微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2007.02.01
辺りは暗闇に包まれた時刻に、僕は徒歩で寝床を探し回っていた。

電灯はまばらにしかなく、暗闇に人影がうごめいている

はじめはなにも考えずに暗闇のなかをズンズンと歩いていたが、かなりの確立でなにか言葉を投げかけられる…(゚Д゚)

そのとき、腕を引っ張るガリガリのおやじがいた!(゚Д゚ )

そして、ポケットの中を見てくれのジェスチャーをする

麻薬である

フリーペーパーに書いていたパーイ

中国国民党の残党と麻薬の町 パーイ


うーん…(;゚Д゚)


僕はとにかく、麻薬はいらないのジェスチャーで返す

おやじは、ほかの種類もたくさんあるとさらに進めてくる

ほかのおやじたちも、僕達のやりとりをずーと見ている。

僕はおやじを振り払って、足早に走り去った。

そして、一軒のゲストハウスに駆け込んでチェックイン。

パーイ やばいんじゃないの??!(;´Д`)

少し、休んで外に出てみるとそこは、ファラン(白人)の町であった

Internet、Pizza、Guesthouse、VIP BUS などなどの看板がいたるところに立っていた。

そして、暗闇の中に豆電球で照らされたBARビールを流し込む、赤ら顔の白人達の姿。

楽しそう~!!(・∀・)


車のことは忘れて、PIZZAとビールを流し込むタオ(・∀・)つ

かなり気持ちよくなったところで、ビール片手にインターネット屋で日本へメールを打つ

パーイ 最高!!って(ノ∀`)


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2007.02.07
翌日は朝早くに、鳥の鳴き声によって起こされた

僕が泊まったゲストハウスは、鳥に餌付けしていたのでかなりの数の鳥が朝早くから集まっていた。
かなり迷惑なゲストハウスだが、プラス思考で早起きして観光をしようと外にでた

田舎のアジアの朝、ちょっと肌寒いとき僕は無性に米麺がたべたくなる( ´д)フー
屋台のクティオ(米麺のあっさりした料理)こちらをすすりながら、ちょっと悦に入る

そしてフリーペーパーに付いていた簡易地図を片手に、アカ族の村に行ってみる。

イメージは民族衣装に包まれた子供達や女性たちがわんさかいる(゚∀゚)

しかし実際は「えっ、君達なに族ですか?」( ゚д゚)

普通じゃん! (-_-)

パーイにいた人たちと同じ格好じゃん!!(゚Д゚)

しかも、普通の村で観光地でもないので当然みんな不審な目で僕をみる。 当然といえば当然である、日本の僕の住んでいた町の家の周りを外人がうろうろして、写真でも撮られた日にゃ警察に電話してしまうでしょ…

はい次、中国国民党の残党の村

なんとなく、分かっていたがこちらも銃を持ち歩いていたりしているわけでもなく、ただ普通に生活されていた…

家の周りや立て札が漢字で書かれていたくらいで、期待していたものはなかった…

こちらはアカ族たちよりも、僕を追い出そうとする感がありありとして5分もせぬまに出てきた…(;´Д`)

こうなったら意地でもなにかを探さなくてはと、歩き回ると滝があるという看板あった、それを今日の目標とすることした。

そして山道を登っていくと【WATERFALL】の看板が道を記してくれているので迷わず到着。 滝は泳げるくらいの深さで、透明感もありきれいだった
そこで僕は二人の日本人の学生と出会った。

彼らは大学生で、タイに遊びにきておりなんとなくここまで辿り着いたようだ。当時28歳だった僕はとてもうらやましく思った、このパーイのすばらしい景色を学生のうちに堪能している彼らに尊敬と嫉妬のような感情をもった。 

彼らとは山の中腹にある、小さな食堂で乾杯をして少し話をした。僕がタイで働いていること、そして2年になることそして現在休職中であること。 でも日本へ帰ろうとしていることは言わなかった。
そして、お互いのメールを交換して僕は彼から聞いた次なる目的地を目指そうとパーイの町へ帰った。

次なる目的地 メーホーソン県 

そうである、首長族の村がある県である


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.02.13
メーホーソンへは、チェンマイからパーイに来るために通ってきた道をさらに西へ進めば辿り着く。 ミャンマーとは目と鼻の県である。

パーイからメーホーソンまでの山道も結構険しいが、代車で到着したVIOS2は快調であった(・∀・) 

3時間もすればメーホーソン県へ入ってしまって、今回はあっさり目的達成かと思われた…

首長族の村は数ヵ所に点在していて、ガソリンスタンドでどこがいいんだと聞くと、地図をくれた…やさしい(・∀・)

地図には首長族の村は、首の長い人間の絵が入っていたのですぐにわかった…。 一番大きい、村は結構険しい道でVIOSではいけないと言われ、この村がいいんじゃないの?って言われたのはミニバスなどでツアーがいく村だそうである。 

2日前にVIOSを壊した僕である、冷静な判断ではこの観光地ようの村を選択するべきなのだが、一番大きな村を目指してVIOS2で出発!!

なんとかなるさ!( ゚д゚) 

今までもなんとかなったから…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.02.19
首長族の村へ向かう道で、僕はとても強烈なものにすれ違った!

川沿いの山道をVIOSで快調に飛ばしていたら、対抗からバイクが走ってきた…

なんか変だぞっと…( ゚д゚)

20mほどの距離になって、この人の首が異様に長いことがわかった、そうである首長族の女性がバイクを運転して、町に降りてきていたのである。 しかも、大きなサングラスとスカーフをしているので、その様子はあの映画のETの様であった( ゚д゚)

僕は覚えている限りでは初めて、開いた口がふさがらないという状況になった、これが首長族との最初のコンタクトであった…(;゚∀゚)


口がふさがった頃、いよいよ道は険しくなってきた
後ろから、ピックアップトラックが迫ってきて降りるように合図するのでとりあえず道でも聞こうと降りてみる。

ピックアップ「ここから先は、その車では無理だ、俺の車を使え!安くしておくぞ」と迫ってきた。 この男は、こうやってここを通る普通車に声をかけているような雰囲気だった、いくらかと聞いても時間によるとかいって明確な金額は出てこないので、こいつを無視してもう少し言ってみることに、しかし背後からはピックアップがぴったりとついてくる。

なんなんだよ~うっとうしいな!(゚Д゚)と思っていると、小さな派出所が見えたので、ピックアップと離れたかったので道を聞く振りをして寄った

そして、村までの道を聞くと


警察「この車じゃ無理だ!俺の車を使え!」

タイの警察も田舎だとやさしいものだと思っていたら

警察「う~ん、300バーツでどうだ!?」

はいそんなもんでしょうね…金額を言ってくれるだけましか…('A`)

了解すると、出てきたのは超オンボロピックアップであった

オンボロ具合は、僕が出くわした動く車の中でNO1である


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.02.26
オンボロピックアップトラックに乗り込んで、いざ!( ゚Д゚)

オンボロ車の欠点

・まず見かけがオンボロ、塗装がはげているだけでなく車体の金属も錆びて割れている。
・ブレーキがあまり利かない、サイドブレーキと併用してようやくとまるくらい。


ブレーキにはかなりの不安があったが、とにかく出発…

出発してすぐに、山道のぼりそして下り。

下りには相当の緊張が走った!!(;゚∀゚)

下り終わったら、車が完全に止まるまでの距離を計算していかなければならないからだ、例えるなら飛行機が着陸して徐行運転ができるまでの距離が必要なようにこのトラックにも、下り坂を終えてからしばらくスピードをゆるめるための距離が必要なのである、もしそこに急なカーブなどがあったら、トラックはぶつかってしまうだろう…

そして、大体あの場所くらいには止まりたいなと思い、坂の頂上下をみるその先には川があるが、おそらくその前には止まれるだろう…やや希望気味判断でダイブ!

なんとか、一個目の坂を下り終えた!!(;゚∀゚)

そして立ちはだかる川、左右をみても橋らしきものは存在しない

そのとき、川上で川を渡るピックアップトラックいた!!

トラックは川の中をどんどん走っていく、車体の半分は水に浸かっている

この川はこうやって渡るんだ…!!(;゚∀゚)

僕のトラックはオンボロピックアップ…はたして…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2007.02.28
ブログを初めて以来使用していた、プロフィールの写真を変えてみました。

もともとあったのは、タイのジャンヌダルクと称されるタオスラナリ像の写真でした、そう僕の名前のタオの由来です。

写真を変えた理由は、コラートの刑務所を出所してコラートに関する記事が少なくなったからということと、単に飽きたからですw

次の写真はどうしようか考えた結果、やはり自分の写真にしよう!と思い、僕の影にしました。

先日行った、ホアヒンビーチにてこのブログで使ってやろうと思って撮影してきました。
この季節のホアヒンはとても水が澄んでいて、かなりお勧めです。

客はほとんどが白人で、なんかここがどこの国か忘れてしまいそうでした。

最初は水を怖がっていた白人の女の子、すぐになれておおはしゃぎ

DSC00224.jpg


ビーチを歩いていると、メニューが砂浜に… 

DSC00265.jpg


ビーチでシーフードとビールを頂く、椅子の下は海、最高!(´∀`)


DSC00205.jpg


最近忙しく、ブログを更新する時間がないですがこれからも見捨てないでください。 あと、僕のブログにリンクしていたお気に入りのブログが閉鎖され大変残念です。また、違う話題で復活するといいですね。


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ