる(・∀・)イイ!!
※タイ企業では2社だけ同じようなタイプの会社があった、ただ日本人相手となると僕の会社が強い。

この工事に1年ほど要した、その間に第一工場の設備の増設もどんどんしていった。
当初は設備は工場の面積から計算してのフル稼働の半分くらいしか入れていなかった、理由はフル稼動する前にどんどん設備を入れると減価償却費が高くなるし、もし途中で商品の方向性が変わってきたら使わない機械などが出てくると思われたからだ。

実際は使わなかった設備は1台だけでしたが、それでも数百万円かかっている...

もったいない事をした、いつか使ってやりたいと思っているが難しそうな現状です...


タイにいて、機械を日本から輸入する際は、使ったことも見たこともないものをカタログと営業の話だけで購入する場合がある。 タイにその機械があれば見せてもらえるのだけど、大きな機械であればあるほど来てからのお楽しみ状態なんです。

それではいけないと、何度か日本に機械を見に行ったこともありますが、現在も1千万円くらいの機械を実物を見ないで購入しようとしています...

懲りていないというか、時間がないというか、実は飛行機に乗って帰るのが嫌だという理由なのは内緒です...( ゚Д゚)ナニカ?

なにわともあれ、第二工場が完成して設備が増えた僕の工場は当初の2倍以上の生産能力を持つことができるようになった。

それからまた新しい仕事を取って生産をする繰り返しです、ただこの時にはすでに自分からお客さんを探す必要はなく、むしろ相手からの問い合わせに応えるだけでいっぱい、いっぱいの日々であった。


ではなぜこんなに問い合わせが多くなったのだろうか?


次回、僕の工場の強みを書いてみようと思います。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.11.18
前回の記事は【工場増設した話】でしたが、なぜこんなにうまくいったんですかね?

自分なりに考えてみました(・∀・)イイ!!

それは


・何でも生産できる工場(・∀・)イイ!!

簡単に説明すると、ライバルの同業種の工場では生産できない(してはいけない)商品を生産できる工場にした。

タイにある日系のすべての工場では生産できないものが、僕の工場では生産できるのである。
タイ企業だと他に数社生産できる工場もあるが、日本人が管理しているのは僕の工場だけ。

だから、お客さんが日本人だったら先ず僕の工場を選ばれるのだ。

やはりコミュニケーションが取りやすいし、品質も対応も日本レベルということが安心されるんだと思う。


・小回りが効く工場(・∀・)イイ!!

通常ならば特注の商品だと何十万個というのがミニマムロットになる工場がほとんどだけれども、僕の工場はその十分の一くらい、必要があれば百分の一からでも生産する。
少なすぎる場合は開発室で作ったものを販売することもある。

ミニマムロットが小さければ、お客様も気軽に試しで生産してもらおうっかなって考えます。

更に他社では嫌がるような邪魔臭い商品でも、依頼があればチャレンジして出来れば何でも引き受けます。

だから今まで工場に委託しようと思わなかったお客様の獲得も出来、マーケットが広がります。



・即決、即生産、即納品する工場(・∀・)イイ!!

僕が商談して、開発して生産を管理して販売まで全権限を持っているので、動きがとても早い。

例えば、今日会ったお客様にその場で価格を決めて、発注してもらったら明日にでも生産して明後日納品することもできるのだ。

ゆっくりやっていたら、お客様も他に行っちゃいますからね。 即決ですよ何事も(゚∀゚)アヒャ


このような工場だったので、お客様の間で便利なところだと噂が回ってどんどん紹介していただき工場がどんどん動き出したのである。


逆にこうでもしなければ、後発のタイ企業である我が社は先にある大手日系企業に勝てなかったんですよね。



でもこんな小さな仕事や邪魔臭い仕事ばかりだと、肝心の利益は上がるのだろうか?


次回 どんどん売上げが伸びていく理由



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.11.25
前回は【どこよりも便利な条件の工場】を書きましたが、今日は将来、安定した経営ができる方法を書きたいと思います。

こちらも最初からそうしようと思ってのではなくて、会社の経営をしていく過程で選んだ方法です。


・受注生産をメインとする。

発注が入ってから初めて、原料を購入して生産、販売をするようにしています。 発注がない時点では在庫というものは持たないのです、だから生産したものをすべて購入してもらいます。 リードタイムがあるので、これだとお客様が不便だと思うこともあるでしょうが、発注を数ヵ月先までいただいて、多少欠品がないように在庫しております。 これだとすでに発注はもらっているので、生産日から1ヵ月後には納品となって、不良在庫になることはありません。

すなわち、生産したものは100%買い取ってもらえるので在庫リスクがありません(・∀・)イイ!!


・特注の商品をメインで作る

お客様個々の仕様で商品を作ります。 そうする事によって、お客様はなかなか他社に購買先を替えることができません。 難しい規格であればあるほど、契約がややこしければややこしいほど、一度ビジネスがスタートしたら永くビジネスが継続できます。

他社に乗り換えられることがなく、安定した稼働率を保つことになります(・∀・)イイ!!


・消耗する商品を作る

安定した稼働率を保つためには、発注は継続してもらわなければいけません。
10年も、20年も使える商品だと、次の発注までに期間が開き過ぎますし、その間に担当者も変わって発注してもらえないかもしれません。 
消耗品であれば定期的に発注をいただくことができ、工場の稼動が安定してきます。

また、スポットでの発注はよっぽどのことがない限り受けないこと、発注が大量であればあるほど、工場の稼動に波が出来て人や原料の管理が難しくなり、長くお付き合いしているお客様に迷惑がかかることがあるためです。

たとえ数量は少なくとも、毎月発注をくださるお客様が多ければ、工場の稼動は安定します(・∀・)イイ!!



・勝手に使用量が増えるお客様とビジネスをする。

お客様には今後どんどん商売を展開される人と、現状維持をされる人がおられる。
前者のタイプのお客様とのビジネスの場合、最初どれだけ数量が少なくても何かやり始める方が良い。
ただし、すべてのお客様が計画通りに事業を大きくできるわけではないので見極めは必要である...

お客様の事業が大きくなると、勝手にどんどん発注量が増えていき売上げは勝手に伸びていく(・∀・)イイ!!


大きくポイントを言うと以上の4点である。

もし僕が今日から新規のお客様の獲得を止めたとしても、来年の売上げは前年度比130%はいくだろう。

それは定期的に継続される発注をいただき、またお客様の事業が毎年拡大していっているからなんです(・∀・)イイ!!

ただ今あるお客様のケアーはしっかりしないといけません。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ