微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2017.07.12
外国で働くと現地採用者と駐在員には確執があると言われている。

実際のところどうなんだろう?

間違いなくありますよね~(゚д゚)

僕は両方に友達がいるので、お互いの主張を聞かせれている。

ただ人がどう思っているかを今回は書こうというのではなくて、僕がどう思っているのか? どう思ってきたのかを、何回かに分けて書こうと思います。

僕がタイに来たのは今から16年前でした、その時は海外で働く事を目標に来ていました。

正直、現地採用と駐在員という言葉すら知りませんでした。

一番最初にこの2種類の人たちがいるという事を知った日の事を、今でも良く覚えています。

それは人材紹介会社での事でした、

人材紹介会社の方「駐在員は王様って言われているけど、私達現地採用も楽しみはいっぱいある、頑張りましょう!」って言われた。

ん?僕は何を言っているのか確信は持てなかったが、駐在員って人達がいて彼らは豪邸に住んでいて、運転手やメイドさんもいるスーパービジネスマン達だと想像していた。

その後すぐに、そのスーパービジネスマン達と出会う事が出来た。

駐在員4人を相手に面接をしたのである。

駐在員の質問の多くは現地採用をちょっと差別したものに感じた。

「タイ語読めるの?バス乗れるの?なんで現地採用なんかしたいの?」( ゚∀゚)アハハ

通勤手段について駐在員達は相談していた

僕がこの会社にとって、初めての現地採用のようだ

「通勤手段どうする? バスで来てもらう? 車は出せないからな~。 じゃあワーカーと一緒にバスで来てもらおうか?」

彼らの選択肢に駐在員と一緒に通勤するというのはないようだ。

僕は腹がたった。 彼らの会社も上場している会社だけれども、僕もこないだまで日本で上場企業で開発をやっていた人間である。 能力的に劣っているとは思っていない。

そこで質問した

タオ「もし僕が皆さんくらい働けると認めてもらったら、駐在員になることは可能なんでしょうか?」

みんな顔を見合わせて驚いていた

そしてちょっと半笑いで「僕らは会社の命令でここに来ている、会社が日本に帰れといえば帰るし、アメリカにいけと言われればそれに従う、タオさんはタイで働きたいんじゃないの? 駐在員になったら日本に帰らされるかもしれないよ」

正論ではあるが、なんか腹がたつ

「そうですね、その場合は日本に帰ります」と何も考えずに言い放った。

これが、僕が駐在員に対して初めて反抗心を持った出来事である。

ちなみに面接の結果は採用でした...

【その時の面接の過去記事です】

次回に続きます。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
2017.07.26
先週から【現地採用と駐在員の確執】を書いています。

その後、僕は日系の会社に現地採用として就職をした。


当時はその会社には現地採用がいなく、駐在員が6人くらいいた。

面接の時に試用期間が終わって、期待通りの働きをしていたら駐在員にしてもらえると言ってもらっていた。
結果、4ヶ月目から駐在員にしてもらった。

現地採用のときの僕の給料は3万5千バーツ ボーナス年1回 寮は無料 以上である。
※2001年は現地採用の最低賃金が定められていなかった、今は5万バーツ以上となっている。

駐在員になった当初の給料(26歳)

現地の給料5万バーツ 日本での給料15万円 ボーナス日本2回 タイ1回 好きな場所の住宅手当あり、海外旅行者保険あり これくらいだったと思う。


※僕の会社は中小企業ですので、大手は更に海外勤務手当てや家族がいたら家族手当が付きます。

全く違いますよね~(・∀・)イイ!!

現地採用の時は会社の人と日本の居酒屋やカラオケにお付き合いしたら、家計は赤で日本の貯金を切り崩していました。

駐在員になってからは日本で支給されている給料には一切手をつけず、更にタイでも貯金できる生活でした。


僕の後にも何人か現地採用が入ってきたが駐在員になった人はいなかった。

僕の知る限りでは現地採用が駐在員になることはかなり珍しいケースである事がわかった。

知り合いの中でこないだ1人だけ駐在員になったと聞いた。

僕は本当にラッキーなケースだった、

ただ地獄のように辛い生活でしたが..._| ̄|○カネヨリタイセツナモノガアル


退職後、現地採用で仕事を探しましたが駐在員で工場長の経験を持ってしても5万バーツ以上での求人を探すことが難しく、まして駐在員の待遇で応募されている求人などありませんでした。

最初は海外で働く事に憧れていたため、目標がタイで働く事であって待遇は2の次であった。
実際にタイで生活してみると日本人の生活をしていると結構生活費は高い。
また現地採用の給料は中流のタイ人よりかは高いが、駐在員はもちろん上流のタイ人よりも低く将来を安心して生活できるものではない事に気づかされる。


一度、駐在員になった僕にもう一度現地採用を一から出直す考えはなくなった。

なんで同じ日本人(能力も同等以上)なのに、現地採用になると給料が駐在員の1/3以下、福利厚生も全くなし、そして馬鹿にされる、こんな立場で働く事は僕の自尊心が許さなかった。

ではどのようにしたのか?

気になる方は過去記事 【二度目の就職活動】を読んでください。

次回は駐在員から実際に下に見られた事の話を書きます。


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2017.08.09
前回は【駐在員と現地採用の待遇の差】を書きました。

僕が再就職で選んだのは駐在員ではなく、タイローカル企業への就職でした。
理由は待遇が駐在員と同じで帰任がなく、そして自分がトップで新しい事業を立ち上げれるという事でした。

タイローカル企業を現地採用と呼ぶのか?という人もいますが現地で採用されているから現地採用なんでしょうね。

僕がタイ企業を選らんだ理由には、ここでは駐在員と現地採用が同じ会社に存在しないからというのもありました。
みんな外国人は現地採用ですからね~社内での駐在員と現地採用の確執によるストレスは一切ありません。


それでも社外に行くと色々と気に障る事はありました。



日本から来た方に夕食に誘われて、僕からしたら付き合ってあげたんですけど。

「タオくん、こんな料理普段は食べれないんでしょ? いっぱい食べなさいよ」って言われた...

おいおい、確かに5星ホテルの中華料理をご馳走になりましたが、この言葉の後全く美味しいと思いませんでした...

駐在員と商談すると

「どこに住んでいるの? やっぱりタイ料理が多いの? 大変ですね~」

おいおい、お前馬鹿にしてるのか? 俺は好きでタイ料理食ってるんだよボケ!(゚Д゚ )

日本からの出張者と会食すると

「日本に帰ると物価が高いから大変でしょ? もうタイに一生いるしかないよね」

おいおい、ここの食事代うちの会社が払うんだけど、日本の料亭より高いぞ。 お前、小金持って発展途上国のタイに来て金持ちになった気になっているんじゃない!(゚Д゚ )

結構仲の良い駐在員の友達との会話

「いや~俺は現地採用は無理だな~。」

おいおい、お前にとってはさり気ない一言かもしれんけど、区別しているのがわかるぞ...(゚Д゚ )

結構仲の良い駐在員の友達との会話2

「うちの現地採用5万バーツなんで、飲み会とかに誘わない、ああいう生活で満足できるんだからあれもいいね」

おいおい、俺も現地採用なんだけど...(゚Д゚ )

と、こんな類の言葉をよく耳にするんですよ、あまり気分が良くありません。

だんだんと駐在員に対抗意識が出てきてしまいます。

一方、現地採用の人が駐在員の悪口を言うのもよく耳にします。

こちらも僻んでいるようで、僕はそこにのって一緒に悪口を言うこともありませんでした。


次回 駐在員に対して思う事

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ