微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2013.10.07
工場が出来上がって2年目、ここが勝負の年だと思ってた(`・ω・´)シャキーン

1年目はうまく工場が動くか、スタッフの教育といった準備期間でもあったので、グループの幹部ファミリーも厳しい目では見ていなかった。

しかし2年目は将来に繋がるためのビジネスをスタートさせたい。

最初からそうだったが、商談に呼ばれたらどこでもいつでも行っていたし、商品の依頼を受けたらどんなものでも試作して提案していた。

この工場で作れるものであれば、なんでもです。

他会社の商品の梱包なんて作業も受けていたし、スポットの仕事で数十キロというのも受けていた。
※通常は他の会社のものなど梱包しないし、ミニマムロットは数百キロが普通である。

とにかく稼働率を上げながら、定期的にいただける仕事を取ってきた。

この時期にラッキーだったのが、大手の商社の現地社長にとても気に入られたことである。
僕が入院していたときに、お見舞いに来ていただいたのがきっかけで、僕はこの社長の依頼ならばなんでも快く受けていた、その結果この社長は何か新規のビジネスがある度に僕の工場を紹介してくれた。
もちろん商社だからマージンは取られますが、とても顔が広いので僕が営業する必要がないくらいひっきりなしに紹介していただいた。

※この社長はすでに日本に帰国されたのだが、この記事を書いている本日ですが、この社長が僕の工場をべた褒めしてくださったようで、日本から数人この商社の方が工場見学に来られる。


商社のすごい出来る人なので、たぬきと言えばそうなのですが、お互いにWIN WINの関係だった。
社長は何でも言うことを聞いてくれる自社工場のような工場をGETして、僕は大手商社の営業力がバックに付いたのだった


こういった商社の紹介もあって、この年は新規のお客様がかなり増えた、その中で今では相当の量を買っていただいてるお客様もこの社長の紹介で2年目にビジネスがスタートしました。

また最初はなんでもやっていた工場でしたが、ある程度の方向性が見えてきた。


2年目からは、月ごとの収支は黒字になった。 最初に計算していた原価償却費を引いてもです
新たに設備投資もするので、年間だとギリギリってところでした。
(;´Д`)スッ、スバラスィ ...ハァハァ


ここに来てようやく手ごたえを感じてきましたね、なんとかなりそうだって。

でもほんと何をやったらこうなるの?ってたまに聞かれますが、

がむしゃらにやっただけっですってのが本当のところです(`・ω・´)シャキーン

だって最初からプランなんていい加減だったし、手当たり次第やった結果で計算して商談をしていたわけでもありません。 来る者は拒まず、去るものは追わずでもチャンスがあったらまた挨拶には行ってみますけど。


こうやってなんと軌道に乗り始めてきているのですが、うちはタイ企業、そうは楽にはさせてもらえません。

次回、敵は同じグループ会社



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2013.10.14
前回の記事で【軌道に乗ってきた2年目】ビジネス自体はだいぶんと軌道に乗ってきたのですが、経営ってお客様相手だけではないんですよね。

商品を買っていただくお客様や自分の部下へのストレスだったら我慢できますし、しなければいけません。

しかしこの頃はグループ内から足を引っ張られることが多かったです(;´Д`)マジデ


先ずこの工場を建設するにあたってBOSSが客先の会社に増資した件です。
【建設費用をだす際に、関係のない増資を出させた件】

僕のお客さんの会社のタイ側パートナーとして資本を出したBOSSでしたが、その会社が調子が悪く赤字が続いていた。 

僕の工場はそこに商品を売るだけなので、僕の工場は儲かっていたのだが、そのユーザーであるお客様が赤字、すなわちBOSSの出資した会社が赤字なのである。

ということは工場でいくら稼いでも、全体としたら若干マイナスなのである。

僕の工場は他にも取引先があったから、まぁ仕方ないか~くらいに思っていたんですがある日事件が起こりました。

このユーザーからいきなり電話があって「僕の工場が他の会社にもよく似た商品を提供しているのじゃないか?」って。
※だから売上げが思うように上がらないということでしょう。

確かによく似た商品というか、同類の商品は同業他社にも販売しています、でもそれってペンキ屋がいろんな建設業者にペンキ売るのと同じなんですよね。
普通なら問題は全くないんです。 もし他に売れないということは、完全子会社の工場でそのユーザーの商品だけを作るって条件などがあるということです。

そこで僕も「そりゃ~売ってますがなにか問題でも?」って感じで返答していたら、数日後日本から偉い人が数人僕の工場にやってきました。

その時は僕とBOSSがこちら側、相手は役員クラスが2名、現地社長とその部下の4名でした。

向こうの言い分は「BOSSがこの会社の出資をしている、そこの契約書に同業種の仕事はしない(同業者への出資はしないということ)」という項目があったらしい、今回僕の工場が他社に販売しているのはこの項目に違反しているのではないか?ということであった。

このあたりの解釈は難しいが、ライバル会社にも同じような商品を提供しているのが面白くないという人間の心理は理解はできる。
※ちなみに僕の工場はBOSSの出資元の会社とは別会社だった。

ただ、それであればこの会社は僕の工場でも生産できるような商品を他社から購入しているので、逆の立場としてもいえるのだが...

この時の商談は全部日本語でとなった、当然BOSSより僕が前面に出て話すことになるけど、僕は元々この出資には反対だったのでなんだか微妙な心境だった。

タオ「BOSSだから言ったじゃないですか! 出資してもメリットはなくデメリットばっかりじゃないですか!」(`・ω・´)
って言ってやりたいところを、どこで収めるか必死で考えながらの商談です。


結局、〇〇社と〇〇社には〇〇〇〇の供給はしないこと、今後もガチガチやっているライバル会社には類似品は供給しないこととなった。

この時はこれで一件落着した様に終わったが、この件の遺恨はこの後数年続いた。
なぜならば当時の現地社長は現状を全部知っていて黙認していて、日本から調査が入ると急に文句を言い出したのだ、だからこの社長がタイにいた数年は全く新規のビジネスはお互いにスタートさせなかった。

今は新しい社長が就任されているので、少しずつ良い方向に向かっているのだが完全に修復されることはないだろう。


はっきり言ってこの件はBOSSが悪いわ...( ゚Д゚)100%


次回も敵はグループ内にあり


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.10.21
前回は【グループ内の足の引っ張り 出資編】を書きました。

今回も足を思いっきり引っ張られた話です。

当初、僕は生産だけをやっていればいいという話でしたが、それでは全く動かなかったので僕自身が営業をやってお客様を獲得していったわけですが、BOSSは自分で営業部隊を動かしたくて仕方がなかったんです。

そこで、問屋の機能を持った会社を立ち上げ、僕の工場で生産している商品を売るように指示しました(・∀・)イケー


ただ僕の会社の商品だけだと、問屋という業態では商品が少なすぎるので他社からも購入して販売していました。
中にはコンテナ1本単位で輸入していた商品もありましたね。

会社を作るために30人くらい新たに雇ったんですが、こんな適当に作った会社が上手くいくわけがありません、その会社は月に100万バーツ単位の赤字を垂れ流していました_| ̄|○マッカッカ

この赤字はなんと、僕の工場の経費としてファミリー決算には提出されていました、それは知っていましたが結局はBOSSのお金ですから強くは言えません。 表向きは分けて算出されていても、肝心のファミリー会議ではトータル赤字の決算が報告されていたのです。

BOSSのお兄さんの評価は上がらなくても、BOSSには真実が分ってもらっているので、仕方ないと諦めていました。(´Д⊂ヽ

外国人の僕がギャーギャー言ってもウザイだけですし、今まで赤字でも僕を雇っていただいている恩がありますから...

でも我慢できない事件が起こりました。

この問屋会社が僕の商品をタイ全土の小売業界に売っていたんです。
※これ自体は凄いことだと思います。

しかしすぐに問題が発覚しました。

先ずタイではよくあった事ですが、小売業界に新しい商品を並べていただくために、1品に数万バーツの費用(賄賂)がかかるのです。

ということでタイの小売業界に1社当たり数十万バーツのお金を支払っていたんです。 

更にです、ある小売業社に対しては本来の価格の50%の割引をして売っていました、間違いなく原価割れです。

更に更には全小売業社と1年経っても売れなかった場合はすべて返品するという契約を結んでいたんです。


そりゃ~どこでも入れてくれるわな...


1年後、すさまじい量の返品が着ました 


しかもむかつく事に、一部の店では追加でどんどん発注が着ていたんです。 タイの小売は自社で在庫管理はしないのが普通でこれはメーカーの担当なんです。

ということで、売れない店では在庫が動かず、売れる店からの発注はどんどん着て工場を動かすわけです。


これには僕も切れて、BOSSとその社長に怒鳴り込みです( ゚д゚)ゴラァ

タオ「こんなのやってられるかい!工場はこんな返品引き取らないぞ! 問屋会社でなんとかしろ!」( ゚д゚)オラオラオラ

BOSSはこの問屋会社の社長を解雇にして、僕になんとかしてくれと頼むんで、結局最後はなんとか処理しましたけど...

こんな事件が何度も起こり、この問屋会社は設立して現在7年目ですが、社長は6代目となっております。

一年に一回のペースで問題が発覚して、解雇されております┐┌ヤレヤレ

これも結局はBOSSが悪いんですよね...


次回もグループへの不満内容満載でお送りします。

えっBOSSへの不満っだって? それは違いますよ( ゚д゚)ハッ!


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.10.28
前回は【グループ内からの足の引っ張り 返品編】を書いてこれくらいでやめておこうと思ったのですが、書き出すとBOSS、グループの不満がどんどん沸いてきました。

今日は子ネタ集

1、タイ企業ですから、グループの会社は結構のんびりしています。しかし僕の会社は日本人相手であり、僕が責任者なので日本よりもセカセカしているかもしれません。

そんな中、グループの連絡で明日は休みになりました、休める人は休ませましょう。

とか

来週の土曜日はスポーツDAYです。 皆参加するように。

いやいや、そんな急に言われても休めへんし!(・A・)ムリ

だから、

僕の工場だけスポーツの歓声が聞こえるなか稼動していた1、2年目...部下が可哀想だった...



2、BOSSの親戚や息子さんなどが工場に来られた、どんなに忙しくても工場見学やランチのお付き合いをしなければいけません。 当初は僕がアテンドしていたんですが、最近は工場長に任せています。

つい先日ですが、BOSSから電話があって20人くらい工場見学にいくから宜しくお願いしますだって...
しかもよく聞くとこの20人、日本の大学生というから厄介。
最近はツイッターとかで、〇〇〇してみたとかいって炎上しているじゃないですか、うちの工場で〇〇向けの商品みっけ~とか書かれたら、守秘義務契約に違反するので、携帯持込禁止とか大変でした...

この工場見学をしたからといって、何も得はないんですよね~(・A・)イラネ

3、グループ会社の工場が同じ敷地内にいくつかあるんですが、こちらの工場のポリシーがそれぞれ違ったりします。 BOSSは基本的なポリシーは同じだと説明していますが、責任者によって実情は全然違ったりします。

僕の昔の上司のベンさんの所は仕事もなく、作業員は毎日ブラブラしているし、違うタイ人が仕切る工場はあまりにもパワハラが過ぎるのですぐに人が辞めたりしています。

基本的なポリシー(給料も含む)は同じなので、楽な工場へ移動したがる奴が出てくるんです、一応禁止ということになっているんですが日給作業員の移動はなかなか防げません。

最悪なのは、たまにグループ内で引き抜きとかするんです、ほんと止めてほしいですよ。

先日、元上司のベンさんが僕の開発のスタッフを引き抜いたので、その開発のスタッフを懲戒解雇にしました。
でも一番悪いのは ベンです。 この件は本体の人事に報告しましたが、お咎めはないようです...

ベンさん早くお迎え来ないかな~



4、BOSSはすぐに新しい会社や部署を作るのが好きなんですが、これがまた厄介。
間違いなく、僕の会社に絡むことができる業種を作るので、いつも紹介されるんですが、その責任者がいつも口だけお馬鹿なんで大変なんです。

大きな事を言って、うちの工場に大量の生産依頼をしたり、やりたくない特注商品の注文を取って来たり、分らない事だらけなので、僕の部下を質問攻め(上から目線で)ばかりして部下が本来の仕事ができなくなって、最後は僕に怒られるというマイナス要因になったります。

こういった頭でっかちお馬鹿を辞めさせるのも僕の役目これが結構ストレスなんですよ(・A・)ヤメテ

過去記事

【口ばっかりの日本人のクマさん】

5話くらいありますので、お時間あるときに読んでみてください(ノ∀`)アチャー


そういえばこのクマさんの近況をこないだ噂で聞いたのですが、相変わらずいろんな会社を転々としているようです。 もうそろそろ50歳なんだけどな~。


って結局、BOSSに不満なんやんって思いますが、BOSSは雇い主だから仕方がないんですw


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ