微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2012.08.06
近年、駐在員を減らそうという動きが多少なりともどこの会社でもあるように思う

理由の一つが駐在員のコストが高いこと。 日本の給料とは別に様々な手当てが、かかってしまうからだ。結局トータルで日本の給料の2~3倍になってしまう...

もう一つが、海外駐在員になりたくない若者が増えてきたこと、 これは僕ら海外で働きたくて来ている人間には理解できないことだが、日本で働きたいという若者が増えてきているようだ。 このため最近では引継ぎの駐在員がおらず、5年、10年と駐在期間が延びている方もおられるようだ。

ではどうやって駐在員を減らすのだろう?(・ー・)

少し前に言われてたことは、


現地採用を駐在員の代わりに勤務させる。

現地採用にある程度権限を持たせて、駐在員の代わりになってもらうということだが...

現地採用ならばずーっとタイにいるんじゃないかと思われるかもしれませんが、現地採用の離職率は高く5年以上同じ会社で働く人はあまり見かけません。 一方、駐在員は駐在期間の年くらいを、ほぼ100%の確立で5年の責任をまっとうされます。 

これでは現地採用に代わりをやってもらっても同じことです...

ではなぜ現地採用は離職率が高いのか?

一つは、日本の会社から代表で来ているわけでないので責任感(愛社精神)が駐在員に対して低いこと
そしてその根本的なところに給料が低いということではないかと思います。

平均的な30歳の駐在員の年収は手取りは日本の給料だけで400万円以上あると思いますが、同じ30歳の現地採用だと200万円ちょいちょいといったところです。

更に駐在員には、その他多く手当てがでています...
海外勤務手当て、住宅手当、海外保険、家族手当、所得税、年金などなど、およそ月に40万円くらい出ているんじゃないかと思います。

だから計算上は現地採用に仮に駐在員と同じ給料を払って、他の手当てを払わなければ人件費コストは半額以下になり、現地採用も給料が増えてHAPPY HAPPYになるはずです。(・∀・)ソレダ!!

がしかし...

実際にこのように会社の組織を作ろうとしても、なかなかうまくいっていないのが実情です。

理由は簡単です、現地採用で駐在員と同額の給料をもらえる人が少ないからです。


で最初から駐在員と同額の給料を払っても良いと思える現地採用の人が少ない、先ず様子見で最初は給料は少なくする、我慢できずに現地採用の人はすぐに辞めてしまう、結果現地採用の人が育たないというわけです。

確かに同業種で働いていた人でない限りは、いきなり駐在員と同じ働きを要求されても難しいですよね、だから最初は研修となり安い給料で働く、頑張れば這い上がれるかもしれませんが、途中で何でこんな安い給料でこき使われているんだとなり、いつかできるようになる可能性がある人も辞めちゃうんじゃないかと思います...

このあたりのリクルートは本当に難しく、結局日本で求人して、1年くらい日本で研修をしてからタイに赴任してもらうような形になっているように思います。

僕はタイで働くならば、日本で駐在員案件を見つけて就職している人が頭が良いと思います、だって現地採用から駐在員になるよりずっと楽だからです。でもそのような事を思いつく人は、採用の時にいろいろ条件を交渉するので、結局駐在員を雇うのと変わらないコストがかかってしまいます。

それでも、駐在員候補を見つけられない会社としては採用したいし、このような人は駐在期限が長ければ長いほど喜ぶので帰任させる必要がないというメリットがあるんです。

このように今までは駐在員の代わりは、現地採用だと考える人が多かったですが、ここ数年大きく変わってきたところがあります。

次回に続きます...



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




新感覚!一発入力で留学の資料

請求が最大6社から届きます!

こんなサイト見たことない!!

留学Style!
↓     ↓





_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
スポンサーサイト
2012.08.12
【前回の続き】

前回は駐在員の代わりを現地採用がするというのは難しいという記事を書きました。

ではどうするのか?

ローカルタイ人に駐在員の代わりをさせるのか?(゚Д゚)ドウヨ?

確かにそれも一つの手ですが、仮に日本語が話せても日本の文化を知らないと日本とタイの間に入るようなポジションは難しいのが現実です。

そこで最近よく聞くのが
日本の大学を卒業したローカルの人を日本で採用して、将来母国に赴任してもらうこと。

またはローカルの新卒を採用するために、日本の人事担当が現地までリクルートに行って、日本語学科などを卒業した人を採用して、日本で数年勤務してもらってから、母国に赴任してもらうこと。


今年のパナソニックの新入社員代表がインドネシアの方だったことは大きく報道されていました(・∀・)スゴイ
【競争激化のアジアでの存在意義を】

こういった動きが大手商社、メーカーではすでやっているところが出てきています。

実は先日たまたま、こういったタイ人と出会いました

彼は日本の大学を卒業しており、日本の大手商社に入社して6年後タイに帰ってきました。

日本語はもちろんペラペラで、雰囲気も日本人で最初日本人と間違いました。

彼はもちろん駐在員ですので、待遇は駐在員ですが、日本に帰国させなくてよくずっとタイで働けるわけです。

彼は日本の大学を出ているくらいなので、お金に困っているわけではありませんが、タイ人で年収1千万円弱をサラリーマンとして稼いで、家賃などの補助まで出してもらっている今の待遇にとても満足しているようでした。
※大手商社なので35歳でこれくらいだと、その会社の人から聞いています

当たり前ですが、すごいバイタリティーで久しぶりにかなりスピィディーな対応をしてもらい、こちらも今後何かあったらどんどん頼っちゃおうと思いました。

駐在員なのである程度自分で決めることができるようで、僕との商売くらいならば即決していただきました。

一方、商社で働いている日本人の給料は8万バーツくらいで、ほとんど権限を持っていませんし、ほとんど表の商談には出てこられませんね...

ローカルスタッフのバイタリティー、日本人にとって超脅威ですよね。

タイ人がコネもなくサラリーマンとして一生懸命35歳まで働いても、4万バーツがいいところです。
日本語を覚えて、日本の会社に本社採用されれば35歳で月の給料が総額で20万バーツってことも夢ではないんですよね。(・∀・)ヤレル


こりゃ~頑張るでしょヽ(゚∀゚)ノ ヤッタルデー

こういった凱旋帰国したローカル生まれで日本で教育を受けた人が、将来の駐在員の代わりになってくるかもしれませんね。

不思議な感情だと思うのですが、駐在員の人ってローカルスタッフよりも同胞で安月給で働いている現地採用のことを下にみる傾向があります、よってそういった感情からも現地採用を後釜にするより、スーパーローカルタイ人が後を継ぐ可能性の方があるようにおもいました。

僕のBOSSのお子さんは現在、外国に留学中です。

帰って来られた時に、追い出されないように切磋琢磨しておこうとおもいます...(;゚∀゚)ヤッテマスヨハイ


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.08.18
【はじめの頃の記事】では結構タイで働くのは大変だという内容のことを書いていたと思うが、最近はめっきりそんな話は書かなくなった。

それだけ僕が成長したのか?

う~ん、もう11年もタイで働いて、そのうち10年以上は工場長以上の役職で働いているからだいぶんと経験値も増えたとは思います。

大体のことは想定して仕事ができるようになったので、大変だと思うことも減ってきました、でもタイに来てからずっと悩んでいることはあります。

それはタイ人の部下のことです(・A・)コレヨ


タイ人の能力のことか? 

タイ人が出来ないなんて僕は言わないですし、日本人の方が優れているとも思いません。 タイ人でも出来る人はいますし、日本人でもできない人も結構います。

他によく言われるのが、タイ人は責任感がないから仕事をほっぽり出して帰るとか、遅刻してきたり無断欠勤するとか聞きますが、そんなもんしつければちゃんと出来ます。


じゃあ何を悩んでいるのか?

今でも悩むことそれは

タイ人スタッフがすぐに辞めることです

マネージャーレベルになってある程度の地位と待遇を得ているスタッフ辞めませんが、入って半年未満の子はすぐに辞めます。

僕が怒ったりすると、新人ちゃんはすぐに辞めちゃいます。 だからここ数年新人とは話をしないことにしています。

先ず先輩に教育を受けてある程度できるようになってから話すことにしています。

昔、僕が怒ってちょくちょく新人が辞めたので、気を使っているんですよこれでも...



しかし今でも話したこともなく、名前もまだ覚えていない子も辞めるんです、なんでだろう?


人事に告げる辞める理由は家庭の事情が多いですが、本当にそうなのか?


微笑みの国の国民がすぐに仕事を辞める理由結構多いのが、それは社内のイジメなんです。
※他の会社でもやはり同じことで悩まれている方が多いです。

直接的に何かするわけではないと思いますが、

新人スタッフが先輩に質問しても

先輩は「そんなの自分で調べれば」的なことをいうようです。


またタイ人は部下や後輩を教育する文化がないので、仕事を回さずほったらかしにされる新人もちょくちょく見かけます。

僕にはいつも笑顔でとても礼儀正しい部下達ですが、それは上司に対する顔なんですよね。

だから、辞めた本当の理由を調査して聞いたときは信じられませんでした...

あの子がそんな意地悪するんだ...

そんな悪い言葉を使うんだ...


何とかしようと、教育係を作って日記のようなレポートを新人と先輩から提出させるようなこともしましたが、このようなイジメをなくすまでにはいっていません。

後輩を育てて、自分が上にいくという感覚がないようですね、自分だけが頼られているということの方が重要らしいです。


みんな協力して僕を助けてくださいよ~ってたまに泣き言を言いたくなりますよ...(´Д⊂ヽ


これを書いている時に、目の前で工場長が昨日来たマーケティングのスタッフに色々教えてくれています。
部署的にはマーケティングは僕の直属なので、関係ないのですが...そうこんな感じで助け合ってくれればもっと言い会社になると思います。


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.08.24
ウルフルズの明日があるさの歌詞で

どうしてオレはがんばっているんだろう?

家族のため? 自分のため?

答えは風の中


というところがある。
※かなり古い歌ですが、在タイ歴が長い30代後半の間では、いまでもタニヤなんかでガンガン歌われています。

僕は100% 自分のためですね(・∀・)マチガイナイ

結果、親に仕送りしたり、彼女にプレゼントを買ってあげたりしてもそれは自分がしたいからですもん。

日本人の友達とかは、子供のためとかいう人も多いですね。

これはひとそれぞれですね。

一方タイ人は

親のためというのが大変多い気がします

確かに親は大切ですよ、うん、できる限り大事にしましょう。

しかし、タイ人の貧困層は親にお金を送るために最悪、窃盗や売春までしてしまう人がかなりいます。

もちろん僕の部下はここまではしませんが、親のためならば会社を辞める人もたまにいます。

今回も生産担当の部下でワンというのがいるんですが、今年で3年目ようやく使えるようになってきたので大幅に給料を上げた矢先。

人事のパンさんから「ワンがあと2~3ヵ月くらいで退職したいと言っています」と聞いた。

頑張り屋なんで急になんだろうと思って理由を聞いたら。

田舎にいるお父さんの体の具合が悪く、誰も面倒をみる人がいないから田舎に帰って面倒を見ながら仕事を探すという。


今のワンの給料 18,000バーツ 田舎の平均給料(ワンの年齢ね)10,000バーツ

明らかに下がります。

もう慣れっこなので引き止めませんけどね、でも本当にこんなのが多いんです。

昔一度、このような部下に僕の考えを聞いてもらったことがある。

「僕の親だったら、もし僕が面倒をみるといって良い仕事を辞めて田舎に帰ったら、うれしいかもしれないけれど、怒ると思うよ。

僕の親は僕の幸せを一番に考えてくれている、そのために小さな頃から塾にいかせて大学まで卒業させたわけだから。

それを、田舎に帰って大学卒業しなくてもできるような仕事に就いたら、お互いなにをしていたんだろうと思うんじゃないかな?」


みたいなことを言ってみた、

その子は聞いてはくれたが、決定を変更して会社に残ることはなかった...

でもこれってエゴなんですよね、それに気づいて二度とこういう部下を引き止めません。

せっかくここまで頑張ったのに、もったいないなワン...


この記事を書きながら僕はもう一度何のために働いているのか?


考えてみた、死ぬときに悔いが残るのが嫌だ、今は仕事をすることが楽しいし、生活していくために必要だから。 

やはり、自分のためか...


90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓




新感覚!一発入力で留学の資料

請求が最大6社から届きます!

こんなサイト見たことない!!

留学Style!
↓     ↓





_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
2012.08.30
最近【サヨナラニッポン 若者たちが消えてゆく国】って動画がよく出回っている。

予想としては海外はいいぞ~って内容だと思っていたが、実際見てみると違っていた...

これは大連の日本人達の話だったが、タイでも同じような環境の日本人がいる。

もう来ちゃった人には申し訳ないが、まだ迷っている人、これからこのような求人に出会う人に現実を知ってもらいたいと思って記事に書いてみます。


動画をタイの環境に置き換えてみますね(・∀・)つ

タイのコールセンターで働く日本人は結構多い、いくつもの会社があって人数的には数百人となると思う。

動画のように日本で勧誘している会社もあり、

南国タイで働いてみませんか?

英語、タイ語一切不要、日本語だけでOKです。

タイは物価の低い国なので、給料が少なくても日本より良い生活ができます。
( ・∀・)イイコトバカリ


こんな感じの誘い文句が連なっている...
※要は日本人を安い給料で雇おうという会社の戦略ですね。

しかし現実は動画と同じです

給料は25000バーツ~35000バーツが相場
※625000~87500円 1Baht=2.5円の計算

えっタイの日本人の最低賃金は50000バーツじゃないんですか?

はいそうです、しかしこれらのコールセンターはBOIというライセンスのようなものを取得していて、BOIの会社は最低賃金は50000バーツ以下でも労働許可書がでるんです。


では25000バーツで十分な生活ができるのか?

タイ人と本当に同じ生活をしていれば可能ですが、日本人の生活をすればかなりの貧乏生活を強いられます。

例えば日本食を食べれば200~300バーツ/食ですし、居酒屋で友達と飲みに行けば1000バーツ以上はかかるでしょう。

日本食は日本より高いと思った方がいいと思います、動画のようにおにぎり1個買うのも我慢しようと思っちゃうでしょう。

タイ飯は安いですが、毎日食べると飽きますし、油っこいものが多いので体によくない食生活になっちゃうでしょう。 タイ人はうまく生野菜や果物を食べていますが、来たばかりの日本人がその料理を頼むのは結構難易度が高いです。


住居は安いところで5000バーツくらいでありますが、プレハブをちょっと良くしたような作りです。

決して豪邸ではありません...


そして、日本語ばかりで仕事をして日本語だけで生活できるバンコクですので、語学は何年いても成長しない人が多いです。

だからタイでキャリアアップを考えてもなかなかうまくいかない就職戦線です(´・ω・)ムズカシ


そして一番辛いと思うのが、日本人同士の格差!

駐在員は最低でも日本と同じ給料、多い人では月収で100万円くらいはもらっています。
他の現地採用でも最低賃金の5万バーツ以上はもらっています。


同じ日本人ですよ...それが年下だったりもするわけです。

そんな人が一緒に暮らしている国、タイ人達は日本人はみんな金を持っているって勘違いするわけですよ。

なんだか辛くないですか?

もし皆が同じ所得だったら何も感じないと思うのですが、夕食で2千バーツくらいを飲む食いして、安いねって言ってる日本人をみちゃうとなんだか虚しいものがありますよ...

僕も12年前のタイの初給料は3万5千バーツだったのでよく分かります...

そして駐在員たちからは、そんな安い給料でなんで働いているの?ってちょっと小馬鹿にされるという現実...


そこから這い上がればいいですが、結局日本に帰ってしまう人が多いのが現実です。

その時にタイでの職歴はあまりプラスにはならないでしょう。

動画で印象的な言葉がありました、

はりがえさんの彼女の言葉

1、中国に来ている日本人は日本語ができるだけで、他に対した能力がないと思う

はりがえさん、たじたじでしたね。 将来的には日本語ができる現地の人に職を追われるだけです。


2、はりがえさんが、タイミングが来たら日本にぱっと帰ろうかと思っているって男らしくいったつもりが、

彼女がタイミングって何?

この先どれだけいても同じでしょ! 中国が好きならここにいる。嫌なら帰るってすぐに決めたほうがいいんじゃないの?


うーん鋭いですね...

これがなかなかできないんでしょうね。


微笑みの国タイ、日本の履歴をいったんリセットしてやり直せる国かもしれませんが、日本以上に厳しい現実が待ち受けているかもしれません。


来るからには絶対に這い上がりたいですよね、ですから仕事は将来があるものを選んでください!(・∀・)アルカトラズ



90日以内の海外旅行、出張ならばもう海外旅行保険をかける必要なし!
年会費無料の楽天カード作ろう!!

↓       ↓       ↓





タイでの求人は製造業が圧倒的に多いです!エンジニア転職なら「all engineer」
↓      ↓






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ