微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2010.12.03
赤シャツ騒動が終わってから慢性的に忙しい僕の工場、さらにグループ工場の商品を引き継ぎ忙し度は更にUP!

作業員集めをする人事のパンさん、さすがというか毎週10名以上は連れてくる。

しかし、その10名も1週間経ったら残るのは5名程度というのが現実、また新人の作業スピードはベテランの半分くらいである。

残業は増え、新人のスピードは遅いが日給は同じ、あわせて月給のスタッフの残業も増える。
ここ数ヵ月の人件費は設定の115%くらいになっています...(;´Д`)
通常は設定の80%くらいでできるのでるのですがね。

参考までにここでタイの日給の残業代の計算方法

日給最低賃金 205バーツの場合 

残業代 1時間分の計算の仕方 205バーツ÷8時間×1.5倍≒39バーツ/1時間

現在4時間残業をしているので、205バーツ(基本給)+残業代156バーツ=361バーツ

さらに僕の工場は皆勤手当て、技能手当てなどあわせて1日 50バーツを支給する。

1日 411バーツです

通常は残業は2時間なので333バーツ/日となります。

はい残業をすればするほど、商品構成比の中で人件費は高くなるのです。

またタイの法律には、2時間以上残業をさせる場合は2回食事タイムを取らなければなりません。

ですので8時に出勤した作業員の帰宅時間は21時30分です。

拘束時間13時間30分

作業効率落ちまくりです..._| ̄|○

さらにはこれだけ残業代が増えると、今まで4日(1,332バーツ)働いて得ていた給料が3日(1,233バーツ)でほぼ同額を得ることができるのです。

僕的には、イェーイ!(・∀・) 給料が増えてしかも使う時間もないので貯蓄が増えたぜぇーって考えるのですが、微笑みの住人は違うのです。

ワーイ3日1回休んでも同じ給料だ~!ヽ(゚∀゚)ノ

そう休む作業員が増えるのです、そうすると生産計画も立てにくくなりもう悪循環なのです。

残業がなければ残業が多い工場へ転職する、多ければ休みがちになる。

適度な残業をさせてあげなければなりません、経験的に適度な残業時間は2時間だと思います。

3時間だと夜ご飯を食べる時間をとらないといけません、この時間は給料が出ないので作業員はご飯を食べずに連続で働きたがります、別にそれでもいいのですがもし事故などが起こった場合

作業員「食事もとらずに働いていたので、疲れていた...」(´Д⊂ヽ的な発言をします。

そうすると労働局から指導が入ります。

だから作業員が休憩はいらないといっても、強制的に休まさせたほうがいいと思います。

こんな疲労困憊している僕の工場ですが、このままでは納品が遅れるし人件費が高くつき設定している利益が確保できません。

そこでタイならではの作戦を実行しました( ゚Д゚)イケー

それは

次回に続く...

日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もう、いちいち海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



無料で英語を身につけよう。ネイティブ音声付きメルマガ!



【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

スポンサーサイト
2010.12.07
毎日生産の予算を決めるのですが、新人が増えるとなかなかそれが達成できません。

機械のラインで流す商品は、それほどぶれないのですが、手作業の商品はほんと差が大きいです。

慣れ不慣れもありますがもともと単純作業が多いので、できる人は半日でノルマのスピードで生産することができます。

要はやる気なんです(`・ω・´)

ある商品Aというのが大量に注文が入っているのですが、1日15,000個作ってようやく納品日に間に合うというものがありました。

例えば 1日 15,000個  50人で作るとしたら 一人あたり1日300個となります。

ベテランだったら、500個くらいは作れるのですが、新人が増えたことと残業が増えたことで毎日の予算に届かずひどい日は8,000個/日という日もありました。
※80%以上が今回採用した作業員だった

生産MGがどれだけ作業員を叱咤激励しても駄目だという(;´Д`)ダメナリ

当初は1日15,000個を作っていけば間に合ったのですが、毎日おくれにおくれたので、1日20,000個以上作らないと間に合わないようになった。

僕の感覚からするとベテラン作業員が1日500個ですから、50人で25,000個くらいがマックススピードだと思う。 よってここで手を打たないと更に人数を増やさなければいけなくなる、コストが高くなることはもちろん、何よりもそんな都合よく作業員は増えないのである。

そこで実弾作戦を実行した( ゚Д゚)イケー

実弾作戦その1

50名で毎日競争して、賞金を出す(・∀・)

ただ早い人はやはり早く毎日勝ってしまうので、2人1組でチームを組ませてチーム戦にする、またチームの能力を平均化させる。
毎日パートナーは取り替えて、できるだけ全員に賞金が渡るようにするように気をつける。

チームへの賞金は下記のように設定。 1人あたりはこの半額になる。

1位1,000バーツ 2位 800バーツ 3位 600バーツ 4位 400バーツ 5位 200バーツって具合にだ。


実弾作戦その2

50名の他にもこのラインをサポートしている作業員がいる、直接ものづくりをしている人もいれば、原料を運ぶだけの人もいるのだ。 この間接的に生産に関係している人が遅れれば、直接生産している人がいくらやる気を出しても生産はストップしてしまう。

よって、このライン全体として1日25,000個を超えた場合、順位とは関係なしに全員に一人あたり100バーツだすことを約束した。


結果 1日目から26,000個の生産高である(;゚∀゚)マジッ

まさに現金な奴らとはこいうことでしょうか?

日頃どれだけセーブして働いてるねん!って怒りたい衝動もありますが、ここは抑えてなんとかもっと力を出してもらって会社も作業員もWIN WINの関係にならなければなりません。

2日目は全体の達成ラインを27,000個に引き上げたが、新人も腕を上げてきており時間ギリギリに27,000個を達成した。

賞金総額は約9,000バーツだが、今までの約2倍のスピードで生産ができるということは、2~3万バーツくらい人件費が安くなった計算になる。

もともと設定していたスピードよりも早く生産しだしたのである。

商品は安く生産でき、何よりもこれで納品日前に生産が終了する目処がたった( ´∀`)ヨカッタ

やはり人間実弾が一番効果的である(・∀・)ゲンキン

しかしマイナス面もある

早く作るあまり品質が悪くなることも考えられる、対策としてはQCのチェックを強化して不良品はマイナスカウントするようにする必要がある。

もう一つは、今後賞金がでなくなったら、作業員のモチベーションが下がることである。

賞金を無くすときは残業を2時間にまで減らすことができたらと思っているが...

まー今まで出来ていたのが、お金がもらえないからスピードダウンするのもあからさまにできないでしょうけどね。

ずっとボーナスを出し続けても結果的にプラスだったらいいと思うんですよ

工場全体で予算達成ボーナスなんかも昔やったのですが、対象が大人数すぎてさぼっていてもボーナスをもらう奴がいて問題があるんですよね~、いろいろ難しいです。


日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もう、いちいち海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



 ↑           ↑            ↑
電子チラシを見て毎週200名様におこめ券・お買物エコバック当たる!



【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.12.11
タイで失敗しない就職方法 知っておかないといけない現実が海外就職にはある。

どこの国もあるのだが、駐在員と現地採用の差である(゚Д゚ )アラヤダ!!

駐在員とは、日本に本社があり会社から命令を受けて海外に赴任してきた方である。

現地採用は個人で海外に渡り、現地で面接を受けて現地の社員として就職している人である。


僕が知っている、タイ、シンガポール、ラオス、カンボジアあたりはこの駐在員と現地採用の待遇の差がかなりあるのだ。

スタンダードな駐在員(昔の僕の待遇や駐在員友達の待遇)とこれまたスタンダードな現地採用の待遇を比べてみましょう。

給料

駐在員 日本の給料はそのまま日本の銀行に振り込まれる。 そしてタイの生活費として4万~6万バーツ支給される。 ボーナスも同じで日本のボーナスは日本に振り込まれ、タイのボーナスは現地で支給されているお金から計算されて振り込まれる。よって日本の給料は一切に手をつけずに貯金することができる。

現地採用 給料は最低で5万バーツとされている。 ボーナスもここから計算して支給される。 もちろん日本の給料は無い。

住居 駐在員は会社から住居費を出してもらえる、大体2~3万バーツくらいまでのところが多い気がする。
現地採用は実費で住居代を払う。

海外保険 駐在員は会社が支払うが現地採用は自分でかけることになることが多い。

 駐在員は運転手つきの車を支給されるが、現地採用は支給されなかったり、共有のところが多い。

これだけ見ても、その差は格段です( ゚Д゚)チュウザイインガイイ

※これはあくまで、スタンダードを比べた場合です。 現地採用の中には駐在員より待遇の良い人もいます。



僕が9年前にタイで就職活動したときに、人材紹介会社の方がいった言葉を今でもはっきりと覚えています。

【駐在員は王様といわれている 我々現地採用は違うけれども、好きなタイで自由に暮らして生きましょうね】

なんかこの人材紹介会社の方の言葉、そのときは一瞬仲間意識が芽生えましたが、時間が経つとともに僕はこれは受け入れられない言葉になり、現地採用が駐在員を上の存在として認めている言葉だと思う。

そうなんです、現地採用の人の中には自分から駐在員を上に見ている人が多いんです。

更にはこんなことを言う人もいるんです。

現地採用「結婚するなら駐在員、現地採用なんて貧乏だから嫌」

えっ?それじゃーあんた、タイで働きたいわけじゃないんだ、駐在員だったらいつか帰国するよ。

現地採用「駐在員大嫌い、偉そうで現地採用を馬鹿にしている」

あー負けてると認めているからそんな言葉がでるんですよ、だから馬鹿にされるんです。

現地採用「駐在員なんかタイ語もできないし、偉そうに座っているだけ、夜は毎日カラオケばっかり」

タイ語話せるのと仕事できるの違うし、夜は何してても関係ないような...

なんかこんなの聞くのも嫌じゃないですか。


一方駐在員は

僕のタイの友達の多くが駐在員か会社経営者ですが、何人か現地採用の友達もいます。

極まれに駐在員の友達に現地採用の友達を紹介したことがあります、

駐在員「〇〇さんは現地採用なんですか? あまり現地採用の人とのみに行くことがないのですが、いくらぐらい給料もらっているんですか?」

現地採用「6万バーツくらいです」

駐在員「そんなんで生活できるんですか?」

現地採用「えー節約すれば、大丈夫ですよ」

駐在員「すごいタイにはまっているんですね~、毎日GOGOとか行くんですか?」

超失礼じゃない僕の駐在員の友達、僕の友達ですよ相手は...('A`)ヤメロヨ

駐在員は現地採用を下に見て、現地採用は駐在員を上に見ている、すでにこんな図になっているようです。

こんな世界に就職するんです、きっと現地採用で働いていくなかで、嫌な気分になることが何回かあると思います、それが早期に帰国する一つの原因になっていることは確かでしょう。

一方駐在員の人は、ほとんどの方が駐在期間が終わっても帰りたがらない、駐在員は王様とまでは言いすぎですが、さぞ楽しかったのでしょうね。

それでもいいと頭では考えて現地採用として就職するのと、実際に働いてみると違います

次回 タイで気持ちよく働ける方法

日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もう、いちいち海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



無料で英語を身につけよう。ネイティブ音声付きメルマガ!



【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.12.15
僕ははじめタイで働くためには、現地採用で働くのが当然だと思っていた(;´Д`)ショガナイッショ

ですので、駐在員と差がある待遇も仕方ないと思っていたし、実際そこまで深く考えていなかった。

でも面接をしてもらったりしているうちに、駐在員と現地採用は大きな違いがあることを感じた、これは待遇がうんぬんというよりも、もっと根本的なものが違う、お互いの存在の間に壁があるというか、人間として違う存在に見ている、例えるならば某国の白人と黒人のような差別さえ感じた。
※お互いにね。

9年前、僕はある大手企業のの現地採用として内定をもらった、そこには駐在員が数人いてそのアシスタント的役割で現地採用を雇うという、僕はこの会社に入ってもどんだけ頑張っても駐在員と同じ待遇になることはないと感じた、だから選んだのは日本だと名前も聞いたこともない小さな会社である。
そこでは面接時に、3ヵ月の試用期間が終わり結果を出した時点で駐在員待遇にしてもらうという条件であった

日本採用になるならば、大手の方がいいに決まっているが現地採用ならば可能性があるほうがいい、またタイで生活するのに日本で大手だとかあまり関係ない、駐在員の待遇かそうでないかの方が大きな問題だ

そして僕は試用期間が終わってすぐに駐在員になったのであるが、僕以外の現地採用の人で駐在員になった人はその後いない。

だから僕以外の現地採用の人は、現地の給料3万5千バーツ~4万バーツくらいだけで働いていた。
※当時は最低給料の設定はなかった。

僕は下から這い上がった人間なので、現地採用と駐在員の給料の差を感じていたが、他の駐在員は何も感じていなかった。

例えばこんなことも不自然に感じていた

新卒の駐在員がタイにやってきた場合は、現地採用の先輩の部下として働くのだ、

しかしだ、実際はこの新卒の駐在員は現地採用の人の2~3倍の給料をもらっているのである。


どんな気持ちだろう?

その駐在員が出来る人ならまだいいが、新卒だと何もできない、よって現地採用の人から色々学ばなければならないのだ。

僕は実力主義ならば、これはおかしいと社長に言ったことがある( ゚Д゚)モノモウス

その答えは

「それは駐在員だから給料が上に決まっている」ということだった。

僕はその新卒駐在員に言ってやったことある( ゚Д゚)キミニモモノモウス

「〇〇さんはあなたの給料の半分以下で働いているけど、あんたの今の働きはその〇〇さんの給料でも多いくらいだよ、もっとがんばらにゃいかんのだよ」

そしてその反応は

「もし〇〇さんの給料だったら、日本へ帰ります」( ゚д゚)、ペッ


この会社は比較的駐在員と現地採用の問題は少なかったと思いますが、それでもこんな感じです、他の会社だともっと大変だと思います。


僕はこの会社を辞めて、再びタイに来るときに気持ちよくタイで働く方法は2つだと思った。

それは(・∀・)つ

駐在員としてタイで働く

会社内に駐在員がいないところで働く

※自分の納得できる待遇でね。

この二つです。

そして今、タイ企業で働いています。 

日本人は数人いますが、当たり前ですが皆現地採用です。

とても居心地がいいです(・∀・)イイ!!


記事の最後におまけが!

日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

海外旅行の度に、海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



ダイレクト入金、銀行振込み手数料無料「みんなのFX」




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】



おまけ

僕が2度目の就職活動した日記はここから(・∀・)

【目指すは駐在員待遇!】
2010.12.19
以前からよくメールでタイで働くにはどうすればよいか?ってよくいただきますが、最近ちょっと違う内容のメールを多くいただきます。

新卒でタイで働きたいのですが、大丈夫でしょうか?




 
先ず僕の経験からですが、僕は日本で働いていた頃は、ある業界で2位~3位の企業で3年間、商品開発をしていました。
決して一位にはなれない企業でしたが...

その後で海外で働くことにしました。 
3年間だけ日本で修行するつもりだったので、3年たった時点で迷わず辞めました( ゚д゚)キッパリ

さらに大学を卒業してから、ある国家試験を受けてある資格を取っていました。 この資格があると就職活動をしなくてもある仕事にはすぐに就ける傾向にあります。


そして僕がタイに来たのが26歳の時

何を考えていたかというと、タイで仕事をして失敗しても3年のうちに帰れば29歳、日本の職歴もあり、資格ももっている、再就職は必ずできると確信していました(・ー・)イケル

実際、2年後に一度日本へ帰国したときも、大手上場企業に開発職として採用され働くことが出来ました。

結構計算していたんですよ、これでも(・∀・)

もし、僕が日本での職歴がなかったら?

資格を持っていなかったら?

もっと歳をとっていたら?


これほど容易に日本に帰ってやり直しがきかなかったと思います


新卒でタイに来るということは、かなりのリスクがあると思います。

それは、日本に帰ったときに再就職がしにくいということ。

ただこれはもし失敗したらという保険のようなものですよね、そう成功すればいいのですが、

新卒だとそれも相当難しいと思います。

日本で働くということは

・日本人の仕事のスタイルを覚える
・日本人の社会マナーを覚える
・日本の技術を覚える
・日本で働いていたという経歴を得ることができる。



これらをもってタイで管理職として、タイ人に仕事を教える立場として活躍できるのです。

だからタイのワークパミットの規定にも、日本での職歴が3年以上あり、タイ国が認めた職種に就いていることとあるわけです。


駐在員でも新卒をタイに送り出す会社はまずありえません、(コラートの会社はしていましたが。。。)
やはり日本で経験を積んでやってくることが、長くタイで仕事ができることだと思います。

それでもやっぱり海外で働きたい! 3年も待てない!って方へ

次回 新卒で海外で働くを書きたいと思います。

日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もう、いちいち海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



無料で英語を身につけよう。ネイティブ音声付きメルマガ!


バンコクのホテルを直前価格で28日以内の間際予約【RatesToGo】




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.12.24
新卒で仕事が最初からできる人なんて先ずいません、僕も自分ではできていたと思っていましたが、振り返ると自分で仕事ができるようになっていたのは、2年くらいはかかっていたと思います。

新人の間は、失敗しても恥ずかしくありませんし、皆さんいろんなことを教えてくれます

もし新人時代をタイで過ごしていたら、日本にいたら学べたことがほとんど学べないです。

タイスタイルの仕事方法しかしらない日本人になります(;´Д`)マイペンライ?


僕の普段の仕事のスタイルはタイスタイルですが、日本のスタイルを知っていますし、場合によっては変えることができます。 しかしタイで育った人は残念ながらそれができないでしょう。

新人時代は誰にでもあるもの、その時代はより多くのことを学べる環境にいることがいいと思います

そんなこといっても早く海外に行きたい! 日本に未来はない!って人

なぜタイなんですか?

日本に未来はなくて、タイにきて未来はあるのでしょうか?

もっとランクの上の人は、日本で学ぶことはないから海外ということならば、先進国に行くはずです。
タイのような発展途上国は職歴がない人が来るところではなく、経験豊かな人がタイに技術を教えにくるのです。

新卒でタイで現地採用として働くのと、新卒でアメリカで働くのとでは、レベルが違いすぎます。
※企業で働くということです。

必要とされる能力もそうですが、就職へのハードルの高さが何倍も違うのではないでしょうか?

だから容易なタイに来るというのであれば、その時点で駄目なような気がします。

日本で働くのも嫌、かといって先進国では働ける実力がない、まさに僕の新卒時代の状況です('A`)

でもなんとか日本で3年働き、なんとか発展途上国ならば教えることができる技術を身につけました。



一方、僕の同級生でアメリカの大学院を卒業してそのまま現地で働いている人がいますが、僕とは出来が違います。

どれくらい違うかというと、日本のインスタントラーメンとタイのMAMAくらい違います。

もちろん僕がMAMAです..._| ̄|○デモヤスイヨ

結論

新卒で海外で働きたい!っていうならば先進国に行くことがいいのではないでしょうか?
きっと実力もつくと思います。

もしそのハードルが越えられないならば、それは我慢して日本で経験を積んで僕のように発展途上国を就職場所に選べばハードルも下がります。



ちなみに僕の知り合いでも新卒でタイに来た方は何人も知っていますが、成功している人はただの一人もいません。 
※この場合、成功とは日本で働いているよりも、高い報酬をもらっていることで言わさせていただきます。

3年は長いかもしれませんが、貴重な新人時代は二度とありません! 


日本でカードを作るなら楽天カードがお勧めです、年会費は永久に無料で海外旅行保険が付いてくる!

もう、いちいち海外旅行保険をかける必要なしです。
↓       ↓       ↓




【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



無料で英語を身につけよう。ネイティブ音声付きメルマガ!



【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.12.28
【追記 2010年 12月 30日】

今年最後の記事を【タイを活きる】にアップしました。

どうぞ来年も宜しくお願いします。




僕の知り合いで、タイ企業の社長をされている日本人フミさんという人がいます。

フミさんの会社の現地採用の日本人の話

その現地採用はタイで何年か現地採用として転々と仕事を変えて暮らしてきた人でNさんという。

Nさんは営業職で採用されました。

Nさんは仕事はそれほど出来るわけではないが、誠実な感じのイメージがあったという。
だから、仕事ができるかとうか分からない現地採用を採るのだから、第一印象がいいNさんがいいと思ったらしい。

しかし後で分かるのだが、Nさんには表の顔と裏の顔があったのだ(;゚∀゚)


3ヵ月の試用期間をパスしたNさんは、時々一人で外に営業にいくようになっていたという。

なので直行直帰の日も時々あったようだ、Nさんならばしっかり自分をコントロールできるという信頼からフミさんもそれを許可していたと言っていた。


そしてNさんも、フミさんの会社でやっていけるかなって時期に事件は起こった


Nさんが交通事故にあったのだ

フミさんも急いで病院に駆けつけ事情を聞くと、Nさんは平日の夜中の2時くらいにバイクを運転して結構スピードを出して、横転したと説明を受けた。

しかも不味いことに、かなりのアルコールを飲んでいたらしい

普段のNさんからは想像できないことであった、次の日仕事でやっと慣れてきたというレベルで、夜中の2時まで酒を飲むNさん、次の日は県外に営業で朝の5時おきの予定だっというから驚きだ。

症状は重症で生きていたのが奇跡的であったという。 しかしもう2度と普通の仕事には就けない後遺症を負ったという。 

僕の会社もそうだが、バイクには管理職以上は乗らないように規則がある。 
それだけバンコクでのバイクの運転は危険だということです。 フミさんの会社も、日本人はバイクに乗ることは禁止されていて、Nさんもそのことは承知していたようです。

さらに悪いことにNさんは、海外旅行保険も入っておらず、会社の社会保険しかなかった。
飲酒運転なので、海外保険もおりないのですけどね。
もちろん社会保険も飲酒運転だと、本当は使えないのですがタイ企業の強いところでなんとか使えるようにしたようです。
※警察にお金を払って、飲酒運転だということをもみ消したという。

せっかく、フミさんの会社でこれからというときに、Nさんは次の日仕事だというのに、夜中の2時まで酒を飲み禁止されているバイクに乗っていた、日本人としては信じられない行動である。

そんな軽率な行動が、一生を棒に振るような結果となってしまった('A`)


Nさんは療養のため日本へ一時帰国したらしいが、またすぐにタイに来てふらふらしているという。
再就職したくても、いわゆる障害者となってしまったためおそらくできないと思われる。
※フミさんは会社に戻ってきてもいいよと思っていたらしいですが、Nさんのご両親が日本に帰国させたいと希望したらしい。

タイに来ても、社会人としての一線は越えてはいけないと思わされる話でした。


外国での病院の治療費はとても高く、Nさんの治療費は数百万円かかったという、フミさんの会社はとてもいい会社で、仕事外の事故、しかも飲酒運転だというのに、社会保険ではカバーできない部分を全額会社で支払ってあげたようです。
もし、会社が支払わなかったらおそらく死亡していたと思われます、金がない外国人の治療をする病院はないということでしょうね。
※脳の手術だと数千万円かかるということです。


そんなことにならないように、海外旅行の際には海外旅行保険をかけることをお勧めします(・∀・)つ

1ヵ月以内の旅行ならば、無料で海外保険に入ることができる海外旅行保険付き楽天カードは年会費は永久に無料です。 とりあえず作っておいて損はしないですよ。
↓    ↓    ↓



【他の海外保険付きカードのご紹介はこちら】



ダイレクト入金、銀行振込み手数料無料「みんなのFX」




タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ