微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2012.09.05
最近、僕のグループで日本人の求人をしていたが、更に僕の会社でも日本人を増やして事業を拡大しようということになった。

そこで早速求人をすることになった。

僕の日本人の求人方法は3つ( ・∀・)つコレ

1、知り合いに適当な人材がいないか聞く

これだと、事前にどのような人だったかを聞くことができるので少し安心だ。
ただ最近はあんまり良い人材がフリーでタイにいることがなくなってきた気がする、辞める前に話がついているケースが多くなった...
当たり前ですが優秀な人だと辞めるという話になったら、周りから誘われますもんね...

2、人材紹介会社に求人を出す

現在3社の人材紹介会社に求人を出している、何人かは紹介はしてもらえるけど人材紹介会社の収入は、紹介した人材の月給の2~3ヵ月を紹介先からもらうので、けっこう吹っかけてくる。
しかも3ヵ月経ってから紹介してくれた人が辞めたら、すべてがぱぁ~になるので結構危険...
※3ヵ月以内だと、次の人を無料で紹介するといった保障があります。 ただ次々に紹介できるほど人がいないのが現実。

3、求人情報誌に掲載する。 

無料のもの有料のものがある、どちらがいいかは分かりませんが手軽に掲載できるので楽チンです。
ただ、こちらは先の2つの方法と違って誰もスクリーニングをしてくれないから、結構すごい人の連絡も直接受けるので大変...


今回の求人も上記の3つの方法で求人を出してみました。

1ヵ月くらいで、30人くらいの方から応募をいただきました、ありがとうございます。

しかし、この中で面接までいったのはわずか2名でした...('A`)ナンデ


ではなぜ面接にすらいかないのか...

一番の理由

こちらの募集条件を満たしていない人の応募がほとんどでした...

僕の会社の応募資格はいたってシンプル

・35歳くらいまでの男女
・四年生大学卒
・日本での職歴が3年以上あること



以上です、語学や経験してきた職歴など一切問いません。

上記の条件の年齢以外は、僕の会社でワークパミットを取得する際に、スムーズにできる条件なんです。 あとタイ企業なんで学歴の偏見というのは間違いなくあるので、最低限これだけはクリアーしている人しか採用しないことにしています。 
※日本の高卒でも出来る人はできますが、営業職は大卒以上、技術職だと学歴は関係ありませんというのがグループの考えです。

応募資格の条件を満たしてなくても、応募していただけるのはうれしいですよ、

その場合、メールで応募条件には満たしていないですが、何卒面接の機会を与えてください、みたいな文面があれば僕も検討します。
※本当に良ければBOSSに交渉して採用する可能性はあります。

しかし、自分が応募条件に満たしていないことは一切触れずに、

営業車は支給されますか?

営業手当てはでますか?

交通費はでますか?


って聞いてくるやつ...(;´Д`)ナンデ?


求人の詳細に書いてあるのに

勤務地はどこになりますか?

職種はなんですか?


いや、ちゃんと読めよ...(;´Д`)ミテル?

こんな人たちがほとんどでした、

中にはもっとひどい人がいました、次回に続きます。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2012.09.11
前回の記事で【タイで日本人の求人をしてみました】を書きましたが、今回の中で最も印象に残った求職者の方二人についてです...


1人目はYさん 女性の方です(・∀・)つ

この方は実は僕と同じ業界でバンコクで1年くらい働いている方です。

以前一度仕事を一緒にすることになり、何回かメールでのやり取りをしたんですが...


Yさん【えー私ちょっとこのあたり詳しくなんです、タオさんが私の上司の〇〇に説明してください...】

こんな感じで、Yさんが入っている意味が全くありませんでした....

要は日本ではまったく業界違いの仕事をしていたと思われ、タイの現地採用でとにかくなんでもいいから働き出したって印象を持ちました...

そんなYさんが、僕の会社が求人を出しているのを知って、電話をかけてきました

Yさん「求人してるって聞いたんですけど、女性でもいいですか?」( ´∀`)

タオ「ええ、男女どちらでも仕事ができたらいいですけど、なにか?」

Yさん「勤務地はどこですか? 職種は?」


タオ「...バンコクで、営業職ですけど...なにか?」

Yさん「私今月末で辞めるんで、それまで待っていただけますか?」

タオ「... .... .... はぁ、何を?」( ´Д`)マサカ

Y「じゃー今は忙しいので辞めたら連絡します!」



すっごい人だと思いました、もう採用されることが前提なんですね。

あんたの履歴書とか何も見てないんですけど...しかもリアルには悪いイメージしかないし....

この子、本当にすごいと思います..._| ̄|○



2人目は男性の方でタイ人の奥さんと子供が2人あり、この日本人男性は日本で働いていて、奥さんと子供はバンコクで生活しているそうです


そんな求職者からのメール

業界は違いますが頑張ります、とにかく嫁と子供と毎日会いたいのでタイで働くことを希望しています。

中略

最後に給料ですが、現在日本円で40万円、月にもらっています、また子供の学費が年に20万バーツくらいかかっています。 したがって月に18万バーツ以上はもらいたいのです、それだけが心配です。


...  


...


俺はあんたの感覚が心配ですよ..._| ̄|○

今の待遇はまだしも、子供の学費なんて知らんし...


はじめてタイで働く、しかも業界が全く違うことを不安に感じないあなたなら、きっと良いところ見つかるでしょう...


やっぱ、日本人を探すのは結構大変でした...




なんとか1人に内定を出すことができました、それはシンガポール在住の方でした。

決め手はタイで遊びたいからタイで働きたいのではなくて、外国で働きたいからタイでもいいと応募してきたという理由



実は12年前の僕と志望理由が同じなんです...タイでもインドでもオーストラリアでもどこでもいい、とにかく外国で働いて見たかったんですよね...


この方タイは今回が2回目、不安材料はタイ語だけと思っています、それも1年もすれば出来ると思うので頑張ってください。 期待しています... 

次回、この日本人の方の出会いから...

最後はダイドンデンガエシがあったり...


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.09.17
前回の記事【勘違いな求職者】で日本人に内定を出したと書きましたが、内定のポイントを書こうと思います。

以前、【履歴書で不採用にするポイント】を書いたことがありますが、今回はこの日本人の方に内定を出したポイントです。

先ず学歴が非常に良かった...(・∀・)イイ!!

僕は学歴だけで決め付ける方ではありませんが、この大学はまぐれで合格できるレベルではないので、それなりのIQレベルだと判断しました。

職歴は聞いたことがないような小さな会社ばかりを3社ほど転職されていましたが、職種が似ていたのでスキルアップになっていた。 ちなみに僕より年上なので、5年に1回くらいの転職頻度です。

また職歴から英語は結構できると判断しました、僕は日常会話程度しか英語ができないのでビジネス英語ができる方がこられると貿易関係で戦力になると思いました。

ここまでが履歴書、職務経歴書から判断したことです。


ここからが面接の外面の評価


面接日当日、当たり前のことですが時間通りに、しっかりした服装で来られました。

しっかりと僕の会社のことを調べてくださったと分かる、僕の会社の資料を持ってこられていました。

面接中の会話も柔軟でかつしっかりと話されていました。

僕が結構せっかちなんで、ゆっくりと話せる人は僕とは違うタイプなのでいいなと感じました。

面接が終わって、この方が家に着いただろうと思う時間に、お礼メールが着ていました。

日本だと結構することですが、タイだとあまりする方とお会いしないのが現実です。



面接中の話の内容から

タイにこだわらず、東南アジアで働きたいという志望動機が魅力でした。

タイだとどうしても、夜遊びやタイ女性を目当てにこられた方が多く、仕事は2番目ならばまだ良いほうで、3番目、4番目...できたらやりたくない人が結構います...


実際、彼はシンガポールで職探しをしていて、たまたま僕が出張に行ったので現地で面接をしました。

もちろんすべてが完璧だったわけではありません。

気になるポイントはシンガポールで一度就職されて、4ヵ月で辞めていること、理由は仕事内容が希望と違ったということです。

もう一つ気になることがありました、それは僕がシンガポールに到着と同時くらいに応募がメールで着たのですが、僕からするとすごい偶然なので是非僕の滞在期間にお会いしたいと思ってすぐに電話しました

僕が空いている日は、到着当日のこの日と最終日だけです。最終日はどうなるか分からないので、できればすぐに会いたいと思って電話しました。
就職活動中ならば時間は僕より融通が利くとと思っていましたから、

しかし、彼の反応は今日だったら、今から準備して行くと遅くなりますと乗り気ではありません。
無理強いはできないので、結局最終日にしました。

僕ならば、チャンスは絶対に逃さないためにすぐに会いに行ったでしょう。(゚∀゚)アヒャ 僕の知り合いにこの話しても皆が同じように言っていました。 

でも面接時の準備の周到さを見て、この人は僕とは違って完璧主義なのかなと思うことにしたのでした。



最後に待遇については、将来の評価を重視されていて入社当初の給料はお任せするといったスタンスでした。
こういった方には少し多く出したくなるのが人間というものですね。
最終的に彼が希望してきた給料よりも、1万バーツ高めでオファーしました。

こういう方に会うのはなかなか難しいので、僕は2日で採用の決断をして、すぐに連絡をしました。

先ずはタイに来ていただき、勤務地などを見てほしいとです、それからお互いに折り合えば期間中に内定ということです。


これからどのような結果になるかは、彼次第です。


でも、これだけ即決できる人はなかなかいないので期待は非常に高いです(・∀・)マッテルヨ



僕の会社はタイ企業ですが、頑張れば平均的な駐在員よりも待遇が良いとおもいます。

こうやって謙虚な方はチャンスをつかみますが、前回の記事で書いた方のように最初にいろいろ求めるとチャンスすら得ることができないということですね。

結果出してから評価してもらうスタンス、それに応える会社の環境が良い関係を作るんだと思います。


次回、実際にタイに来られて! 就職までです。



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.09.23
【前回の記事で日本人の面接】を紹介しましたが、今回はこの日本人の採用までを記事にします。

この日本人の方をコトシさん(仮名)とします。

コトシさんにメールで一度タイに来ていただき、最終面接をしましょうと連絡しました。

返事は、すぐに行きます!って実際に7日後くらいにタイに来られました。 
気になったのは、すでに採用が決定しているかのような返信メールの内容だったことです、最終面接なのでほぼ採用ですが、万が一ということがありますから...


そしてタイに来られました、会社の車でお迎えに行き、こちらとしては客人待遇でした(・∀・)ドウゾ

僕のオフィスに到着されたんですが、予定より早かったので僕はバンコクのことをもっと知ってもらおうと、最新のフリーペーパーをコトシさんのために用意していたのでそれを渡して、少し待っていていただきました。

僕の部屋には親しいお客様と商談できる客人用のソファーが、仕切りを挟んであるのでそこにご案内しました。

そしたら

コトシさん... ヨコラッショ、ハァー、ヨイッショット、イヤイヤイイヤー( ゚Д゚)

って変な独り言を連発です...

あれ、面接の時はこんなことは一切言わなかったのに...

まぁこれで落とすことはないのですが...


そして僕も仕事が一段落ついたので、コトシさんの前に座り、色々と話をしだしました

そしたら、コトシさん僕の話に相槌をしながら、さっき渡したフリーペーパーをずっと読んでいるんです...
少しならまだ良いのですが30分くらいずっと読みながらの会話です...

だんだん腹が立ってきてまだ採用していませんが、

タオ「コトシさん、人と会話するときはお互いの顔を見て話しませんか? これって常識ですよ」( ゚Д゚)チガウ

ここにきてちょっと???でした。

そこで一応会社の入社テスト筆記をやってもらい、少し試してみました。 

結果は60点... 有名大学を出ているにしては低いです...タイ人の最低合格点です...
歳が38歳なのでいたしかたないかな...と思うことにしました


ここで少し不安になってきたので、仕事内容、待遇そして当たり前ですが試用期間が90日あることを再度伝え、コトシさんの入社の意思を確認しました。


この後最終面接としてBOSSと会ってもらう予定でしたが、BOSSは僕がOKならほぼ100%OKなのでここでコトシさんには先に入社の気持ちを決めてもらわないと困るからです。

もし実際に会社を見ていただき気持ちが変わったのならば、言ってもらっても構わないですとも説明しました。
まだ決まらないならばしばらく考えていただき、後日入社の気持ちが決まったらBOSSに会っていただくのでいいとも言いました。

BOSSは多忙ですし、僕の上司には気持ちが決まっていない人のためにお時間をいただくのは申し訳なかったからです。


そうしたら、


コトシさんからは試用期間で首にされるのはちょっと困る...と言いながら即時入社の決断はされました。

試用期間で解雇になるのは自分自身の結果ですし、会社としてもパスしてもらわないと困るんですよと説明して、BOSSとの最終面接に向かいました。

BOSSは僕が決めた人ならばOKと、ご機嫌でした。 そしてランチを一緒にしてすぐにビザに必要な書類を用意することになりました。

その日はバンコクを紹介しようと、その後スクムビットの方に向かったのです。


実はこの話はすごい結末になるのですが...


ちょっと長くなってきたので、次回に続きます...


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.09.29
【前回の記事新人日本人の入社まで その1】

前回の続き...

コトシさんとスクムビットの街を歩いていたのですが、またおかしな行動が...

コトシさん( ´∀`)

ウーン トヨタ 、はぁすごいな~。

パナソニック、ラーメン〇〇、ヤキニク〇〇

〇〇ヤ、ニホンマチ、フドウサン、いやー、ふーん


こんな感じで目に付いた看板を独り言で読んで声に出すんです。

ちょっとおかしいとは思いながら、最初は「そうですよバンコクいろいろあるでしょ」とか答えていましたが話が発展するわけもなく、途中からは何も言わずにコトシさんのちょっと前を歩きながら無視してどんどん歩きました、そしてちょっと早めの夕食に一緒に行くことにしました。

場所は日本食屋

最初はあんまり飲まなかったコトシさんもだんだん楽しくなってきたのか、僕より速いペースで飲みだして、色々と今までの人生について語りだしました。

経歴書を見て知っているんですが、大学合格までは成功でしたが、それ以降は決して羨むような人生ではないと思っていました、いやむしろ下がりっ放しの人生...

コトシさんの唯一自慢できると思われる、学歴を褒めるタオ

するとコトシさん「いやーもうそれは過去の話です、しかも卒業するのに6年もかかっていますから、自慢できることじゃないですよ...」

そうなんです、一流大学に現役で入られていますが、なぜか2年も留年されているんです...

タオ「それでもすごいですよ、僕なんて受験すらしようと思わなかった大学ですもん」

一生懸命フォローを入れてみるタオ

「いやーこの曲良いですね~」って話をそらしてちょっと涙ぐむコトシさん...(´Д⊂ヽ

なんとか頑張って欲しい、いや頑張ろうって

お互い年齢はもうすぐ40歳、ここで一緒に頑張りましょう!いうことで、2件目はゆっくり話せるBARに行きました。

コトシさんは一軒目から
「もっと飲んでください!ここは私が払うので!」って薦めてくるんですが、自身は僕より速いペースで飲むもんだから結構酔っ払っています。

BARでも同じで、「ここは私が払うので飲んでください!」ってどんどんオーダーしている。

まぁいずれにしろ全部会社が払うつもりですから、楽しんでくださると思ってお付き合いしていました。

そして、コトシさんは真っ直ぐに歩けないレベルにまでなっていましたが、

「タオさん!もう一軒行きましょう、もう一軒、今度こそは私が払うので!」(´ー`)

ベロンベロンのコトシさん、シャツはもうズボンから出ており周りから笑われている...



日本のサラリーマンってこんな感じなのかな~と哀愁にもにた感情が沸いてきました...


僕が日本で働いていた会社の先輩方は、飲み行くとずっと何かの文句をいいながらつぶれていっていました...(´Д⊂

結構酔っ払っているので、ここはまたバンコク滞在最終日にお会いする約束をして、ホテルまでお届けしました。


コトシさんの滞在の最終日再び一緒に食事をすることにしました、ビザの書類も渡さないといけないので最初からの予定通りです。

滞在期間が3日間くらいあったので、コトシさんは会社の取引先などの場所を知りたいと自分から言い出したので、僕は重要な客の場所を書いてあげた...自分で土地勘を得るために移動してみるというとても心強いことを言われていた...
※コトシさんは営業ですが、シンガポールから来たので土地勘がないので勉強は必至だった



そして最終日

結構期待して聞いてみた

タオ「コトシさん、滞在中どこに行って来ましたか?」

コトシさん「はい、エンポリアムってデパート、ワットポー、エメラルド寺院、ホアランポーン駅、あー船も乗りました」( ´∀`)


えー? 滞在中は取引先を回るんじゃなかったの? 取引先はアソークとかスクムビット方面、シーロム方面がほとんどなんですけど?_| ̄|○


でもまぁまだ入社されていないので、観光をされていたことに対してはあまり聞くことは止めましたが...

僕が言ったところには全く行っていないのでかなり残念でした...



そんなことは何も気にしていないコトシさん

この日もコトシさんは飲む毎にテンションが上がってきて、

コトシさん「今日はあんまり飲むつもりじゃなかったんですが、次行きましょう、次は私が払うので!」って結局またベロベロになるまで飲んでいました。

最後に初めて住むタイで大変でしょうが、一緒に頑張りましょう!(・∀・)と握手を交わしてお別れしました。

ただコトシさんの入社日はシンガポールに帰ってから連絡するとのことでした、理由は今借りているアパートで大家さんに敷金の返金について話さないといけないとのことでした...


僕なら敷金なんか返ってこなくても、早く働いて稼げば同じことだと思ってすぐに来るのになぁ~って面接の時に思っていましたが...

まぁ自分と違うタイプの人が部下になるのもいいかなと思うことにしていました。

次回に続く 

衝撃のラストが...


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ