微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2013.08.05
市販で商品を販売するようになって、少しずつ業務用の依頼もやってくるようになった。

依頼といってもいきなり商品を買ってくれるわけでもなく、先ずは商談をしたいということだ。

いろんなところに行きました、日本でも超大手のユーザーさんも二人で乗り込みました。
まだ二人とも20代だったので、貫禄負けしないように精一杯気合を入れていきました( ゚Д゚)オラオラオラ

やや手ごたえありの商談、帰りにスクムビット居酒屋でイカの造りをつまみにいいちこで乾杯しました(・∀・)ボクタチヤッタヨネ

アユタヤの工場に15時商談ということで二人で車を運転して行ったら、商談相手の社長さんがスケジュールの勘違いをしていてバンコクに違う用事でいっていた、別に日になるのかな?って思っていたら「今からアユタヤ帰るから待っていて」って言われて、二人で夕日を見ながらマッサージを受けて待っていたこともありました。

そして18時から商談スタート、見事に破談でした..._| ̄|○チョウムダ

僕ら二人の役目は完全に分かれていました、僕が開発と生産管理、ケンさんが営業と経理、ロジスティックと自社のタイ幹部との調整です。 

このまま二人でやって行くものだと思っていました

ベンさん(元上司)と別れて、約1年の頃です
 

ようやく、小さな工場が回り初めてきました。 

本当に小さな工場なので、仮にフル稼働したとしても僕の給料は出せないレベルです。
最初からここをフル稼働させて、本工場を建設するというのが目的だったのでまだまだなんですが、このままいけばいけるかもと少し手ごたえを感じてきていました。 

この頃ですね、本工場を建てようかという話が持ち上がったのは、そして小さな工場とまだない夢の工場の責任者として僕の役職は正式に工場長になりました(・∀・)ハズカシ

僕が手ごたえを感じてきたのと反対に、ケンさんは違うことを考えていました。

東京〇〇〇はまだ続いていたのですが、ケンさんが頑張りすぎるので、適当なタイ人(バムさん)と上手くいっておらず、BOSSに外されていたのですが、日本人が必要な時はケンさんがやらされたりして中途半端なポジションでした。

僕は自分の工場が大きくなったら、ケンさんも正式に僕の工場の配属になってもらおうと思っていましたが...




突然ケンさんが辞めることになりました...




その時の過去記事が下の2記事です。

【ケンさんの決断】

【ケンさんとの別れ】

すごく覚えている場面があります、ケンさんが辞めるので僕が営業も引き継いでお客様回りをしていたある日、いつもならばケンさんが主導で話すのですが、引継ぎなので僕が積極的に話していました。

その帰り道

ケンさん「いやータオさん全然営業できますよ、安心しました!」(・∀・)アンシンって言ってくれたんです。

元々話すのは好きでしたが、営業はそれだけでは難しいです。 我慢したり、時には馬鹿になって会話を盛り上げたりしなければいけません、僕の性格では難しいかな?と思っていましたが、この言葉をかけてもらったので、

「絶対にケンさんよりうまく営業してやろう!」って思いました。

これはケンさんへ感謝の気持ちと僕を1人置いていく裏切りへの怒りにも似た感情からでしょう。


ケンさんが辞めた後もタイ人スタッフをはじめ、多くの人に支えられて今までやってきました。

しかし、心から信頼できる同僚はケンさんが最後でした。


ケンさんが辞めた日から、心はいつも1人での奮闘が始まります



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】


【勤務地海外】で検索すると、駐在員案件もある!
↓   ↓   ↓
スポンサーサイト
2013.08.12
ケンさんが退職されても、僕の気持ちは変わらずいつか今の会社に利益を出せるようにするのが最大の目標である。

1人で営業もいくし、開発もして生産も見るような毎日( ゚Д゚)イッテヨスィ

流石にケンさんとまではいかないだろうが、日本人のアシスタントがいた方がいいと思い、この時期に1人採用した。

といっても相変わらず赤字の部署なので、日本人が1人増えるということはそれだけ経費も増えるということ、もっともっと頑張らないといけない。 
1年後に黒字転換の目処が立っていないならば、僕の部署は解体されてタイ人は他のグループ会社に転属されるだろう、ただ日本人の僕達は最悪解雇となるでしょう。

そうはさせることができないと、毎日毎日必死で考えて動いていたヽ(`Д´)ノウワーン

どんな嫌なところにも行って、どんな小さな仕事も拾って、休みの日もどこかに何かが売れないか歩き回っているうちに、少しづつ、少しづつ生産が増えてきた。

スポット生産も多く、波はあったがなんとかなんとか毎日生産できるようになった。

そして作業員や大卒のスタッフを増やせるようになった。

せっかく大卒のスタッフが採用できるならばと、昔働いていたアルカトラズから、元部下を呼び出したのもこの頃である。

僕が退職してから、タオ派のスタッフは日本兵からいじめられて退職していたスタッフが何人かいた。

その子たちに悪いので、いつか僕が工場を任され、人事権を持ったときに必ず呼んでやろうと思っていた。

そこで、先ずはすでに退職していたスタッフを呼んで将来大きな工場を建てた時の会社作りをはじめた。

その子たちが来てくれたおかげで簡単な生産は任せれるようになって、僕は営業に力を入れることができた、ほぼ毎日生産ができるようになってきて、日本人の給料を除けばPAYできるようになってきた。


少しずつだけれどもお客様から問い合わせが来るようになってきた。

アルカトラズ時代のお客様とも再会することがあった。

お客様「いつか工場ができたら是非見せてください、その時はまたお願いします」(・∀・)ガンバレ


こういってくださった、Hさんの言葉はとても頑張ろうって原動力になった。

とにかくこの時の僕は大きな工場を持つことにこだわっていた、

新しいスタッフ、昔の部下、以前取引していたお客様の声、そして何よりも自分自身のプライドからである。

1年前は500名以上の工場の工場長だった、それが今は20名足らずの名だけ赤字工場長(´Д⊂ヽ


絶対にアルカトラズを越える工場を作らなければ、自分が許さない

そして今の僕があるといってもいい好機がやってきた。
【好機到来! 過去記事】

この仕事をGETしたことによって、BOSSとグループの幹部が真剣に新しい工場建設について検討しだしたのである。

この会社は超大手だったし知名度も高い、そこの商品を作っているだけで誇らしいと思える。
そしてこの契約は新工場が建設されるという前提で話が進んでいったからだ。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.08.19
【前回の記事】で大手ユーザーの商品の受注を取った僕の小さな工場はフル稼働となっていくのだった。

工場は急には拡大できないので、24時間体制にして2シフトをとった( ゚Д゚)ヤルデー

作業員も単純に倍くらいに増やして、スタッフも日勤、夜勤と交代で生産をすることになった。

それでも生産が追いつかないので、隣にあったベンさん(元上司)の部屋や倉庫の壁も潰して、僕の工場の倉庫にして元の工場の空きスペースを増やしたりもした。

こんな状態の時に、どんどん大きなユーザーが訪問してきて、商談することになった。
なぜこんなことになったかというと、先に発注をいただいた大手ユーザーが使っている工場ならば間違いないという噂が広がったのだ。

間違いないといっても、今の工場はほんと小さな小さな工場で日本の品質管理の方なんかに見せれるものではなかったし、すでにフル稼働で動いている状態だった(´・ω・)ハズカシ

だから商談はすぐに取引するのではなく、来年工場が建ったらという前提で進んでいった。

肝心の工場だが、ケンがいたときから新工場の話をしても、BOSSはなかなかOKだとは言わなかった。もう少し人数を増やしてやってみてとか、なんならもう一つ同じような規模の工場を作ればいい、その方が早いなどと代案を出すばかりだった。

今までと同じ提案では了承を得れないだろうから、僕は今の工場を限界まで稼動させて、更に工場が完成したらどこのお客様と取引ができて、その数量がどれくらいになるか、そしてどれくらいで減価償却ができるかという案を作ってみた。

A社 1000トン  300000Baht
B社 3000トン  50000Baht
C社 ...........
D社 ...........
E社 ...........

新規 ...........
その他 .........


2003年度 稼働率30% 2004年度 50%  ....2007年度100%  2011にはトータルでの黒字転換

建設費用、機械費 5,000万バーツ


こんな感じで書類を作ったのだ、僕の頭の中では3000平米くらいの中規模工場(アルカトラズの半分以下の規模)で建設費に3000万バーツ、機械で1000万バーツ、残り1000バーツは予備と大雑把に考えていた。
※土地はグループが所有する空き地がかなりあるのでいくらでも使うことができる。

実際に今話しているお客さんが確実に注文をくれるわけもないし、年度毎に20%ずつ稼働率を上げるというのも全く根拠はなかった。

減価償却を7年で終わらすというのも、本を読んで大体これくらいだと思っただけだ、それを目標に立てた売上げ予想であった。

若干30歳が当時精一杯考えたのは本当だが、今から思えば全くの適当な数字だったと思う(;´Д`)テキトウ


しかし絶対にこの数字を達成してやろうという強い意志はあった。

そして満を持して、BOSSに工場建設のお願いをしに行った。

タオ「すでに今の工場は生産キャパがいっぱいです、しかしながら〇〇や〇〇〇も来年にはうちで生産をしたいといっています、前の会社の時に付き合いがあった〇〇〇〇も工場ができたら生産を依頼すると言ってくれています、どうか僕に他にも負けない工場を持たせてください!」


タオ「正直、今の規模の工場だとフルキャパで動かしても僕の給料はPAYできないでしょう、そんな立場で会社においてもらうのは辛いです」_| ̄|○オネガイデス



再び自分がトップで動かせる工場が持ちたかった、人に見せても恥ずかしくないレベルの工場が持ちたかった。


そしたら
BOSS「この書類をタイ人スタッフにタイ語で書かせて、もう一度提出してください。ファミリー会議に出します、建てましょう工場を、来年の4月までに建てれば〇〇や〇〇〇には迷惑がかからないんですよね」


タオ「はい、〇〇も〇〇〇もタイに進出してくるのは来年なので4月に稼動できれば間に合うでしょう、もし間に合わない場合は、借り工場を動かしてでもやります!」


うれしかった、やった~って思っていたら。

BOSS「工場は更に大きくして8000平米にしてください、そして建設費は全部で1億バーツってしておいてください、予備費や追加の機械の費用は〇〇〇(僕の会社の本体)が出すので考えないでください。 建設費で目いっぱい取りましょう」


ポカーン...( ゚д゚)ポカーン


 いやこの資料は中規模の工場で7年間で黒字転換するものですよ~

これ以上大きくしたら誰がお客を見つけてくるのですか~???

ファミリーからお金を出させるには、BOSS1人の決定で出すことはできない、だからせっかく工場を建てるならばいっぱいださせようという考えである。

そうなんです、実は僕よりBOSSの方が超適当でイケイケなんですワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ



ということで、適当な販売予想を3倍にして再提出することになりました...

更に適当度3倍以上!

この時の心境ですか? 

やれるのか?って不安な気持ちはありましたが、やるしかないという気持ちが更に強くなりました。


過去記事で【工場建設費用をいただいた】時です


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2013.08.26
【前の記事 工場費用をGET】

工場の費用が出ることになったので、早速工場を建てたい。 すぐにでもはじめてほしい...

でっ誰が図面引くの?

グループは工場をいくつも持っているが、僕の業種の工場は初めてなので前例がない。 しかもその業種の知識が一番あるのが僕である。

えー僕が工場の図面引くんですか~?(;゚∀゚)マジデ?

中学生時代、図工、技術ともに通知表の評価が3の僕が図面を引くことになった...

工場って建設会社に〇〇向きの工場の図面サンプル頂戴!って言ったら出てくるもんじゃないんですね、ゼロから図面を自分で引かなくてはならいことが分った...
もちろん最初のどんな工場を考えているかという案のレベルの図面ですけど...

特殊なプログラムがあるわけでもなく、エクセルで作り始めたんだけど...

工場のレイアウトはアルカトラズの図面が完全に頭に入っているので、それを更に改善したものにすれば良いんだけど、各部屋の大きさが具体的には分らない。

だから今仕事している部屋の大きさを測ることにした、タイルの枚数や天井の線などがあるのでメジャーなどがなくても分りました。 

この部屋が30平米くらいなんで、アルカトラズの〇〇部屋はこの4倍くらいだったので、120平米を縦10m×横12mにしたら120平米ぴったりだ...( ´∀`)エヘ こんな感じでした。 

オフィスの大きな部屋、小さな部屋を歩き回ってイメージに近い大きさの平米を割り出していました。

なんとかなんとか図面が完成して、次は建設会社の選定

先ず1社に本格的な図面を作ってもらい、その図面を買い取るんです。 そして買い取った図面を5社くらいに渡してそれぞれ見積もり書を作ってもらって、プレゼンしてもらいます。
同じ図面じゃないと、使用材料などによってコストが変わってくるので公平に価格を競ってもらいました。
※図面を買い取らずに勝手に他社に渡すと問題になるので注意。


建設会社も1社で出来るわけではなかった、土地を固める業者と工場の枠組を作る会社、工場の内装を作る会社、換気やシステムを導入する会社、特殊な床を作る会社、大きく分けると4社になります。
※できるだけ安くするために、分業依頼にした。結局1社に頼んでも得意分野ではないところは下請けにやらすので、直接頼んだほうがはるかに安いんです。

これが1社だったら楽なんですけど、枠組みで失敗していたら内装の会社が困る、内装がしっかりできていないと床がフラットに作れないなんて問題が起こる、そしてすべて他社のせいにするんで大変でした。
※安くなるけどこちらの労力はすさまじいです

僕はこういった建設業の勉強などしたことがないしほとんど知識もなかったんですが、最終決定するのはいつも僕なんです。

工場の屋根の色は何色? 壁の色は? 床のタイルはどうします?
こんな質問は超自分の好みで答えれるんですけど、( ´∀`)アオイロ~



配電のメインはどこに置きますか? 最大の使用電力は? 1日の水の使用量は?

土地を固めるために地中に柱を打ち込みますが、20mと30mどっちにしますか?

※これを決めるには工場がどれくらいの重さの機械を置くか計算しないといけない。

配管の太さは8cm、12cmのどっちにしますか? 
※もちろん8cmの方が安い

こんな打ち合わせがそのタイミングで進行している作業の業者とほぼ毎日、全業者を集めての打ち合わせが1週間に1回行われた。

しかもすべてタイ語で...

当時もタイ語で仕事ができるレベルでしたが、こんな建設業の専門用語なんて知らんし...

難しいタイ語の使いすぎ、聞きすぎで頭が本当に痛くなったこと数え切れずでした...(;´Д`)ハァハァ


この時期がタイで仕事をしていて一番大変だったと思います。

アルカトラズは別の意味で大変でしたけど...

この経験のおかげで、今では工場を新しく建てることが怖くないです!


次回 工場完成!


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント
↓   ↓    ↓








_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ