微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2009.05.04
僕は目標とするKPIをいくつか考えていた、しかしそれはKPIの本来の目的を脱するものであった。

総務部長は、KPIの本来の定義を理解していないし、さらには僕らの会社とは全く畑違いの人間である、しかし今回のKPIが来年のボーナスや昇給に少なからず影響するというのである。

本来のKPIとは、あらゆる分野の数値化しにくいものも含めてのビジネスの状況を表すものであって、ボーナスや昇給を決めるものではないはずである。

こんな馬鹿なシステムに、本気で目標を掲げていくほうが馬鹿である(;´Д`)

だから僕は誰でもわかる目標であること、尚且つ絶対に達成できるKPIを考えていた

その考えがまとまって、他の責任者のKPIを聞いていた。

○○工場長

生産歩留まり 98%
クレーム件数 8件以内
ワーカー離職率 80%以内


○○工場長

同じです( ゚Д゚)


えっ同じなんだ...(;´Д`)

○○会社 K 社長

クレーム件数 10件以内
新規顧客    5件


他の社長「今年はすでに6件のクレームですが、10件だと難しいんじゃない?」

K社長「じゃー12件にします」( ゚д゚)

えっ変更しちゃうんだ...(;゚∀゚)


やばい、真剣に考えたほうが馬鹿だと思ってはいたが、ここまで程度が低いとは...


こんな発表が続く中

経理部長が、なにやらエキサイトして話している...

要は、経理のKPIが決算の日数を目標にしているのだが、みんなからのレポートが遅いから、目標を達成できないと言っているようだ...

ある工場長が言う「じゃーもっと目標日数を増やせばいいんじゃないの?」

経理部長「それじゃー社長が怒るんですよ!遅いってね」( ゚д゚)キィーーー

話を聞いていると、掲げている目標日数に無理があるような気がする、ある会社の決算では可能だが、全部の会社が可能だとは思わない、僕の会社も無理だろう、とそう思っていたら。

経理部長「特に、タオさんのところはいつもギリギリです」( ゚д゚)ハイソコ!

えーはい、まーここは、すみませんかな?

すでにKPIの話から脱線している...

こんな発言を聞いている間に、僕のテンションは下がっていった...

眠い...(´Д⊂

そしてタオの番がやってきた


タオ「生産歩留まり 95%以上、クレーム10件以内、新規顧客5件」(-_-)


※これは僕がもともと考えていたものとは程遠いほど、達成が容易なものである。


タオ「ところで、これが達成されているかどうかは誰がチェックするんですか?」


総務部長「タオさんが、自分の部下で一人選んでください、その人から毎月報告書をだしてもらいます」

はい、絶対に達成できます。 たぶん、全員が..._| ̄|○

どんなに良いシステムを取り入れても、使い方が間違っていると意味がないということです

こうして、来年のボーナスや昇給は守られたのでした...

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


スポンサーサイト
2009.05.08
以前 【ある人材紹介会社】という記事を書いたのだが、この人材会社のセールスがエスカレートしている。

僕の携帯電話だけでなく、会社の電話にも何回もかかってきている。

タイ人スタッフが受けて、僕につなげるのだが...

タオ「どなたから?」

タイ人スタッフ「○△☆◇といっています?」(;´Д`)

タオ「どこそれ?日本人? タイ語話せないの?」('A`)ダレ?

タイ人スタッフ「タイ語話していますが、よく聞き取れません」(;´Д`)

そして丁寧に電話を出たら、その紹介会社である( ゚Д゚)ハァ?

おいおいあんたたち、人を査定するような仕事をしているなら、タイ語くらい勉強しろ!( ゚д゚)ボケ!

こんな感じの電話が、数回あった。

それでも、僕はお客さんだったらいけないので、どこからかわからない電話には出るようにしている。

こないだも、会議中に電話があった。

電話をとると、その人材紹介会社だった。

タオ「人材は間に合っています」( ゚д゚)、ペッ

速攻言ってやった。

担当は女性だったのですが、たぶん上司から言われているだけなのだろうが、しっかりと丁寧な言葉で礼をいって切られた。

さらに違う日に、夜の18時頃にも、50歳くらいの声の男のスタッフから携帯に電話がかかってきた。

そのとき、僕はかなりシリアスな話をお客さんとしていたのですが、本当に怒鳴ってやろうかと思いました。 お客さんの手前丁寧に説明しましたが...

でもね、社内会議とかないの?

手当たり次第、電話かけても仕方ないでしょう?

必要な時は全く連絡がなく、一転不況になるとしつこく電話攻撃してくる。

他に違う手があると思いますよ。

今では僕の会社では

 【 ○-LINK 】 と名乗る電話がかかってきた場合は、タオは外出していることになっています。

こうやって、この会社は顧客を失ったわけですが、登録している求職者は悪くないんですよね~


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2009.05.12
ある日の昼の休みの話

僕は昼食を工場のキャンティーンか、ハイパーマートに行くか、工場から10分くらい行ったところのタイ食堂でたべる。 

その日は、無性にカオマンガイが食べたくなったので、近くのタイ食堂にいくことにした。

ここのカオマンガイはなかなかうまい!(・∀・)イイ!!

満腹になり工場に帰る、この辺りはほとんど信号もない道で、カーブが多いのでゆっくりと運転していた。

あと工場まで500メートル付近で、向こうからバイクが対向車線からはみ出して2台競争しながらこちらに向かってくるのが見えた。


僕の車との距離は80mくらいだ


僕は時速40Km程度で、バイクは80Kmくらい出ていたと思う

それでも十分によける距離はあったのだが、バイクは競争に夢中でこちらに気づいていない( ゚Д゚)

だから僕は急ブレーキを踏んで、左側に停車した

その1秒後に、2台のバイクのうち前を走っていたバイクはギリギリでよけたのだが、後ろから追ってきていたバイクには僕の車は全く見えておらず、そのまま正面からぶつかってきた


僕の車は完全に停車しているわけです、そこを対向車線を割って走っていたバイクが突っ込んできたんです

その時なんだか、冷静に思いました

僕、全く悪くない、でも邪魔くさいことになったなと...('A`)

車を降りてみると、バイクは大破、またバイクは二人乗りで、二人とも地面に叩きつけられていました。

二人とも、泡を吹いていてピクリとも動きません

僕はすぐに、会社に電話して現場に来るようにしました。

近くの住人が集まってきます。

住人A「お前はどこの会社だ?」( ゚д゚)

住人B「免許を見せろ!」(゚д゚)

住人C「お前は台湾人か?」( ゚д゚)


あなたたち、警察ですか?(;゚Д゚)

なんだか完全に僕が悪者になっています。

こういうときは黙秘です。

スタッフが来るまで、5分とかからないはずですから...

この5分間に険悪なムードになる周り...

警察がやってきた...

住人が警察に説明

住人「この台湾人が加害者ですぜ」(゚Д゚)

こういうとき、微笑みの国の住人は一変して凶暴な人たちになることが多い、
例えば、犯罪を犯した人を警察が捕まえる前に、住人がつかまえたりしたら、リンチをしてから引き渡すことがほとんどだ、たまにリンチのやりすぎで殺してしまうこともしばしば...しかもリンチをした人達は先ず捕まらないのがここタイである。

完全アウェーの状況下のタオ(;゚Д゚)

長くなりますので次回に続きます


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2009.05.16
住人たちに適当な証言をされてはまずいと、僕は警察に簡単に事情を説明した、そしてもうすぐ部下もくるので、その時にさらに詳しく説明すると付け加えた。

タイで事故にあったら、特に外国人は自分で説明しようとせずにすぐに会社の担当の人に連絡をとって対応してもらうのがBetterだ、働いていない人は身近のタイ人ですね。 外国では日本の常識は一切通用しないし、普段は優しいタイの人も、内心は外国人を妬み、いつか機会があれば何とかしてやろうと思っている人もいることを覚えておいたほうがいい。 

その間に

倒れていた2人のうち1人が動き出した...

もう一人、泡を吹きつづけている...

見た感じ、結構やばそうだ...(;゚∀゚)

正直、死にそうだ...

そして、10分後スタッフがやってきた...

すぐに警察に説明し始めた、移動中も僕が電話でスタッフに事故の説明をしていたからだ。

話し終わって、スタッフは僕の方へやってきて

スタッフ「完全に相手が悪いです、警察も分かっているので安心してください、怪我はありませんか?」(・∀・)

僕は天使がやってきたように思った(゚∀゚)

僕は車を停車していたところを、バイクに正面からぶつかってこられただけなので、車は損傷しているが、僕は無傷だった。

救急車がやってきた

1人は意識が戻っているのだが、もう1人は意識がもどらぬまま、担ぎ込まれていった。

タオ「あの人大丈夫かな?」(-_-)

スタッフ「たぶん大丈夫だといっています、足の骨は完全に折っているようですが...」

この2人が救急車に乗って去っていってからの、住人の対応が変わった

住人A「あいつらは、いつも働かずにバイクで暴走しているんだ」

住人B「事故の瞬間見ていたけど、あんたは全然悪くないよ」(´∀`)


微笑みの国の住人は優勢な方につくのが得意である

この性格のおかげで、第二次世界大戦も占領されずに済んだのだと改めて感心した

このあと保険屋がやってきて、一緒に警察署に届けを提出することに

警察の判決

10対0でタオの勝ち( ・∀・)圧勝!

あとは、保険屋介して示談することなった。

といっても、バイクの少年たちは保険に加入していないという話である

次回 示談の行方


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2009.05.20
事故の相手の2人の少年は近くの病院に入院しているようだ。

保険屋は、相手から修理費を請求する手続きをするといっていたが、相手のバイクは保険にはいっていないので、自分で支払いをしなければならない。

もちろん僕の方は、一切の費用を出す必要はない(゚⊿゚)

事故から数日後、いかに僕が悪くないといっても人事にお見舞いに行かせることにした。

一人の少年が、瀕死の状態に見えたのでちょっと心配だったのだ

見舞いから帰ってきた部下の話によると

少年たちは、実は事故のあった日の数日前まで入院していたらしい、原因はこれもまた交通事故であったという。

まったく、懲りていないのですね(;´Д`)

そして少年たちは、そのときの支払いもまだ終わっていなくて母親が現在返済しているという。

自分たちは高校生だという

ふーんって呆れながら聞いているタオ、もう心配しなくていいやと思っていたら、

人事「会社から、お見舞金は出ないのですか?って聞いていました」

タオ「へっなんで?」(゚Д゚)ハァ?

人事「全治数ヵ月で、しばらく働けないし、高校も卒業しなくてはいけないと行っていました、一度タオさんに会って話をしたいと言っています、我々の会社は大きいから、それぐらいはなんでもないんじゃないかって言っていました」(;゚∀゚)

タオ「なんで?しようがないんじゃないの? 自分の愚行を反省しないからまた同じことを繰り返すんだよ、はい終了」( ゚д゚)、ペッ

人事「かわいそうじゃないですか?」(;´Д`)

微笑みの国の住人はかわいそうな人を見ると、無責任に助けたくなる人が多い。

それがその人のためにならないこともあるのに...

横で話を聞いていた僕の部下が、

部下「それはおかしいです、逆に当日、タオさんが警察に行った時間、私の時間、そして慰謝料を請求することもできます、もし今後タオさんと話したいならば、1時間 いくらかの時間料を請求することができると思います」( ゚д゚)

タオ「そういうことらしい、もしそれでも話したいというならば先ずこの要求を出してください」と人事に伝えた。

いやね、何も言わなければ僕自身も、お見舞いに行っていたかもしれませんよ。
そのときに、少ないですが見舞金も包みましたよ、たぶん。

でもね、お金をたかるという行為は僕は大嫌いです( ゚д゚)、ペッ

それにしても僕のこの部下は頼もしいやら、おそろしいやら

こうして、タイでの事故は一件落着である。


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2009.05.24
タイでは事務員いわゆるOLの仕事の地位はそれほど高くない。

基本的に他の人の仕事のアシスタントのような感じであるからだろう。 

だから僕の会社でも新卒の場合の給料の差が結構ある。

理系技術職 12,000~13,000バーツ
文系事務職  7,000~8,000バーツ


これを知っているならば、僕がタイ人ならば絶対に理系に進もうとするだろう...

だから僕も事務職のスタッフは結構気軽に採用する、もし辞めるときも気軽に「じゃー元気でね」っていって引き止めることは少ない。

もちろん事務系のトップは別格ですが...

つい先日、仕事も増えてきたので営業事務と生産管理の書類整理をする事務の2名を雇った。

二人とも、面接から1週間後に勤務勤務開始したのだが...

そのうちの一人、営業事務の方が勤務初日に人事にある相談をしていた、そして人事から僕に

人事「実は彼女は、今月数日間アルバイトをしていたようで、あと4日間決められた日にアルバイトをしなければ、今月分のバイト代がでないそうです、そして明日と29日、30日、31日を休ませてくださいといっています」

はぁ~て感じである、なぜ面接時にそのことを言わない、もしそういう説明があったならば考えなくもなかったのに。

タオ「でっあなたはどう思っているの?これはタイ社会では普通なの?」( ´Д`)

人事「私なら、バイト代はいらないです、この不景気にようやく希望の職に就けたんですから」( ゚Д゚)

タオ「じゃー彼女にもう一度説明してください、もしバイトのことは忘れて明日からしっかり働いてくれるならば、今の話は僕はなかったことにします。 しかし、もしバイトに行くならば、僕はそのことを重大なこととして考えるでしょうと」( ゚д゚)

そして、人事は彼女にそのように伝えてもらった。

実際、バイトといったら1日200バーツくらいで、ほんの6日間くらいしかやっていないのです。

その金額は1,200バーツ

現地に向かう交通費などを考えれば、残りは1,000バーツ程度です。

もし試用期間を優秀な成績でクリアすることができれば、僕は彼女の給料を1,000バーツ程度あげる用意をしています。 給料のベースを上げるということは、ボーナスや来年の昇給にもかかわります、1年で15,000バーツくらい変わってきます。

こう考えると、選択肢は一つですね(・∀・)つ

次回、彼女の選択



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2009.05.28
そして次の日

就業時間になっても、新人OLはやってこなかった。

人事と彼女の上司と話し合うことに。


人事「彼女はバイトは絶対にいかなければならないと言って、今日は休むことにしたようです。ちゃんとタオさんの考えは説明しました」('A`)


タオ「みなさんはこの決断をどう思いますか?」

上司「私の常識とは違います」(゚Д゚)

タオ「そうですか、僕ら日本人の常識でも考えられません、ただの事務職でまだ何も我々の会社で経験がないのですから、気分を悪くしてまでこの新人を採用する必要はないと思いますがいかがですか?」

上司「賛成です、ただ書類をつくるくらいならば高卒の子でも十分です、逆に大卒の人はその上司になるわけですから長くいてもらいたいので、こういう子は長続きしないと最初から思います」(゚Д゚)

タオ「ではこの子の採用は取り消しになります、もしアルバイトが完了して自由の身になったらあらためて連絡をくださいと言ってください、そのときにもし募集をしていたら面接をすることにします」

こうしてこの新人OLの子は、せっかく得た仕事をアルバイトの1,000バーツのために失うことになったのだった。

それぐらい、大目に見てあげればという意見もあると思いますが、新人でまだ実績もない方、そして他にも代わりがいくらでもいるポジションの子のわがままを聞くわけにはいきません、なによりも上司になるタイ人スタッフが要らないといっていることも尊重します。

If you run after two hares you will catch neither.

二兎を追う者は一兎をも得ず

この件で他のスタッフに教えたことわざです。

先ず、今与えられている仕事を完全こなせるようにする!( ゚д゚)

そして、次のステップに進むのです

そうすれば、必ず本当の能力が身につくはずです

だから、僕を信じてついてきてください。絶対に自分に自身が持てる社会人にしてみます( ゚д゚)


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】

【電子辞書】これ1台で14ヶ国語の「意味調べ」+「翻訳」+「発音」♪
 ←もちろんタイ語もありますよ




FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ