微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2006.04.04
前回の後半部分から…

【返信メール内容】
ミン君に夜勤を任せることについては、社長とも相談済みです。信頼できなければ、僕は帰ることはできません。 しかも、日本兵さんが、中出の出勤を希望してくださったのは、僕が帰った後をフォローしてくださるためじゃないんですか? 僕はそのように認識しております。 

To 日本兵
CC 社長

【日本兵からの返信メール】
中出が日勤のフォローすると勝手に決めるのは別にいいですが、タオさん以外に誰がそのように思っているのですか? 説明してください。

To タオ
CC社長

 ( ゚Д゚) なんだんだ、こいつ!

【返信メール】
普通、交代制の出勤ならば、簡単な引継ぎをして前のシフトの人間は帰宅するものです。 これは常識だと思っていました。 では、日本兵さんはなぜ、中出を希望されたのですか? 

隣り合わせのデスク、声をかければ座りながら話し合える距離でこのようなメールでの戦いが繰り広げられていた…。

そんな時、社長が僕を呼ぶ

社長「君たち、メールで何やってるの?すぐ近くなんだから、メールで言い合うなよ。 こんなメール俺にCCで落とさなくていいからさ~」 

呆れながら言う社長…

タオ「メール読んでもらえれば分ると思いますが、日本兵さんが中出に回ったことは僕にとってマイナスでしかありません、また、メールでものを言うのは日本兵さんが始めたことであって、僕はそれに応じているだけです」( ゚Д゚)

社長「いや、奴は昔から人と話すのが苦手なんだよ、君からメールでなく直接話してやったらどうだ?」
タオ「いや、無理です」( ゚Д゚)

僕が、いつもより硬直な姿勢なので困る社長。

結局、日本兵も呼んで、一時停戦となった…

結局、僕は中出の人の力を借りることなく夜中まで働くこととなった

結局、僕がやるんですね_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。


スポンサーサイト
2006.04.05
僕の仕事の時間は24時間体制である('A`)

実質は朝7時から夜20時頃までなのだが、中出の日本兵を頼らず夜勤を見ることとなるので、20時から始まる夜勤を確認して、あーだこーだしていると、22時頃になってしまう。
ミン君が夜勤にいるので、任せて帰ってしまえばいいのだが、その都度日本兵から嫌味なメールをいただくよりはましである。

日本兵はというと、朝の11時から夜中の0時までの勤務であったのだが、先のメール合戦後、通常の勤務時間にもどったのである。

この勤務時間であるため、はっきりいって時間がない('A`)

心配しているのはタニンさんの研修後の、フォローである。

聞くところによると、毎日1人で、チャーハンばかり食べているそうである。

タニンさん「タイ語で知っているのが、カオパット(チャーハン)だけなんですよ」('A`)

そして、あまり話すことがないまま研修期間の1ヵ月を迎えようにとしていた。

_| ̄|○ タニンさん…残ってください

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。


2006.04.06
タニンさんの研修最終日

その日も、生産とお客さまの対応で追われていた(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

昼食もタニンさんと食べることもなく、終業時間の17時がやってきた。

ふと、更衣室を見てみるとタニンさんは服を着替えて、椅子に座って僕を待たれている様子。

このあと、3,4時間は帰ることが出来ない僕は、更衣室に向かった。

タオ「お疲れ様でした、ほんんとに何も出来なくて申し訳ございませんでした。」

タニンさん「ありがとうございました。忙しい中、時間を作って下さって感謝しております。」

このような、会話を数分して核心に

タオ「で、いかがでしょうか? 一時日本に帰国後、こちらで働かれる意思はございますか? こんな、会社なので是非にとはお勧めできませんが…きていただければ、うれしいです」

タニンさん「コラートという地域は気に入りました、タオさんにも感謝しております、が、この会社の体制というのは、変りそうにないですね…帰国して、嫁と相談して最終決断しますが、おそらく来ないと思います…すみません」

仕方がないことです…僕だって、1日でも就職前に研修をさせてくれれば、この会社に就職することはなかった。タニンさんは1ヵ月も研修されたのだ、これでこの会社に就職することに決めることとになれば、それこそおかしい人だ…。

それから、何度も頭を下げなられながらタニンさんは帰国された。

次回、タニンさんからの決断の連絡である。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。



2006.04.07
タニンさんが日本へ帰られてから、本社連絡があったそうである。

そうです、タニンさんの就職の意思があるか、ないかの連絡である。

連絡が来る前

社長「俺は、どっちでもいいと思うよ。やる気があるなら、来るものは拒まずだよ」 

 たぶん、来ないと思う。だって、あんたが、結構きつくいじめてたもん('A`)  
そして連絡があった日

社長「あーあいつ、やっぱり来ないんだって、あの歳であのモチベーションじゃ無理だよな~ま~そういうことだから」( ゚Д゚)

 なんて、人だ~。結局は人員補充はされないんですね…。


タニンさん、研修のおかげで収監を免れました…。_| ̄|○

タニンさん、何事も下調べが大切だと、学びました…

この日までの出所リスト

希望退職者 5名

解雇 1名

脱獄 1名

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
2006.04.08
タニンさんが帰国する頃

社長「日本本社から1人、タイに来てもらおうと思ってるんだ、日本の工場で2年ちょっと生産管理やってる奴だよ。」

前にも触れたが、この会社は日本とタイとでは業種が全く違う。

 例えるならアフリカとアメリカくらいに違う( ゚Д゚)

この社長は、この頃流行った生産管理のバイブル的本【ザ・ゴール】の影響をひどく受けていたので、生産管理はなんでも同じだと信じていた。

しかも

社長「そいつは、日本ではパートのオバちゃんの管理もしているから、タイ人だって扱うことが出来ると思うよ。日本のオバちゃんはある意味タイ人以上にうるさいからな」( ゚Д゚)

 タイ人と日本のオバちゃん…('A`)

すでに人種が違うじゃん(゚∀゚;)

社長「年齢はタオ君の一つ上だけど、タオ君の下で使ってやってくれ」

 この当時、僕は大卒で28歳、働き出して、6年目…
次来る人は、大卒で僕より1つ年上で職歴3年目…。

社長…この空白の4年はなんなんですか?_| ̄|○  

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
2006.04.08
カレンダーでは4月の13日~16日までタイの正月である。

私は12日~17日までタイ正月のため休みになります(´∀`)

タイ正月はソンクラーンと現地の方は呼んでおり、時期的に乾季と雨季の変わり目であるため、雨季を待ち望む雨乞いの意味もあり、ソンクラーン中は水掛をします。 

よって、別名水掛祭りともいいます。(タイ人がそういってるかは,
知りません)

タイ人はこの日を、とても待ち望んでいます。

水掛をするために、1年間準備をしている人もいるといって過言ではないでしょう( ゚Д゚)

いつも、やる気がなくてダラーと生活している方が、一日中水掛をするようになります…。

【去年2005年のソンクラーンの模様 カオサン通り】

songkran.jpg

タイ人以上に、楽しむ白人達。子供に返ってます。

songkran2.jpg


べちゃべちゃに濡れて、楽しむタイの女の子達、結構色っぽいですヽ(A`*)ノむひょぉぉぉ!

songkran3.jpg

とにかく、一年で最大のイベントソンクラーン、とにかくすごい!

タオも今年も水掛に行ってまいります( ゚Д゚)

しばらくブログをお休みしますが、ソンクラーン後も宜しくお願いいたします。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。

2006.04.18
社長の期待の新人駐在員イワンさんがタイへやってきた。

僕の最初の印象は、とても物腰が柔らかい方である。

イワンさんが、工場へやってた日。

イワンさんは、日本人全員にお土産を配ってくれた。

お土産は日本のお菓子である。

イワンさん「どうぞ、つまらないものですが…よろしく」(´∀`)

大きな紙袋から、お土産を取り出し1人ずつ手渡してくれた…。

面白いのは、1人ずつ違う種類のお菓子なのである(>_<)

どのように選択しているのかは、分らないが僕のはちょっと高級そうなクッキーであった(´∀`)

ちなみにミン君のは、きのこの山か、たけのこの里のデラックスバージョンであったような気がする、よくは覚えてないがマメな方だなと記憶している。

ミン君に一言

タオ「僕が赴任してきたときは、皆さんに漬物盛り合わせを持ってきたのだが、ミン君は何ももってきてなかったね…」( ゚Д゚)

ミン君  (;´Д`)・・・・ですね。

こんな感じで新人イワンさんは好印象であった…

人はものに弱いのである ヽ(;´ω`)ノ

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
2006.04.19
そんなある日、日本のお客さまがこの工場へ設備投資をした。

当分は使用する予定のない設備、結構高いものである。

お客さま「当分は使う予定がないけど、使わなかったら壊れてくるので、他の客の商品を生産するときも使ってくださいよ、設備を動かす練習にもなるから」(´∀`)

社長もご満悦である、お客さまが100%出資してくれた施設、無理もないことである。


社長「タオ君、あーゆってることだし、○○△にあの設備を使ったらどうだ?簡単に出来るんじゃないか?」

早速、使ってみる。 新鋭の設備さすがに使いやすく生産性はUPした。


それからしばらく日にちがたって、社長が工場に入って新設備の働き具合を確認しにきた。

使用すると、多少なりともキズがつくのが物の摂理である。 この新設備も多少なりとも傷がついていた。

社長「タオ君!!なんなんだ、このキズは!どうするんだよ!」( ゚Д゚)

タオ「○○さんも、使ってくれと言われていました、使用するとこの程度のキズがつくことも承知でしょう、社長もその場におられたでしょう」

社長「あれは、あれだよ!ほんとに使うと思ってないにきまってるじゃないか!」

('A`) そんなのどうやって判断するんだよ…
社長「お前、新車を買って、友達が家に泊まりに来ていて、乗ってもいいよって言ったけど、実際に友達がその新車にのってキズつけてきたらどう思うんだよ!!」( ゚Д゚)

意味が、分らない('A`)

あんたも、さっきまで新設備の性能など僕に聞いていたではないか…。

それに、新車と工場の機械は全然違う気がする…。

結局、キズを修理することになった…。

それから、数日後そのお客さまがタイへ来られ、工場見学しに来られた。

お客さま「ちゃんと、使用してますか?使用しないと、実際動かすときにしっかり仕事できないですよ」

社長「はい、こないだタオが○○△の生産に使用しましたよ、なっ?!タオ、どうだったのか説明してよ」

…_| ̄|○ 「…はい…」

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
2006.04.20
無理なオーダーを受けて、無理に生産を続けていた。

身体的には多少の無理もできるが、やはり実際に無理な生産計画。

何度も無理だと進言したナイトシフト…('A`)

遂にローディングを遅らすこととなった。

社長に連絡

タオ「すみませんが、○○の生産が間に合ってません。ローディングを1週間遅らすか、少し数量をショートさせて出荷することになりますがどちらにいたしましょうか?」

基本的に客とのこの類の交渉は社長の仕事である。

社長「ローディングを遅らすか、ショートさせるしか出来ないの?どちらも客は納得しないよ」( ゚Д゚)

('A`) 納得するしないじゃなくて…

タオ「しかし、オーダーを受ける前から出来ないと伝えましたよね。そして、受けるときも出来るように最善の努力をしますといいましたよね。そして、努力した結果予定より多い数量が完成しております」( ゚Д゚)

社長「なんで、出来ないの?」( ゚Д゚)

タオ「だから、いきなり生産量を数倍にするには作業員、スタッフの新しい雇用が必要なんですよね、そして雇用したら教育しないといけないんですよね、それを完了させるために与えられた時間が2週間程度じゃ厳しいです。」

社長「作業員は足りてるの?今、何人足りないの?」

タオ「全く足りていません、250人いたところから、600人にまで増やさないといけないんですが、400人程度しか定着しておりません。 毎日数十人新しくやってきますが、数十人辞めていきます」( ゚Д゚)

社長「そんなこと、客には説明できないわな( ゚Д゚) 、どうやって説明する?」

タオ「それは社長にお任せ願えませんか?私が今報告したのが事実です」

社長「じゃータオ君、○○さんに電話しといてくれないか?工場から直接言ったほうが、真実味あるだろそれで、客がOKなら俺は出荷日変えてもいいよ」

なんでそうなるんですか…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。
2006.04.24
仕方なく、お客さまに連絡を自らすることに…(。´Д⊂)うぅ

日本へ電話を入れる

事情を説明する (;´Д`)ノ

お客さま「いや~そちらの事情は分りますが、こちらははいそうですかっていえないんだよね。数量がショートするのも、出荷を遅らすこともできません」

そこをなんとか、無理なものは無理なんですと頼み込む。

お客さま「ビジネスというのはそういうものじゃないんですよ、一度引き受けたら、ちゃんとやってください。これ以上、タオさんと交渉するつもりはございません、以上です」

引き受けたの僕じゃないし…('A`)

社長に報告

社長「じゃー作るしかないんじゃない?」

この無責任ぶりに憤慨く( ゚Д゚)

タオ「いや、この発注を受けたのは社長で、生産は困難だと進言したのは僕です。それであれば、今後、このような発注は絶対にお受けしませんがよろしいでしょうか?」

社長「いいんじゃないの?」(゚Д゚)

結局、DAYシフトの生産をストップさせてこの商品を生産することにした。

もちろん、このことによって、DAYシフトの生産も遅れ、出荷が遅れたり、出荷数量がショートすることとなった。

(;´Д`)ノ 謝るのは僕の役割。

あ~理不尽 _| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。   
2006.04.26
この時期の僕は、前にも増して日本兵と接することがなかった。

2メートル左に座っている人間と、1日10時間以上一緒にいて交わす会話が二言。

「おはようございます」 「お疲れ様です」

基本的に僕の立場は工場長、日本兵は元工場長、現在は上下の関係は一切ない。

イワンさんなど、新しくきた人はこの関係をまだ理解できない。当然である、ここまで雰囲気の悪い会社など、誰も理解できるはずもない。

イワンさんと二人で食事行った。 僕は日本兵と一緒に食事に行かない、しかし社長やお客さま、ミン君、イワンさんとは良く出かける。

イワンさん「タオさんと日本兵さんはあまり話さないですね?」

ストレートな質問である (゚Д゚)ハッ

日本兵と仕事をしていて、日本兵と仲良くやれる人がいるのであろうか?
今まで多くの退職者(女性社員バンさんを除く)で日本兵とうまくやれた人はいない。

しかし、駐在員のイワンさんに本当のことを話すのも、日本の本社に話しが回ってしまうので避けなければいけない。

タオ「まー年齢も同じなので、いろいろお互いやりにくいのかな?でも日本兵も何かと僕に気を使ってくれてるよ」(T.T)
確かにいろいろと、気を使ってくれている('A`)
僕は期待の駐在員イワンさん(残ってくれるだけでいいんです)にはぜひとも僕の代わり
(生け贄)になってほしかった。

馬鹿な社長と日本兵の横槍、そしてキャパオーバーのオーダー、2003年の夏を迎えるのであった( ゚Д゚)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。   
2006.04.27
作業員の増員をしだしてから1ヵ月、慢性的な人手不足であった。

原因として

・一気に倍以上の人員にすること事態が難しい。
・新人作業員がナイトシフトをやりたがらない。
・将来的に安定して雇用してもらえるわけではない。
・会社の評判があまり良くない。
 今回のように、必要なときは大量に採用するが、必要なくなったら、試用期間(3ヵ月)の作業員はすぐに解雇する会社である。


入ってきた作業員が50名でも次の日には30名は辞めていることもあった。 

毎日のように人事部長にかけ合っていた( ゚Д゚)
そんなある日、社長に部屋に呼ばれた。

まず、出荷が頻繁に遅れることについてたずねられたので、生産計画の無理、生産が遅れる理由を説明。 その1番目に人員不足をあげた。

社長、人事部長を呼び出し、なぜ集まらないのか聞く。

人事部長の答えとしては、募集人数が多すぎることや、今が米の収穫期であること、集めてきてもすぐに辞めることを説明。

社長「なんで、辞めるの?」( ゚Д゚)

人事部長からの説明の中で、会社のルールが厳しい(日本人が厳しい)という説明があった。

社長「タオ君、君が厳しくしすぎてるんじゃないの?」

(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚) えっ、僕ですか?

僕が、あなたや日本兵よりも厳しい?? 確かに今は、立場上厳しくしていますが、それはこの会社のルールでは??? 品質維持のためにはルールが大切では???

生産が遅れるのは人手不足、人手が足りないのは僕のせい…

もう、いいや…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。 
2006.04.28
相変わらず、人手不足のまま生産は続いていた。

はっきりいって、やる気は相当下がっていた。

タイで生活をするために仕事をする、当然のことである。
どうせ、仕事をするならばやりがいのある仕事がいい、この会社は日本で働いていた頃の仕事の業種と同じ業種であり、すんなりと仕事内容理解することができた、自分のため、会社のために一生懸命やってきたつもりである。

その甲斐もあり、会社の利益は伸び、自分自身も現地採用の立場から駐在員の立場になった。 会社も自分もHAPPYなはずである。

(゚Д゚)ハッ 僕、HAPPYじゃない…

先日の社長の言葉が僕のやる気をそいでしまったこともあり、自分の人生を見つめなおす機会となった。
このまま、日本へ帰ってしまうこともできたが、タイに来て2年、立場は工場長になったが、自身では何もやり遂げてない気がする。このまま、日本に帰って日本の企業に就職したら、結局タイに来る前の自分にもどるだけである。

帰国は考えられない。


そして今までのやる気が、違う方面に向かうこととなった。

( ゚Д゚) 転職! 

これしかないでしょ!!

僕はこの会社に入って以来、一応はタイでどのような求人がでているのかは、たまにチェックしていたが、実際行動を起こすのは始めてであった。


この計画は水面下で実行しなくてはいけない( ゚Д゚)

次回、転職大作戦である!( ̄ー ̄)ニヤリッ


毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。 
2006.04.29
善は急げである( ゚Д゚)

家に帰ってすぐに、履歴書と職務経歴書の作成に取り掛かった。

2年前のものに、この会社の職務経歴書を付け足して転職動機を考える。

転職動機…(>_<)

正直には書けない…。

当たり障りのない転職動機を書くことにするが…φ(.. )

難しい…現在駐在員の待遇であるが、現地採用待遇でもいいから転職っしたいという人間も少ないだろう、コラートが嫌という理由にすると次の職場は地方勤務は嫌ということである、僕は別にコラートが嫌なわけではない、不便ではあるが住めば都である。

考えた末に、少しマイナスイメージはあるが、労働時間の長さ、休日の少なさを理由にした。 

当時の勤務時間

AM7時~PM20(定時) 残業として夜中の0時まで残ることもあり。
もちろん残業代はでない( ゚Д゚)
休日 日曜日のみ。 

この勤務時間であれば、納得してもあえるだろう。 正直、この勤務時間より過酷な職場では働く気はない。

書類完成(>_<)

考えた末に、人材紹介会社に登録することにした。

この時点では、次の職場が決っても、すぐに転職しようとは思っていなかった。じっくりと、探すことにするのだ、二度と同じ失敗はしてはいけない( ゚Д゚)

仕事も今までどおりにこなして、あくまで水面下で動く。

これぞ、大脱走! ショーシャンクの空である!

(゚Д゚)ハッ ここはコラート、上記の勤務時間ではバンコクにある人材紹介会社に行く時間がない…。

とりあえず、ネットで仮登録をすませる…。

返信メールがきた

お時間があるときに、バンコクまで本登録に来てください。

行くしかないねやっぱり( ゚Д゚)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな


にほんブログ村 海外生活ブログへ

(;´Д`)ノ こちらもポッチとお願いします。 
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ