微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2006.01.02
初詣に行ってきました。
すごい人、元旦のカウントダウンに行って来たのだが、とても寒いが日本人はお参りにやってくる。日本人のすごさを感じたのだった。
おみくじを、引きました 大吉(・∀・)。 
今年はなんでも願いが叶うらしい。 
友達も引きました 半吉o(・_・ 微妙。 
初めてみました半吉、末吉とどちらがいいのだろうか…? 

久しぶりの日本での正月 (´∇`)最高。
おせち料理に日本酒、そして正月番組、今日本では漫才ブームでどのチャンネルでも若手の芸人さんが頑張っている。
家には姪っ子が遊びに来ている、お年玉というものをはじめてあげた。姪っ子も4歳と5歳でようやくお年玉を理解しだしてきたのだった。

こんなゆっくりした日本滞在もあと三日となりました。
もっと日本にもっといたい気持ちが30%とタイに帰りたい気がするのが70%といったところかな、なんだかんだ言ってもタイが好きな自分を再認識しています。 

今年もよろしくお願いします (´ー`) 
↓ 日本に帰ってから低迷中なので、ぽっちとお願いします。
アジア人気blogランキングにぽっちとな
スポンサーサイト
2006.01.03
鞄がパンパンになってきました。
お土産や、本、食料、薬などを買い込んだ上に、母親から梅干や干し柿をいただて、タイから持ってきた鞄だけではすで入りきりません。

今日はこれからさらに買い物に行ってきます。特に目当ては無いのですが…新春の初売りがそこいらじゅうでやっていて、なんだか購買意欲がかられます。 

昨日は鞄を買ってしまいました。
衝動買いです ( ゚Д゚)

11,000円の鞄が5,000円均一で売っていました。
しかも1日~3日までの限定販売という、デパートの戦略に見事にはまりました。
日頃タイでは、199バーツの鞄が当たり前のように売っている、5,000円、約1,700バーツの鞄というのは衝動買いではなかなか買えないのですが、不思議と日本へ帰ってくると、安い!即決です!

こんな調子で、どんどん買いこんでいるので、鞄も財政も大変なことになっているのだが、考えるのが嫌で、入りきらないお土産やクレジットの伝票は目に見えないところに保管しています(´~`)イヤーマッタク

まっいいか…一年に2回だけだから…帰ったら節約しよっと 

 ↓ 日本に帰ってから低迷中なので、ぽっちとお願いします。
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.06
昨日、無事にタイに帰ってきました。

やはり、大嫌いな飛行機…今回はさらにいやなことが…

先ず、離陸後すぐに気流の悪いところを通るということで、結構ゆれました。地図を見ると香川県の上空でした。
ほんと結構揺れたんです( ゚Д゚)
そのおかげでアルコールの量が進む進むで、タイの上空に付いたときには酔っ払っていました(>_<)

飛行機の進路図の画面を見ていると、ロッブリー上空で画面の飛行機が旋回しているではないか!
酔っ払っているのかと思ったが、錯覚ではない。

2回転、3回転と旋回している。

機内放送「…、只今バンコク上空で…VIPの飛行機が着陸態勢に入っているため、上空で待機いたします。お急ぎのところ申し訳ございません。」

あと、20分で着陸というところで、このようなアナウンスが流れた。

VIPってなんなんだ!! こちとら、命がけで飛行機乗ってるんだよ!!
VIP、お前らも計画をもって飛行しろよヽ(`Д´)ノ

結局、8回転位して気持ち悪くなりました_| ̄|○

↓ 今年もポッチと宜しくお願いします。
アジア人気blogランキングにぽっちとな

2006.01.07
コラート編です。

ミン君が社長直轄になってしばらくしてからのこと…。

社長「タオ、新しい日本人をとることにした、現地採用でタイで2年ほど働いているようだ、すごいのがTOEICが700点近くあるらしいぞ、タイ語もそこそこできるようだし、どうだ?」
どうだって言われても、もう採ったんでしょ( ゚Д゚)  
しかもこの会社タイ語禁止だし…
そんなこんなで、TOEIC700点男 ヘイジさん投入!
ヘイジさん、ちょっと奥手のタイプのようであまり話さない。
その頃、日本から顧問として年に数回訪れるおじさん、Kさんが来ていた。僕が忙しいことから、ヘイジさんの研修はKさんが担当するように社長から指示があった。

Kさんとは、タイ、タイ人を含めタイの文化を愛する人物であった。
よって、この会社の方針とは違う考えを持っている。

この会社の方針 タイ人に日本のやり方を押し付ける( ゚Д゚) ボケッ
Kさんの方針 タイ人の性格を受け入れて、折り合ってやっていく(´∀`)ペンアライカップ?

Kさんとは、社長、日本兵の考えとは全く違う思想を持っていた。しかし日本の本社が送ってきた顧問であるため、社長も日本兵も文句が言えず、かといって実務を担当したら問題が発生するため、いつも何も仕事が与えられえず、工場をぶらぶらしていた。

年に3回程、1回の任期1ヵ月程Kさんは来ていた

経費はタイ側がもつため

社長「えーまたKさん来るのかよ!? 適当に話し聞いといてやってくれよ。 それで、今回は何日いるんだよ?」
社長「えー1ヵ月もいるのかよ! 結構かかるんだよなー」


じゃー本社にそのように言ってくださいよ。_| ̄|○

正直来ても、何もやらさないなら全く意味がないのは事実です。

↓ 今年もポッチと宜しくお願いします。
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.09
Kさんとヘイジさんの研修が始まった。

Kさんは、水を得た魚のようにヘイジさんに生産管理について教えていた。 しかし、ヘイジさんは気持ちを表すのが苦手のようで、分ったのか分っていないのかがKさんに伝わらなかったようだ。

毎日、研修が終わったらKさんが僕に報告してくれていた。

Kさん「いやー面白い人ですよ、もっと心を開いてもらえるように、今日の晩でも一緒に飲みに行ってきますよ」

おいおい、精神を病んだ人なのかよヘイジさん…_| ̄|○

また別の日の報告

Kさん「いやーヘイジさん心配みたいですよ、日本兵やタオさんがやっている仕事が出来るかどうか、ちょっと優しく声をかけてやってくださいよ」

いやいや、この仕事結構難しく、適任ってものもありますから軽はずみな気持ちで言えないですよ。

それでも、夕食に誘ってみることに…なぜなら会社の中では日本兵が常にチェックしているので世間話の一つもできないからである。僕自身、会社で日本兵がいるときは仕事以外の話は喫煙場所以外ではしないのである。 

そう、一言もです。(´Д`lll)

ミン君も誘って今日は、三人でピザでも喰いに行ってその後は…ヽ(A`*)ノ

帰りの車の中 乗車者は タオ、ミン君、ヘイジさん

タオ「お腹減ったな~」
ミン君「そうですね、何食いますか?」
そんな会話が僕とミン君の間でされている中…
ヘイジさん「あのーやっぱり、今日行かなくていいですか?」
タオ「…うん、別にいいけど、どうかしましたか?」
ヘイジさん「いや、ちょと具合が悪いんです」
ヘイジさんが、僕に心を開くときは来るのだろうか?_| ̄|○

↓ポチットポチットお願いします(T.T) 毎度あり
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.11
ある日、ヘイジさんの研修の成果を見るために、Kさんがタイ人スタッフと会議をしたいと言い出した。

議長はKさんとヘイジさん。

Kさんからタイ語で会議をしたいという申し出があった、この会社ではタイ語は禁止なのだが、実は僕も現場で隠れてタイ語で話していることもある、だってここはタイだもん、そんな訳で了解した。

僕も会議に出席した、日本兵には出席してほしくなかったため(タイ語で会議をするため)うまくごまかして皆を会議室に呼ぶことに成功した( ´ー`)フゥー...

Kさんのタイ語
豪快に話している、間違えなど気にせずどんどん話す感じ。
またジェスチャーもあるので、結構分りやすい。

ヘイジさんのタイ語
独り言のように話す、例えるならばつぶやきシローがマイクを持たずに話している感じである。(古いですか?)
ジェスチャーがあまりないので、僕には良く分らなかった。

それでも、この会社でははじめてのタイ語での会議が行われたのである。

スタッフはどのように思っているのだろうか?
たまには、いいことだと思った。

会議終了後

タオ「すごいですね、タイ語しっかり話せるんですね?」
ヘイジさん「いや、あんなのタイ語学校行っていればすぐに話せます、話しているだけで、皆が理解しているかどうかは分りません」
タオ「英語は結構できるんでしょ?TOIEC700点以上って聞いてますよ」
ヘイジさん「いや、TOIECは点の取り方があるんです、受験勉強と同じです。実際、話してみると通じないことが多いです。」

なんて、マイナス思考なんだろうこれでは人間失格ではないか_| ̄|○

ヘイジさん「僕にこの仕事できるでしょうか?」('A`)
タオ「頑張ればできるんじゃない…」
ヘイジさん「出来ない気がします…」('A`)

働いた人にしか分らない、人を不安と絶望に追い込む雰囲気がここにはあるんです( ゚Д゚)

そう、この気はすべて日本兵から出ているんです( ゚Д゚)

日本兵( ゚Д゚) ミスしたら尋問しますよー。

↓ポチットポチットお願いします(T.T) 毎度あり
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.12
その日は突然やってきた( ゚Д゚)
ヘイジさんがやってきてちょうど、二週間がたった月曜日。

毎朝、待ち合わせしているタイシンアパートメントの1階でヘイジさんは私服で僕を待っていた。 

ヘイジさん「タオさん、今日はお腹が痛いので休ませてもらってもいいですか?」
タオ「はい、いいですよ、お大事に」
そのまま、会社へと向かった。

そして、正午前

日本兵「タオさん、今日ヘイジさん、どんな服装していました?」
なんで、こんなこと聞くんだろう?と思いながら
タオ「ピシッとした私服でしたよ、お腹が痛いっていってたのでそのまま病院にでも行ったんじゃないですか?」
日本兵「そうですか…ヘイジさんですが、お腹が痛いので日本に帰りました」

意味が分らない…( ゚Д゚)

タオ「どういうことですか?」
日本兵「だから、お腹が痛いので日本に帰ったみたいです、さっきバンコクのスタッフから連絡がありました」
ショックである、誰にも言わずに日本へ帰ってしまったらしい。
今日が月曜日だから、昨日の日曜日に帰ることも可能だと考えると、一応、今朝僕に最後の挨拶をするために待っていてくれたのか?

ほとんど、会話はしていなかったが、Kさんが帰国したら正式に僕の部下になる予定だった方だったので残念である。 

見事、脱獄に成功である。 

ヘイジさん、あんた正解だよ _| ̄|○

この日までの出所リスト

希望退職者 3名

解雇 1名

脱獄 1名

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.13
今日、警察に捕まっちゃいました。

車を運転していたんですが、渋滞していたのでちょっとイライラしていました。 

タイの信号の一部は、青の時間が後何秒か、黄色の時間が何秒か、赤が何秒か表示されています。

目の前の信号の青の時間が残り2秒だったので、スピードを上げてわたりきろうとしました、僕が渡っているとき黄色の信号の残り時間は2秒くらいあったと思います。

渡りきったところで、検問があって見事に呼ばれてしまいました。

納得はいかなかったが、結局言い訳をしても仕方がないのは分っているので、いつものように運転免許証と賄賂100バーツを警察官に渡しました。 いつもなら、これでOKなんですが、この警官は受け取ろうとしません、本当に切符を切ろうとするので、「いやいやちょっと待てここで払わしてくれ」と言ったら、奥から上司と思われる方がやってきて、最近政府が賄賂を受け取るのを取り締まるようになってきて、実際に何人かは捕まえないといけなくなってきた、今日はその捕まえる日だと説明してきた。 

やれやれである、邪魔臭いが最寄の警察署までいくことになった。
ちなみに、「署ではいくら罰金払うの?」と聞いたら、警官は100バーツから300バーツくらいで、その時々だと答えてきやがった…('A`)

とにかく、警察署までの道を聞いて警察署に到着。

そして、担当のお偉いさんが僕に違反の様子を聞いてきた。
納得はいかなかったが、そのまま答えたら。
黄色は止まれだと言ってきた、僕は一応その時によっては急停止は危険だから、走りきってしまったほうがいいんじゃないか?と聞いてみたが通用しなかった。

お偉いさん「500バーツ!」

は~と思ったが、ここで喧嘩しても仕方がないので速攻で払うことにした。

そしてたら、その担当500バーツを胸ポケットにしまい込みました。

そして、書類を改ざんして終了。 ('A`)

おいおい、賄賂の場所と金額が変わっただけかよ_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.16
2002年度も終わろうとしている時。

日本兵「今日、食事一緒にいかない?話したいことがあるんだけど…」
日本兵から、このように誘ってきたのは、はじめてである、もちろん僕からは誘ったことはないが…。

そういうことで、数ヵ月ぶりにお客さんなしで、日本兵と食事に行くことになった。

話しの内容は、日本兵は日本に帰国したく、そのことを社長に伝えたようだ。 帰国後は、本格的に僕が工場を管理することになるというのだ、もちろん社長から直々に伝えられることになるそうだが。

僕はうれしさを堪えるので必死だった(´・ω・`) 作りショボーン

タオ「へーそうですか、もう長いですから帰りたいですよね、帰られたら何をするんですか?」 

このように、フェイント的な質問をしながら本質の質問、

タオ「で、いつ頃帰国するんですか?」( ゚Д゚)

その時期は、また社長も含めて会議をするようである。

それから、数日後

会議によって日本兵の帰国は現実の話として準備が進められていくことになった。 本格帰国は今から3ヵ月後、それまでに僕への引継ぎや、新しい日本人の採用をすることとなった。

そして、組織図が変更された。

タオ GENERAL MANEGER 

我慢してやってきた甲斐があった(T.T) 
その日はミン君と祝杯を傾けた(>_<)
この祝杯はもちろん僕がGMになったことに関してではない、日本兵が帰国することに対してである( ゚Д゚)
この会社でGMだろうが、MGであろうが日本兵がいる限り何の意味も、もたない

それは、怒涛の2003年が始まる夜明け前であった…( ゚Д゚)

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.17
この年も、この会社ではまったく喜ばれない(日本人にとって)イベントがやってきた

社内旅行である( ゚Д゚)

去年は僕が司会というか、進行役を務めたのだが今年は最年少である、ミン君がこの大役を務めることになる

【初年度の社内旅行】 
第1話 
第2話
 第3話 

僕は早くから、ミン君に今年はミン君がすることになるので準備しておいたほうがいいよと説明、また僕が担当したときの悲劇もリアルに伝えておいた。

ミン君「僕、社内旅行の前に辞めます」( ゚Д゚)

そんな願いも叶うはずもなく、社内旅行の日は近づく。

今年はナコーンナヨックで、キャンプをすることになった。

スケジュール

1日目 日本人はゴルフ (全員強制参加)
    タイ人は観光

2日目 日本人は帰宅
    タイ人は観光後帰宅

社長「タオ君、今年は君も強制参加だから、そろそろゴルフも覚えたほうがいいよ」
タオ「でも、僕、クラブの握り方もしりませんよ、絶対足手まといになるので止めといた方がいいと思います」(;´Д`)ノ
社長「そんな真剣に考えなくていいよ、当日までに日本兵と打ちっぱなしくらいいっといたほうがいいとは思うけど、楽しみにしてるよ」

_| ̄|○  無理だ、日本兵と打ちっぱなしにいくなんて…。

そして、当日( ゚Д゚)

もちろん、日本兵との打ちっぱなし講座は開かれなかった…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.18
ゴルフ場に到着、全くもって服装がなっていない僕はすべて現地調達。
靴、帽子、手袋などなど
ゴルフクラブは、社長のお下がりをプレゼントされた。 

ここで、はじめてゴルフクラブを握る('A`)
みんごるで鍛えたおかげで、知識だけはなんとかあるが…。

ミン君に教えてもらうことに、彼は日本兵とゴルフに2回連行されたことがあるので僕の先輩である。
とにかく握り方、ふり方を練習する  

練習時間5分くらい( ゚Д゚)

そして、グリーンへ

キャディーさんに僕が初心者ということを説明して、スタート

第一打 スパッ  10m程飛んだ 

社長「まー初めてだから、そんなもんだよ」 (´∀`)

第二打 第三打 とキャディーさんに言われるがままに打つ

なんとか前へ進んで行く。 そしてなんとか第一ホール終了( ゚Д゚)

第二ホール

第一打 パキーン  かなり飛んだ 

社長「すごいじゃない、はじめてとは思えないよ」
日本兵「ちゃんと、あたってるじゃん」

意外にちょっと面白くなってきた 

こんな感じで、6ホールほど回った頃。

社長「クソッ!」( ゚Д゚)

どうやら、ボールが茂みに入ってボールを見失ったようだ。
それに比べ日本兵は、コンスタントに良い成績で回っているようだ。
だんだん社長の機嫌が悪くなってきた…。

そんな時、ミン君のボールが、茂みでボールを探す社長の方向へ飛んでいった

ミン君「あっ…」(゚∀゚;)・・・・
社長「馬鹿野朗! こういうときは、ホーって叫ぶんだよ!」

完全に、機嫌が悪くなってきている…。

社長「ミン、走れよ!ゴルフは下手な奴が走るんだよ!!それがゴルフのマナーだよ」
この言葉はミン君に投げかけられた言葉だが、必然的に僕にも走れという意味になる。 

社長「走れ~!」 ( ゚Д゚)

僕とミン君はこのあたりから、ゴルフ+走るという行為でどんどん体力が失われてきた。 ホールごとの休憩所で僕は大量の水や塩分を給油することになる(T.T)

親睦を深めるはずのスポーツが…まー予想はしていたが…('A`)

13時頃から始まったゴルフも18ホールまでやってきた。 
あたりは、ややうす暗くなってきて風が吹いてきた。

第一打を社長と日本兵が打った直後に、さらに強い風が吹いた、キャディーさんが僕が打つのをちょっと待てと合図した。 僕にとって、とても心地の良い、休憩時間であった。 大体3分くらいだろうか…

ふと、ミン君の顔を見てみた。

死人の顔だ…('A`)

僕はこのマラソンゴルフで今回の試練の80%は越えたといっても過言でははいが、ミン君はこの時まだ10%しか試練を越えていなかったのだ。

そう、ミン君には今夜の食事やゲーム司会が残っていた。

ミン君「ゴルフやりながら、ずーと考えていましたよ…」('A`)

そして、食事の時間がやってくるのであった(>_<) 

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.20
僕の初ゴルフは、無事?に終わりあとはミン君の宴会の進行ぶりを見るだけとなった( ´ー`)フゥー..

ナコーンナヨックの山の中のホテルに宿泊して、その近くの空き地でキャンプファイヤーをしながら食事をする段取りである。 


社長「タオ君、乳製品飲んどけよ、今日はいっぱい飲む予定だから乳製品で胃に粘膜つけておくんだよ」( ゚Д゚)

いっぱい、飲む予定なんだ('A`)

キャンプファイヤー場では、すでにミン君とタイ人スタッフによって会場が完成していた。

僕らは決められた席に着席

司会のタイ人とミン君登場

ミン君「今日はスタッフのための旅行です、楽しんでください」などと、挨拶が始まった。

社長「何で、あいつが司会してるんだよ、気分ぶち壊しだよ、俺はこの自然の中で静かに飲みたいんだよ」( ゚Д゚)

いきなり、気分を害している社長('A`)

社長「おい?誰があいつに指示したんだよ?」( ゚Д゚)
日本兵「俺は知りませんよ、何も指示してません」 ( ゚Д゚) ピシャリ

タオ「僕がミン君に司会進行やってくれと頼みました。去年社長が毎年新人がやることとおっしゃったので…」('A`)

社長「とにかく、こんな煌々しい明かりを消して、ゆっくり星でも眺めようや」

何を言ってるんだこのおっさん('A`)ハジマッタ
とりあえず無視していると、ミン君がバックミュージックとして宇多田ヒカルの音楽をかけてくれた。

タイでも宇多田は大人気 (´∀`)

社長「なんで、日本の曲なんだよ!タイ人意味が分からないだろ、ちょっとミンに言って来い」ヽ(`д´;)

仕方なくミン君に、タイの音楽に変えたほうがいいみたいと伝言(;´Д`)ノ

ミン君「まじっすか?怒ってるんすか?」( ゚Д゚)

うん、怒ってるよ

あの人はきっと、何しても怒っていると思うよ_| ̄|○

だから、去年の様子を説明したでしょ…

それから数時間後

社長「おい! 日本の音楽かけてやれよ。 GRAYとかねぇーの?」( ゚Д゚)

_| ̄|○  最初にタイの音楽かけてても、この会社は日系だぞ!とかいって怒ってたんですよ…

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.23
社長からの冷たい、お言葉を受けてミン君は暗闇にちょくちょく行くようになる。

ミン君「飲まなきゃやってられないですよ、ヒックッ」(。´Д⊂)

暗闇の中の地面には、ミン君が飲み干したと思われるウイスキーの瓶が転がっていた(゚Д゚)ハッ

聞くと一人で1本全部、ラッパ飲みしたという

このあたりから壊れ始めてきたミン君

しかし、僕もミン君をかまっている余裕はあまりなかった

なぜなら、バーベキューというのはなかなか肉が焼けなかったりして、焼けるのを待っている時間が長い、会話がない僕たちにとって、厳しい環境である('A`)
よって、僕もどんどんアルコールが進む、
乳製品飲んでてよかった(T.T)
そういうことで、僕も日本兵との会話に苦戦している間、ミン君はすでに泥酔していた。

ミン君がいない(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

発見(゚Д゚)ハッ 暗闇の茂みの中で倒れていた

ウイスキーを2本くらい飲み干していた

顔にちょっと水をかけてあげる(゚∀゚;)

ミン君「なんすか?」起き上がるミン君そして復帰

社長「おい!ミン、飲んでいるか?」
ミン君、マイクを握り締めて
ミン君「はい、社長も飲んでいますか?乾杯しましょう」
o(`ω´*)oイェーイ


壊れている…(゚∀゚;)

再びミン君がいない(゚ω゚; 彡 ;゚ω゚)

今度も暗闇の中で転がっていた…

水をかけてあげる…動かない…

日本兵が大量の水を頭にかけてあげる

ちょっと動いた…生きている…

食事が始まって3時間後、ミン君はスタッフに担がれてホテルに連れて行かれた

ミン君の司会終了(T.T)

翌朝、朝食時にも彼は起きてこなかった。 日本人は車で帰宅するのだが、ミン君はそのまま残って、タイ人とバスで帰宅することとなった。

これが、この会社の社内旅行です

来年の社内旅行までには絶対出所してやる…

去年もそう決意したはずのタオであった…_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.24
いつもとんでもない社内旅行だが、今回は少しだけ面白いと感じた時間があったヽ(A`*)ポッ
タイ人スタッフが取り仕切ったゲームである
※ミン君が途中でダウンしたので、タイ人スタッフが途中から仕切っていた。

ゲーム1 ヽ(A`*)ノ
日本人(男性タイ人スタッフ)スタッフとタイ人スタッフ女性がペアになる。

用意するものは新聞紙と音楽

音楽が鳴っている間は、ダンスを踊る

音楽が止ったら、二人で新聞紙の上に立つ

そして、一回ごとに新聞紙を二つ折りにしていくのである

4回目くらいから、二人で立つことはできなくのである

男は女の子を抱き上げたり、おんぶすることになるのである

最後まで残ったペアが勝ち 

ヽ(A`*)ノ 楽しい…勝ち残りたい…

日本ではセクハラゲームですね ハイ


ゲーム 2 ヽ(A`*)ノ
用意するもの、女性5人くらいと 食べ物 5種類 

あと、目隠しヽ(A`*)ノ ポッ

女の子が5人 縦に並ぶように座らせるそして目隠しをする。


その前にピーナッツ、果物、飲み物などを用意してお皿やコップに盛り付ける。

このようなグループを2~3グループ作り、各グループに男性を1人配置する。

そして男性が各食べ物を、女の子に食べさせてあげ、一番前の子が食べきったら、二番目の子に食べさせる、このような手順で一番早くに5人全員に食べさせたチームが勝ち。

小さい食べ物とかは、口に手が入っちゃうんですヽ(A`*)ノ

タイの女の子は、勝つためにそんなの気にせず食いついてきます。

楽しいヽ(A`*)ノ 

ふと横を見ると日本兵も

ヽ(A`*)ノむひょぉぉぉってなってました

こんな楽しいゲームをタイ人とやっているとき、ミン君は茂みで死んでいました_| ̄|○

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
2006.01.25
この会社ではめずらしく2連休があった
何度も言うが、この会社では土日の休みを連休と呼ぶのである(T.T)

とにかくせっかくの2連休なので、旅行に行くことにする。
今回は、ミン君も誘っていくことにしよう。
日頃、仕事では仲良く接することが難しい環境なので、日本兵の話などをして楽しい時間を過ごす。

コラートからモチットまでは、いつもの長距離バスを利用するが時間のない我々は、モチットからカンチャナブリーさらにカンチャナブリー観光を含めて、その辺のタクシーに貸切で交渉する。

1,800Bahtくらいだったと思う

2時間ちょっとでカンチャナブリーに到着

20060116183223.jpg

クェー川に浮かぶ水上レストランで腹ごしらえ(´ ∀`)
20060116183245.jpg
第二次世界大戦の時に日本兵が、捕虜やタイ人現地労働者を酷使して作った、悪名高き泰麺鉄道 
20060116183259.jpg
戦争によって無くなられた、連合軍側の墓地

日本人がやってきたことの歴史を目の当たりする一日でしたφ(.. )

またタイ人の外交のうまさというより、調子がよい性格は昔からだったのだなとも感じたのでした…。

毎度あり(。´Д⊂)↓ 
アジア人気blogランキングにぽっちとな
旅行記 | COMMENT(3) | TRACKBACK(0) | PAGE TOP▲
FC2カウンター
スポンサードリンク
カレンダー
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
TWITTER
ツイッターやってます!
スポンサードリンク
カテゴリー
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
最近の記事
リンク
月別アーカイブ