微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2006.09.04
カオプラヴィハーンを堪能した後は、東北の1直線の田舎道をひた走り、コラートへと…

コラートへついて、馴染み(?)のピザ屋で昼真っからビールとピザを平らげて、タイシンアパートメントへ帰ると…( ´∀`)

僕たちと、同じフロアーに引っ越してきた人がいた。

なにやら苦戦中であるので、ビール効果もあり、お節介状態の僕たちは声をかけてみることに…

タオ「どうしました~?」ヽ(´ー`)ノ

老人「いやーかくかく云々なんですわ、わっはっは!」(゚∀゚)

いやー変な方だなというのが、僕の第一印象である。

酔った勢いで話が進む僕たち…

今までどこで、何してたんですか?

老人「あ~最近は、あの銀座というところの裏のアパートに住んでいたよ」

解説しよう(`д´)、銀座とはコラートで有名なお風呂屋ことソープランドである、そしてその裏のアパートというのは、そこで働いている人たちの宿である。 僕たちも、生産で汗を大量に掻いた日は風呂につかりにいったものである( ´∀`) 

(;´∀`)タイシンアパートメントは風呂がないのである、日本人なら誰でも風呂に入りたくなるでしょ??

そして、話は進む

でっ今後はどうされるんですか?

老人「いやー君たち、○○会社って知ってる?そこで、働くことになったんだけどな~」

○○会社!!!

ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ

コラートのアルカトラズ刑務所! 

すなわち、僕たちがいた会社である

これは奇遇どころじゃない
質問攻めである

そこで何をするんですか?
いつからですか?
今まで、その関係の仕事だったんですか?

老人「なに、若いものばかりだから、いろいろ教えてやってくれといわれている、来週の月曜日からだけど…今まではまったく関係ない仕事をしていたし、最近は無職だわ」

すごい!凄すぎる!!
偶然である!適当である!!

しかし、はっきりいってどうでもよい、僕たちは

タオ「あー僕たちもそこにいたんですよ!大変だけどがんばってください」ヽ(´ー`)
ミン君「もう、辞めたんですけどね。近日中にコラートからでますよ」ヽ(´ー`)

老人「あーそうかい、そうかい」

タオ、ミン君「そうなんですよ、では失礼します」

その後、ぜってー無理だよね、日本兵なら1日で解雇にすると思うよ。
って会話をしながら部屋に戻る二人であった。

次回、老人こと南さんの今後を先に、書くことにします

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
2006.09.06
南さんの収容生活

予定通り、南さんは収容された

そして、予想通り何の仕事もできなかったらしい(ノ∀`)アチャー
しかもこの南さん根っからのエロじいさんであったらしく、歓迎会では女性スタッフに抱きついたり、胸をさわったりという有様であったのようである。


南さんの年齢は60中頃を過ぎたぐらいである、本来なら定年している年齢、再就職しても顧問とかの名誉職であることがおおいのではなかろうか…

しかし、コラートのアルカトラズは半端じゃない!
第一線の仕事をやらせて、できなかったらお仕置きである!(゚⊿゚)イラネ

30以上の年齢差も、日本兵には関係ないのである。

失敗したら、日本兵の席の前に立たせて尋問を数時間にわたってするのが日課になっていたらしい。
しかも、途中からは無理難題をだす始末で、誰が担当してもクリアできない課題を与えたようだ。
この南さん根っからのエロじいさんであったらしく、歓迎会では女性スタッフに抱きついたり、胸をさわったりという有様であったのようである。

そして、1ヵ月程度で辞めていったらしい…

僕はここで、南さんや日本兵が悪いとは思わない。
僕と南さんはタイシンアパートで10分足らずの会話をしただけだが、絶対に仕事が勤まらないと確信した、しかし社長はまた、座っているだけでいいとかいって採用したのである。 

迷惑な人選である( ´∀`)

なぜ、詳細に内容を僕が知っているかって?

刑務所に情報屋はつきものである、いずれ情報屋も紹介したいと思います(・ー・)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.08
タイシンアパートのレストランでミン君と最後の食事をして、記念撮影! 厳しい環境のこの会社でよくここまでやってくれた、本当ならこのまま二人でプーケットまで行きたいのだが、会社がそうはさせてくれない、ミン君は日本の本社に帰らなくてはいけないのである。

戦友が帰国すると、自分も帰りたくなるのが弱いところである…

が、(`・ω・´)シャキーン

長年の夢(2年だけど…)、コラートからの脱出!

そしてタイでの第二の生活の場を探しに、いざプーケットへ!!

プーケットはコラートから、1,500Km程度離れている、車のレンタル期間の残りがあと3日。 プーケットへついてから家を探すことも考えて2日でつかなければならない。 車の中は引越しの荷物で一杯であるため、家が見つかる前に車を返してしまうと一杯の荷物とともに途方にくれてしまうことになるのだった。

計画を立てる!

地図をみて約10秒、今日はプラチャップキリカンまでいって一泊することに決定! プラチャップキリカン県とは、パイナップルに産地で王族のリゾート地ホアヒンをさらに南へ100Km程度いったところに位置する。

相変わらず適当である…

出発! 

さよなら、タイシンアパートメント!

さよなら、銀座、クランパーサ!(地元の人しかしらないか)

さよなら、タオスラナリ像!

さよなら、ザ・モール、ロータス、シマタニホテル!

さよなら、僕が初めて外国で生活した都市、コラート!!


不思議と、寂しさは全くなくそれよりも、今後の生活への不安な気持ちが強かった…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.11
コラートを出発して、まず向かうはバンコック

いつもは、エアバスで行き来している道をSUZUKIカリビアンでひた走る。 時間にして約4時間である。

ひたすら物思いにふける…二度とこの道を戻りたくない…。
あらゆる、パターンを想定してのイメージトレーニング対社長を繰り返していた。

絶対 戻りません!!( ゚Д゚)

このようにキッパリいえるだろうか…。

テンションは低いままバンコックへ到着

バンコク都を通り過ぎて、バンコク南西の県、サムットサコーンを目指す。 

サムットサコーン、そしてその次の県サムットソンクラーンこのあたりは、見事な塩田地帯で、そこらじゅうに塩田を見つけることができる。この塩田地帯を抜けると、リゾート地で有名なホアヒンである。

まっすぐな道に時折見かける道端の店、生い茂るヤシの木。ようやくコラートから離れた開放感が僕を安心させる。

DSC00716.jpg
 あまりにも、真っ直ぐなので睡魔との格闘である(;´∀`)

DSC00710.jpg
排気ガスを一杯浴びた、魚の日干し。強烈な匂いがする(゚Д゚)
DSC00632.jpg
 生い茂る、ヤシの木

これがシャバというやつなのですね

今夜の宿泊地プラチャップキリカーンはすぐそこである。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.14
日没と同時くらいに、到着!
宿泊予定地であったプラチャップキリカーンである。

DSC00694.jpg
 この県の名産物 パイナップル

思えば、2年前にタイで就職活動をしたときに、4社採用をいただいた。 そのうちの1社が、ここプラチャップキリカーン県の会社だった、もしここへ来ていたらどうだったのだろう? コラートのアルカトラズよりは悪かったとは思えないのは、隣の芝生は青いという思考なのだろうか? 

(;´Д`) いや、コラートよりはましだろう… あそこより酷かったら、確実に死者がでているはずだしな。

適当にホテルを見つけて、チェックイン! 市内の一番大きく、目に付いたホテルで、1泊 700バーツくらいであった。

部屋に荷物を置いて、すぐに海岸へGO!

海岸沿いには、シーフード屋台が並んでいる。 その一軒で腹ごしらえ。

DSC00683.jpg
 生牡蠣 辛目のソースと味噌のようなソース、そしてライム、にんにく、唐辛子を好みで一緒に食べる。最後に、葉っぱを食べると、不思議!口中に、牡蠣の甘みが広がるのだ!!(・∀・)
DSC00684.jpg
 イカを焼いた料理 特に特徴はない

屋台の近くには、飲み屋もチラホラでていたが、明日は一気にプーケットを目指すため朝の6時出発であるため、軽く飲んで部屋で休むことにした。 もちろん、日課のメールチェックをホテルのPCでおこなったのは言うまでもない(´Д⊂

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.18
朝起きて、車に乗り込みすぐに出発である!
プラッチャップキリカンはとても細長い県なので、なかなか抜けることができない、それでも昼前ににようやくその下の、チュンポーン県を通過そしてそのままスラタニー県へ到着。 ここで昼食を食べて、再び出発! 目指すは、パンガー県である、ここは津波の被害が大きかった県である、この当時はまだまだそんな予兆は一切なかった。
スラタニー県から、パンガー県は僕が持っていた地図では約3cm程度の距離だったのだが、予想に反して山道が続きかなり遠かった。途中、ガソリンスタンドもないようなところで、ガス欠とのぎりぎりの戦いをする羽目になってしまった。(;゚∀゚)=3ハァハァ 
そして、ようやくようやく、パンガー県に到着。

かなりの長距離運転で疲労困憊である('A`)

そのパンガー県には、マングローブ海上公園と呼びそうな公園があったので、そこで休憩して癒される。

そして、目的地プーケットへいざ!

プーケット島は、大陸と大きな橋でつながっており、車でそのまま入ることができるのである。

その橋を通過!ヽ(゚∀゚)ノ

プーケット空港を通過!(・∀・)

そして、馴染みのある道を通り、遂に到着最終目的地、未来の故郷になる町がある、パトンビーチである!!

パトンビーチはプーケットで一番栄えているビーチであり僕が1ヵ月程度滞在したこともある町である。

僕が、これからの住まいになりそうな物件を物色していたら、以前僕たちがお世話になった、タトゥーショップのオーナーと再開!

オーナーの名はKB

。・゚・(ノД`)・゚・ 「KB、本当に来たよ! やっと着いたよ!」 
握手を交わす二人。 

そして、KBの新しいスタッフと友達を紹介され、KBの彼女とも再会できた。 KBの彼女は日本人なので、この島の生活には強い味方になってくれそうだ!

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.21
皆様から、コメントやメールをいただきありがとうございました。
まずは、こちらは問題なかったのでご心配なくw

あらためて、なんて国で働いているんだと感じた日でした_| ̄|○

いや、クーデターが怖いとかそういうのではなく、クーデターが起こった理由や、起こした人たちその人たちの対応がです。

起こした理由 首相を辞めさせろ、そして俺が首相になる!( ゚д゚)

起こした人 首相の元友人 首相にお金借りてたけど、もう貸してくれなくなった( ゚д゚)

起こした後の対応 明日から、普通の生活だから安心してね( ・∀・)

いやいや、参りました、子供の喧嘩ですね。

詳しくは、他のしっかりしたブログでどうぞ┐(´д`)┌

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.22
KBとの再開もほどほどに、今日の宿泊先を探さなくてはいけない。

とりあえず、ホテルに泊まってもいいのだが、明日の正午までに車を返さなければならないので、結局は今日中に今後の宿泊先を探さなくては時間的に厳しくなる。

僕の宿泊先希望条件
家賃 8,000バーツ程度 光熱費を合わせて10,000バーツ
風呂、NHK付き
海まで歩いて10分以内

KBと彼の彼女に相談

(゚Д゚)ハァ?まず、ここパトンでは風呂付でこの価格のアパートはない!
またNHKもない!


(;´Д`) じゃーねー…NHK要らない、風呂も要らない…温水シャワーがあればOK…

(゚Д゚) あるにはあるがと、彼らの部屋を見せてもらった、彼らの
部屋はパトンの山の手にあり2部屋あって7,000バーツ也。
でも、海の至近距離はないんじゃない?気持ちはわかるけど、半年もすれば海なんかあきちゃうよ。こないだ泳いだのは、何ヵ月前だったろう…
 

(;´Д`) かなり魅力的なかれらのお家!しかし、僕は毎朝、パトンビーチでランニングをして、夜はフィッシングをするのが夢なのだ!
海だけは譲れない!!


(´・ω・) 温水シャワーなしでもいい…

そして、探しに探して

ありました! パトンビーチの海に向かって最右側。

家賃 4,500バーツ、冷水シャワー付き、テレビなし
海まで、2分!

しかも、保証金も必要なし! 

(・∀・) 決定である! 

即効、契約して、荷物を降ろし部屋に入る。

景色最高! ( ´∀`)

DSCF0050.jpg
 バルコニーから撮った、初日の夕焼け

Kiaoraさん どこかわかりますか?

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ

2006.09.27
プーケット生活、初夜

先ずしたことは…

インターネットショップを探すことでした(´Д⊂

観光客で賑わう、パトンの夜を僕はバイクでかっ飛ばし、白人が経営するネットショップへ入って、会社のメールをチェック。

着ました着ました、大量の嫌がらせメール。

そのひとつひとつに、返信をする。

メール中には、輸送中の船が故障した、どうするんだ!的内容も…

僕、関係ないんですけど ( ´д)

ようやく、終わったのが2時間後

その帰りに、食事に行くが、プーケットはタイで一番物価が高い県である、大半が観光客相手の商売なので当たり前なのだが、ここパトンビーチは特にそうである。
不安定な生活をしている僕は、初日から節約することにした。
中心地から離れた、タイ人用の食堂で済ませることにした、それでもカオパット30バーツ、コラートの1.5倍である。

時々、プーケットに旅行に来てたときは価格など気にせずに店に入って、マンモス(友人)とロブスターなどガンガン注文してたよ…。

食事を済ませたあとは、セブンイレブンでビールを買って、新居で乾杯(´∀`)


DSCF0054.jpg
 
アパートから歩いて1分くらいのところの仏像 プラプロン

これから、毎朝、毎晩祈りをささげるのでした…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
2006.09.29
プーケットで生活しはじめて

僕は執行猶予の身であり、一日1時間程度のメールのやり取りが義務付けられている。 しかし、それが終わればやることがない。

最初のうちは、パトンビーチの近くのカタビーチなどへ繰り出して楽しんでいた(゚∀゚) が…
DSCF0069.jpg
 カタノイビーチ付近の、山頂から

しかし…プーケット、確かにいいところだが、未来が不安な僕にとって何かが引っかかる。

2年間の収容生活で蓄えた貯蓄はあるにはあるのだが、お金はいずれなくなるものである。 このお金を有効利用しなければ、2年もすればなくなるだろう。 また、会社を辞めるとビザの問題も発生してくる。

 (´・ω・`) 僕今、あまり何も楽しくない…かも…

ビールを家で飲んでも楽しくない…しんみりして考え込んでしまう
オープンバーやディスコで派手に飲みたい!( ゚Д゚)

タイ人向けのぶっかけご飯ばかりは飽きる、基本的にタイカレーの味付けが多い気がする。
シーフードをガツガツ食べたい!( ゚Д゚)

毎日、いつでも電話に出れて、ネットができる近くにいるのは疲れる。
ピピ島など観光地へもどんどん行きたい!( ゚Д゚)

これらの不満は根本的に、将来の生活の不安からきているのだ

よし、プーケットで仕事を探そう!!(・∀・)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな

(゚Д゚)ハッ↓こちらも応援願います
にほんブログ村 海外生活ブログへ
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ