微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2005.09.09
コラートでのはじめての休日(*´∀`)ノ 

何がうれしいって、タイの女の子アーイがコラートに遊びにきました。

彼女は絶対行きたいところがあるらしい、タオスラナリ像です。
タオスラナリは別名ヤモーという敬称がある。
コラートだけでなく、他県のひとからも慕われている実在した人物である。タイのジャンヌダルクと説明するガイドブックもある。そこにはこう説明があった。ビエンチャン軍(ラオス)がコラートに攻めてきて、一時城は降伏したのだが、彼女が酒に毒薬をいれてビエンチャン軍に飲ませて、撃退したらしい。 やり方が汚いかと思われるが、女性だから、卑怯な真似をしてもいいのだ、腕力じゃまけるからしょうがないのだ。
とにかくタイの英雄なのである。  
taosuranari.jpg           taosuranari4.jpg

左:タオスラナリ像。タオのイメージ写真で使っているものと同じ像。
右:お供えする花などが売っている。花のほかに亀やドジョウ?や小鳥が売っていて、逃がしてあげると幸福になるということである。


taosuranari2.jpg           taosuranari3.jpg

左:像には大量の花輪 1個 20バーツ~。
右:熱心にお祈りするタイ人。 僕も挑戦してみた。

この日から僕はタオスラナリ様に、ら何度もお参りすることになる。

早く、この会社から出所できますよに ○| ̄|_
スポンサーサイト
2005.09.13
激務の中、何か楽しみを見つけないと本当に精神的にやばい状況になってきた。そんなある日休みの日、ガイドブックのコラートのページを見ていた。これは!?
 ピマーイ遺跡。 コラートから60Kmでバスで行けるようだ。 
早速、行くこと決定。(´∀`)

20050909135046.jpg          20050908123321.jpg
ピマーイ遺跡は、タイ国で最大規模のクメール遺跡です。クメール王朝時代にこの地域に建設されたもので、タイ国(シャム)のアユタヤ王朝に滅ぼされるまで、このあたりはクメール王朝の支配下だったのです。
クメール遺跡といえば、カンボジアのアンコールワットが有名ですが、タイでもピマーイ、パノムルン、カオプラヴィハーンなど相当見ごたえがあるクメール遺跡が存在します。

20050908123304.jpg          20050908123337.jpg

この日はとても暑く、かなり広いので、相当体力消耗しました(>_<)

遺跡の壁などに彫られたリレーフと呼ばれる彫刻はとてもきれいに残っている。 タイのお坊さんも観光に来ていました。

20050908123215.jpg
サイ・ンガーム公園 ピマーイ遺跡からすぐの公園である。
写真のような木がはえていて、涼しい。 タイ人はここで御座を敷いて酒盛りをしていた。 日本の花見のような感じ。

この日から、僕の趣味をクメール遺跡めぐりにしました。
半ば、無理やり趣味にした感じですが、今後いろいろな遺跡をめぐるのでした。
遺跡見てるときだけが、楽しかったです、ハイ(。´Д⊂)うぅ・・・。
2005.09.20
パノムワン遺跡
おそらく、コラート市内から一番近いクメール遺跡。 トゥクトゥクで往復100バーツで交渉して行ってきました。

コラート空港の方面にある。 入り口に、看板タイ語で大きく書かれているが読めない('A`) 20050914172353.jpg         20050914172239.jpg

大通りから、入り口いはいっていくと、左の写真のような田園地帯に入る。数キロいくと、見えてきましたパノムワン遺跡!!(>_<)それほど大きくないですが、遺跡はしっかり残っています。

20050914172310.jpg         20050914172329.jpg

ピマーイと違って、人っ子一人いません。遺跡の中も自由に探索できます。静かでとても気に入りました。  写真左:遺跡内 写真右:遺跡後ろ側

20050914172415.jpg         20050914172432.jpg

遺跡の内部には仏像が3体あります。少しばかりのお供えの花と線香が置かれています。 
右の写真:無意味に大きな足の裏の石造がある。タイ人との価値観の差が違うことを思い知らされる(;´ω`)お供えの金箔が少しだけ張られていた。 

本当に静かで、のんびりでできます。 
コラートお気に入りスポット(´∀`)

アジア人気blogランキングにぽっちとな


2005.09.30
汚い話題で申し訳ないのですが…(;´Д`)

toilet.jpg

写真:タイのタイ式トイレ。
使用方法:用を済ました後、横にあるバケツに溜まった水を桶でよそって便器に流す、そして水圧によって汚物は流れていくのである。 トイレットペーパーは詰まるので基本的に流さない、ではどうするかというとトイレに備え付けられているゴミ箱に捨てるのである。他人のうんちが見えてしまうシステムです。一般にこのようなトイレが多いのですが、日本などと変らない和式トイレのようなもの、アメリカンスタンダードの洋式トイレもある。

タイで生活を始めて数ヵ月になるが、実は慢性的にお腹を壊していた。
別にお腹が特別痛いわけでもないんだが、うんちが固形ではないのだ。
時には、水のようになるときもあった。
痛みはなかったので、薬を飲まずにいたのだが記憶では3ヵ月くらいは快調ではなかった。

そんなある休みの日 僕はコラートで一番大きなデパートザ・モールにきていた。 僕は買い物をしようと思ったら、よくトイレに行きたくなる体質である。 その日もお腹が急に痛くなってきて、トイレに駆け込んだ。ダッシュ!ε=ε=ε=ε=┏(;´Д`) ┛
( ゚Д゚)余裕余裕、ザ・モールのトイレはとてもきれいなのさ。

ザ・モールでは場所によってはトイレットペーパーを買わなくてはいけない、トイレの前の自動販売機で2Bahtで少量のティッシュが入った箱を買うことができる、しかし本当に少量なのでお腹を壊していたら足りないのである。 
(゚Д゚)ハッ 隣の自動販売機は5Bahtのティッシュが売っているではないか!
僕はお腹と相談して、5Bahtのティッシュを購入!いつもの2.5倍はあろうかという箱が出てきた。
そして、洋式トイレに腰をかけて座わり用をたしながら、箱を開けてみた。




(゚∀゚;) ティッシュじゃない…、これは生理用品…。

すでに、用は半分足しているし外に出るわけには行かない。

考えた末に…

生理用品を分解しだすタオ(。´Д⊂) 

生理用品でも分解すれば3回くらいは拭けるんです…

でもお腹壊していたら、足りないんです_| ̄|○

アジア人気blogランキングにぽっちとな

2005.10.05
いつものように、体だけを休める休日すぐにやってくる月曜日、現実逃避にガイドブックに載っているコラートの観光スポットに出かけることにする。 今日はバーン・プラサートに行ってみる( ゚Д゚)
ノンエアコンバスで1時間ほど。
バスをおりて、すぐのとこにモータサイがたむろっているので交渉。
往復40バーツくらい。

遺跡説明 
発掘された先史時代の土器や人骨をそのままのかたちで、保存している遺跡博物館である。3千年ほど前からここに人々が住んでいた証拠となるもの。 ※説明以上抜粋させていただきました。

20050920105048.jpg             20050920105102.jpg

遺跡近くの民家、ハンモックなどがかかっていてのどか( ´ー`)。

20050920105115.jpg             20050920105132.jpg

結構、きれいな状態で土器や人骨が保管されている。 
とはいっても、日本にいるときは全く興味がなかった分野である、タイに来てもやはりあまり人骨には興味がわかない。('A`)
さくっと見て、終了。
しかしここまで来るとタイの田舎の雰囲気が味わえる。 僕には人骨より、民家を見て回るほうが面白い。

コラートでの仕事以外の記憶、1つGET( ゚Д゚)

アジア人気blogランキングにぽっちとな
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ