微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2007.06.01
そして、面接の時がきた

待ち合わせ場所に先に着いた僕、そしてまもなくメールのやり取りをしていた日系企業の社長とさらに二人の方がやってきた

日系企業の社長から説明があった

説明として、実は今回募集しているのはこの社長の会社ではなく、知り合いのタイ企業が日本人を探しているということであった。そしてこの日はそのタイ企業の社長と僕が採用されれば僕の上司になる予定の日本人工場長が来られていた。

突然の考えていなかったケースに戸惑うタオ(;´Д`)

自己紹介をしてといわれ、英文和文の履歴書、職務経歴書を提出するが迷うタオ(;´Д`)

そう日本語か英語、どちらで話せばいいのか、迷った

それを察知して、日系企業の社長はこの方は日本語ができるので日本語でいいよと助け舟を入れてくれた

自己紹介をできるだけ、わかりやすい日本語を選んでする。 タイの社長はまったく話さないので、実際どれだけ理解しているのかわからないので、時折、わかりにくい日本語は英語で付け足したりして話していた。

20分くらい話して、今までの経歴、今回の転職希望を説明した。

転職希望の理由は一度は日本へ帰ったが、今回は腰をすえてタイで働きたいと、興味ではなく将来を考えてやってきたとストレートに説明した。

その後、タイ企業での僕の仕事内容を説明してもらった。この内容はメールでもやり取りしていたものと同じであった。違ったのは日系企業で働くかタイ企業で働くかの違いであった。

そして仕事内容と同じくらい大切な待遇の交渉に入った

その中で給料については、僕は金銭面で我慢して働くならば来年までまって駐在員として来ようとと決めていたので、現在日本でもらっている給料と同じだけと言ってみた。 

また休日についても年合計1ヵ月、日本に残している両親のために帰りたいと言ってみた、実際は自分も帰りたいし…( ゚Д゚)

たぶん無理だろうな~と思っていた、もし無理なら今回はなかったことにしようと考えながら面接を受けていた


そして… 

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2007.06.06
タイでの面接にはよくあることだが、採用の場合即決が多い

理由はいくつか考えられるが、採用の権限を持っている人が直接面接をするケースが多いからだと思う

給料や休日の待遇面は、同じ会社なのに交渉次第では違ったりするのでしっかり話し合ったほうがよい。
特に日本採用でない場合は、保険や帰国手当てなど日本ではあまり考えなくていいことも交渉しなければならない。

そして、僕のケースも即決であった…

日本企業社長「うん、我々が考えている人材にぴったりだと思う」(・∀・)

日本人工場長「そうですね、来ていただければ助かります」( ´∀`)

そして、タイ人社長を伺う二人

タイ人社長「そうですね、来ていただければありがたいです」(・∀・)

と流暢な日本語で言われた。

給料、休日ともに僕の出した条件であっさりクリアであった…
僕の予想では給料や休日に関しては、後日OKかどうか返事すると返答されると思っていた、なにせ現地採用ではなかなかありえない駐在員待遇の給料を提示したのだから…。
他の僕の出した条件をすべてのんでくれた会社にたいして、僕は即決するほかなくなってしまったのだが…

僕の発言を待つ、皆様 

タオ「あっ…ありがとうございます、私も皆さんと一緒に働ければうれしいですが、今日は興奮しているので日本へ帰ってから現在の上司や親に相談してすぐに御返事したいと思います」(;゚∀゚)

と、即決をするのを避けた。

一瞬時間が止まったかのように思われたが、とにかくこれから一緒に食事をしようとその後皆さんと食事をすることになったのだった


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.07
面接の後の時間を、僕は久しぶりのバンコクを歩きまわり堪能した。

宿泊地がサイアムということもあり、初めてジムトンプソンの家にも行った。ガイドが日本語、英語、タイ語とあるのだが僕は待つのが嫌で、一番早く回れるタイ語ガイドを選んだ、そしてすぐに後悔した。

よくわからん??( ゚∋゚)

最初はそんなに興味深いものなどないから、あまりわからなくてもいいやと思っていたが、中に入ってみると結構興味深いので、頑張ってガイドのタイ語を聞くが僕の知っているタイ語レベルではわかるはずもなく…。 わかったことは、ジムトンプソンはお土産用のシルク製品の社長とかではないこと、そしてなぞの失踪をしているということ…( ´Д`)

とにかくまた行きましょう…( ´∀`)


という感じで残りの日程を満喫して、日本への帰路につくのであった。
 

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.11
ここで僕は人生最大の選択することになったのだ (`・ω・´)


A、このまま、日本で1年以上働いて駐在員としてタイに赴任できるのを待つ。


この場合の待遇

給料   日本駐在員基準 
仕事内容 日本の指示に順じてタイで仕事をする。
福利厚生 日本の標準 厚生年金、退職金、社会保険など
期間   日本の指示に従う 通常3年くらいその後は日本へ帰る


B、日本の会社を辞めて、タイ企業に就職する

この場合の待遇

給料   日本駐在員基準
仕事内容 タイの社長のもと自分で仕事を創る。
福利厚生 タイの標準 タイの社会保険 年金などなし
期間   解雇されるまで…

本当はこれだけでは表せないが…僕はかなり違う人生を選択しなければならなかった。

選択に残された日数は約 7日間…(;゚∀゚)


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.13
ゴールデンウィークが終わって、会社に普段通り出勤

上司「タオさん、ゴールデンウィークはどこ行ってたの?」(・∀・)
タオ「えーあっ、ちょっとタイへ行ってました…」(;´∀`)

上司「へータイがそんないいの?って何してたの」

タオ「あーっあちらの友達とかに会ってました…」(;´∀`)

と、答えたもののこれから数日以内に僕はこの人に退職の意思を伝えないといけないかもしれないと思うと、気が重い…('A`)

そんな僕も気持ちは関係なしに、だいぶん職場に慣れてきた僕に仕事の依頼が増えてきた。

やばい…仕事の大半はこれから数ヵ月かかるものが多い…('A`)

確実に辞めにくくなっている…_| ̄|○


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.18
僕が帰国してからは、両親と三人暮らしの生活

両親は僕が帰国してきたこと、大手企業に就職したことをかなり喜んでいた。

やはり、前回タイに行ってしまったことで僕の将来を相当心配していたようである。 

まー当然ではあるが…( ´Д`)

母親「タイはどうだった?やっぱ日本のほうがいいでしょ?」( ´∀`)

タオ「いや、そんなことはないよ、日本の生活は窮屈で…」(-_-)

母親「何言ってるの!? 日本ほど安心して暮らせる国はないよ!」( ゚д゚)

タオ「そうかな~日本ほど、将来に夢がもてない国もないんじゃないかな…」(-_-)

父親「まーお父さんが死んだら、タイでもどこでも行ってくれそれまで家にいろ、お母さんと二人やったら何も生き甲斐がないわ!」( ゚∀゚)

タオ「…えー…まー」( ´Д`)

言い出せない…相談も出来やしない… _| ̄|○


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.20
僕の気持ちはすでに決まっていたのかもしれない( ゚Д゚)

インターネットでタイ求人を探していた時くらいから…

いや、日本で就職が決まって働き出してすぐに…

先日ゴールデンウィークにタイに行った時、僕はほとんどお土産を買わなかった

なぜか、すぐにここに帰ってくる気がしたからかも…

僕は日本に帰ってからは、就職をどうしようかというよりも、会社と両親にどのように切り出そうかとばかり考えている。

そんな自分がいることに気づき、僕は一人決心した

再びタイで就職することを!!

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.21
決心してからの行動は早いタオ!( ゚д゚)

先ずは先方の工場長にメールで連絡

内容はもちろん、是非働きたいということと、待遇の詳細の質問である、例えば家はどのようなものなのか? ビザや出社日についてである。

出社日は現在の職場のことを考え2ヵ月後ということにした


工場長からの返信

もっと早く来てもらいたいけど、職場に迷惑かけてはいけないので了解です。私達の新プロジェクトに参加してもらえることを楽しみにしています。( ´∀`)

良かった、この工場長は日本兵とは違うだろうと安心するタオ

あとは両親と会社に伝え、ビザなどの手続きをするだけである 

だけなのであるが、それが一番大変なのであるのだが…(;´Д`)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.23
言えない、会社編

タイミングの悪いもので、僕が入社して2ヵ月以上たった先日会社の僕の所属する部署で歓迎会が開かれていた。

歓迎会はゴールデンウィーク前だったので、僕はまだタイの会社と面接をしていなかった。

僕の他に、新社員が数名、転勤してこちらに配属された方も数名おられた、中途採用として僕も同じ歓迎される側の列に並べてもらっていた。

その中で数人がスピーチを述べることになった、当然、タイ帰りの中途採用という異色な僕は選ばれるわけであった(;´∀`)

このありがたい厚遇とアルコールの勢いもあり、僕は数分間のスピーチを上機嫌で行った。 そして盛り上がる中、僕は…

タオ「皆様と一緒に、この会社の一員として精一杯努めますのでどうぞよろしくお願いします!」ヽ(゚∀゚)と締めくくったのあった。

部署 40名くらいの先輩方からは大きな拍手が送られたのはもちろんである…

あれから、2週間…

どの面下げて、辞めさせてくれといえるんだろう…('A`)

無理だ…('A`)

僕の所属する部署の方々にはとてもじゃないが切り出せない

こんな時は人事部でしょう! ということで、僕の採用に中心になってくれた恩人ともいえる人事係長に相談という形で伝えることにした。

あくまで、決定ではなく相談という感じということを大切に…


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.25
先ず会社内で人事係長に時間をとってもらった。

人事係長「どうです?タオさん、職場にも馴染んでいるそうじゃないですか?」(゚∀゚)

タオ「はい、おかげさまで皆さん良くしてくれているので、楽しく仕事させていただいてます」(´∀`)

やばい、あまり前置きがながいと言い出せなくなる…

【中略】

タオ「いや、実はですね、タイに早く行きたいんですよ、それで実はですね…退職してタイで仕事を探そうとも思っているんです。」('A`)

人事係長の表情が一気に曇った

人事係長「えっどういうこと?日本でしばらく働いて、将来タイの工場に出向するようには部長も話してるんでしょ?」( ゚д゚)


タオ「えーそうなんですが、それもいつのことか不確かですし~またいつかは日本に帰国することになりますし~」('A`)

煮え切らない、返答である

その場はとにかく、もう一度話し合うということで終了

そして、次の日人事係長から携帯に電話がかかってきて、飲みに行こうと誘われた…当然従うのだが…('A`)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.06.29
居酒屋で飲む、もちろん食べ物はあまり進まず酒ばかりが進む。

人事係長「うーん、それで辞めるしか道はないの?」(・A・)

話が前に進まない…人事係長は辞めることには不満ではないようだ…

僕はここで大胆かつ、あつかましい発言をしてしまった

タオ「もしもです、すぐに駐在員としてタイに出向させていただければ、これからもこの会社で働きたいと思っていますよ」( ゚Д゚)

人事係長の表情が緩んだ

人事係長「なんだ~ほんとうにタイで働きたいだけなんだ!僕はてっきり会社が嫌でその口実にだと思っていたよ~なんだ~良かった良かった。それならまだ可能性はあるな~」
( ´∀`)


あれ??僕も思っていない展開になってきたぞ。

人事係長は携帯電話を取り出し、人事部長に連絡

人事部長からの了解も得ることが出来たみたいで、数日中に僕の所属部のトップの方と話し合いをもつことになった。

人事係長「うん、なんか引っかかっていたんだよ、タオさんが何か言いたいことを我慢しているというかね…これで駄目だったら僕もすっきりするよ」( ´∀`)

駄目だこれはすべて打ち明けよう…

タオ「あの実は、タイの会社から内定を頂いているんですよ。もし、こちらから駐在員でいけなかった場合はその会社に就職しようと思っています」

人事係長「そうか~じゃーどちらにしても心配ないって事だね」(・∀・)

なんて良い人なんだ~ほんとうに僕のことを心配してくださっていたんだ…

帰りの電車で僕は、この会社の駐在員としてタイに行くことを想像してみた。

悪くない、いやむしろ、やはりタイ企業よりも安心でしょう( ´∀`)

でもタイの会社が…タイの工場長に謝らないと…(;´Д`)

まっいいか!って久しぶりにポジティブなタオであったヽ( ・∀・)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ