微笑みの国といわれるタイ王国での就職日記を掲載! タイは本当に微笑みの国なのか? 海外就職とはどういうものなのか? 在タイ13年目の私、タオの実体験を初めてタイにきてから現在までを通して書いていきます。
2018.02.07
このブログを書き始めて10年以上経つと思うのですが、昔は日記調になっており、その中の登場人物でなかなか人気(?)のキャラが何人かいます。

その中のミン君が今年は新年からネタを提供してくれました!~(゚Д゚ )アラヤダ!!

ミン君を知らない人は、最新の過去記事こちらをどうぞ!

【やっぱりクズだぜ ミン君!】

そして面白いと思ってくれた人、もっと詳しく知りたい人は

【シリーズ それいけミン君】をゆっくりどうぞ! 60話以上からなるので、通勤などで時間があまった時にきっと楽しんでもらえます。


簡単にまとめると、タイに新卒で駐在員としてやってきたミン君は、3日目でへこたれて逃げようとしていたところ、僕が元気づけてやってなんとか2年間勤めました、その後結局日本に逃げ帰ったのですがまたタイにやってきました。
タイにやってきて就職活動をしたのですが、入社しては辞めてを繰り返していたので、僕の知り合いの会社を紹介しました。
しかしそこでも3ヶ月で辞めると言い出したので、紹介した立場ですから3年やれ!と言ったら3年後にぴったり辞めました。
日本に帰ったミン君は、田舎のスーパーマーケットでアルバイトをして35歳としてはあまり自慢できない生活をしていたので、
僕の会社で破格の給料で雇ってあげる事にしました。 バイトでは10万円ちょっとでしたが、僕の会社では収入は25万円くらいになりました。
しかしです、その2ヶ月後にまたもや辞めると言い出し、その後タイで就職をしてまた入社、辞めるの繰り返しをして生きていました。

数年前の記事
【やっぱりクズだぜ ミン君!】で書いたように、偶然出合ったのですがばれない様に隠れる有様はまさに屑です。


そんなミン君と先日またまた偶然 出合ったのでした!ヽ(゚∀゚)ノ

その日の話

ある日曜日のランチタイムでした。

僕は相方さんと新しく出来た日本料理屋に入って、料理を注文して待っていました。
場所は入り口近くのレジの隣の席です。

そこにやってきたのが、ミン君!

ミン君は僕に気づかずに、店の奥に入っていきました。

1人でやってきたミン君、あ~まだ彼女も友達もいないんだな~って思っていました。

僕らは話しながらご飯を食べているので当然ミン君の方が早く出てくるだろうなとは予測していました、奥から出てくるとレジ横の僕は必ず目に入るはずなんで、どういった反応をするんだろう? って考えながら食べていました。

20分くらいしたら、向こうからミン君がやってきました。

そしたらです、ミン君僕に気づきました。

彼がやった行動は、自分が持っていたかばんで顔を隠しながら僕の前を通り過ぎたのです!


IMG_4914.jpg
※写真はイメージです。

そしてレジに着いたミン君は、いつまでも鞄を上げているわけにはいかず、焦りながら会計をして外に出て行きました。

出て行ったミン君は、少し離れたところで店の中をみてました...

なんでこいつはこうなんだろう...何からもすぐに逃げる...

まぁ焦ったんだろうが、このデパートが僕が結構来るところだと知っていてよく来るな~とやっぱり抜けているんだなと思いました。

せっかく来たけど、僕がいる事を知ったのですぐに帰るだろうって考えていましたが。
しかしです、彼はやはり自分の都合の良い方向にしか考えないお馬鹿さんでした。

それから2時間くらいデパートをブラブラした後に、トイレに行ったんです。

そしてトイレから出てきたら、向こうからまたミン君が歩いてくるじゃないですか?

僕は逃げも隠れもしません、貴乃花親方並みに堂々と歩いていきました。


takanosana.jpg


※写真はイメージですが、よくも背景がトイレのものがあったものです...

そしてミン君がとった行動は、

なっなな なんと! 

次は手で顔を隠しながらすれ違うという、もうなんとも言えないクズ野郎な行動でした!


IMG_4915.jpg
※写真はイメージです、写真は座っていますが歩きながらこんな感じでやってきました。

ミン君は結構特徴的な身体の持ち主です、似ている体系は芸人のカマイタチの山内氏を更に首を短くした感じの5頭身くらい。
どうしたって目立っちゃうんですよ。

yjimage.jpg
※写真はイメージです。


会わせる顔がないのならば、すぐにデパートから去ればいいし、そうでないならば、

「タオさん お久しぶりです。 その節は大変失礼しました」
って言えば、それで終わりですやん。

こんなこそこそバンコクの日本人社会で生きていて、楽しい?

ミン君 もうすぐ40歳 こんなジジィはほんと憐れです..._| ̄|○

久しぶりにブログに面白いネタを提供してくれた事だけは感謝しています!

ちなみに、ミン君は僕のブログをチェックしてくれています....(゚∀゚)アヒャ

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
スポンサーサイト
2018.01.24
中華系のタイ企業グループでは旧正月前に昇給やボーナスの支給がある。
僕の会社もそうです。

今年の昇給は平均で6%、ボーナスは2.5ヶ月分と例年と変わらない。
去年はタイ全体の景気が良くなかったなか、グループ全体が頑張った結果だと思う。

僕の会社もなんとか後半追い上げて格好をつけた感じだったので、今年は前半から飛ばして行きたいです。

その1手目として今年は組織を少し大きめに変えようと思う、その中で優秀な人材には若くても役職を与える事にした。
この新しいリーダー達の原動力に今年は期待したいです(・∀・)イイ!!

僕は年功序列の社会が嫌で日本を出たので、自分の会社は絶対に実力主義でいきます。


実力とは能力と経験から成るものですので、社歴が長い人の方が有利なはずですが、実際は優秀な人材は初年度から大体将来駅に伸びると分かる。 

大器晩成という言葉は元々できる人が更に伸びることだと思っている。 

逆を言えば、能力のない人が、将来的に能力が上がる事はない。


今年新たにスーパーバイザーにするのは5名、マネジャーが1名です。

半数がまだ30歳に達していない若いスタッフです。

この子たちよりも年上で社歴が長い人が、部下になるケースもあります。

ひょっとしたらボーナスが出たら反発して辞めるかもしれません、それでも仕方がありません。

新しいリーダーを支えてくれる人、辞める人いると思います。

正直、全員が定年まで残ると企業は人件費が重くなりすぎて養いきれなくなります、その結果リストラや日本のように賃金が上がらなくなるのです。

去年の暮れにタイの三菱電機がこの昇給で従業員ともめてデモを起こされたニュースが大きく取り上げられた。


これまで給料の6~7%ほどだった昇給率が、一律400バーツに抑えられたとか。

また、今までの2交代制から3交代制にして、残業をなくす措置をとったという。

何度も協議されたが、両者が納得できなかったようです。

舵取りを間違うと、こういうことになってしまうので怖いです。

経営者は時には冷酷な判断をしなければいけない事がありますが、それでも僕は従業員は家族のように思っています。

中には駄目な奴もいますが、1年以上働いてくれた従業員は可愛いです。

僕は会社事情を出来るだけ分かってもらえるように説明はしているので、こんなことにはならないと思いますが...

さてボーナスが支給され、新しい組織が動き出して部下達がどう動くのか毎年この時期になると緊張しますね。


早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2018.01.10
新年明けましておめでとうございます!(・∀・)イイ!!

去年は会社を立ち上げてから初めて前年度売り上げ、利益を割るかと覚悟しておりましたが、終わってみれば前年度比110%近くまで追い上げました。

今年も順調にいけそうな感触だけは、根拠もなしにあります!

4-5年ほど前に、この会社と工場の減価償却費は終わっており、利益としては毎年順調に出ています。
僕が生産しているものは特注の消耗品であるため、お客様は継続して購入してくれます。

どういうことかと言うと、何もしなくてもお客様が順調ならば売り上げは伸びるんです。

ここまでのお客様と契約するのが難しかったのであり、今は何もしなくてもよっぽどの事がない限り会社は安泰であり、つまりは僕の生活も保障されています。

若い頃はもっともっと会社を大きくしようと思っていましたが、もう僕が直接みる範囲としては十分です。 

結果に合わせて収入も上がってきたので、良い生活をさせてもらっています。

今日のタイトル タイ企業の給料です。

タイの現地採用の給料ははっきりいって多くはないです。

最低給料が5万バーツなんですが、経験のない日本人の多くは最初5万バーツからスタートします。


例えば会社がどれくらい欲しい? 好きなだけだすと言われたらどうしますか?

10万バーツくらいですか? 15万バーツ? 

結果、そのお金をもらえたとします。

そして会社はその金額に伴う結果を求めます。 当然です。

タイ企業の中ではこんな風に採用される時に待遇を決めるところがあります、少なくとも僕の会社のグループはこうです。

僕は今は自分の給料を決めれる立場にあります、毎年昇給させていますが、先行きが見えない当初はかなり低くしていました。

そして結果が出て、会社として絶対に必要な人間だと思われてから給料を一気にあげました。

でも周りをみていると、最初に自分の価値以上の給料を求め、そして自分の能力以上の期待をされて、結果できなくて解雇されている人をよく見かけます。
※こういう雇用関係はタイ企業に多いです、日系ではあまり聞かないです。

敵を知り己を知れば百戦危うからずという教えがありますが、仕事内容も把握せず、自分の能力も分かっていないので失敗するのです。

僕は時々出来すぎているんじゃないかと、不安になる事があります(;´Д`)

ひょっとしたら出来ていないんじゃないか?って思うんです。 何かの計算間違いで利益が出ているだけで、ほんとは赤字なんじゃないだろうか?って事まで思います。

でもみんなあんまりそう思わないんですよね、だから出来ていなくても頑張らなくて結果が出なかったりするんだと思います。

お金もらったら、ちゃんと稼がないといけません。 でも日本人のサラリーマンはこういう考えに慣れていません。
採用されたらもう安心って思っている人が多いです。


今年もしっかりと経営して、自分の給料分はしっかりと儲けたいと思います。



早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2017.12.28
もうすぐ2017年も終わりです、この記事が今年最後のものになります(・∀・)

今年の前半は景気が悪くて売り上げが前年度比90%割れが続き、色んな事をしましたが全く効果なく今年は仕方ないなって8月にはもう諦めていました...
それが9月からV字回復! まだ最終集計は出ていませんが、年間で前年度比100%を死守できるんじゃないかという勢いです。

9月からなぜ急激に回復したのか?  

ん? 何もしていません(゚∀゚)アヒャ
 諦めてぶらぶらしていたら、工場長から生産が追いつきません!って報告がきました。

いや~真面目にやっていたら、ちゃんと戻ってくるって事ですかね? えっ違う?

まぁBOSSに格好がついたところで、気分良く年末を過ごせます。

はい、タイトルの話をします。 今年になってやっとわかったこと!

それはですね、部下はかわいいですが全員が出世できません。

タイ人は人数が多いので仕方がないと思っていましたが、日本人は将来的にはみんなに新しい会社を立ち上げさせてやって、良い生活をさせてやろうと思って指導をしてきましたが、そんな事ができる人はまぁいないというか、できる人は指導しなくてもできるんです。

ここまではずっと何年も前から分かっていました。

じゃあ今年になって分かったこと、

こういう出来ない人には特に上を目指させなくて、できる事だけやらせて褒めて、それなりの給料を払っているのがお互いに幸せだということです。

タオ 「お前頑張ったら社長になれるんだよ!」
部下「はい、頑張ります!」

結果があまりよくない

タオ「こんなんじゃだめだ!」
部下「すみません、頑張っているんですけど...」

って関係で将来の20万バーツをちらつかせて10万バーツ毎月払うよりも、

タオ「今のままで会社は満足しているから、これからも頑張ってよ」
っていいながら、6万バーツからスタートさせて毎年2千バーツくらい昇給してあげる方が、会社も経費が助かるし、本人も気分良く働ける。

結果が出てから待遇を与える、期待をこめての待遇はよくない、

結果がでなくても使い道があれば何も言わずにそれ相当の待遇で雇う。

トップは孤独な立場です、部下が夢を語るとどうしても頑張って欲しいと思い肩入れするんですが、来年はそれを冷静に聞き流していける人間になります。

なんか、最後のブログなのにテンション上がらない内容ですみません...

来年も宜しくお願いします(・∀・)ヨロシク!!

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
2017.12.14
今年ももうすぐ終わりですね、早いです (゚Д゚ )アラヤダ!!

12月はタイも日本と同じで年末の挨拶が行われます、この挨拶行事をタイ人はサワディーピマーイだと言っておりますが、新年は来ていないのに、おかしな言い方をするな~っていつも思っていましたが最近は慣れてきました。

さてさて、僕の会社にもたくさんのサプライヤーや知り合いが挨拶に来てくれます。

最近では僕が直接対応する人は少なくなってきましたが、昔からの付き合いのあるサプライヤー、重要な原料を供給してくれるサプライヤーとは会うようにしています。

そこで気になる事があります(;´Д`)

日本人の営業に同行するタイ人についてです。

日本人だけで来られる場合僕だけで会いますが、タイ人を連れてこられる場合はタイ人の購買も同席させます、


僕達は日本語で仕事や世間話をしているので、タイ人同士勝手に話してくださいと言っているんですが、

ほんの数分で話をするのを止めてしまいます...(;´Д`)ナンデ

タイ人営業は話のネタがないのです、これでは僕の部下のタイ人の立場がありませんよね。 購買担当者なんだからもっと仲良くしてもらった方が得だと思うんですが...

じっと黙って僕らの話を聞いているだけの営業もたまにいますが、多くのタイ人営業はじっとできません。

僕が渡した名刺を乱雑に扱ったり、スマホをいじったり、しまいには電話しちゃう奴もいます。

僕の部下はじっと僕の横で座っています( ゚Д゚)ハナスコトナイ

相手の日本人は全く部下を注意しようとしないんですよね~完全に無視です。

あ~この日本人はタイ人営業の教育が出来ていないんだな~と思います。

一方、タイ企業でタイ人だけで挨拶に来られる会社は、しっかりとタイ人購買にコミュニケーションを取っています。

タイ人購買からしたら、日系よりもタイ系のタイ人営業と会う方が気分がいいでしょうね。

日系は昔から日本人のトップダウンで物事を決めることが多いため、タイ人営業への教育が足りないと思います。

教育しなくて、客の前で失礼な行動をするのならば、連れてこなければよいのですが、通訳というか何かあった時に便利なので連れてくるんでしょうね。 例えば、工場に着いて警備員にどこにいけばよいか聞くためとかです。

僕は日本人のお客様に会う場合は1人で商談に行くので、もったいな~って思ってしまいます。

早割・直前割引プランも満載!アゴダのお得な海外・国内ホテル予約
↓    ↓    ↓







_| ̄|○ アジア人気blogランキングへ ポチッとな

(゚Д゚)ハッ まだあった!

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


タイ・ブログランキング
プロフィール

タオ

  • Author:タオ
スポンサードリンク
月別アーカイブ