微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2008.12.02
まだまだ長引きそうな、デモ。


テレビを見ていると、最近はPADの連中は子供を連れて参加しています(゚д゚)


これは子供がいると、警察も手が出せないという狙いとがあるのか、それとも単に何も考えていないのか...

何も知らない子供たちを、あんな危険な場所に連れて行く、最低な親というのは確かです(´・ω・)カワイソス


世界中から注目されているタイ、先日世界が決める危険な国のランキングで7位にアップしてきたようです。

すごいですね~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

確かに今回は、赤い服や黄色い服を着て街中を歩く勇気はないですね。

年末にタイ旅行を予定している皆さん、くれぐれも注意してください。

微笑みの国タイランドは 危険な国 7位ですからね_| ̄|○

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
スポンサーサイト
2008.12.05
ようやく、空港の占拠が開放された。

現在の与党の解党とソムチャイ首相の失職により、PAD(デモグループ)が勝利宣言をした形だ。

しかし、これは5日の国王誕生日前に、なんとか事態をの収拾をしておかないとということが丸見えで、かなり不公平(政府にとって不利な)判決がされた。

8日にも、政府は新しい党を結成し、政権維持をする意向であると宣言している( ゚Д゚)アホカ

PADは、もしまたタクシン派の色が濃い政府になるならば、またデモをすると言っている(゚Д゚ )ボケ

終わりそうにないですね(;´Д`)

日本に住んでいる、友人のメールをみるとほとんどの人が間違った解釈をしている。

僕の母親なんかは「よかったね、市民グループが勝利して」ってメールに書いてあった。

あんた、国民=PAD支持じゃなんです_| ̄|○ママ、チガウシ

タイの国民のほとんどが、PADを支持していませんよ!

内閣支持率の方が、PAD支持率より高いんですよ!!

じゃーなんで、政府はPADを武力排除しなかったの?

政府は司法に裁かれたけど、PADは無実なの?

今回のタイ国際空港の損害200億バーツですよ、他の損害、将来的な損害をあわせると、天文学的な数字になりません?


そんなことをしでかした、PAD何者なんだ? ( ゚Д゚)

日本の記事では、旧貴族派が裏にいるとか書いています。

微妙についていますね。

これだけは言いたい!

PAD! お前たち、頼むからもう来ないでくれ!!

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.08
タイで働いている日本人の中に、タイ人は仕事ができない、タイ人は時間を守らない、タイ人は口だけだと、言っている人を度々見かける

しかも、自分の会社のタイ人スタッフのことを言ってる人もいる


恥ずかしい... 

もう、帰ってください!(`Д´)

だって、あなたそのタイ人に仕事の技術を教えに来たんでしょ?

少なくとも、タイ政府はそのような理解で労働許可書を出しているはずです。
タイ王国に利益をもたらす人ということです。

タイ人は仕事できない

僕は自分のトップスタッフより、仕事ができる日本人とタイで僕の部下として出会ったことがありません

タイ人は遅刻する

僕のスタッフは遅刻、欠勤を無断で絶対にしません

タイ人は口だけ

僕のスタッフは、口先だけでものを言うとタオからイカズチが落ちます

指導にきているのに、タイ人が仕事できないから仕事の質が悪いっていっているのって、仕事を放棄してることに気づかないんですか?

サッカーの監督が、この国の選手は駄目だ、使えねぇ~って言った時点で終わりですよ。

それを何とかするためにやってきたんだから( ゚Д゚)

仕事の失敗や質をタイ人のせいにするような人は、きっとタイではうまくできないと思います。

確かに、大変なことも多いと思います、だって国、文化が違うんだから、

でもそんな事、来る前から分かっていることです、頑張りましょう!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.11
タイで働いている日本人は、タイ人に対して横柄な態度の方が結構いる。

実際には口に出さないが、内心思っていたら表情に出てしまうのが人間である。

仕事の経験が浅かったり、仕事能力が低い人がタイ人と仕事する時に陥りやすいのが、怒鳴って指示することだ、これが一番即効性があるのは認めるがあまりいい方法だとはいえない。

怒ることをしない人は、友達のように接する日本人も多いはず。
仕事を指示するのではなく、お願いするやり方ですね。こちらも、またあまり良い方法ではないといえる。 

こうやって偉そうに言う私、タオも来タイ当初は怒鳴って指示するタイプであった

だって思い通りにいかなくてイライラするんだもん!ヽ(`Д´)ノムキィーーー

じゃーどうすればいいんだろう?(゚⊿゚)

それは指導者になることです(・∀・)ソレダ!!

僕は今はそう考えています。

7年もタイで働いているので、考え方は変わるのですが日本人は指導者の立場でいなければいけないと感じております。

タイの人が、どんどん成長するように指導してあげるのが僕の仕事です

だから、僕のスタッフが仕事が出来なかったら自分の責任だと感じます。

将来、僕がいなくても今の工場の運営ができるようにするのが目標です。

そうなったら僕はお払い箱かもしれませんが、そうじゃないといつまでたっても僕に頼ってるようじゃ意味がないですからね。 生徒はいつか巣立っていくものです。

本当にそれが可能だとすると、僕は指導者として評価されるわけです

そうなったら、また僕の将来の道も開けると信じています

そうじゃなかったら、秘伝の技術とか教えられないですよ~(;´Д`)



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.14
僕の会社は中華系なので、中国正月にあわせてボーナスと昇給がある。(・∀・)つ

ということは今月12月に、査定をすまさなけらばならない

これが結構、難しいのである( ´Д`)

ボーナスは比較的簡単で、2ヵ月分±査定の点数という事務的なものである。

しかし、昇給はなかなかややこしい

一応、グループ全体で平均昇給を何パーセントにするかという取り決めはあるが、それだけではない、どうしてもあげなけれあばならないスタッフには、僕が社長に直談してあげてもらうことになる。

今年の平均昇給率は7%だった

12,000バーツのスタッフを7%上げたら、12,840バーツ

一生懸命やってくれた割にはあまりにも少ない...

もし10%あげたら、13,200バーツになりそこそこの昇給だが、その代わりにだれかが4%の昇給になる。 

まー4%の昇給にふさわしいスタッフがいればいいのだが、僕のスタッフは結構みんな頑張っている。

頑張らない奴は、すぐに解雇していますからね(゚⊿゚)イラネ

だから、もし誰かに4%の昇給をつけたりしたら、そのスタッフは不満を感じ、今後頑張ってくれなくなる、最悪辞めてしまうだろう。

仕事をしっかりやってもらうためには、待遇を十分にしなけらばならないのだ( ゚д゚)

そう、だから僕は毎年、社長と昇給についてかなりの時間交渉する。

去年の実績では、僕の会社の昇給率は金額で換算して20%近くだった。 実績も良かったし、当たり前である。

というのは、スタッフの中には10,000バーツの子もいれば50,000バーツの子もいる。
全員のスタッフの給料が200,000バーツならば、その7%14,000バーツを僕のスタッフの内で振り分けるのは、僕の采配でやってもいい、しかし20%となると4万バーツなのでその分を交渉しなければならないのである。


今年も、頑張もみんな頑張ってくれたので頑張らないと...(`・ω・´)シャキーン


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.17
前回の、ガチンコ勝負で勝利した タオ

その後は、ビジネスも順調に伸びていた。 町工場ほどの工場は24時間生産しても、追いつかないほどで、本工場の完成を待ちながらのマーケット開発をしていた頃の話

新たに日本の大手企業がタイに進出を考えていると連絡があった。

是非、僕の会社で生産を委託したいということであった。

これは、大変名誉なことであるが、僕の町工場はフル稼働でも生産が間に合っていない状態、ここは事情を説明して、丁重にお断りしようと考えていた。

とにかく、話だけでも聞いてくれといわれたのでお話をお伺いした上でお断りしようと思っていた。


S社の方々は8名くらいで、僕のオフィスに来られた


実は、電話でコンタクトをとってこられた方の電話での対応が横柄な態度だと思っていたのですが、その方はS社が使用していたリサーチ会社の方で、S社の人ではなかった。

実はこのリサーチ会社の人の態度が気に入らなかったのも、お断りしようと思った理由の一つである。

S社の人の話を聞いているうちに、なかなか良い会社のように感じた( ´∀`)イイジャン

しかし、実際問題工場がフル回転中なので、僕は同業者の会社を紹介した。

S社の方「いやね、タオさんのところでやってもらいたいんですよ、その会社ならばすでにリサーチ済みで、弊社の要望にこたえられないと判断していますから...」

どうやら、かなり買いかぶられているようだ...その背景には前回のガチンコ勝負の時のハラさんの推薦があったようだ...
ハラさんの会社の商品を作っている工場は、基本的に大丈夫だという安心感があるからだ

ここで、このS社の商品を生産して本工場完成まで頑張れるのか?

生産キャパは200%程度になってしまい、無駄をもっと無くす必要がある。

これはかなり、厳しく管理しないと難しくなる、僕のスタッフはついて来れるのか?


そのとき、S社の方が

「もし、タオさんが引き受けてくれなかったら、どうしよう...コラートの○○社にもう少し価格交渉してみようか?」

と話されていたのが聞こえた...


コラートの○○社?


きたーアルカトラズだ---(`Д´)


タオ「○○社にもコンタクトされているんですか? 実は私は○○社のの元工場長なんです」

S社の方「あー実は、知っておりました。 だから、本工場が完成してもタオさんならば実績もあるということで、検討しております、また○○社にも1商品だけ依頼しています」

アルカトラズの名前を出せれると、闘志がムクムク沸いてくる。

S社の人は、そのことを知っていたのか? そんなことは関係ない!

タオ「皆さん、承知いたしました。 引き受けさせてください!」( ゚д゚)

単純なタオは、日本兵との勝負となると全力の更に200%を出すことができるのである。

こうして、日本兵との勝負がいきなり始まったのであった!

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.20
今回の依頼は商品開発的にはそれほど難易度が高くないが、細かな品質管理とロジスティックが要求された。 

将来的に僕がやれるか、ということで商談は決まるわけだ

日本兵はそれが、出来ないということで難色を示しているわけだが、僕は何とかやっていこうと意思決定し、かなり細かな誓約書にサインをすることになった

結果僕が受けた製品は全部で7品だった、日本兵は1品引き受けることとしたらしい

ということで、製品数でいくと今回も僕が圧勝というわけだヽ( ・∀・)ノワーイ

それから、更に生産を詰め込んで初回生産が無事に終了した

それに気をよくしていると、S社から招待状が届いた

内容は、今回タイで生産した製品の展示会をテレビ局を呼んで盛大にするということだ。

それに出席するように、招待状が着たわけだがそれ自体はいいのだが

日本兵も1品生産していますよね?(゚⊿゚) 

ひょっとしたら来るのかな?(゚⊿゚)

でもコラートからバンコクまでくるわけないよね?(゚⊿゚)

気になって仕方がなく、我慢で出来ずに、僕はS社の方に、聞いてみた

S社の方「はい、参加していただきますよ!」

ですよね...(;´Д`)

当然、展示会場では、日本兵と会うことになる。

ただ、この時、嫌だとはあまり思わなかった。

どういう顔で会おうかな?とは考えたが、欠席しようとかは思わなかった。

むしろ、楽しみだった

それは、僕が日本兵と同じ地位まで這い上がった姿を見せたかったのか?

かつては、大嫌いだった日本兵と出会ってどう感じるのか知りたいのか?

この時点では、分からなかった。

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.23
そして、展示会の日がやってきた。場所はバンコクである。

僕がついた頃には、テレビ局やらタイの芸能人などが集まっていた。

用意された、席に座り知り合いの人たちと談笑し展示会のオープニングを待った。

僕は最前列に座っていたので、後から来た来客の顔は見えない。

そしてオープニングがはじまり、いろいろイベントを消化して、立食パーティーが用意されている会場に皆移った

僕は仲の良い、商社の人と僕のスタッフを連れて移動した。

「元気にしてた?」

後ろから声をかけられた、振り返るとそこには日本兵がいた

正装した日本兵とアルカトラズのタイ人スタッフが並んで立っていた。


タオ「あーはい元気にしてますよ~日本兵さんも元気そうで、今日はコラートからですか?」


どんな対応もできるように、シュミレーションしていた通りの返事をしたが、その後の会話はスムーズに流れた。

そのまま僕達は二人っきりで話すこととなった

どれくらい話しただろうか? 相当長く感じたが、20分くらいだと思う。

仕事の話、プライベートの話

日本兵はタイの社長に昇進していた...

話は全部、今の話、昔話には一切触れなかった。

ひとつだけ、僕がアルカトラズの現状について聞いた。

タオ「工場はどんな感じですか? 日本兵さんの下の日本人はどうですか?」

そうすると


日本兵「僕やタオさんのように、この業界の工場を運営できる人ってなかなかいないですよ」


なんだかとてもうれしかった( ´∀`)

そして最後に

日本兵「これからは、タイで協力して助け合っていこう」(・∀・)つ

僕はそうですねと答えたが、これは社交儀礼だとお互いに分かっていた。


アルカトラズにいたときは、こんなに話したことはなかった。

本当は、コラートにいた時にこれだけ話し合えれば、会社にとってはよかったのだろう。

こうして、2回目の勝負は僕たちに再会をもたらすこととなった

それから約1年後、自体は思わぬ方向と向かうのであった...次回へ続く

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.26
約1年後、本工場が完成した。

完成までには、もちろんいろいろあったのですがそれはまたの機会に書きます。

町工場でフル稼働で生産していたものを、本工場に移したので本工場は最初から結構な生産量があった。 そして、だんだん慣れてきた頃から、アルカトラズのお客さんだった方々から僕に頻繁に連絡が入るようになった。


要はアルカトラズで生産している商品を、僕の工場に移したいというのである(・∀・)


ただ僕の工場のほうが、いい商品ができるというわけではない、普通ならばOEMの委託先を変更するのはやりたくない作業である。


理由はこうである


今のアルカトラズは生産が間に合わないといわれ、納期が大幅に遅れることが多い。
少量であると、断られるなどなど


なんだかおかしい、アルカトラズのいいところは、早い納期、少量でも利益があれば引き受けるところである。

おかしい...('A`)

何が起こっているんだろう?

そして、衝撃の事実を知ることになるのだが...

次回に続く...



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
2008.12.29
狭い日本人社会、ある程度役職が高い人の噂はすぐに広まるものである。

僕と日本兵の確執をしっている人たちは、競うようにあるニュースを僕に連絡してくれた。

そのニュースとは、なんと

「日本兵が辞めた」(゚д゚)

辞めた?

信じられなかった、日本へ帰国とかではなく会社を完全に辞めたということだ。

なんで? このままその会社にいると会社が存続する限りは、地位は約束されていたものを...

会社に見切りをつけたのか?

 いやそうではないらしい

なんでも、社長とずっとうまくいっていなかったらしい

そして、最後は喧嘩別れのようにして会社を去ったようだ...( ゚д゚)、ペッ

僕がアルカトラズを去ったときと、似ている?(;´Д`)

いやそれよりもひどかったと、この事情をよく知る人は語ってくれた┐(´д`)┌イヤイヤ

なんてことだ、強敵である日本兵がもうタイにいないという、あのコラートの空の下にいたにのである。 

日本兵がいなくなってアルカトラズは、かなり苦戦しているのだろう。



2008年の最大の衝撃でした... 






_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ