微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2010.08.05
前回の記事では接待は必要という感じで書きましたが、やはり今でも嫌だなと思う接待もあるのも本音です。

僕は仕事を円滑にする手段の一つとして、接待(夕食やゴルフ)をしますが、基本的に自ら進んでします

正直、この人とは夕食行っても面白くないな~(;´Д`)と思ったらなかなか自分からはお誘いできません。

その分、仕事で120%の対応をしてなんとか商売を続けているところもありますが、やはり年に1回、2回は接待的な食事をしますね。

今、なんで年の離れた人や、趣味や考え方が違う人食事などに行けるのか?


一つは、誰からも強制されていないからです。

もう一つは、自分が行かなければ誰も行かないので、自分しかできない仕事の一つと位置づけています。


仕事以外から考えると

仕事とは関係なくても、面白い話が聞けるかもしれません。

外国で生活するのですから、日本人の知り合い、友達って頼りになるかもしれません。

行ってみれば、酒も入ってきて案外楽しかったりします(・∀・)

最初は、あんな堅苦しい方と数時間も2人でいるのって嫌だな~と思っていても、いざ打ち解けてくると楽しい方だったりすることもあります。

それでも、本当に嫌な思いをしたりすることもありますけどね。でも稀です。

ただ意味のない接待は、今でも嫌いですね( ゚д゚)、ペッ

例えば、社内接待、上司と部下のコミュニケーションが深まって仕事が円滑にとも言われますが、一定の配慮がないと、逆に溝が深まる気がします。

今日も付き合わされたよ~('A`)

強制だよ~('A`)って部下が思い始めたらそれはアウトです。


僕のBOSSは、先ず僕を夕食に誘いません。

昼食を一緒にすることは、時々ありますが、わざわざ夕食に行こうとは言いません。

しかし、それでコミュニケーションがないのかといえば、NOです。

たまに僕の会社に来られたら、用件が終わっても、ずっと会議室で雑談をしています。

僕が本社に会議にいっても、会議終了後ずっと僕と雑談しています。

時間にすると2~3時間くらいですね。

その間は仕事の話はほとんどしないです、

株の話であったり、タイの農作物の話、赤シャツの話、日本の政治家の話、

僕が買ったコンドミニアムの話、バンコクでおいしい日本料理屋の話


ほんと友達みたいです、僕からもいっぱい知りたいことが聞けますし、BOSSも楽しそうです( ´∀`)

こんな時間は本当に大切だと思います。

要は接待といっても、関係を良好にする維持するためですから、どちらかが本当に嫌だったらしないほうがいいのかもしれませんね。

こんな記事を書いていたら、ちょっと遠のいているお客さんにメールをしようと思いました。

なので今月は、接待(?)が多くなりそうです(・∀・)


【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

スポンサーサイト
2010.08.09
最近とても残念な決断をした( ゚д゚)  

何をかというと、タイは学歴社会であるがそれを受け入れることにしたのだ

話せば長くなるのだが、ブログで記事として残したいので数回に分けて書いていきたいと思う。


僕の両親は高卒である、戦中の生まれの2人だから生きていくためには早くから働くほうが良かったらしい、もちろん大学にいく余裕は家になかったので行きたくても行けなかったらしい。

それでも、親父は小さいが会社をつくり、3人の子供を大学までだしたのだから尊敬と感謝である(´Д⊂ヽアリガト

要は学歴がなくても、その時代はやる気があればなんとかなったのだということなのかもしれない。

一方の僕は、そんな両親のおかげで裕福な家庭で育てられ、大学に行くことが当たり前、そのために小学校から塾などに行かせてもらっていた。 

それなのに、何回か僕は両親に「大学には行かずに働きたい!」なんていったことがある。
いわゆる反抗期ですね。 それでも今の日本で大学に行かないということは、就職で不利になると思い大学だけは卒業することにした。 
それも一応大学って感じのレベルですね、小学生時代からお金をかけてもらっていた結果としては、不満でしょうね。

そう両親は大学に行きたくてもいけなかった、僕は行けるのになんとなく行くことにした。

若い時の親父がこの結果を見たら、殴りたくなったでしょうね。

ですから、行きたくても大学に行けなかった人の中には、大学に行っている人よりも能力ややる気が高い人がいると思うのです。

経済的に行けるのに、行かなかった、行けなかった人はまた別だと思いますが。



そんな思いもともとあって、タイに来て感じたのが、

大学に行きたいけれども、家庭の経済状況がそれを許さずにいけない人が多いことです。

またタイでは、学歴の差は大きく就職や給料、結婚相手にまで影響してきます

大学を出ていないと、月給で仕事を見つけることは困難で、基本的に不安定な日給となります。

ちなみにバンコクの日給の賃金は205バーツです、これは政府が最低賃金を上げない限り会社としては上げないでしょう。 

月給の賃金は理系で12,000バーツ 文系8,000バーツくらいです。 こちらは毎年4~6%くらい昇給します。

また日給は休日、有給、ボーナス、福利厚生など月給にくらべてかなり悪いです。

そして、ポジションが上がって部下をもつようになるようなこともあまりないでしょう。

自分が親ならば、絶対に大学はだしてあげたいと思うでしょう。

ですから、最近では必死で働いて子供を大学にださせるタイ人も多いです。

こんなタイの社会を、一部の裕福層のタイ人、外国人は積極的に改善しようとはしません( ゚д゚)ダメ

平等にしないのです、なぜならば

自分達が雇う労働力が安く雇えなくなり、贅沢できないからです( ´д)ヒソ

僕はそんな社会では頑張った人が幸せになれない、一生貧乏のままだと思い、自分の会社だけは変えようと思った。

次回につづく


【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.08.13
僕が今の会社に入ってからは、ずっとこのようにBOSSに主張していた

低学歴のタイ人の中にも、優秀な方もいます、勤勉な方も多いです(;゚∀゚)

一方、大学を出たからといって、能力が必ずしも高いとは言えません(;゚∀゚)


実際に、SPIのようなテストを小学卒、中学卒、高校卒にやってもらったら優秀な人は、大卒よりもスコアが高い人もいた。

大卒では入社試験の際にこのSPIを70%以上とらないといけないいのですが、半数くらいの方がとれません、しかし低学歴の中の方では70%をとる人もいますし、中には100%正解の人もいました。
もちろん出現率はかなり低いです。

こういった結果を提出したり、本社の人事に何度も交渉して、僕の会社では独自の給料システムをとることができた_| ̄|○オネガイ

どういったことかといえば、簡単に説明すると

小学卒の給料は205バーツ/日でスタートするが、優秀だと判断されれば昇級テストを受けてパスしたら、給料があがる、また月給へすることもあるということです。

実際、数年で高校卒のスタッフが、大学卒の給料を上回るという例もありましたヽ(゚∀゚)ノワーイ

昇給には、上司の好き嫌いなどがあってはいけないので、推薦枠、自薦枠をつくったり、テストだけでなく、面接もすることにして、面接者は各部署からでるというようにしました。

それから僕の会社では、大学は出ていないが月給で働くスタッフが増えてきました。

実際こいったほうが、会社としても得なんです。

なぜなら、高卒の子と大卒の子が能力が同じだった場合、高卒の子を月給にしたところで、まだ人件費が安いわけです、しかし高卒の子は月給になったことによってモチベーションが上がり、一生懸命働いてくれます。

またそれを聞いた、優秀ではあるが他では評価されなかった人が集まってくれるかもしれません。


こうやって、少数精鋭になってくると人件費が浮きます、それを会社にものにするだけではなく、皆に分配することによって、他の会社に比べて待遇の良い会社になります。

仕事は大変かもしれませんが、待遇は良い、また実際にスキルが身につく、そんな会社を目指しました( ゚Д゚)

実際そうでした、月給にかわったスタッフは一生懸命でした、またはじめ懸念していた大学卒とのスタッフとの関係ですが、大卒はさらに頑張ってその上を目指そうという感じでした。

僕自身もそんなスタッフを見て、得意でした( ´_ゝ`)


他のグループ会社でも採用しようとするところも出てきました。

しかし、最近様子が変わってきました。

次回に続く

【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.08.17
ここ1年くらい、昇級のテストが実施されていなかったのです

担当のスタッフに聞くと、日給の人は昇級すると責任が重くなり、昇級したがらない。

ポジションがあがれば、給料があがる。 

その代わり、責任や仕事の質が変わってくるというのは当たり前のことだ。


誰でも、何もかわらずに給料があがるのならば、手放しに喜ぶだろう<丶`∀´>

実際に、月給になったスタッフを見て、その下で働いている人があんな風になりたいと思わなかったということだ。

確かに、普通の日給ワーカーならば気楽だし、会議なんかに出席することもない、しかしスタッフとして人を管理する立場になればそれは別だ、部下の管理はもちろん、上からもいろいろと指示がきたり、時には怒られることもあるだろう。

なりたいものがいなくなった経緯にはもう一つあった、当初このシステムを導入した時には作業員に、この制度についての講習会を開いた。 

給料、休み、ボーナス、福利厚生などの違いを説明して将来のために頑張って昇級テストをパスしてもらおうとしようとしたのだ。

しかし、実際に月給になったスタッフやその上司にあたる大卒のスタッフは、そんな良いところの説明を一切していないことが分かった、作業員の中には待遇は同じだと思っていたものもいたぐらいだ。

なので、あんなしんどいポジションにはなりたくないと思われていたのだ。

その件に関して、上司にあたるスタッフを呼んで会議を開いた。

結果、一部のスタッフからは、月給になりたい人なんていません!なんていう奴までいた。

では、日給から月給になったスタッフを全員、日給に戻してもいいのか? その代わり、仕事も日給のスタッフと同じ内容にするのか? ということになる。

しかし、実際に月給になったスタッフはそんなことは望んでいない、ただ彼女達は日給の作業員には、月給になったことでしんどくなったことばかりを、部下や友達に話していることも調査で分かった。

とても残念だった('A`)

僕は彼女達には、「実際に月給になって待遇が良くなった、責任も重大になり大変だけども、やりがいは感じる」くらいの話を部下や友達にしてほしかった。

しかし、それは僕のエゴでしかなかったのかもしれません。

今年は工場を増築しているため、スタッフの増員をしなくてはならない。 そこで、今までずっと頑張ってくれている日給スタッフにチャンスをあげたかったのだがなりたい人がいなければ話にならない。

ここでまた1からみんなに説明してもいいのだが、数年たてばまた同じ結果になると思った。

はたしてタイ人にはどんな感情がはたらいているのかは分からない

ひょっとしたら、タイ人には僕が考えるより学歴社会の考えが強く、低学歴の人に本当はチャンスなんかあげたくないのか? また実際に月給になったスタッフも、自分だけよければ他の人の将来なんてどうでもいいのか?

日給の人は本当にサバーイ、サバーイで将来なんてどうでもいい、今が楽しければなのか? 

考えることはいっぱいあります、しかしなんかもう疲れたというのが本音です

学歴通りにポジションを与えたほうがらくです。 

なんか長年教えてきたことが理解されていなかったこと

皆にチャンスを上げたかったのが、それはエゴたったのかと思わされたこと

僕は皆に言いました

「ではこの制度はやめましょう、そして日給に戻りたい人がいるならば戻しましょう、これから大卒を大量採用して新しい組織をつくります」

このことによって、人件費があがり普通のスタッフの昇給も他のグループ会社と同じになってしまうことも説明した。 

こう決めたのだがその後も、本当に頑張りたい人もいるんじゃないか?と思ったら残念でしかたがないです

タイに来て9年、なんか初めて挫折感でいっぱいになりました_| ̄|○

しかし、考えをあらため本来の目標、事業を成功させることは絶対に挫折しないと改めて誓いました。


【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.08.21
僕はコラート時代にタイ人の部下との恋愛はタブーだと、上司に教わりました。

それには理由があって、昔日本人駐在員とタイ人スタッフが付き合っていて、子供が出来ちゃったらしい。
普通は責任をとるなどするのが当たり前なのだが、その駐在員は責任を取らずにその彼女を捨てちゃった。

怒ったのはタイ人スタッフ、会社に乗り込んできて大問題になったという、結局お金でなんとかしたらしいが...

そんな話も聞いていたのもあり、タイで働きだして9年、部下には一度も手を出していません!(゚д゚)

当たり前か...(;´Д`)

個人的には本当に責任を取るならばいいと思いますよ、部下との恋愛。

じゃーなぜ一度もそんな気分にならなかったのか?

26歳でタイに来て、28歳から工場ではトップで働いている僕にとって、そんな余裕はありませんでした、多くのスタッフが同い年か年上だった当初、少しでも偉く見えるように背伸びしていました。
もし少しでもへんな噂がたったら、僕の指示を聞かなくなることもあると思って、しっかりした人間に振舞っていました。

また自身も若かったので、社内でわざわざ見つけなくても外で出会いはありました。

しかし、現在35歳、状況は変わってきました

僕の会社で、月給のスタッフの中で僕より年上のスタッフは1名だけ、他は皆年下です。

今年新卒で入ってきたスタッフは23歳、一回りも下です...(;´Д`)ハァハァ

そしてこないだ、今まで僕の秘書だった子は出世して事務のトップになり、新卒の子が新しい秘書になりました。

僕の秘書初の理系出身です( ゚Д゚) はじめは生産で採用したのですが、秘書を新しく採用するときに人事から薦められたので秘書にしました。

この子がね、かわいいんです(ノ´∀`*)

頭も良いんです。

そして気が利く

気を抜くと、ずっと見つめちゃいます(´∀`)

かわいい~(*´∀`)

怖いですね、おやじになるということは。

危ないですね、権力を持っているということは。


いけないです、自制心です(;゚∀゚) 

コラート時代から、僕に着いて来ているスタッフが今もいます。

僕と出合った頃は25歳くらいでした。

今では34歳? です。

時の流れは速いものですね(-_-)

おやじになってきてるのを感じる、今日この頃です。


【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.08.25
日本人の中には、タイ人はいい加減で、責任感がなく、何をするにもレベルが低いと思われている方がいるのではないでしょうか?

だからタイ人の給料は日本人より少ないのだと平気で言う人もいます。

もし、そう思ってタイで働いているのならば、きっとタイでは本当の意味での成功はしないでしょう。

ではタイ人は日本人と同じように仕事ができるのでしょうか?

それはNOでしょう( ゚Д゚)イヤイヤ

なぜならば、タイ人と日本人はそもそも違う人種です、言葉や教育など文化が違います、文化が違えば感性も違います、そんなんで同じように働けというほうが、無理な話です。

日本人がアメリカ人と同じように働けるか?ってことと同じではないでしょうか? 
僕はアメリカ人のお客さんがいますが、結構適当で公私混同したビジネスをされます。もちろん人それぞれだとは思いますが、日本人と仕事をするのとはまた違った大変さがあります。

話をもどすと、タイ人と日本人は違うんです。 だから日本人と同じことを求めること自体が難しいのです。

それでもビジネスだから、なんとかしなければいけません。

タイで働く日本人の多くが、日本人相手のビジネスをしていると思います。

日本人がお客さんだと、取引先に日本人がいると知ると日本品質、日本のサービスを求めてくるのが自然です、だから少し高くても日本人が常駐するところと商売をします。

しかし、実際は対応しているのは日本人ですが、実務をしているのがタイ人だということがほとんどです。

僕の工場なんてまさにそうです、僕は実務なんて一切ありません。 

今では書類から製品まですべてタイ人ができるようにしました。 仮に僕がいなくても今の商品はしばらくは流れ続けるでしょう。 

そんな僕のお客さんも、僕がいるから日本の品質、サービスを求めてきます(゚д゚)チョウダイ

日本の品質の製品を作る、サービスをする、これをタイ人にやってもらうのですが、先に言ったとおり、タイ人と日本人は違います、日本のサービスなんて受けたことがありません、日本で販売されている商品を買ったことがありません、そんな方に

「こら~なんで、できひんのじゃい!」( ゚Д゚)ヴォケ!!って言っても無理な話ですよ。

ではどうやればいいのでしょう?

僕の考えは、タイ人の性格(働き方)を良く分かった上で、日本品質の商品、サービスが提供できるシステムを作っていくことだと思います。

システムを作るのが僕の仕事です(・∀・)

次回 タイ人の性格


【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

2010.08.29
日本で働いていた頃の会社は8時30分始業 17時30終業でしたが、17時30分に帰宅したのは覚えている限りでは初日と退職日くらいしかありません。基本19時が定時でそれまでに帰ると、

「すみません、ちょっと用事があるのでお先に失礼します」(;´Д`)て言わないと、あとで陰口を叩かれるような会社だった。 

結果、みんなダラダラと仕事をしていた、休憩室で30分くらい話している人もいたし、開発の先輩も必要のない実験をしたりして時間をつぶしていた。

僕はそんな時間があるならば、どんどん仕事を終わらせて新しい仕事をどんどんもらうようにしていたが、最後は仕事がなくなってラベル貼りなんかを手伝わされるようになったので、それ以来自分の仕事しかしないようになった。

もちろん、僕は残業代なんて出ませんよ、残業代がでる部署(事務系)は逆に時間に厳しく早く帰るように言われていた気がします。 

サービス残業、日本のサラリーマンの文化ではないでしょうか?(-_-)

そんな文化が当たり前だと思って、タイ人と仕事をすると大変なことになります。

タイ人は基本的にサービス残業なんてしません、定時になったら5分以内に帰ります。

なぜなら残業代がでないからです、単純です 
残業代がでる生産なんかの部署は、4時間でも6時間でも残業しているのがその証拠でしょう。

仕事が終わっていないのに、タイ人は黙って帰るってボヤく日本人がいますが、

ちゃんと残業代払っていますか?

残業代を払わないならば、時間内までに終わるように人の配置や段取りをしてあげていますか?

どうしても終わらない場合は、しっかりと説明してお願いしていますか?


8時間分の給料しかもらっていないんだ、帰ってなぜ悪い!(゚Д゚)

タイ人と働き出して思いました、当たり前ですね。

僕の会社は残業代は30分おきに必ず出しています、残業代は基本給時給の1.5倍、休日出勤は2倍の給料、休日出勤の残業代は3倍になります。 

なので時間内はしっかりと働いてくれます、そして17時なったら仕事が終わっている人間はすぐに帰ります、僕も17時でほとんど帰ります。 
どうしても残業が必要な場合も、残業をちゃんと出すから遠慮なく言えます。
たまに、遠慮するタイ人がいて残業代を請求してこない子もいますが、人事に言って書かすようにしています。

サービス残業をさせて、儲けようなどと姑息なことはしません( ・∀・)セコ

日本人は取引先にもサービス残業をさせようとします


こないだ、日本人にアポを取りました。

日本人「じゃー18時にオフィスに来てくれる」( ゚Д゚)ナニカ?

あの~それ時間外なんですけど...

行きますよ、だって僕の立場ですからね。

でもこれ普通嫌でしょ?  タイ人ならそんな時間絶対指定しないし...

この日本人、感覚が日本のわがまま野郎ですね。

僕がタイ人だったら、絶対に行きません!( ゚д゚)、ペッ

タイの常識

サービス残業はしない!( ゚д゚)キッパリ




【タイに移住されたら現地の保険をかけるとお得です、タイでシェアNo.1 AIAタイランド】

タオの公式タイ関係サイト【タイ情報局 サワディータイランド】 タイの求人情報あり
※Powered By【格安ホームページ】
 ↑   ↑   ↑
ホームページを作ってほしい人必見、49,000円ポッキリ(・∀・)イイ!!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング


ポチッとが終わったらタオ裏ブログ→【タイ移住情報 タイを活きる】

プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ