微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2008.09.01
タイに来てからは、社長という役職の方とよく知り合う機会がある。

というのは、僕と同世代よりちょっと上くらいの年齢の方でもタイの社長職につかれている方が多いから、話が合うということもある。

その中で、僕の会社が出資している会社の社長、君氏というかたがいる

この方には、以前僕は大変お世話になり恩を感じていた。 実際には僕が勝手に恩を感じていただけだ、実際にやっていただけことはほとんどないのだが...それは関係ないのである、僕がこの人に恩を返したいと思ったのだからそれはいいのである( ・∀・)

そいうわけで、僕はタイで恩人と慕うのはこの君氏と、アルカトラズの社長の2人だけであった

アルカトラズの社長?!とお思いかもしれませんが、僕がタイに来て右も左も分からないときに拾っていただいただけでなく、重用していただいたからこそ今があると思っているので、一生の恩人です( ・∀・)さて君氏の話です。

しかしながら、君氏は本当の意味での悪党でした( ゚д゚)、ペッ

例えるならば、僕が何もしらない子供で、君氏が不良のボスみたいな感じです。
子供が不良のボスに憧れていることに気づくと、不良のボスはそれを利用して、万引きなどを平気でさせて自分のものしてしまうような感じです。

実際には、万引きなんかしてないですよ(;゚∀゚)
ビジネスレベルの話です

僕が、今の会社である程度力をもつと、その権限で君氏の会社を潤わせてくれというわけです。

君氏の会社は、僕の会社が出資している会社、君氏が儲かれば僕の会社にも配当が入ってくるという考えと、昔感じた恩から僕は出来ることは全部やってあげていました。

しかし、君氏の会社から配当が払われたことは一回もありません。

そればかりか、君氏は会社の金で高級車を乗り回し、高級日本料亭では毎晩のように会食、出張という海外旅行、そして極めつけは出来ない日本人ばかりを5人くらい雇って、会社の運営がうまくいかないのはこのボンクラの部下達のせいだと、言いふらしているわけです。

こんな君氏から以前僕にこんな話がありました

次回に続く...

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
スポンサーサイト
2008.09.04
僕の会社と君氏の会社は、近い業種である。

僕が今の会社に入って、僕が会社を大きくしていくのを君氏は感じ取った。

会社が大きくなる理由の一番に、僕には開発力という武器があった。

君氏はこれに目をつけたのであった(-_-)ギラッ

そして、僕はある場所に呼び出された。

君氏「タオ君は今の会社に満足してるの? うちでやってみないか?○○バーツぐらいならだせるけどどうだ?」(゚Д゚)

君氏と僕の会社の関係は、親子関係。 そのなかで、引き抜き話を出してきた君氏。

君氏が提示してきた給料は僕のその当時貰っていたのと比べて1.3倍くらいであった。

悪い話ではないが、ここで動いたら仁義が問われる。 君氏にも恩を感じていたが、今の社長をもっと助けてあげたいと思う気持ちも大きかった。

そこで、僕は丁重にお断りしたのだが...

君氏「それは分かった、じゃー君のような開発が出来る人を紹介してくれ」(゚Д゚)

正直、駐在員ならともかく、タイの在野でそんなことが出来る人を知らない。 そこで、僕は知り合いの開発職希望者を紹介することにした。 しかし、彼は開発どころか、社会人としてもまだ経験が浅い人間であったので、その旨を説明した上に薦めることにした。

君氏「それはいいんだ、君の知り合いということに意味がある。 分かるね?彼を使って君が開発をしてくれればいいんだよ」(゚Д゚)ギラリ

う~ん、確かに君氏の会社に開発ができる人はいないわけだ、君氏にとっては僕の給料の半分以下で僕の開発力を使うことができるわけである。

恩のある君氏、仲の良い知り合いがハッピーであれば、ここは頑張ろうとタオは決意をする。

タオ「いいですよ、もちろん彼が相談に来たら僕の教えれるところはバックアップします」(;゚∀゚)

そこで、僕の知り合いはその会社に入社することになった。

その入社からすぐして、僕と君氏の関係が変わろることになろうとは...

次回に続く

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
2008.09.08
先にも書いていたが、君氏のビジネスのやり方はとても汚い。

例えば、僕と君氏の間でビジネスをした場合、君氏の会社の取り分が20%と決めたとしよう、そこで、20%ならばなんとかOKということで、パートナーとしてビジネスを展開。

そして、大成功に終わった。 そして、いざ支払いの時になると

君氏「やっぱり、30%だな」(゚д゚)

タオ「えーーそれだとうちは幾分も残りませんし、最初と全然違うじゃないですか?!!」

君氏「えーあとは、タイ人スタッフと話してくれ。。。」( ゚д゚)

逃げた...もちろんタイ人スタッフは、決定権もあるはずもなく、日本人に問い合わせてみると、この会社の日本人はタイ人よりも使えない奴ばかり、

日本人「いや~すみませんね~またそんなこといってますか~いつもなんですよ!」(;´Д`)

いや、だから愚痴をいいに来たんじゃなくて、対応してくれと言ってるんです!

それでも、僕は君氏をお慕い続けておりました...

それからもこのような問題が頻繁に起こりました。

君氏が直接関わらなくても、この会社の日本人が本当に駄目な奴ばかりで、他の仕事も一事が万事、問題が起こるのでした。

そこで、僕は自分のBOSSに報告し、君氏など主要たるメンバーを呼んで会議を開きました。

そこでは、駄目日本人は、言い訳ばかり

「いまやっているところなんですぅ~」(;´Д`)

「これからはちゃんとやりますよ~」(;´Д`)



君氏「こういってるんだからな、これからもうちと組んでやろう」

ここでしっかり、決めておかないといけないと、恩人である君氏に物申す

タオ「今までの経緯がありますから、もし次回このような問題が発生したらどう対処していただけますか?」(;゚Д゚)

君氏はちょっとムカッとした顔になった、今まで君さん、君さんと言っていた僕が君氏を指したのだから当然である。

君氏「そりゃ~、その時の俺の気分次第だよ!」(`皿´)

唖然である、これでは8○3ではないか?!(;゚∀゚)

僕はこの会議で、心底君氏に失望した...

そして、更に問題は起こった...続く

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
2008.09.11
ある日、君氏の会社の駄目日本人Hから発注があった。

しかし、Aという商品の発注にはBという品もオプションで発注しないといけないのだが、彼はAしか要らないと言い張った。

タオ「でもBがないと、文句を言う人出てきますよ!」

※Bとは、例えるならば腕時計の電池のようなものである。 腕時計を買ったらすぐにでも、動作を確認したいですよね? Aさんは、電池は他で買ってもらえばいいということだ。


それでも駄目日本人Hさんは、コスト削減のためBはいらないと言い張った。

それでというならば、僕はAだけを出荷した。

そして、ある晩

駄目日本人Gさんから電話があった

駄目日本人G「タオさん、Bが納品されていないのですが、どうしたんですか?」( ゚д゚)

口調が、僕がミスしたと言っている。

タオ「Hさんが、要らないといったんです、発注書確認してください!」( ゚д゚)

それでも駄目Gさんは、今すぐ送ってください!と言った。

たぶん横に君氏がいるんだろう! 絶対に僕のミスにしたがっている口調である。

そのあと駄目日本人Hからも電話があった

Hさん「今回は、僕が発注していなかったことは確かですが、僕は社長がこうだと言えば従うので、すぐにBを送ってください!」( ゚д゚)

こちらも、責任は僕にあるという口調だ。

次の日、部下に品物を朝一番に届けさせ、昼ぐらいに君氏に会いにいった。

そこには駄目日本人HとGがいた。

タオ「どういうことですか?!」( ゚д゚)ガレ

Gさん「すみません、ほんとわがままで昨日は夜分に申し訳ございませんでした」(;´Д`)

昨日と全く違う口調である。 君氏と一緒にいると強気になる最低の人間である。

僕が君氏の方へ向かおうとすると

Gさん「先ほど、タオさんには責任がないことは説明しておきましたので、ちょっとすみませんでした程度言っていただくだけでいいです」(;´Д`)

いやいや、すみませんも何も、僕は謝ることは一切していない。 朝一番に品物を届けたのだから、御礼を言われるくらい当然である。

しかし、君氏とこの会社に完全に失望した僕は、敵をつくるのも馬鹿なことなので、一言

タオ「このたびは、ご迷惑をおかけしました」( ゚д゚)、ペッ

以上

この言葉で、僕が感じていた恩は返しましたよ!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな
(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

タオの新ブログタイを活きる  ←さぁ、読んでみよう!( ・∀・)つ
2008.09.15
先の事件があってから、僕は君氏と距離を置くようにした。

僕は君氏とビジネスが成り立たなくても、はっきり言って問題ないが、一つ問題が残っていた。

以前、僕が紹介した知人が君氏の下で働いているということだ(ノ∀`)アチャー

この知人は、君氏や駄目日本人の仕事の様子をみて、いち早く辞めたいと言っていたのだが、その後に行く場所もなく、それならば経験を積むということで会社に残ることになった。

僕からすれば、君氏の会社は駄目日本人ばかりなので、実力次第ではすぐにトップになれる会社であった。 また君氏という人間はそれを認める人である。 というのは、要は会社が潤うようになれば自分が儲かるからというのは言うまでもない。

僕ならば、半年で君氏の会社でトップになる自信がある( ̄ー ̄)ニヤリ

もしくわ、叩かれて辞めさせられるかだろう...( ゚д゚)、ペッ

だって、本当に出来ない人ばかりなんだもん...(-_-)

それから1年後、僕の知人はまだ働いていた。

君氏には、親友が一人いる。 その親友と僕は昔一緒に働いたこともあった。

だから、今でも月に1回くらいは食事やゴルフをする仲である。

その人と飲みに行ったとき。

君氏の親友「タオさんと君氏は最近どうなの? 君氏文句言ってたよ、タオが頼むから引き取ってやった奴が使えないって...」

タオ「え~だから、即戦力で使えるなんて誰も言ってませんよ、まー本来は僕がフォローする約束はしていましたが...」('A`)

君氏の親友「なんで、タオさんはあの彼を紹介したの? 君氏に借りをつくるくらいの仲なの?」( ゚д゚)

どうやら、君氏は回りに僕が頼んだから採用した、そして今君氏はそれなのに僕は恩知らずだといいふらしている様子である。

確かに、僕は「よろしくお願いします」とは言ったが、採用してください!といった覚えはないし、もし気に入らなければ、採用する必要もないですと言ったはず。それは君氏にも、紹介した知人にも同じこと、結局は当人同士の意思で決めるわけである。

と、その場で悩んでいたら...

君氏の親友「まータオさんも、はっきり言って関係ないんだから、どうでもいいんじゃない?」

(´ー`)


そう、君氏の親友はこんないい加減男である...( ゚д゚)ポカーン

しかし本当の意味で出来る人間だったら、僕なんかの力を借りずともやっていけるはず。

今はそう信じるばかりである

頑張れ~!



_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】


2008.09.18
人には苦労がつきものです( ゚д゚)

人には困難を乗り越えていかなければならない時もあります。

その困難をいとも簡単に乗り越えるひとがいます

それはきっとその人にとってたいした困難じゃないんですね(;゚∀゚)

困難にぶつかったら、乗り越えずに方向転換する人もいます。

なんとか乗り越えようと努力する人がいます。

また、誰かに助けをもと求める人もいます。

これらの人はなんとか、自分主体で自分の道を切り開いている人です(・∀・)イイ

しかし困難ぶつかると、それを乗り越えられなくてそこであきらめる人がいます。

誰かが、助けてくれるのを待つ人もいます。

困難が自分に降りかかってきたことを、呪う人がいます。

こんな人は、将来どうなるんでしょう?(-_-)

誰かが助けてくれるのでしょうか?

子供の頃は、親が最後は助けてくれました。

でも、もう子供じゃないです

また出来る人には、助けの手を差し伸べる必要はないのです。

本当に助けが必要ならば、自分から助けを求めて来ることができるわけですから。

崖に遭遇したら、登ることをあきらめたり、ロープがたれてくるのを待つのではなく、

自分で這い上がれ!(`・ω・´) 

出来なければ、道を変えたり、助けを求めるのは悪いことではない。



一番悪いのは、人のせいにすることだ( ゚д゚)、ペッ

でも、困難はあまり出くわしたくないですね(゚Д゚ )アラヤダ




_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】




2008.09.22
日本の若者の実力

先日、日本に出張に行った時、僕をアテンドしてくれたのは28歳の方であった。

タイで一度お会いしたこともあり、メールでも何度もやり取りをしていたので安心していたのだが、

実際、日本で一緒に仕事をしてみても、なんと段取りの良いことかと感心した(・∀・)

僕は時間にはうるさいのですが、僕が待ち合わせの駅に着いた時にはすでに彼(以後コン君)は僕を待っていてくれた。

僕がタイのお土産(ごくごく平凡なもの)を渡すと、たいそう喜んでくれるヽ(゚∀゚)ノワーイ 

これって大切ですよ、ものをもらった時のリアクションってものを買ってきてくれた人への気持ちの表し方ですから。

そして、仕事も何の問題もなく終了。 16時頃だったかな。

そこからが、コン君のすごいところ

19時から、何人かと合流して食事の予定だったのだが、空き時間ができてしまった。
しかし、それはコン君の中では計算にはいっていた。

コン君「集合場所は上野なので、それまで上野見物でもしましょうか?」( ´∀`)

携帯を片手に乗り継ぎもスイスイ、着いた上野ではアメ横などに連れて行ってくれた。

はじめてきた僕は大変楽しんだ!( ´∀`)

そして、皆と集合して食事

食事もかなりおいしいコースで、満足

そのあとの予定も、ばっちり調査済み。

料金から、場所までばっちりファイルされていた。

※本当にファイリングされてました

いろいろなコースを紹介していただいたのだが、タイ人キャバクラへ行くことになった。

実はこの集合したメンバーの5人のうちコン君以外は、皆タイ駐在員経験あり。

そんなこともあり、なつかしのタニヤの雰囲気をということで行ったのだが...

そこでも、タイ経験者を置いて、コン君は実力発揮!

もちろんコン君はタイ語は話せません

コン君「ママさん、ママさん、本当におきれいですね! 一つ聞きたいことがあるんですが、タイ人と日本人とどっちがいいの?」(゚д゚)

ママさん「日本人とはしたことがないのでわからな~い」(*´∀`)

コン君「言っとくことがあります、ママさん! 僕は小さいけど硬い!!」(;゚∀゚)

コン君「もう一度言います、小さいけど、硬い!」(;゚∀゚)

これに皆さん大うけ!!

これで十分盛り上がっているのだが、

コン君「すみません、もう一言、言わせてください! ママさん!僕は早いけど、頑張ります!!」(;´Д`)ハァハァ

コン君「早いけど、回数が多い!!」( ゚д゚)

さらに爆笑!!

タイでは場を盛り上げるために頑張っていた、コン君の先輩もこの場にいたのだが、後輩が頑張ってくれるので今日は楽しむ側でした。

一番年下のコン君は終始ピエロ役を演じて皆を楽しませてくれた(´ー`)

そしてタイ人のママにもとても気に入られて、電話番号をもらっていた

コン君かなり飲んでいたが、最後までエンターテイナーであることを忘れていなかった。

あーまたコン君と飲みたいので、日本での仕事を作ろうと思う。

こないだ、コン君から「今度は日本人キャバクラいきましょう」ってメールきてた。

今度は秋頃かな。

いやー楽しかったな(´ー`)


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】






2008.09.25
今年に入って、ボケ(タイ化)が進んでいるタオ( ゚Д゚)ナニカ?

しかし日本の若者の頑張っている姿を見て、これではいかんと奮起!(`・ω・´)シャキーン

日本滞在中は、仕事の種まき、協力者を募るため会社訪問を数社してタイに帰国

タイに帰ってきてからは、この業界でベスト10に入ろうという会社数社に営業をかける。

日系企業には、僕が自らメール、電話を駆使してアポをとり訪問

日系以外の企業は、僕の部下がアポをとり訪問

タイでも、仕事の種まきをすすめる

種まきをする時って楽しいですね( ´∀`)

それから、1ヵ月もたたないうちに日本企業、タイ企業ともにオファーをいただいた

しかもかなり大きなボリュームである

苦労して蒔いた種の芽が出てきたときって、うれしいですね( ´∀`)

そして、他からも予想以上にオファーがきた

オファーって面白いですよね、こない時は全くこないし、くる時はどんどんきます。

種を蒔いた覚えのないところからも、オファーがきました

さらには知人が色々と紹介してくださったために、海外からもオファーがきました

芽がどんどんでて、どんどん育っていきます

かなり手入れが大変...(;゚∀゚)

刈入が間に合わない...(;゚∀゚)

芽がいっぱい出すぎると、必死になってしまします

ボケかかった、タオにはいきなり過ぎたようです


ボケ防止で、調子に乗って種まきをしてはいけません!

種まきは計画的に...(´Д⊂ モウダメポ

_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】




2008.09.29
僕には直属の部下が月給のスタッフが30名いる、その下に100名くらいいる。

最近は、出来るスタッフが育ってきたので昔ほど、吠えてないのだが、それでも先月はかなり頭にきたことがあり、スタッフを1名解雇した。

まだまだ、心臓にまでコケは生えてませんよ!( ゚Д゚)イッテヨスィ

そんなタオは、はやり会社内では恐れられている

若いスタッフなんかは、僕の動きを横目でチラチラ見ているし、僕が工場に入ろうとすると、先に数人スタッフが工場に入って、ラインやワーカーの確認をする。 

それはそれで、僕がいる意義があると思っている。

それでも、やっぱり会社内で対等に話せる人間がいないというのはちょっと寂しい...('A`)

グループ内ならば、何人かいるのだが...

そんなタオも先日、33回目の誕生日を迎えた。

その日は午後から客と会食の予定があり、朝は面接でいっぱいであった。

面接が終わったのが、10時過ぎ...

なんだか、オフィスが騒がしい、開発マネージャーが僕の部屋に来て報告をしてくる。

報告が終わったら、開発マネージャーと入れ替わりに、セールスマネージャーがニコニコしながら僕の部屋に入ってくる。

この時点で分かった、きっとサプライズパーティーをしてくれるんだ(;゚∀゚)

セールスマネージャーが会議室に来てくださいと、促す。

気づかないフリをしていなければならない...なかなか難しい。

日頃、厳しい僕はどんな反応をすればいいのか、ドキドキしてしまう(;゚∀゚)

会議室のブラインドは閉じてあった、ドアを開けるとスタッフ30名が中で待っていてくれた。

Happy Birthdayの歌が部屋に広がった

古参のスタッフがローソクがのった、ケーキを僕の前に出してきた

歌が終わるタイミングで、ローソクの火を消す

1回では消せなくて、2回目でようやく消せた

ケーキを取り分けるように、いわれる

ケーキにはチョコレートで Happy Birthday Bossって書いてあった。

うれしい...涙がでそうだ(´Д⊂

長くいるスタッフなどは、冗談を言ってくる。

「Bossは今年で35歳ですか?」

僕も冗談でこたえる

「ばーか、30歳になったばっかりだよ」

まだ1年くらいしかいないスタッフは、後ろのほうでクスクス笑っている。

また古参のスタッフが

「今晩はみんなで、飲みに出かけますか?」

「ごめん、客と会食だから、みんなで行ってきな、お金は出すから」

わぁーっと歓声が上がる


ほんの数分間だけ


会社にいて、会社にいることを忘れた


1年間の苦労や葛藤が喜びに変わった

_| ̄|○ みんな、これからも、僕を支えてください


_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

タイ・ブログランキング

ポチッとが終わったらタオの新ブログ→【タイを活きる】
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ