微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2007.11.01
ベンさんのもうひとつの、得意(?)分野。

というか好きな業務。

それは


人事



正確に言えば、求職者の面接である。


コラートでは僕は工場長という立場であることから、月給のスタッフの面接は担当していた。 しかし、このベンさんは日給のワーカーの面接までしてしまうのだから大忙し!
普通は、人事部に任せてどんどん生産に送り込むものなんだけど。

僕も、立場上、上司が面接にでて僕が出ないわけにはいかないので、とりあえず面接官として参加。

そして面接

求職者 ちなみに小学卒から高校卒 年齢は18歳から30歳くらいまでの女子がほとんど。

最初に求職者から自己紹介がある

その後

ベンさん「あのーどこの県出身なの? 兄弟は? 家は何してるの?」( ´∀`)

ベンさんのタイ語を苦労しながら理解し、答える小学卒の女の子(;゚∀゚)

健気である...

いや、こういっちゃなんですけど、日給の人って仕事に対しての意識が低い人が多いんですよ。 気に入らなかったらすぐに辞めるし、休むし、田植えとかあったら集団で帰省するし。

ということで、僕は健康で、ある程度の受け答えができて犯罪歴がなく見た目が普通であればOKなんですよ。 

どこの県出身とか、兄弟とか家業とかって興味ないし、それは大体わかってるし、出身県はほとんどがイサーン(東北)、家業は農家、兄弟は3人くらい。 だから? どこ出身だったらいいの? 家業はなにだったら駄目なの? 

まーそんな、ことを思いながらベンさんの横に座り面接の様子を伺うタオ('A`)


時に一瞬で、不合格とわかる人もいる。 そこらにイレズミがはいっていたり、あまりにもパッパラパーな格好をしていたりする人。

しかし、ベンさんは公平に質問をする。

出身は?兄弟は? って

僕は我慢できずに


タオ「ベンさん、もう質問しなくていいんじゃないですか?どうせ、不採用でしょ?」( ゚Д゚)


ベンさん「いいじゃないの?せっかくだから...」( ´∀`)

おいおい、日給者の面接に20分くらいかけられたら、たまったもんじゃないんですよ!!


一日、数時間を面接に費やす、わが上司..._| ̄|○


まだまだ、ベンさんの面接秘話が続きます。



毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2007.11.06
日給者の面接をしていると、いろんな人と出会える。

時に、とてもかわいらしい子が面接に来ることがある( ´∀`)

かわいいにも、二通りあり、純粋なタイ人美人と、あなたもとカラオケ嬢かなにかでしょうという人もいる。

とにかく、ベンさんは上記のどちらでもいいから、かわいい子が大好きである!


ベンさんの面接は、時間がやたらと長い...( ゚Д゚)


そしてたまらず、閉口してしまう行動もする

カラオケ嬢っぽい子が面接に来た

ベンさん「工場はねーアクセサリーとかあんまりつけて入っちゃだめなんだよー、ちょっと手見せてー」( ´∀`) 

そして、見せた手を触りながら、

ベンさん「この指輪とかもとらなくちゃいけないけど、大丈夫ー」( ´∀`)

おいおい、これは【いけない面接シリーズ タイ編】かい?!

そんな面接の結果はもちろん採用!

ベンさん「なんか、あんな格好でこられると触っていいって思っちゃうね」( ´∀`)

そかもしれないけど、触らないし

タオ「あのーセクハラとか、ないんですか?タイ」

ベンさん「なによーこの国はー」( ´∀`)

※タイにもセクハラに対する法律はありますのでご注意

次回、いけない面接シリーズ2 タイ編 


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.11.09
ある日、ベンさんがソワソワしていた(・∀・)

たとえるならば、遠くに住んでいる彼女が家に遊びにくる日のようだ。


ベンさん「今日ねー女の子が面接にくるんだー生産に入れるのでよろしく」( ´∀`)

タオ「えっ?知り合いがくるんですか?」(,,゚Д゚)

ベンさん「打ちっぱなしのウエイトレスさんなんだーいつもサービスがいいから、うちに来ないってスカウトしたの」( ´∀`)

※場所にもよりますが、タイのゴルフの練習場の女の子はミニスカートをはいた若い子がいるところがある。 そして、飲み物や食べ物を運んでくれる。

さらには、人事担当を呼んで、説明するベンさん

ベンさん「この番号に連絡して、工場の来方を教えてあげてーそれから今日面接するから」ってな感じに。 VIP待遇かい?!

そして、その子はやってきた

髪の毛 茶髪、 年齢20歳くらい ところどころにタトゥーあり、ピアス数ヵ所。 

そして、結果はもちろん採用

初出勤日

来ない(,,゚Д゚)

通常ならばこの時点で不採用になるのだが...

その子に電話をかけるベンさん

ベンさん「なんか急用なので、今日は来れないってまた用事が終わったら来るって」( ´∀`)

そして、数日後

ベンさん「今日からくるらしいよ、なんか親の具合が悪かったらしい」( ´∀`)

※タイ人の十八番 休みの口実 親が病気なので...
 お前は医者なのかい?っていつも思います。


そして、その日も来なかった...

そんなことが数回繰り返されて、結局1日も働きに来なかった...

数ヵ月後

ベンさん「昔、面接した子覚えてる? なんか、もう一回面接してほしいっていってるよ」( ´∀`)

えっ? あなたそしてなんていったんですか?

ベンさん「えーあーいいよって言っといた」( ´∀`)


_| ̄|○ 僕も面接に入らないといけないのですか?
 

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.11.13
旅行でくるタイと生活をしているタイ

ここには大きな差があることは、在タイの方はもちろん何度かタイに来られている方ならばご存知のこと

タイのサービス業編

タイにはロータスという大型スーパーマーケットがある。最近ではロータスエクスプレスといった同系の小型スーパーマーケットも増えている。
僕はそのロータスのクレジットカードを持っており、タイではメインで使っている。

そんなロータスと僕の日常的な出来事

1、お釣りがない。

 タイの通貨単位は0.25が最小単位である。 

17.25バーツの買い物をした タオ

20バーツ支払う

通常ならば2.75バーツのおつりです。 

しかし

店員「今、25サタン(0.25バーツ)が切れているから、おつり2バーツだけです」(゚д゚)

えっなんで、僕損してるの???(;゚Д゚)

2、クレジットが使えない

ロータスエクスプレスは基本的に24時間営業、またガソリンスタンドの中にあることが多く、通勤時によく行く。

そして朝6時45分くらいに

清算をロータスくのクレジットカードで支払う 
※ポイントが1%つくのでお得

店員「クレジットカードは使えません」(゚д゚)

タオ「なんで?」(;゚Д゚)

店員「機械を使える人が、10時からの出勤です、現金にしてくれ」(゚д゚)サラリ

なんのためのロータスカード...

朝方ならば、高確率でこの対応をされることから、今では、はじめから現金で買うようにしている。

3、支払えない

ロータスカードで買い物をした決算は、ロータスのどの支店でも支払うことができる。

月末に支払いに行くタオ

朝方では、機械を使いこなせる人がいないときがあるので、昼ごろにいく。

(・ー・) 勉強してるからね

しかし支払いで待つこと5分

請求書番号のバーコードを何度も機械に取り込む店員

できないので、上司を呼びに行く店員

上司、出てきてさらに挑戦すること数回

店員上司「現在、システム異常で使えません」(゚д゚)

支払期限は今日までなんだけど...(゚Д゚ )


店員上司「知りません、また来てください」(゚д゚)

結構あたまにきてしまった 僕

タオ「システム異常か店員異常かどちらですか?」( ゚Д゚)

店員上司「システムです」(゚д゚)

そこから、車で10分のロータスまで支払にいく

さすが、ロータスシステム異常は解消されていたらしく、問題なく支払えた。

これがタイの日常です。


※実際ロータスの日常品の品揃えの多さ、そして価格は魅力なので、文句を言いながらも常連である筆者タオ。 


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.11.15
クレームの対応

原因が確定するまでは、ひたすら丁寧に原因究明をしていること、注意して生産していることを説明するが、自社の間違いだとはこの時点で確定していないので、謝らない。 しかし、原因が自社にあると確定されると、誠意を込めて謝る。

これが僕が教わったクレームへの対応。

実際、あまり得意ではないですけど...(・A・)

しかし、ベンさんのクレーム処理はすごい!

大手お客様から電話

商品の品質が安定していないというクレームを受けた。

僕はすぐに検査用サンプルを確認すると説明して、電話を切りベンさんに報告。
検査用サンプルはスペック内であった。

ベンさん「へー生意気なこというね~。じゃー原因を追究するのでそれまで生産できませんといってやれ!」( ゚д゚)

この商品は毎日生産しているもので、生産をストップしたらお客様に迷惑がかかるのはもちろん、こちらの工場も生産がストップしてしまい、ワーカーや機械が遊んでしまうことになる。

タオ「いやーでも、ここは穏便に話し合いしておいて...」(,,゚Д゚)

ベンさん「早く言っといて!」( ゚д゚)

仕方なしに電話するタオ

もちろん、客はびっくりしてしまった。またその間の保証などの要求もしてくるのは当然のことだった。

しかし、それらをベンさんは一切受け入れなかった。 

これが殿様商売というのであろうか...実際この客は、うちから商品を購入しなければ、他にサプライヤーを探すことはできないことは知っていたが...

結局、生産ストップ5日間

客も工場も損失を出す結果となった。

一方、満足そうなベンさん( ´∀`)

もちろん、社長への報告は僕がやったことことは言うまでもない

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.11.23
僕の会社の社長はいわゆる、華僑。

日本語はペラペラであるが、やはり日本人ではない。

日本人よりも優れているところもあれば、そうでないところもはやりある。 そんな社長について...

ベンさん「あれじゃー駄目だね、全然わかっていない......」(゚Д゚ )

と延々と社長の経営方針について批判する。

確かにその批判の80%くらいは正しいので、僕もうなずく。

僕や健さんはそれでも部下である以上、できるだけ社長の方針に従い、結果を出していくのが勤めだと思っている。
もちろん、完全に間違った方向にいけば、修正できるように考える。

ベンさんも同じ考えであるらしい...

ベンさん「あれは、絶対おかしい。今度、健さん言ってやったら?」(゚Д゚ )

健さん「いやーそれは最年長のベンさんの役目なので、なんとかお願いします」

ベンさん「そーそれなら、言っとくよ」( ゚∋゚)

それから数日後

タオ「ベンさん、例の件社長に進言してくれましたか?」(・∀・)

ベンさん「したんだけどねーあんまり聞いてくれなかったんだよ、仕方ないからこのままでいいんじゃない? どうせ社長の金なんだから。」

それではまずいと健さんが、会議を一席もうけてくれた。

社長「えー今日はなんの会議でしたか?」( ´∀`)

健さん「あのー先日ベンさんからも、少しお話があったかもしれませんが...例の件です」(,,゚Д゚)

社長「えっ?何でしたっけ?」

なんだか、話が合わないぞ??

タオ「例の件ですが、このまま行くとこのプロジェクトでは赤字になりビジネスになりませんので、このように修正したほうがいいと思うのですが...」(,,゚Д゚)

資料を手渡す

社長「うん、そうですね、こちらで行きましょう、他に何か問題あります?」(・∀・)

おいおい、ベンさん、どういうことですか? 

すんなりと聞き入れてくれたんですけど...

もちろん、この会議の間ベンさんは、十八番、無言状態

( ゚Д゚)社長、他に問題ですか?

ありますよ!

それは

私の上司

ベン!!


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ