微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2007.08.03
今日はタイの給料について書いてみたい、ここでいうタイの給料はいわゆる現地採用に限ってです。

タイの給料の基本っていくらくらいなのであろう?

実は日本と違って明確な基本給料というのはない、一応タイ政府が60,000バーツ以上と定めているがその限りではないのが現実である。ではどのように決まるのか? そう求人者がほしい給料を企業と交渉するのである。それが、企業にとって安い場合もあるし高い場合もある。 
※もうすぐ50,000バーツとなるらしい

昇給について タイ人

タイの慣習に転職をすればそのたびに給料があがる、現職2年働いて10,000バーツだから今度は14,000バーツで応募したりするのだ。タイ全体の昇給率はだいたい4~6%程度なので転職はとてつもない給料UPになる。 

日本人の場合

それと同様に日本人も昇給するのか?転職すると給料があがるのか?

昇給

昇給は会社との最初の交渉による、現地採用は昇給させないというところもあるらしいので注意。

転職時の給料ベースアップ

給料とは自分の価値を数値化したものといえる、最初に入社した会社で60,000バーツで採用された、そして数年後80,000バーツに昇給したが、転職すると80,000バーツ以上もらうことができるのか? 

答えは否である。

給料は、自分の能力と実績そしてタイミングで決まることが多い。 タイミングこれは重要である、採用権がある人の気分次第でもある。

年功序列ではないタイ社会で、歳をとると給料が増える、次職場でもその給料程度は保証されているというのはまずない。
もし自分に何か、人より優れた能力があり、また認められた実績もあれば、タイでの将来は明るいが、なければ50歳を超えても新卒と同じ給料ということもありえるのがタイランドである。

ふと考えてみた…

自分は今もらっている給料だけ会社に貢献しているか? もし自分が雇用主ならば、自分をいくらで雇うのか?今の給料を払うのか?


給料とは自分の能力値である、決して何もせずに増えることはない。
自分の能力値(給料)を増やすために、サバーイサバーイの仕事環境に満足してはいけないと。


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2007.08.06
コラートのアルカトラズでは、仕事に使用する言語は英語であった、むしろタイ語の使用は禁止されていた。

今回の職場はタイ企業、もちろん仕事場ではタイ語が飛び交っている。日本人も当然のようにタイ語を使用する。

僕はタイ語を勉強したことがない、正確にはお金と時間を費やして教えてもらったことがないのだ

なぜかというと、勉強している時間とお金がもったいなかったという単純な理由(゚⊿゚)

タイ語を勉強しておいたほうが仕事ができるようになるかというと??である。語学と仕事はまた別の分野である。語学ができても仕事ができない人はたくさんいるし、その逆だってたくさんいる。語学は時間が解決するが、仕事能力はそう簡単なものではない。仕事も出来て、語学も堪能なことに越したことはないのですがね。
タイ語の勉強という名目で1年くらい、思いっきりタイで遊ぶ時間をもてるということは楽しそうであり、うらやましいと思う僕もいるが…(゚∀゚) のべ2ヵ月間くらいプーケットで思いっきり遊んだので、今は我慢です。

その当時の僕はタイ語の日常会話は少しくらいならばできるようにはなっていたのだが、仕事となると別である。 ビジネス用語は日常会話ではほとんど使わない。

僕の上司ベンさんと同僚のケンさんは、僕よりタイ語レベルは上である、そして初日から会議はタイ語で行われる(;´Д`) 僕は拙いタイ語と、英語で補足して会話を取ろうとするが、これがなかなか上手くいかない。英語が使えるといっても日本英語、タイ人も英語で会話したことがない人がほとんどの状態であり、もっぱらジェスチャーと英語をメモに書いての意思疎通をすることになる。

経理、減価償却費、生産などそんなタイ語でわからん!(゚д゚)と逆切れ気味…

はじめの試練、タイ語…


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.08
第二の試練

古株タイ人スタッフの反抗

この試練はコラートでもぶつかったので、少々慣れっこ?気味!(゚Д゚)

問題の古株タイ人スタッフの役職は課長 名前はヌット28歳( ゚д゚)、ペッ

僕の立場は副工場長 新参者 28歳

彼女の給料は15,000バーツ
僕の給料は○倍となる。 気に入らないのは当然である。

考えてみた、僕が日系の日本の会社で働いていたとする。

僕が3年くらいの経験があり、26歳で27万円程度もらっていたとする。
そこに、フランス人の新しい上司がやってくる、彼の年齢は僕と同じ、もしくは下で、日本語はほとんど出来ず、英語が堪能なわけでもない。しかし彼の給料は150万円だったとしよう、この会社がフランス系ならまだ納得させられるところもあるのだが、日系だとしたらちょっと気に障りませんか?

ということで、僕の会社はタイ企業 そこにやってきた日本人、いきなり上司で給料は数倍、そしていろいろと指図するわけですよ。

ヌットさんそりゃー嫌でしょう(´д`)

彼女との胃が痛くなる、やり取りが始まった…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.10
ヌットとの戦いが始まったのは来て間もない日であった。それは仕事は終わったが僕は早くなれるため、過去の資料を見たり明日の仕事の計画を立てていたとき…

ヌットが、僕の部屋にやってきた(゚∀゚)

話があるという…

ここで組織を説明しておく

ベンさん>タオ>ヌット>大学卒スタッフ数人>日雇い労働者

このような具合である。

ヌット「タオさん、タイ語上手ですね」(゚∀゚)

おっ?? この子、僕のこと嫌っていると思っていたが、すでに上司として認めてくれたのかな?かわいいところもあるじゃないの(・∀・)

ヌット「でも、上品な言葉じゃないよ、ワーカーでもそんなことば使わないし、せめて語尾にカップをつけたら!」 
※タイ語は語尾に男性ならばカップ、女性ならばカーをつければ丁寧語になる

なんだ、嫌味でしたか…_| ̄|○

ヌット「それに、命令口調をやめたほうがいいよ、皆タオさんのこと嫌っているよ、私が命令しないと誰も動かないし実際」(゚Д゚ )

はいはい、嫌われて結構ですから、仕事してください! 言うこと聞かないならば辞めてください!!щ(゚д゚щ)

タオ「言うことはそれだけ?僕は仕事をしに、この国に来ました、もしあなたのやり方で今ある仕事が成功するならばやり方を変えましょう、でも出来ないから社長は僕を採用したんじゃないのかな?」(゚Д゚ )

この時点で、新しいプロジェクトは1年近く頓挫したままで、僕の部署の人間は毎日何もせず、ただPCとにらめっこをしたり、また雑談して過ごしていた。

ヌット「そうですか? じゃー私はタオさんを一切手伝わないから、明日から自分でやってみたら?」( ゚Д゚)

こう言い放って、ヌットは部屋を出て行った。

大人気ない僕は、こういう状況に結構燃える性格である(`д´)

日本兵に比べると、かわいいもんかな…ヌット…でも胃が痛い…


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.15
ヌットは宣言通り何もしなくなった

僕は作業員へ直接命令をして、現場を管理しなくてはならなくなった

ここでいう作業員とは、日雇い労働者のことである。

話は戻って、僕がこの会社に来て2日目

入社して2日目の会話

タオ「いよいよ、生産ですね」(・∀・)

ベンさん「そうだね~あれはいいね~」(´∀`)

タオ「でっ誰が生産管理の指揮をするんですか?」(゚∀゚)

ベンさん「えっ、そりゃタオさんだよ~」(´∀`)

タオ「えっまじですか?僕まだなにもわかってませんよ、とりあえず工程、規格書をみせてください」(;゚∀゚)

ベンさん「あ~ヌットさんが作ってるんじゃないのかな~」(´∀`)

おいおい、あんた見たことないのかよ!(゚Д゚)
仕方なしにヌットに聞いてみる

ヌット「はい、これ」(゚Д゚)

そこにはタイ語で書かれた、簡単な規格書があった…これって試作段階のものよりもひどいんじゃないの?

タオ「僕、タイ語読めないからこれ、明日までに英語に直して」(゚Д゚)

ヌット「私、英語できない」(゚Д゚)

おいおい、なんだんだこいつら…(;´Д`)

仕方なしに、他の素直なスタッフにこの規格書を読んでもらって英語に直すタオであった…

実は1年以上もベンさんはいろいろな言い訳を作って、客と社長からのオーダーの生産を延期していたのである。 社長も客もいい加減しびれを切らしていた。そして僕の投入を期に1週間後にテスト生産をすることになったのである。

僕は1週間で結果を求められることとなったのである…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.17
訳された、規格書を見て再び驚きである…見た目からある程度想像していたが、かなり適当、思いついたまま生産するって感じである。

ちなみにヌットに聞いてみた

タオ「テスト生産のスケジュールってあるの」(゚Д゚)

ヌット「なにそれ??」( ゚Д゚)ナニカ?

はいはい、こんなことぐらいでは負けませんよ。

テスト生産にはお客の立ち会うということで、タイムスケジュールを提出しなければならない、お客様もタイ人ならば簡単なのだが、大手日本企業の現地責任者が来られるという。

生産はベンさんやヌットの考えでは18時間程度かかる見込みだそうだが、僕が計算すると12時間もあれば余裕である。

お客様には18時間の終了時間を伝えておき最終製品の立会いだけにきてもらうことにした。

いや、一応保険として6時間見ておこうということです。

はい、それでは生産予定品の試作をしましょう!(゚∀゚)

ここは、ヌットが自慢気にワーカー数人を使って披露するが…

なんか、思いついたままの生産、たぶん100回やったら100パターンの商品ができてしまうだろう。 それゆえ、規格書もできないわけだ…

これではいけないと全品の、規格、工程を僕が作り直しその試作をする。

当然、ヌットはへそを曲げる(゚⊿゚)

ヌットがベンさんに

ヌット「タオが勝手にいじくるので、商品がめちゃめちゃになった。これじゃー当日できるわけない!」( ゚д゚)

ベンさんが僕に

ベン「ヌットの規格でほぼ完成されてるんじゃないの?もっと上手くヌットとやっていけないかな~」('A`)


あんた、1年近くもかけてこの程度のサンプルの完成度、僕は2日でこれらを一から作り直してるわけですよ。 僕も客が来る日、高見の見物ができるならば、手直ししませんよ。100%失敗が待っているわけですよ。 僕の責任でやる以上は、ここで失敗できません。

タオ「ベンさん、規格書ちゃんと見たことあります?工程考えたことあります?」(゚Д゚)

ベンさんはぶつぶつ不満を言っていたが、結局は今まで何も出来なかった結果があるので、今回は僕に任せるということになった。

なんか、やりにくいな~_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.20
なんとか、規格、工程を自分がわかる書式に変更した

そして、原料の発注をしなくてはいけないのだが、これはヌットが担当としてやってくれるらしい。 
いや、かなり不安ですがサプライヤーとかもわからないし、タイ語で発注しないといけないし、任せるしかないのです…(;´Д`)

そして、僕が入社して7日目。 ラインテストの日がやってきた。

昨日、入念な会議をして工程の確認、人の配置、タイムスケジュールを説明した。 宣言通り、ヌットは原料の発注だけをして生産には入らないらしい。 

ヌット、作業服すら着てやしない…。('A`)

まーいい、ここからはアルカトラズの経験から結構自信があった。アルカトラズでは300人以上のワーカーを指示して日本に輸出していたのである、今回はたかだか10人のワーカーを使っての生産、余裕かな…( ゚Д゚)

僕は朝から作業服を着て、工程などの書類を持って現場に入る。

ベンさんは机に座っているだけである…(´ー`)

そして僕の予想を上回る、地獄の18時間が始まった_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.22
生産開始から2時間

タイムスケジュールを見る、この時点で1時間以上遅れている。

そうスタッフが器具などの準備を一切していなかったのでる、そう僕のスタッフはヌット以外はすべて新人スタッフで器具の保管場所がよくわからないらしいって

なんだそれ…(;´Д`)

このあたりで、僕も実際に生産をする。指示をしながらなので全体が見渡せるポジションをとり、声を張り上げる

タオ ノ゚Д゚)

「おい、そこボーっと立ってない、あっち手伝って!」
「なんで、それやってないの??!」
「そんなやり方じゃないでしょ!」


僕のイライラは頂点に達しようとしていた…(`д´)

実はこのワーカー達は数ヵ月前に、このプロジェクトのために雇われたのだが、仕事がなかったので毎日現場で座り込み談笑を8時間して給料をもらっていたのである。 

はっきり言って、新人よりもたちが悪い。

仕事をしないことに慣れてしまっている彼女達は、仕事をするということ自体のリハビリなしにいきなり、本番がきてしまったわけである。

しかし、僕にはこの怠け癖がついたワーカーと新人スタッフが3人しかいないわけである。

ベンさん…あんた一体なにをやっているんですか?( ´Д`) 

数ヵ月、ワーカーが遊んでいるだけなのに何も感じない僕の新しい上司…ベンさん…

おいおい、日本兵だったら、こんなワーカー殺しちゃってるよ!


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.24
昼を回った頃、ワーカーを交代で食事に行かせる。

もちろん僕は食事など言ってられない状況である( ゚Д゚)

そこで、ケンさん登場、現場担当ではないケンさんはいつもは違う場所で勤務しているがラインテストを見に来た。

ベンさんがケンさんに話しかける

ベン「ほら、みんなちゃんとやってるでしょ!うちはいつでも出来たんだけど、社長や客がごちゃごちゃ言うから遅れたんだよ」( ゚∀゚)

おいおい、ベンさん、誰がちゃんとやってるんですか!!!(`д´)

僕は怒りを抑えて、ケンさんに一言

タオ「最悪です、何も出来てませんよここのスタッフ!」(゚Д゚)

そして、現場に戻る。

なんとか、軌道に乗ってきたかなと思ったのが15時くらい。

そして、不安は的中

スタッフ「タオさん、原料がたりません」(゚д゚)

タオ「はい?だって、まだ半分くらいしか出来てないでしょ?なんでたりないの?」( ゚Д゚)

あとで判明したがヌットは生産ロスを一切計算せずに原料を発注していた。 その発注書にはベンさんのサインが鮮明にされていた…

ベンさんあんた、許可しちゃってるよ…

タオ「馬鹿野郎!!今すぐ、買いに行けー!!!!!!!!!」ヽ(`Д´)ノウオゥオオオオオオ

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.27
幸い、近くで手に入るものばかりで1時間後には原料は手に入った。

予定の18時には終わらないが、20時には確実に終わるな~(;´∀`)


しかし…数時間後

スタッフ「原料が足りません」

タオ「はい??さっき買ってきたでしょ。なんで足りないの?」(,,゚Д゚)

スタッフ「タオさんの計算だと、100必要なのですがヌットさんが70で足りると言ったので70しか買って来てません」(゚Д゚ )

僕はヌットの計算が信用できなかったので、すべて自分で計算しなおして購入数量を伝えたのだが、それをヌットがまた訂正していたらしい。

なんで、あんたは僕の指示通りに買ってこないの?

ここで、僕の怒りは爆発した

タオ「この馬鹿野郎!!!どうすんねん、もうどこも開いてへんやろ、もう死しんでくれ!!!」((゚Д゚))

もう、疲労困憊のタオ_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.29
怒ったところで、製品はできない。 
この時間でも開いているところまで行き原料を調達するしかない… 

なんとか、原料を調達する手配をする

原料が到着するまで、ワーカーは現場の地べたに座り込む('A`)

文句を言いたかったが、彼女達が悪いわけではない。 仕事を教えなかったベンさんが悪いのである。

タオ「現場で座り込むのは良くないから、ロッカーで休んでいてください」( ゚д゚)


ここで一番大切なのは、作業をする方たちである、彼女達に働いてもらわないと製品は完成しない。あと少し頑張ってよ! 

そして、原料到着。

再び、生産再開(゚д゚)

すでに22時を回っていた。

あと1時間もすれば客が来るだろう。

23時、なんとか、なんとか生産終了(;´Д`)

その時ちょうど、客が到着

客「あれ~ほんとうに出来てるじゃないですか~」( ´∀`)

ベンさん「ははは、だからうちはいつでも出来るんですよ~早く発注してくださいよ~」( ´∀`)

僕は最後の気力を振り絞って、客との打ち合わせ( ゚д゚)

ワーカーは死んだようにへばっている。ずっと仕事してなかった人が、18時間以上、ほとんど立って働いていたのだから無理もない。
途中で帰るやつがいなかったのが、奇跡的である。

午前1時、僕は遅い昼食兼夕食兼夜食を食べた…

もちろんベンさんは昼食も夕食もしっかり食べていたのは言うまでもない…

次の日、半分のワーカーが欠勤しさらにその半分がそのまま退職した…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.08.31
先日、タイの連休にバンコクから車で3時間のところにあるホアヒンというリゾート地に行ってきたときのアメージング(・∀・)

時速110Kmくらいで快調に車を飛ばしていると、前のピックアップトラックに人が乗っていた。 荷台に人が乗っていることはタイではごく当たり前のことなのだが、近づくとどうやらカップルのようだ。

そう、リゾートの話ではなくこのカップルについてが今回の本題

いやカップルが羨ましいとかではではなく(まったく羨ましくないとは言い切れない)、彼氏がなにやらギターを演奏しているではないか!

一人で、ジャカジャカやっているのではなく、彼女に歌とギターの音色を聞かせているようである!!

リゾート地は海がメインなので、海の浜辺で夕日を見ながら恋歌を聞かせているなら、ちょっと背中がゾクゾクしちゃいますが、かっこいいですよ!

でもね、時速110Kmで走っている、ピックアップトラックの荷台の上なんですよ!

彼女聞こえてますか? いや、聞こえないでしょ?!(゚д゚)

聞こえないから彼女もできるだけ近づいて聞いているわけですが…

彼氏はどうだ?!って感じですね、しかも彼女もまんざらではなく、むしろ私の彼は最高って感じなんですよ!ヽ(゚∀゚)ノ

恋は盲目といいますが、このレベルの馬鹿っプルは久しぶりに見ちゃいました!

皆様にもご報告を _| ̄|○


baka.jpg



毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ